おしゃれ椅子「イームズチェア」の購入レビュー

イームズチェアの正面と後ろ画像

書斎兼勉強デスク用にツインデスクを購入しました。

自分の書斎用デスクと、子ども勉強デスクを兼ね備えたツインデスクです。

そのデスクに合わせて購入した椅子がイームズチェア。

イームズチェアの紹介と、使用した感想レビューです。

ツインデスクは「コスパ最高のツインデスク。書斎と勉強部屋を合体!」で紹介してますので、未読の方はご覧くださいませ。

イームズチェアを選択した理由

ツインデスクとイームズチェア

書斎兼勉強部屋をつくるにあたり、部屋のイメージはできていました。

もちろん椅子のイメージも。

条件としては

  • 機能性とオシャレを兼ね備えているでデザイン。
  • シンプルなデザイン。
  • 白を基調とした色。
  • デスクチェア以外の用途にも使える。
  • 安価であること。

簡単に説明します。

機能性とオシャレを兼ね備えたデザイン。

機能性とオシャレの、いいとこ取りが理想です。

ただどちらかというと、今回は機能よりもオシャレが重視。

オシャレな部屋にしたいので、重視はデザイン。

長時間座ることを想定していないので。

シンプルなデザイン。

いろいろな機能は必要いりません。

ごちゃごちゃしていない、スッキリしたシンプルなデザイン。

シンプル・イズ・ベストってことで。

白を基調とした色。

我が家は床の色が黒のため、部屋が暗くならないように家具は明るい色を基本に選んでいます。

家具で部屋を明るくして、バランスをとっていますので。

そうすると必然的にインテリアの色が決まり、部屋全体が統一されます。

デスクチェア以外にも使える。

来客で椅子が足りなくなった場合に、リビングの椅子としても使えること。

気軽に部屋から持ち出せる軽さも重要。

天気のいい日はベランダまで運び、ベランダで本を読んだりもしたい。

安価であること。

高くていいものは、たくさんあるでしょう。

だがそんな予算はない!

安くていいもの。

安いけどオシャレなもの。

条件を満たしたチェアはイームズだった。

上記の条件を満たす椅子は、さすがに限定されました。

というか、この条件を満たす椅子は、結果イームズしかありませんでした。

しかし、本物のイームズチェアは結構なお値段がします。

本物は¥70,000くらい。

高い・・・。

ですがいろいろなメーカーから「イームズチェアのリプロダクト」、が販売されております。

イームズっぽいデザインの椅子ですね。

つまりレプリカ。

3000円代で購入が可能。

これでだいぶ安価に抑えることができます。

座り心地と使用した感想

イームズチェアの前と後ろ

イームズ風チェアの心配していた点は、座り心地と座って疲れないか?でした。

座り心地の感想。

座り心地は、非常にいいです。

丸みを帯びたデザインが、体にフィットして心地いい。

背もたれは寄りかかると少ししなり、ガチガチに硬くはありません。

座面はしっかりとして硬く、背もたれは薄めでしなるようになっているようです。

材質がプラスチック製ですのでもっと硬いと思いましたが、以外に柔らかい座り心地です。

長時間座った感想。

一番心配していた点です。

長時間座って疲れないか。

結論から言うと、2〜3時間であれば問題なし。

わかりやすいイメージとしては、座り心地のいい学校の椅子かな。

座りっぱなしで6〜7時間のなど長時間作業するような方には、クッション等が必要です。

さすがにプラスチック製ですので。

ベランダで使ってみた。

椅子を並べてベランダピクニック

天気のいい日に椅子を用いてベランダで、子供達とお菓子パーティーをしました。

軽くて容易に持ち運べます。

4kg程度ですが、学校の椅子より軽く感じる。

大人だからかな?

もちろん女性でも難なく持てます。

メリットとデメリット

使用して感じたメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • デザインがかっこいい、かわいい。
  • 軽い。
  • 2〜3時間程度の使用あれば疲れない。
  • 汚れたらゴシゴシ擦っても大丈夫。
  • コスパ最強。

デメリット

  • 一日中使用する人には向かない。
  • 高さの調節ができない。

こんなところです。

まとめ

非常に満足しています。

ぼくは使用する時間が2〜3時間程度ですので、高価な椅子は必要ありません。

逆に機能性重視で、長時間使用する用途の方は他のデスクチェアが良いと思います。

実は、座り心地よりデザイン重視に決めた理由は、オシャレ以外にもありました。

それは子どもの勉強環境も意識したことです。

学校の椅子って硬いですよね?

座り心地のいい椅子より学校に近い環境、つまり硬い椅子ほうがいい考えました。

勉強するのは本人ですが、環境は用意してあげたかったので。

 

イームズチェアの正面と後ろ画像
最新情報をチェックしよう!