デスクトップとノートPC画像

デスクトップとノートパソコンでどっちか迷った時点で答えは一択です

デスクトップとノートPC画像

どうも、こんにちは。

ハスキです。

パソコンを購入するときに、まず選択しなければならないこと。

それはデスクトップにするか、ノートパソコン(ラップトップ)にするか

ですよね。

最初から使用する目的が決まっていれば、迷うことはないでしょう。

家の固定された場所で、かつ大きな画面で作業をしたならデスクトップ。

持ち運ぶならノートパソコン。

しかし迷うということは、どちらの機能も捨てがたいと考えているのだと思います。

大きな画面で作業したいが、持ち運べる便利さも捨てがたい。

そう悩んでいるのであれば、すでに答えは決まっています。

答えは【ノートパソコン】です。

なぜノートパソコンを選択すべきなのかを、説明します。

デスクトップとノートパソコンで迷ってしまう理由とは

WHYの文字 画像

なぜ、デスクトップとノートパソコンで迷うのか。

固定された場所で大画面の作業、もしくは高性能な作業が必要な場合はデスクトップ。

持ち運んで使用するなら、ノートパソコン。

迷う理由はどちらのメリットも捨てがたいし、どちらのデメリットも排除したい。

そんなところではないでしょうか。

デスクトップでもノートパソコンはでも、メリットとデメリットは表裏一体。

それぞれデスクトップとノートパソコンの、主なメリットとデメリットを上げてみます。

デスクトップのメリット、デメリット

メリット、デメリットともに、掘り下げれば色々とありますが大枠で考えてみます。

デスクトップのメリット

  • 画面が大きいので作業しやすい
  • バッテリー切れの心配なし
  • 高性能な機種あり

こんなところですよね。

続いてデメリットを上げてみましょう。

デスクトップのデメリット

  • 大きくて邪魔
  • 固定の設置場所が必要
  • 持ち運べない

デメリットは占有スペースの確保、と持ち運べないことです。

ノートパソコンのメリット、デメリット

続いてノートパソコンのメリット、デメリット。

ノートパソコンのメリット

  • 作業場所を選ばない
  • 収納できる
  • 持ち運べる

やはりコンパクトで、持ち運べることがメリットです。

ノートパソコンのデメリット

  • 画面が小さく、作業領域が狭い
  • バッテリー切れの心配
  • 性能がデスクトップに劣るイメージ

やはり画面の小ささが、一番のデメリットでしょう。

しかし持ち運べることは、捨てがたい機能です。

家の中だけで使用する目的としても、部屋を変えて使用したり家族で共有したりと、家の中だけでも持ち運ぶことを想定できますからね。

両方のメリットとデメリットを踏まえたうえで、なぜノートパソコンを選択すべきか説明していきましょう。

デスクトップかノート型か迷ったら、ノートパソコン一択です!

S0LUTIONの文字 画像

結論から言います。

デスクトップとノートパソコンで迷ったら、答えはノートパソコンです。

その理由を解説します。

なぜデスクトップとノートパソコンで、迷ってしまうのか。

その理由は、両方の良いところが捨てがたいから。

違いますか?

そうですよね。

両方の最大メリットとは何のことか。

デスクトップの機能大画面
ノート型の機能 持ち運べる

ハッキリ言ってしまえば、この2つなんですよね。

デスクトップを選択すれば大画面は手に入るが、持ち運ぶことは捨てることになります。

これは、どうしようもないこと。

逆にノートパソコンだと、どうでしょうか。

持ち運べるコンパクトさを選択すれば、大画面の作業は諦めるしかない?

