エルゴトロンLXのモニターアームで宙に浮くウルトラワイドモニターをセットアップした

どうも、こんにちは。

ハスキです。

デスク環境マニアと化し、理想の書斎づくりを楽しんできた。

厳選したアイテムを取り揃えてきて、完成間近だ。

そして今回は、部屋づくり計画の最終段階。

PCモニターを支える、モニターアームの設置だ。

モニタースタンドをなくしてデスクをスッキリさせ、おしゃれにするのだ。

そしてウルトラワイドモニターを、宙に浮かせた設置に成功。

今回は購入したエルゴトロンLXの紹介と、使用レビューを紹介します。

モニターアームで見事にウルトラワイドモニターを宙に浮かせることに成功!

SUCCESSの文字画像

モニターアームって必要かといえば、そうでもない。

だから後回しにしてきた。

モニターアームは、無くてもPC作業はできるからね。

だが私にとって、モニターアームは理想を実現させるためには避けて通れぬアイテムだ。

なぜなら、デスクをスッキリさせて、おしゃれにしたい目的があるから。

モニターアームを設置する理由って、みんなコレだよね。

宙に浮かせたウルトラワイドワイドモニター

ウルトラワイドモニターを、見事に浮かせることに成功した。

画像がこちら。

完成した宙に浮くモニター

宙に浮いているように見えるでしょ?

もちろん浮いてはいない。

MacBookをスタンドに立てて、モニターアームを隠しているだけだ。

でも見事にアームが隠れてるでしょ?

PC使用時もクラムシェルモード(MacBookを開かないで使用するモード)で、このまま使用している。

モニターの純正スタンドがなくなって、メッチャスッキリした。

ウルトラワイドモニターはDELLのU3421WEという機種で、純正のスタンドでも十分におしゃれだ。

そのまま純正スタンドでもいいのだが、どうしても宙にモニターを浮かせたかった。

なぜかって?

ロマンとしか言いようがない。

関連記事

どうも、こんにちは。ハスキです。すっかりデスク環境づくりの沼にハマってしまった。理想のデスク環境を構築するため、デスクのセットアップを着々と進めてきた。そして、とうとう大物を購入。D[…]

U3121WE 画像

モニターが宙に浮いたことでデスクが特別なものになった

仕事部屋づくりは、おしゃれに拘っている。

良質でカッコいいアイテムを取り揃えて、アイテム全てに拘ってきた。

だが物足りなさがあったのよ。

普通じゃない、特別感ってやつだ。

モニターを宙に浮かせたいって人は、少ないよね?

少ない = 普通じゃない、ってことだ。

モニターを浮かせて普通のおしゃれデスクから、特別なおしゃれデスクに進化した気分だ。

エルゴトロンLXの紹介

虫眼鏡で見た詳細の文字

エルゴトロンLXを購入した理由

重量のある、34.1インチウルトラワイドモニターを支えるアーム。

高額だし、厳選したので思い入れも強いモニターだ。

そのモニターを支えるモニターアームは、信頼と実績のある製品にすべきと考えた。

評価が高く、定番のモニターアーム。

定番だから目新しさには欠けるが、モニターアームは実績重視だ。

デザインも、申し分なし。

普段は吟味してメーカーや製品を選定するのだが、今回は上記理由からモニターアームは最初からエルゴトロン1択だった。

エルゴトロン LXの詳細

エルゴトロンLX画像 出典:Amazon
出典:Amazon

購入したエルゴトロンLXの詳細。

対応サイズ34インチまで
対応重量3.2kg〜11.3kg
カラーマットブラック、ホワイト、アルミニウムの3色
取り付け方式クランプ式、グロメット式どちらもOK(ホワイトはクランプ式のみ)
保証期間10年間
VESA規格対応100✕100と75✕75に対応

カラーは、マットブラックを選んだ。

付属の取付金具は、クランプ用とグロメット用が両方入っている。

どちらの方法でも、取り付け可能だ。

クランプ式とは、デスクに挟み込む方式のこと。

グロメット式とは、デスクに空けた穴に通して固定する方式のことだ。

一般的にはデスクに穴を空けないから、クランプ式が主流だろう。

エルゴトロンはLXの他に、HXという商品がある。

違いは、対応するモニターのサイズと重さだ。

HXは49インチまで、9.1kg〜19.1kgまでの対応だ。

重さに耐えるHXのほうが良いと思いがちだが、関節部の力が強すぎるので軽いモニターでは下がらず上がってしまう。

重量とサイズに対応する仕様を、しっかり選ぼう。

私のモニターは34.1インチで、厳密には34インチ以下ではないが、LXでまったく問題なかった。

created by Rinker
エルゴトロン
¥45,495(2024/07/22 14:27:19時点 Amazon調べ-詳細)

