仕事部屋 デスク アイキャッチ

テレワークで集中できる作業環境のために仕事部屋(書斎)をつくった

仕事部屋 デスク アイキャッチ

新型コロナウイルスにより、世の中に急激な変化が起こりました。

今までの常識が、覆されたような世の中です。

その急激な変化に対応しながら、我々は生きて行かなければなりません。

働き方にも、大きな変化が起こっています。

それがテレワーク。

僕は東京の会社に勤める会社員ですが、ウチの会社はコロナ関係なくテレワークを継続することが決定。

コロナが収まろうと、在宅ワークを継続する考えです。

そうなれば、もう簡易的な仕事環境という訳にはいきません。

在宅ワークでしっかりと集中できる、仕事環境を用意しなければならない。

決断しました。

仕事部屋、つまり書斎をつくろうと。

実際に仕事部屋(書斎)をつくったので、紹介します。

テレワーク(在宅ワーク)が継続されると結論

macbookとスマホとコーヒーの画像

新型コロナウイルスの影響で、始まったテレワーク。

元々はコロナ禍が落ち着くまでの予定でありましたが、僕が勤める会社はコロナが収まってもテレワークが継続されることが決定しました。

それはテレワークが、企業にとって大きなメリットがあるからです。

そのことに関しては、別記事で詳しく紹介しています。

これからの時代、在宅ワークは当たり前の働き方になるでしょう。

となれば、在宅での仕事環境を整えておくことが必須となります。

社会人であれば、仕事をしている時間が1日で最も長い時間です。

その最も長い仕事の時間に、快適で集中できる環境を用意することは必然ですよね。

もう一時的な、在宅ワークではありません。

簡易的な、仕事環境ではダメなのです。

これからの時代は自宅に仕事部屋が必須となる

コロナウイルスが収まろうと、収まらまいと関係なく在宅ワークは進みます。

間違いなくデスクワーク=在宅ワークが一般的になるでしょう。

在宅ワークが一般的になれば、仕事部屋を持つことが普通な時代になることは必至。

仕事部屋は、無くてはならない存在になるのです。

仕事部屋をつくることを決意した

青空とゴールテープ 画像

上記のことから、仕事部屋を用意することを決意。

我が家では書斎兼勉強用の、ツインデスクを用いた部屋がありました。

ツインデスクとMacBook
ツインデスク

ツインデスクに関しては、別記事でレビューを書いています。

使用していたツインデスクを、バラしてシングル仕様へ変更した

ツインデスクで書斎兼勉強部屋をつくった時点では、テレワークを想定しておらず、自分が使用する用途はブログ執筆だけのためでした。

想定してた時間は、1日2〜3時間程度。

家族みんなで共有して使用する、ツインデスクでした。

しかし僕がテレワークとなり、デスクを1つ完全に占領するカタチに・・・。

会社や顧客と電話もしますので、常に部屋を占領している状態でした。

そこでツインデスクをバラして、シングルデスクにして単独の仕事部屋を用意する計画へ変更することに。

こんな事もあろうかと、バラせるツインデスクにしたことが功を奏しました。

リビングから一番遠い部屋を仕事部屋とした

仕事部屋は、リビングから一番遠い部屋を使用することにしました。

その理由は

  • 仕事に集中するため
  • 家族の声が電話越しに入りにくい
  • 家族が気を使わないで済む

仕事に集中するため

テレワーク、在宅ワークの問題点は、在宅のため仕事に集中できない環境であることです。

職場と同じような環境ではないため、様々な障害があります。

その障害を、極力減らしたい。

そのためには、最も静かな部屋であることが重要と考えました。

また社会人として、働く時間が1日で最も長い時間です。

長い時間を仕事で使用ですので、しっかりと集中して快適に仕事ができる環境が大切だと判断しました。

家族の声が電話越しに入りにくい

文字通り、テレワークでの仕事です。

会社の仲間や、顧客と電話をして仕事をします。

