エルゴトロンLXのモニターアームで宙に浮くウルトラワイドモニターをセットアップした

昼間はテレワークの仕事、夜はプライベートでブログ執筆。

仕事部屋に、ほぼ缶詰状態の毎日です。

一日中を過ごす空間ですので、快適な空間にしようと部屋づくりを進めてきました。

理想のアイテムを取り揃えて、だいぶ完成形に近づいてきました。

そして今回は、部屋づくり計画の最終段階。

PCモニターを支える、モニターアームの設置です。

モニタースタンドをなくしてデスクをスッキリさせ、おしゃれにする。

ウルトラワイドモニターを、宙に浮かせたように見せる設置方法で。

理想通りの仕上がり、まるで海外のおしゃれデスクのようになりました。

今回は購入したエルゴトロンLXの紹介と取り付けと取り外しで失敗したこと、モニターアームを使用して感じたメリットとデメリットを紹介します。

モニターアームで見事にウルトラワイドモニターを宙に浮かせることに成功!

SUCCESSの文字画像

モニターアームって必要かといえば、無くても問題ないアイテムです。

そのため、部屋づくり終盤の購入にとなりました。

モニターアームは、無くても仕事やPC作業は普通にできますから。

ではなぜ、僕がモニターアームを購入したのか。

その理由は2つです。

  • デスクをスッキリさせるため
  • デスクをおしゃれにするため

これだけの理由です。

モニターアームを設置する理由なんて、これで十分でしょう。

そしておしゃれの演出として、モニターを宙に浮かせたいと考えました。

宙に浮かせたウルトラワイドワイドモニター

ウルトラワイドモニターを、見事に浮かせることに成功しました。

画像がこちら。

完成した宙に浮くモニター

宙に浮いているように見えますよね。

もちろん、本当は浮いてません。

MacBookをスタンドに立てて、モニターアームを隠しています。

見事にアームが隠れてくれました。

PC使用時もクラムシェルモードで、このままです。

純正のモニタースタンドがなくなり、モニター下はすごくスッキリしました。

僕のウルトラワイドモニターはDELLのU3421WEという機種ですが、純正のスタンドでも十分におしゃれでした。

そのまま純正スタンドでもよかったのですが、どうしても宙にモニターを浮かせたかった。

なぜか。

ロマンとしか、言いようがありません。

関連記事

本格的なテレワークが続き、自宅デスクで仕事をこなすことも慣れたこの頃。あまりの在宅時間に、外界を忘れてしまいそうな勢いです(笑)。これだけ家で仕事をするなら、快適なデスクで作業をしたいもの。理想の在宅デスク環境を構[…]

U3121WE 画像

モニターが宙に浮いたことでデスクが特別なものになった

仕事部屋の部屋づくりにあたり、おしゃれには気を使いました。

良質でスタイリッシュアイテムを取り揃えて、こだわったつもりです。

ですが、ひとつ足りないことが。

普通じゃない、特別感です。

おしゃれなデスクは、よく見ると思います。

おしゃれな人は多いですからね。

ですが意外と、モニターを宙に浮かせる人は少ない。

少ない=普通じゃない、ってことですよね。

モニターを浮かせたことで普通のおしゃれデスクから、特別なおしゃれデスクに進化したのです。

デスク環境にこだわりがあることが、ひと目でわかるデスク。

それがモニターアームで、モニターを宙に浮かせる演出なのです。

エルゴトロンLXの紹介と購入した理由

虫眼鏡で見た詳細の文字

購入したエルゴトロンLXを紹介。

のまえに、なぜ僕がモニターアームにエルゴトロンを選択したのか。

重量のある、34.1インチウルトラワイドモニターを支える重要なアームです。

モニターは僕にとって、とても高額なもの。

そのモニターを支えるモニターアームは、信頼と実績のある製品にすべきと思いました。

評価が高く、定番のモニターアーム。

定番ですので目新しさには欠けますが、モニターアームは実績重視と考えました。

デザインも、申し分ないし。

普段は吟味して製品を購入するタイプですが、今回は上記理由からモニターアームは最初からエルゴトロン1択でした。

エルゴトロン LXの詳細

エルゴトロンLX画像
出典:Amazon

購入したエルゴトロンLXの詳細です。

対応サイズ34インチまで
対応重量3.2kg〜11.3kg
カラーマットブラック、ホワイト、アルミニウムの3色
取り付け方式クランプ式、グロメット式どちらもOK(ホワイトはクランプ式のみ)
保証期間10年間
VESA規格対応100✕100と75✕75に対応