エルゴトロンLXの取り付けレビュー

REVIEWの文字

エルゴトロンLXの取り付けレビューは、3つのテーマに分けて紹介しよう。

  • 開封と内容物
  • 取り付け
  • 苦労した点と失敗したこと

開封と内容物

梱包は普通のダンボール。

中は発泡スチロールで、動かないようガッチリ梱包されてた。

商品が動いて傷つくことがありえない、しっかりした梱包だ。

開封した状況

IKEAばりの絵でわかる簡単な説明書と、パンフレット的なものが入っていた。

組み立ては簡単なので、絵の説明書で十分わかる。

パンフレット的なものは、不要としか言いようがない。

開封した中身

本体の梱包はこんな感じ。

梱包状態に、不満を感じるところはなし。

製品自体はポール、モニター固定アームと中間アームの3つ。

外観はマットブラックで、カッコいい。

取付金具はクランプ用と、グロメット用が両方入っている。

付属の金具

取り付け

仕組みが単純なので、簡単と思ったが意外と苦戦してしまった。

作業自体は単純だ。

  1. クランプでデスクに固定
  2. モニター固定側アームをモニターに取り付け
  3. 中間アームをクランプしたポールに挿し込む
  4. モニターアームを中間アームに挿し込む
  5. 付属レンチで関節部の硬さを調節
  6. コード類を接続してモニターアームに這わせる