リビングであったり、リビングに近い部屋だと家族の声が電話越しに聞こえてしまいます。

小さい子供がいれば尚更です。

小さな子に静かにしてって言っても、理解はしてくれませんから(汗)。

家族も気を使わなくて済む

家で仕事をしていれば、家族が気を使いますよね。

仕事とはいえ、家族に気を使わせることは申し訳ないことです。

一番気を使わせないことは、家族がいる部屋から遠ざかること。

自分が家族のいる部屋から、遠ざかることがベストなのです。

将来的な部屋の割り振りは、とりあえず考えない

我が家は一般的なサイズの3LDKマンション。

妻と子供2人の、4人暮らしです。

上の子供は小学校4年生ですが、下の子供は幼稚園の年中。

まだ下の子供に部屋を与えることは必要ありませんが、将来的には子供部屋を与えるかもしれません。

 
エンハスカイ
そうなれば、部屋が足りない・・・。

と思いましたが、とりあえず将来のことは考えるのを辞めました。

どうなるか、わからない未来です。

まずは近未来だけを考えるとして、1部屋を仕事部屋にすることにしました。

仕事部屋(書斎)ができた

仕事部屋が完成。

完璧な仕上がりではないため、徐々に満足のいく部屋に仕上げますが、とりあえずは良い感じにできました。

デスクの置き場所は、悩みました。

右端に付けてみたり左端につけてみたりと色々と試した結果、真ん中がしっくりとハマりました。

仕事部屋に使い部屋は5.6帖の、子供部屋サイズってとこ。

引きで見ると

こんな感じ。

間接照明タイプの天井の照明が、いい具合になってくれました。

デスクの紹介

デスクは、IKEA(イケア)で購入したカスタムデスク。

天板は置いてあるだけですので、簡単にバラすことができます。

価格とIKEAのタイプ名を紹介します。

天板(テーブルトップ)リンモン¥2,999
引き出しユニットアレクス¥10,000
架台レールベリ¥1,500

デスク総額は、総額¥14,499。

IKEAのオンラインストアで購入できます。

IKEAオンラインストアはこちら

IKEAオンラインストアより割だがですが、引き出しと架台はAmazon、楽天、Yahooショッピングでも購入可能です。

テーブルトップは同じものが見つかりませんでしたが。

created by Rinker
IKEA (イケア)
¥15,550(2020/09/29 19:20:39時点 Amazon調べ-詳細)

ツインデスクから、単体のデスクに変更して足元が狭くなったので、架台の足が邪魔にならないか心配でしたが、全く問題ありませんでした。

おしゃれな仕事部屋ができたが、改造は必要

おしゃれな仕事部屋が出来たと満足しています。

IKEAのデスクと、イームズ風チェアのおかげです。

しかし椅子をどけると、配線がむき出し状態。

ご覧の有様です・・・。

配線が見えるとオシャレ度がガクッと下がりますので、何とかしなければ。

また、椅子も買い替えようと考えています。

元々、1日2〜3時間の使用を想定して購入したイームズ風チェア。

テレワークで長時間使用することは、想定外でした。

座り心地は悪くないのですが、流石にプラスチック。

1日10時間くらい座っていますので、長時間を想定した椅子に買い換えようかと。

また、問題も1つ発生。

床と相性が悪いのか、椅子の足が床を傷つけてしまったのです。

この問題もあり、キャスター付きの椅子にします。

デザインは、大変満足しているんですけどね。

まとめ

まとめの文字と矢印 画像

部屋としては完成ではありませんが、とりあえず仕事環境としては満足できる仕事部屋ができました。

せっかくのできた自分専用の仕事部屋(書斎)ですので、これから拘って部屋づくりをやっていきたいと思います。

椅子を購入したり部屋のアイテムが増えたら、また紹介しますね。

職種にもよりますが、今後テレワーク、在宅ワークは一層加速していくことは間違いありません。

時代に対応して、しっかりと環境を準備をして、仕事も人生も楽しん行きましょう!

スポンサーリンク