テレワーク快適化。デスクや椅子、ラックで仕事環境に適した部屋(書斎)をつくった

新型コロナウイルスにより、世の中に急激な変化が起こりました。

今までの常識が、一気に覆されたような世の中です。

その急激な変化に対応しながら、僕らは生きて行かなければなりません。

働き方にも、大きな変化が起こっています。

それがテレワーク。

僕は東京の会社に勤める会社員ですが、会社の方向がコロナ関係なくテレワークを継続することが決定しました。

コロナが収まろうと、在宅ワークを継続する考えです。

そうなれば、自宅でも簡易的な仕事環境という訳にはいきません。

在宅ワークでしっかりと集中できる、仕事環境を用意しなければならない。

決断しました。

仕事部屋、つまり書斎をつくろうと。

実際に仕事部屋(書斎)をつくってみたので、紹介したいと思います。

テレワーク(在宅ワーク)は多くの会社で継続されるだろう

macbookとスマホとコーヒーの画像

新型コロナウイルスの影響で始まったテレワーク。

元々はコロナ禍が落ち着くまでの予定でしたが、僕が勤める会社はコロナが収まってもテレワークを継続することが決定しました。

なぜなら、テレワークには企業にとって大きなメリットがあるからです。

そのことに関しては、別記事で詳しく紹介しています。

関連記事

新型コロナウイルスの襲来により、在宅で可能な仕事はテレワークをせざる得ない世の中となりました。テレワークが難しいと思われた会社や職種も、やらざるを得ない状況となった今。やってみると、意外と何とかなるものです。在宅ワ[…]

PCで作業する女性 画像

これからの時代、在宅ワークは当たり前の働き方になるでしょう。

となれば在宅での仕事環境を、しっかりと整えておく必須があります。

社会人であれば、仕事をしている時間が1日で最も長い時間です。

その最も長い仕事時間のために、快適で集中できる環境を用意することは必然ですよね。

もう一時的な在宅ワークではありません。

簡易的な仕事環境ではダメなのです。

これからの時代は自宅に仕事部屋が必須となる

コロナウイルスの終息に関係なく、在宅ワークは定着します。

これからの時代は、デスクワーク=在宅ワークが一般的になるかもしれません。

在宅ワークが一般的になれば、家に仕事部屋を持つことが普通な時代になることは必至。

これからは、家に仕事部屋が無くてはならない条件となるのです。

家に仕事部屋をつくることを決断した

上記のことから、仕事部屋を用意することを決意。

我が家では書斎兼勉強用の、ツインデスクを用いた部屋がありました。

ツインデスクとMacBook
ツインデスク

ツインデスクに関しては、別記事でレビューを書いています。

関連記事

書斎がほしい!でも書斎のために1部屋を使うことなんて、できない・・・。そんな悩みを抱えている人、意外と多いのではないでしょうか。書斎なんて、夢の話だと諦めていませんか?諦めないでください!方法はあり[…]