簡単な作業だ。

まずはクランプをデスクに固定。

クランプをデスクに取り付けた画像

大体このへんかな?ってところで固定した。

これが失敗の元だった。

クランプ デスク下 画像

裏側はこんな感じ。

手で締め付けるだけだ。

次はモニターとアームを固定。

モニターの購入したときの箱を、捨てずにとっておいたのだ。

モニター購入時点で、アームを取り付けることを想定してたから。

ウルトラワイドモニターを購入した箱にセット 画像
アームをモニターに取り付け 画像

ここで注意すべきは、アームをセットする方向だ。

普通に考えるとアームが下側になると思いがちだが、上側にアームがなるよう取り付ける。

モニター固定用のネジは、2種類同梱されている。

ドライバーで回すタイプと、手で回せるタイプ。

私は手で回すタイプを選んだ。

特に理由はない。

次はデスクにクランプしたポールに、中間アームを取り付ける。

中間ポールの取り付け 画像

取り付けといっても、ポールに挿し込むだけ。

そして中間アームに、モニターを取り付けたアームを挿し込む。

モニターが重いのでの、少し苦労した。

モニターをモニターアームにセット 画像

取り付け直後は「おいおい、大丈夫か?」と焦るほど、上を向いてる。

このあと付属のレンチで、関節部の硬さを調節する。

モニター固定部のアーム硬さ調整
アーム部の硬さ調整

関節部の硬さを調整していく。

モニターの重さに合わせて、硬すぎず緩すぎないないように調整。

硬さの調整は、特に難しいことはない。

これで設置は終わりだ。

右に寄り過ぎたモニター 画像

一旦設置が完了したが、モニターの位置が右に寄りすぎてしまった。

アームは最大限に伸ばした状態で使用するので、一旦ぜんぶ外して左に移動するしかない。

最初から取り付け位置を計算して、デスクのクランプを取り付けるべきだった。

失敗した点で紹介するが、取り付けより取り外しが要注意だ。

差し込んだアームが、簡単に外れないんだ・・・。

デスク中央に再設定した画像

今度はしっかりとスケールで位置を図って、クランプ部を再設定。

今度はデスクの真ん中に、モニター中心がちゃんと合った。

結束バンドでコードをアームに這わせる画像

コード類は付属の結束バンドで、アームに這わせることができる。

結束バンドは付属でついてるが、市販品でも問題なし。

ここでも注意事項がある。

結束バンドをキツく締めすぎると、モニターを稼働したときにコードの遊びがなくなってしまう。

結束バンドは、緩めでアームに固定しよう。

中間アームのコード収納部 画像

中間アームはコードを収納できるようになってて、下部が外れる。

だが収納スペースは狭く、コード4本が限界だ。

私はハブモニターにLANケーブルも挿していて、計5本のコード類があった。

この中間アーム収納部に全て入らないので、仕方なくモニター接続のコードを4本に変更した。

LANケーブルのモニターとの接続を諦めた。

PCはWi-Fi接続できるから、別に有線じゃなくても問題ないから。

中間アームとクランプ部ポールのカバー 画像

モニター固定アームと中間アームの差込口に、カバーを付けて完成。

宙に浮くモニターの完成

MacBookでアーム部を隠せば、宙に浮くモニターのできあがり。

ちゃんと浮いているように見えるよう、設置ができた。

苦労した点と失敗したこと

苦労した点と、失敗した点を紹介しよう。

  • クランプ取り付け位置を計算しなかった
  • アーム取り外し時にアームが全然外れない

この2点だ。

特に起こった問題が、アームの取り外し時。

アーム同士が、全然外れないんだ。

上から差し込んでいるだけなのだが、モニターの重さでしっくりハマってしまって全然外れない・・・。

仕方なくパワーで強引に引っこ抜いたが、惨事になった・・・。

モニター側は手でガッチリ持ってたが、中間アームがすっぽ抜けてデスクにガコン!!

30,000円+DIYで研磨、塗装したこだわりのデスク天板に、傷が付いてしまった・・・・・。

デスクに付けた傷
中央がデスクについた傷。

ショックすぎる・・・・・(涙)。

取り外す場合は、中間アームを抑えてもらう助っ人を呼ぶことをおすすめする。

いない場合は、緩衝用のタオルなどを敷いておくことを、強くおすすめする。

というか、まず最初からクランプ位置を計算して取り付けよう。

モニターアームを使用して感じたメリットとデメリット

merit、demeritの文字画像

モニターアームを使用して感じた、メリットとデメリットだ。

モニターアームを使用して感じたメリット

まずはメリット。

  • デスクがスッキリして広くなる
  • デスクがおしゃれになる
  • 高さ、前後調節が自在
  • 地震対策になる

デスクがスッキリして広くなる

モニターのスタンドがなくなるため、モニター下部に大きなスペースができる。

小物系を置いて、おしゃれ度を上げるも良し。

何も置かずに、スッキリさせておくも良し。

デスク上が広くなるので、作業領域が格段に増える。

デスク環境がおしゃれになる

モニターアームを設置するだけで、おしゃれ度が急激に上がった。

デスク環境上級者感がでる。

高さ、前後調節が自在

滑らかな動きで前後、高さ調節が可能だ。

自分の好きな位置に、モニターがセットできる。

近くで見たいときは、モニターを引き寄せることもできる。

ただ私のように、モニターアームを伸ばしきった状態が定位置だと不都合もある。

デスク右側から全開でクランプしているから、モニターを上に上げると右側に寄ってしまう。

上に上げると、クランプを中心に円を描くように上がるから。

地震対策になる

地震が発生すると、家具や家電の転倒が予想される。

家具や家電の転倒対策は、固定してしまうことだ。

デスクにガッチリ固定してしまえば、地震でモニターが転倒する恐れはなくなる。

デスクごと倒れたら終わりだが。

モニターアームを使用して感じたデメリット

続いてデメリットです。

  • 外したモニター純正スタンドの置き場に困る
  • 壁沿いだと際まで下がらない
  • 設置した定位置から、基本的に動かさない

外したモニター純正スタンドの置き場に困る

純正スタンドを取り外すため、純正スタンドの収納場所が必要となる。

特に大型モニターはスタンドも大型だから、それなりの収納スペースが必要だ。

捨てるわけにもいかなし。

壁沿いだと際まで下がらない

想定では、壁ギリギリまでモニターを下げられるイメージだった。

だが実際はアームに意外と厚みがあって、想定より前に出てしまった。

純正のスタンドを使用していた位置と、ほぼ変わらない位置だ。

壁からの距離を測定した画像

19cmが壁からモニターの位置だ。

上からみた壁とモニターの隙間
上からみた壁とモニターの隙間
横からみた壁とモニターの隙間
横からみた壁とモニターの隙間

前に動かす分は自在だが、奥側が壁だと限界がある。

設置した定位置から、基本的に動かさない

滑らかな可動域の、素晴らしいモニターアームだ。

でもモニターの定位置が決定したら、ほぼ動かすことがない。

せっかく、滑らかに移動できるのに。

デスクの見た目がスッキリするという目的が達成されるので、それだけで十分だけどね。

最後に一言

完成したデスク環境 画像

評判の高い、エルゴトロンのモニターアーム。

製品としては、噂通りの優秀さだ。

さすが定番商品。

注意すべきは、取り外し時。

特に一人で外すときは、要注意だ。

モニターの重みで、ポールとアームがガッチリハマってしまうから簡単に外れないぞ。

外す場合は誰かに手伝ってもらうか、タオルなどをデスクに必ず敷こう。

モニターの安定感は抜群。

地震対策もにバッチリ。

モニターアーム選びは、エルゴトロンを選んでけば間違いなしだ。

では、また。