答えはNOです。

ノートパソコンの画面が小さい問題は、解決できるのです。

ノートパソコンはデスクトップにもなる

筆者のデスク画像
(筆者のデスクです。)

デスクトップは、ノートパソコンにすることは絶対に不可能です。

しかしノートパソコンは、デスクトップにできます。

ノートパソコンは、外付けディスプレイに接続すればデスクトップに変身です。

外付けモニターを購入して、ノートPCと繋げれば画面が小さい問題を解決です。

PC用の外付けモニターは種類が豊富で、予算や欲しい解像度に合わせて選ぶことができます。

ワイドディスプレイであったり、湾曲ディスプレイであったり、4Kであったりと多種多様。

価格は高いものだと10万円以上しますが、一般的には数万円台で購入が可能です。

僕はこだわったので、高品質モニターにしました。

関連記事

本格的なテレワークが続き、自宅デスクで仕事をこなすことも慣れたこの頃。あまりの在宅時間に、外界を忘れてしまいそうな勢いです(笑)。これだけ家で仕事をするなら、快適なデスクで作業をしたいもの。理想の在宅デスク環境を構[…]

U3121WE 画像

そこまでこだわりがなければ、安価な製品でも十分満足できるでしょう。

キーボードやマウスも豊富にあり、数千円で十分な製品を入手できます。

僕はデスク環境マニアなので、こだわっちゃいましたけど。

関連記事

テレワークが始まり、早いもので1年半が経ちました。すっかり在宅で仕事をすることにも慣れた今日この頃。在宅時間が長いため自宅の仕事環境を整備して、こだわりのデスク環境を手に入れました。今回は、こだわって購入したマウス[…]

関連記事

コロナ禍のテレワークから始まった、僕の在宅デスク環境づくり。すっかりデスク環境の沼にハマり、最高のデスク環境を求めてアイテムを取り揃えてきました。昼間は会社員のデスクワーク。そして夜はブロガーとして、ブログの執筆。[…]

大画面で作業したいときは、モニターに繋げて作業。

持ち運んで使用したいときは、普通にノートPCとして使用。

ノートパソコンならば大画面と持ち運びの、どちらも手に入るのです。

外付けディスプレイを使用すれば、デスクトップとノート型のいいとこ取りが可能なのです。

パソコンの機種によっては外付けディスプレイに繋げて、ノートパソコンは閉じたまま使用することも可能。

MacBookでは、クラムシェルモードという機能です。

外付けディスプレイを使用する前提の機能が、それなりのノートパソコンには搭載されています。

もちろんノートパソコンを開いて、外付けモニターと2画面体制の使用もできます。

現代のノートパソコンはデスクトップに匹敵する性能を持っている

ノートパソコンより、デスクトップのほうが高性能なイメージはあると思います。

ですが実際はどうでしょうか。

確かに超ハイスペック性能なパソコンで考えれば、デスクトップでしょう。

超高性能を求める時点で、ノートパソコンの選択肢はありません。

迷っているということは、そこまでのハイスペックPCは必要ないのではないでしょうか?

そこそこのスペックで問題ないならば、デスクトップとノート型に性能差はまったくありません。

ノートパソコンを購入して、不満だったら外付けディスプレイ(モニター)を繋げればいい

デスクトップで置き場所や持ち運びに不満が出てしまったら、ノートパソコンを再購入するしかありません。

しかしノートパソコンの画面サイズに不満があったら、外付けディスプレイを繋げればいいだけです。

ノートパソコンの画面でも、不満がないかもしれません。

そうなれば、外付けディスプレイは不要です。

まずはノートパソコンを購入して、実際に使用した結果で不満だったらモニターを買い足せばいいのです。

後からモニターを買い足せるところも、ノートパソコン+外付けディスプレイの魅力です。

あとがき

筆者のデスク画像2

説明の通りノートパソコンであれば、大画面と持ち運びの両方を手に入れることができます。

2台パソコンを購入する予算のある人は、両方購入すればいいでしょう。

しかし1台で両方を満たすならば、ノートパソコン一択です。

ノートPCの画面と外付けディスプレイの、2画面使用も可能ですし。

かなりのハイスペックPCを求めないのであれば、

ノートパソコン+外付けディスプレイが最適な選択です。

モニターを購入する必要はありますが、このやり方が最もスマートな方法だと思います。

デスクトップか、ノートパソコンか。

迷ったら、ノートパソコンを選択すべきです。

今回の記事が参考になれば幸いです。

では、また。