僕が購入したカラーは、マットブラック。

付属の取付金具は、クランプ用とグロメット用が両方入っています。

どちらの方法でも、取り付け可能です。

クランプ式はデスクに挟み込むタイプで、グロメット式はデスクに空いた(空けた)穴に通して固定する方式。

一般的にはデスクに穴がないので、クランプ式が主流とでしょう。

エルゴトロンはLXの他に、HXという商品があります。

違いは、対応するモニターのサイズと重さです。

HXは49インチまで、9.1kg〜19.1kgまでの対応。

重さに耐えるHXのほうが良いと思いがちですが、関節部の力が強いので対応以下の軽いモニターでは下に下がらず上がってしまいます。

重量とサイズに対応するタイプを、ちゃんと選びましょう。

ちなみに僕のモニターは34.1インチで、34インチ以下ではありませんが、LXでまったく問題なく使用できました。

エルゴトロンLXの取り付けレビュー

REVIEWの文字 画像

エルゴトロンLXの取り付けレビューは、3つのテーマに分けて紹介します。

  • 開封と内容物
  • 取り付け
  • 苦労した点と失敗したこと

それではレビューに入ります。

開封と内容物

箱は普通のダンボール。

中は発泡スチロールで動かないよう、ガッチリ梱包されていました。

商品が動いて傷つくことは、まずありえない梱包です。

開封した状況

内容物にIKEAばりの絵でわかる簡単な説明書と、使用用途がわからないペラのパンフレット的なものが。

組み立ては簡単なので、絵の説明書で十分わかります。

パンフレット的なものは、不要としか言いようがありません・・・。

開封した中身

本体の梱包はこんな感じ。

梱包状態に、不満を感じるところはなし。

製品自体はポール、モニター固定アームと中間アームの3つ。

外観はマットブラックでかっこいいです。

取付金具はクランプ用とグロメット用が両方入っています。

付属の金具

取り付け

続いて取り付けのレビュー。

仕組みが単純なので、簡単と思いましたが意外と苦戦しました。

作業自体は単純です。

  1. クランプでデスクに固定
  2. モニター固定用アームをモニターに取り付け
  3. 中間アームをクランプしたポールに挿し込む
  4. モニターアームと中間アームに挿し込む
  5. 付属のレンチで関節部の硬さを調節
  6. コード類を接続してモニターアームに這わせる

以上、簡単な作業です。

どこで苦戦したかは、後ほど説明します。

まずはクランプをデスクに固定。

クランプをデスクに取り付けた画像

特に難しいことはありません。

大体このへんかな?ってところで固定しました。

これは失敗でしたが。

クランプ デスク下 画像

裏側はこんな感じ。

手で締め付けるだけです。

次はモニターとアームを固定します。

僕はこのために、購入したモニターの箱を捨てずにとっておきました。

ウルトラワイドモニターを購入した箱にセット 画像

梱包されてきた箱なので当たり前ですが、モニターの湾曲部がピッタリとフィット。

安心してアームを固定できます。

アームをモニターに取り付け 画像

注意すべきは、アームをセットする方向です。

普通に考えるとアームが下側になると思いがちですが、上側にアームがなるセットします。

モニター固定用のネジは、2種類あり。

ドライバーで回すタイプと、手で回せるタイプ。

僕は手で回すタイプを選びました。

特に理由はありませんが。

お次はデスクにクランプしたポールに中間アームを取り付け。

中間ポールの取り付け 画像

取り付けといっても、ポールに挿し込むだけ。

それ以上も、それ以下もなし。

そして中間アームに、モニターを取り付けたアームを挿し込みます。

モニターが重いのでの、少し苦労しました。

モニターをモニターアームにセット 画像

取り付け直後は大丈夫か?と思うほど上を向いています。

(上記画像はクランプ位置の調節後ですので、説明が前後しますが。)

このあと付属のレンチで、関節部の硬さを調節。

モニター固定部のアーム硬さ調整
アーム部の硬さ調整

関節部の硬さを調整していきます。

モニターの重さに合わせて、硬すぎず緩すぎないないように調整。

硬さの調整は、特に難しいことはありません。

右に寄り過ぎたモニター 画像

一旦設置が完了しましたが、モニターの位置が右に寄りすぎました。

アームは最大限に伸ばしていますので、クランプを一旦外して左に移動するしかありません。

後ほど失敗した点で紹介しますが、取り付けより取り外しが要注意です。

差し込んだアームが、簡単に外れないので・・・。

デスク中央に再設定した画像

今度はしっかりとスケールで移動する位置を図って、クランプ部を再設定。

最初から取り付け場所を、計算すべきでした。

今度はデスクの真ん中に、モニター中心が合いました。

結束バンドでコードをアームに這わせる画像

コード類は付属の結束バンドで、アームに這わせることができます。

結束バンドは付属品ですが、市販品でも問題ありません。

ここでも注意事項が。

結束バンドをキツく締めすぎると、稼働したときにコードの遊びがなくなってしまいます。

緩めでアームに固定しましょう。

中間アームのコード収納部 画像

中間アームはコードを収納できるようになっており、下部が外れます。

しかし収納スペースは狭く、コード4本が限界。

僕はハブモニターにLANケーブルを挿していて計5本のコード類がありましたが、この中間アーム収納部に入らないので、仕方なくモニター接続のコードを4本に変更。

LANケーブルのモニター接続を諦めました。

中間アームとクランプ部ポールのカバー 画像

モニター固定アームと中間アームの差込口に、カバーを付けて取り付けは完成。

宙に浮くモニターの完成

MacBookでアーム部を隠せば、宙に浮くモニターのできあがり。

ちゃんと浮いているように見えるよう、設置ができました。

苦労した点と失敗したこと

苦労した点と失敗した点を紹介します。

苦労した点も失敗舌点も、同じ工程で起こりました。

それが場所の設定を直したときの、アーム連結取り外し作業です。

アームとクランプのポール、中間アームとモニターアームが全然外れないんです。

上から差し込んでいるだけなのですが、モニターの重さでしっくりハマって全然外れない・・・。

慎重に取り外したかったのですが、仕方なくパワーで強引に取り外しましたが大惨事に・・・。

モニター側は手でガッチリ持っていたので問題なかったのですが、中間アームがすっぽ抜けてデスクにガコン!!

