マルトクショップ天板デスク1年使用の感想と2回目の未晒し蜜蝋ワックスがけレビュー

どうも、こんにちは。

ハスキです。

木材オーダー天板のデスクを使用して1年。

快適なデスクライフを過ごしています。

高品質な天板のデスク。

マルトクショップという、ネットの木材ショップで購入した天板をDIYしました。

ワトコオイルと、未晒し蜜蝋ワックスで仕上げ。

その天板を使用して1年が経過しましたので、今回メンテナンスに未晒し蜜蝋ワックスを塗り直しました。

1年ぶりのワックスがけです。

未晒し蜜蝋ワックスで仕上げた天板を1年使用した感想と、2回めのワックスがけレビューを紹介します。

created by Rinker
小川耕太郎∞百合子社
¥3,950(2022/09/30 10:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

ワトコオイル+未晒し蜜蝋ワックスのデスク天板を1年間使用した感想

デスク全体図 斜めから 画像」
マルトクショップで購入した天板で仕上げたデスク

まずはワトコオイル+未晒し蜜蝋ワックスでDIYしたオーダー天板を、1年間使用した感想です。

控えめに言っても、最高の仕上がりになりました。

とても満足しています。

満足している点を、上げてみますね。

  • 天板自体の素材+ワトコオイル+蜜蝋ワックスの相性がよかった
  • 温かみのある高級感
  • 手間をかけた愛着

天板自体の素材+ワトコオイル+蜜蝋ワックスの相性がよかった

天板の素材にこだわったことが正解だった

まずこだわったのが、天板そのもの。

マルトクショップという、ネットで購入が可能な木材メーカーから仕入れました。

評判の高いフリーカットの木材メーカーで、実際の天板も素晴らしい品質でした。

豊富な木材の種類から、【タモ材】を選択。

サイズ、厚み、面取りなど細かくオーダーしました。

届いた天板を確認したとき、その品質さに感動したことをよく覚えています。

ワトコオイルの色と未晒し蜜蝋ワックス仕上げがバッチリだった

天板をヤスリがけして、ワトコオイルと蜜蝋ワックスで仕上げました。

ワトコオイルのカラーはナチュラルを選択

使用したワトコオイルはナチュラルです。

ナチュラルとミディアムウォルナットで迷いましたが、下手に色を入れないほうがいい判断。

結果、正解だったと思います。

木材そのものを活かした感じで、自分好みな色合いになりました。

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥894(2022/09/30 10:01:23時点 Amazon調べ-詳細)
未晒し蜜蝋ワックスで最終コーティング

熟考して選択した、高品質な天板です。

できるだけ大切に使用したい。

最終仕上げとして、未晒し蜜蝋ワックスで耐水性を持たせました。

ツヤが出過ぎないので、木材の質感を活かせるワックスです。

今回のメインテーマなので、後ほど掘り下げます。

created by Rinker
小川耕太郎∞百合子社
¥3,950(2022/09/30 10:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

温かみがある高級感

温かみがあって、ナチュラル感のあるデスク。

見た目の色合いも高級感があり、触り心地も気持ちいい。

木材らしい温かみというか。

冬は暖かくて、夏はひんやり。

ワックスのベタつきも全然なし。

薄く塗ったことが、良かったのだと思います。

最初は薄く塗って、物足りないと思ったら足せばいい。

この気軽さが、未晒し蜜蝋ワックスのいいところです。

手間をかけた愛着

買ってきて設置しただけでなく、自分でDIYして仕上げたデスク天板です。

やっぱり愛着が違います。

それなりにお金と時間をかけて手に入れたものは、満足感が高いですよね。

安価な既製品では、この満足感は得られなかったでしょう。

1年経過した今でも、大切に使おうと気遣っています。

それでも、傷つけてしまいましたが・・・。

傷をつけてしまったときは、本当にショックでした(涙)。

傷も味わいと、思い込むことにしましたがね・・・・。

2回めの未晒し蜜蝋ワックスがけレビュー

REVIEWの文字 画像

本来未晒し蜜蝋ワックスは、半年に1回程度はメンテナンスすべきものです。

ですがメンテナンスは乾燥の工程を含めると24時間必要なため、なかなか時間が取れませんでした。

その間、一日デスクが使用できませんから。

そうこうしている間に、1年が経過。

特に水をこぼすこともなかったので、支障がなかったこともありますけど。

未晒し蜜蝋ワックスのメンテナンス手順

今回未晒し蜜蝋ワックスを使した、ワックスがけのメンテナンス手順です

  1. 古いワックスを濡れタオルで拭き取る
  2. 蜜蝋ワックスを塗る
  3. 10分後に乾拭き
  4. 24時間後に乾拭き

以上の手順となります。

難しいことは全然なく、簡単な作業です。

古いワックスを濡れタオルで拭き取る

まず濡れタオルで古いワックスを拭き取ります。

古いワックスの拭き取りと同時に、汚れの拭き取りですね。

ワックスがけ準備のために、意外と重要なことです。

蜜蝋ワックスを塗る

未晒し蜜蝋ワックスを布に付けた画像

未晒し蜜蝋ワックスを塗っていきます。

スポンジでもOKですが、僕は着なくなったTシャツをウエスとして使用。

薄く塗りたいので、スポンジより布のほうがいいかなと。

未晒し蜜蝋ワックスの中身が結構減ってますが、実はキッチンスペースにもマルトクショップで購入したタモ材の天板を使っており、そちらは妻がこまめにメンテンスしているため意外と消費しています。