ツインデスクとMacBook

使用していたツインデスクをバラして、シングル仕様へ変更した

ツインデスクで書斎兼勉強部屋をつくった時点ではテレワークを想定しておらず、自分が使用する用途はほぼブログ執筆だけに使用していました。

想定してた時間は、1日2時間程度。

家族みんなで共有して使用するためのツインデスクで、自分専用ではありませんした。

しかし僕がテレワークとなり、デスク1つを完全に占領することに・・・。

会社や顧客と頻繁に電話しますので、常に1人で部屋を占領している状態でした。

これではツインデスクの意味が全くありません。

そこでツインデスクをバラし、シングルデスクにして単独の仕事部屋を用意する計画へ変更。

こんな事もあろうかと、バラせるツインデスクにしたことが功を奏しました。

リビングから一番遠い部屋を仕事部屋にした

仕事部屋は、リビングから一番遠い部屋を使用することにしました。

その理由は

  • 仕事に集中するため
  • 家族の声が電話越しに入りにくい
  • 家族が気を使わないで済む

仕事に集中するため

テレワークの問題点は在宅ですので、仕事に集中できない環境であることです。

職場と同じような環境ではないため、様々な障害があります。

その障害を、極力減らしたい。

そのためには、最も静かな部屋であることが重要と考えました。

また社会人として、働く時間が1日で最も長い時間です。

長い時間を仕事で使用ですので、しっかりと集中して快適に仕事ができる環境が大切だと判断しました。

家族の声が電話越しに入りにくい

文字通り、テレワークでの仕事です。

会社の仲間や顧客と、電話をして仕事をします。

リビングであったり、リビングに近い部屋だと家族の声が電話越しに聞こえてしまいます。

小さい子供がいれば尚更です。

小さな子に静かにしてって言っても、理解はしてくれませんから。

家族も気を使わなくて済む

家で仕事をしていれば、家族が気を使いますよね。

仕事とはいえ、家族に気を使わせることは申し訳ないことです。

一番気を使わせないことは、家族がいる部屋から遠ざかること。

自分が家族のいる部屋から、遠ざかることがベストなのです。

将来的な部屋の割り振りは、とりあえず考えない

黒板に禁止のマーク画像

我が家は一般的なサイズの3LDKマンション。

妻と子供2人の、4人暮らしです。

上の子供は小学校4年生ですが、下の子供は幼稚園。

まだ下の子供に部屋を与えることは不要ですが、将来的には子供部屋を与えるかもしれません。

 
エンハスカイ
そうなれば、部屋が足りない・・・。

将来を考えると、どうしたものだか悩みました。

ですが、とりあえず将来のことは考えるのを辞めました。

誰がコロナ禍なんて想像できたでしょうか。

未来のことは誰にもわかりません。

まずは近未来だけを考えることにしました。

しばらくは1部屋を書斎として使用させてもらい部屋が足らない日が来たら、その時に考えることにします。

仕事部屋(書斎)をつくった

そんなわけで、仕事部屋をつくりました。

レイアウトをイメージし、その完成に向けて家具や小物を用意。

イメージした書斎に順調に近づいており、完成ではありませんが良い感じにできました。

完成した書斎
仕事部屋

仕事部屋に使う部屋は5.6帖。

子供部屋に使用するようなサイズです。

デスクはツインデスクをバラして使用です。

椅子は新たに購入しました。

ネイビーの貼ってはがせる壁紙を貼り、オープンラックを購入。

仕事とは関係ありませんが、筋トレ用にベンチソファも購入。

ダンベルプレスをするためのベンチソファです。

引きで見ると

完成した書斎 引き 画像

こんな感じ。

上記画像のデスクにある緑の観葉植物みたいなものは、自然気化式の卓上加湿器ミスティガーデン

関連記事

乾燥する冬の季節。風邪や保湿対策に加湿器は、必須となりますよね。我が家ではしばらく加湿空気清浄機を使用していまいましたが、処分しました。その理由は、洗浄しても、カビ臭い匂いが取れなくなったためです。[…]

ミスティーガーデン 画像

卓上加湿器のフィルターを、どんぶりに入れてみました。

PCなどの配線関連はIKEAのSIGNUM(シグヌム)というケーブルオーガナイザーを使用。

デスクの天板裏にネジで固定するタイプです。

購入した小物や家具は、それぞれ別記事でも紹介しています。

デスクの紹介

デスクは、IKEA(イケア)で購入したカスタムデスク。

天板は置いてあるだけですので、簡単にバラすことができます。

IKEAのタイプ名と価格を紹介します。

天板(テーブルトップ)LINNMON(リンモン)¥2,999
引き出しユニットALEX(アレクス)¥10,000
架台LERBERG(レールベリ)¥1,500

デスク総額は、総額¥14,499。

IKEAのオンラインストアで購入できます。

IKEAオンラインストアはこちら

IKEAオンラインストアより割高ですが、引き出しと架台はAmazon、楽天、Yahooショッピングでも購入可能です。

テーブルトップは同じものが見つかりませんでしたが。

created by Rinker
IKEA (イケア)
¥15,980(2021/01/25 18:12:20時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
IKEA (イケア)
¥2,930(2021/01/25 18:12:20時点 Amazon調べ-詳細)

ツインデスクから単体のデスクに変更して足元が狭くなったので、架台の足が邪魔にならないか心配でしたが、全く問題ありませんでした。

まとめ

まとめの文字と矢印 画像

快適に仕事ができる仕事環境として、満足のできる仕事部屋ができました。

テレワークのためとはいえ、せっかくできた自分専用の書斎ですので、これからもこだわった部屋づくりを続けたいと思います。

ほぼ完成ですが、次に欲しいアイテムはPC用のワイドモニター。

本業とブログを兼用したワイドモニターが欲しいなと。

仕事環境づくりも、今流行りに【自己責任】の時代です。

良くも悪くも、これからはテレワーク時代。

職種にもよりますが、在宅ワークは一層加速していくことは間違いありません。

嫌でも時代に対応しなければなりません。

快適な仕事環境を準備をして、少しでも仕事を楽しめるよう頑張りましょう!