30,000円+DIYで研磨、塗装したこだわりのデスク天板に、傷が付いてしまいました。

デスクに付けた傷
中央がデスクについた傷です。

ショックすぎる(涙)。

取り外す場合は中間アームを抑えてもらう助っ人を呼ぶか、デスクに緩衝用のタオルなどを敷くことを強くおすすめします。

というか、まず最初からクランプ位置を計算して取り付けましょう。

モニターアームを使用して感じたメリットとデメリット

メリット・デメリット画像

モニターアームを使用して感じた、メリットとデメリットを紹介します。

モニターアームを使用して感じたメリット

まずはメリット。

  • デスクがスッキリして広くなる
  • デスクがおしゃれになる
  • 高さ、前後調節が自在
  • 地震対策になる

デスクがスッキリして広くなる

モニターの純正スタンドがなくなるため、モニター下部に大きなスペースが生まれます。

小物系を置いて、おしゃれ度を上げるも良し。

何も置かずに、スッキリさせておくも良し。

デスク上が広くなりますので、デスク上の作業領域が格段に増えます。

コンパクトなデスクでも、広々と。

広いデスクは、より広くなります。

デスク環境がおしゃれになる

モニターアームを設置するだけで、おしゃれ度が急激に上がります。

モニタースタンドをなくしただけで、デスク環境上級者感がでます。

ハイレベルなデスクとなり、部屋の完成度が高まること間違いなしです。

高さ、前後調節が自在

滑らかな動きで前後、高さ調節が可能です。

自分の好きな位置に、モニターのセットが可能。

近くで見たいときは、モニターを引き寄せることもできます。

ただ僕のように、モニターアームを伸ばしきった状態が定位置だと不都合も。

デスクの右側でクランプしているのですが、モニターを上に上げると右側に寄ってしまいます。

定位置がクランプから伸び切った1番遠い位置なので、上に上げるとクランプを中心に円を描くカタチで上がるからです。

地震対策になる

地震が発生すると、家具や家電の転倒が予想されますよね。

家具や家電の簡単な転倒対策は、固定してしまうことです。

デスクにガッチリ固定してしまえば、地震でモニターが転倒する恐れはありません。

デスクごと倒れない限りは。

モニターアームを使用して感じたデメリット

続いてデメリットです。

  • 外したモニター純正スタンドの置き場に困る
  • 壁沿いだと際まで下がらない
  • 設置した定位置から、基本的に動かさない

外したモニター純正スタンドの置き場に困る

モニターに元々付いていたスタンドを取り外すため、使用しない純正スタンドの収納場所が必要となります。

特に大型モニターはスタンドも大型なので、それなりの収納スペースが必要です。

捨てるわけにもいかなし。

モニターアームを購入と同時に、純正スタンドの収納場所も決めておきましょう。

壁沿いだと際まで下がらない

僕の想定では、壁ギリギリまでモニターを下げられるイメージでした。

ですが実際はアームに意外と厚みがあって、想定より前に出ました。

純正のスタンドを使用していた位置と、ほぼ変わりません。

壁からの距離を測定した画像

壁にスケールを当てて測ると、19cmの位置がモニター。

上からみた壁とモニターの隙間
上からみた壁とモニターの隙間
上からみた壁とモニターの隙間
横からみた壁とモニターの隙間

手前に動かす分は自在ですが奥側は限界があり、壁際まで下がりません。

設置した定位置から、基本的に動かさない

滑らかな可動域の、素晴らしいモニターアームです。

ですがモニターの定位置を決定したら、僕はほぼ動かしません。

せっかく滑らかに移動できるのに。

機能を活かしきれていない感を、感じてしまいます。

デスクの見た目がスッキリするという目的が達成されるので、それだけで十分ですが。

最後に一言

完成したデスク環境 画像

評判の高い、エルゴトロンのモニターアーム。

製品としては、噂通りの優秀さでした。

さすが定番商品です。

注意すべきは、取り外し時です。

特に一人で外すときは要注意。

モニターの重みでポールとアームがガッチリハマってしまいます。

簡単に外れません。

強引にパワーで外すと、僕のようにデスクを傷つけることになります。

外す場合は、必ずタオルなどを緩衝用に使用しましょう。

モニターの安定感は抜群。

地震対策もにバッチリ。

モニターアーム選びなら、エルゴトロンをチョイスしておけば間違いないと思います。