未晒し蜜蝋ワックスのワックスがけ画像

手を汚したくないので、ゴム手袋をしてヌリヌリ。

丁寧にワックスを塗って行きます。

10分後に乾拭き

乾拭き 画像

10分後に乾拭きします。

こちらも来なくなったTシャツを使用。

古くなったTシャツを捨てずにとっておくと、ちょうどいいウエスになります。

24時間後に乾拭き

24時間乾燥後に、乾拭きして仕上げ。

メンテンスが完了したデスク天板 画像
メンテンスが完了したデクス天板

少しだけ光沢のある感じがいい。

美しい仕上がりです。

水弾きも試してみました。

未晒し蜜蝋ワックスの水弾きを試した画像

しっかりと水を弾いています。

水をタオルで拭き取ったら、サラッと一瞬で消えました。

しっかりとコーティングができていることを確認。

created by Rinker
小川耕太郎∞百合子社
¥3,950(2022/09/30 10:01:24時点 Amazon調べ-詳細)

未晒し蜜蝋ワックスは塗りやすくて失敗しにくいからおすすめ

Recommendの文字 画像

未晒し蜜蝋ワックスを使用して感じたこと。

とにかく使いやすい。

DIY素人でも、失敗しません。

特徴を上げてみます。

  • ワックスの伸びがちょうどいい
  • 木材を活かした自然な仕上がり
  • 失敗しない
  • 傷がわからなくなった

簡単に説明します。

ワックスの伸びがちょうどいい

今回使用したタイプはCタイプ。

未晒し蜜蝋ワックスには、AタイプとCタイプがあります。

Aタイプはバターのような硬さで、Cタイプはマーガリンのような硬さ。

要はAのほうが硬く、Cのほうが柔らかいってことです。

Aタイプは使用したことがないのでわかりませんが、Cタイプはマーガリンのような伸びがあってとても塗りやすかった。

塗りミスすることはまずない、と言ってもいいでしょう。

とても簡単。

まんべんなく、均等に塗りやすい絶妙な硬さです。

木材を活かした自然な仕上がり

塗布する量によるでしょうが、木材そのものを活かした自然な仕上がりになりました。

無駄な光沢がないので、木材が活きる感じ。

仕上げ後の肌触りは、サラサラです。

主張しすぎないワックスで、主役の木材を引き出してくれるイメージですね。

失敗しない

ベッタベタに塗ったら、ムラになる可能性はあると思います。

ですが普通に薄く様子を見ながら塗っていけば、まず失敗しません。

ワックスの伸びがちょうどいいので、ムラになりにくいですから。

様子を見ながら、濃さを調節すればいいのです。

色付きでないので、仕上がりで失敗することもありません。

傷がわからなくなった

1年間使用している間に、傷をつけてしまった箇所があります。

ノートパソコンを落とした場所と、モニターアーム取り付け時に付けてしまった場所です。

特にモニターアームで付けてしまった傷は、結構被害が大きかった・・・。

モニターアーム取り付け時に付けてしまった傷 ワックスがけ前
ワックスがけ前

赤丸で囲った箇所が、モニターアームの取り付け時に付けてしまった傷。

これが今回のワックスがけで、傷が目立たなくなりました。

モニターアーム取り付け時に付けてしまった傷 ワックスがけ後
ワックスがけ後

他の色合いと同化して、傷が見えなくなったのです。

モニターアームを落とした傷は触るとわかりますが、ノートパソコンで付けた傷はどこだったかわからないほど。

これは嬉しい誤算となりました。

あとがき

1年ぶりのデスク天板ワックスがけ。

とても簡単で、未晒し蜜蝋ワックスは使いやすいと改めて実感。

乾燥に24時間かかるため、24時間使用できないことがネックだが仕方ないでしょう。

また傷が消えたことは、嬉しかった。

予想していなかったので、嬉しい結果になって満足です。

これはワトコオイルがナチュラルカラーだったことも、都合がよかったのだろう。

木材の質感を損なわず、自然な仕上がり。

メンテンスも簡単。

未晒し蜜蝋ワックスを検討している方は、ぜひ試してみてください。

では、また。

created by Rinker
小川耕太郎∞百合子社
¥3,950(2022/09/30 10:01:24時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥894(2022/09/30 10:01:23時点 Amazon調べ-詳細)