SIGNUM 内容物 画像

デスク周り配線ケーブルをスッキリ IKEA【SIGNUM(シグヌム)】使用レビュー

SIGNUM 内容物 画像

このコロナ渦でテレワークとなり、今後もテレワークが継続されることになったので、仕事部屋(書斎)をつくりました。

仕事部屋には当然仕事用のデスクがあるのですが、まぁ配線ケーブルが多いこと・・・。

仕事に支障を来たす問題ではないのですが、見た目的にもみっともないし、邪魔。

そこで配線ケーブルを整理するアイテムを購入。

それがIKEAの商品【SIGNUM(シグヌム)】です。

シグヌム・・・。

日本人にとって、発音しづらいネーミング・・・。

名前はさておき、なぜこの商品にしたかというと、僕のデスクがIKEAのデスクだから。

やっぱりIKEAのデスクには、IKEAのケーブルオーガナイザーが合うでしょう。

ということで、IKEAのデスク用ケーブルオーガナイザー【SIGNUM(シグヌム)】の購入レビューを紹介します。

おしゃれの天敵は配線ケーブル

仕事部屋の配線

配線ケーブルが見えると、とにかくダサい

おしゃれな部屋にとって、おしゃれを台無しにするもの。

それが配線ケーブルです。

みっともないんですよね。

僕もせっかくの仕事部屋(書斎)ですので、おしゃれにしたいと頑張っています。

用意したIKEAのデスクも、安価ですがスタイリッシュだと思っています。

しかし、それを台無しにするものが、配線ケーブル。

見て見ぬ振りができない問題です。

配線は0には出来ない

パソコン用、スマホ充電用、モニター用、延長コードなどなど。

電化製品に配線ケーブルはついて回ります。

特にPCを使用する以上は、絶対に配線が現れます。

そしてデスクの下には、ワッシャ〜とケーブル地獄が。

スマホはワイヤレス充電器で充電出来るようになりましが、ワイヤレス充電器本体は配線ケーブルでコンセントに繋がなけれななりません。

配線ケーブルと向き合い、戦うしか道はないのです。

掃除が大変

おしゃれな部屋をキープするには、定期的な掃除も大切。

しかしその掃除を邪魔するものが、配線ケーブルです。

ホコリは溜まるし、掃除するにも手間がかかるし。

とにかく邪魔。

それが配線ケーブルです。

配線整理にSIGNUM(シグヌム)を購入した理由

チェックリストとペン 画像

見て見ぬ振りができない配線ケーブル地獄。

配線どもをキレイに始末しなければ、気が済みません。

そこで僕が購入したアイテムがIKEA製の【SIGNUM(シグヌム】。

デスク用のケーブルオーガナイザー商品です。

理由は冒頭で言った通り、デスクがIKEA製だからですが少し加えて説明します。

  • デスクがIKEAのデスクだから
  • ネジ固定式で、テーブルにクランプが見えない

デスクがIKEAのデスクだから

おしゃれと利便性を考慮し、僕はIKEAのカスタムデスクを使用しています。

同じIKEAなら、IKEA商品の相性が良いはず。

自社製品に取り付けることを、考慮しているはず。

取り付け出来ないなんて、ないはず。

そんな考えから、シグヌムを選択。

また取り付け方法にもメリットが。

使用しているデスクは引き出し、架台、天板を組み合わせたカスタムデスクで、天板は固定せず乗せているだけです。

つまり、テーブルトップは簡単に取り外すことが可能。

そう、天板だけ外して裏返してネジ止めすることも、容易に可能なのです。

ネジ固定式のため、テーブルにクランプが見えない

ケーブルオーガナイザーを使用するとなると、固定する方法は2つ

  1. ネジで固定する方法
  2. クランプ式で固定する方法

どちらかになります。

シグヌムは、ネジ固定タイプのケーブルオーガナイザーです。

クランプ式の場合は天板の端にクランプを挟んで固定するので、上からクランプが見えてしまいます。

配線ケーブルを隠したいから使用するのに、上からクランプが見えてしまったらオシャレ度が下がってしまう。

その点ネジ固定式ならば、下から覗き込まないとケーブルオーガナイザーは見えません。

ネジで天板に穴をあけるというデメリットはありますが、そこは裏側ですので良しとしましょう。

IKEAオンラインストアはこちら

SIGNUM(シグヌム)の設置レビュー

シグヌムを設置していきます。

まず梱包状態。

特に頑丈な梱包ではありません。

普通にビニール袋に入っている感じです。

袋から取り出した内容物がこちら

説明書はIKEA独特の、絵で説明する説明書。

世界共通のため、説明する文字は一切ありません。

気をつけるべきは、鉄ネジとプラスチックネジの使い分け。

天板の厚みにより、プラスチックネジを使用するか、しないかが別れます。

イマイチ分かりづらい説明書。

僕の天板は30mm。

どっちなんだ?と思いましたが、鉄ネジでダメだったらプラスチックネジを使えばいいやと思い、鉄ネジのみを選択。

設置場所を決めて、赤ペンでビスを刺す箇所にマーク。

しかしここで問題が。

シグヌム本体が邪魔で、ペンが届かない・・・。

なんとかチョンとマークをつけて、この作業は終了。

天板を取り外し、なんとか付けたマークにシグヌムを合わせます。

ココでいい方法を思いつきました。

T字の取付金具をマスキングテープで固定しておけば、ズレないってアイデア。

こんな感じで。

カメラのピントが本体に合ってしまいましたが、言いたいことは伝わったと思います。

後は本体を取り外して、T字の部品を天板にネジで固定。

我が家には電動ドライバーなんてものはないので、人力ドライバーで固定しました。

最初にポンチ(先が尖った工具)で下穴を押し付ければ、人力でも簡単に固定できました。

シグヌム本体を取り付けて、天板をもとに戻します。

後は配線をシグヌムに入れ込むだけ。

これで完成。

しかし配線が多すぎる・・・。

PCのアダプタが大きく場所を取ってやがります。

シグヌムが無い時はコレでしたので、スッキリ具合は完璧と言っていいでしょう。

投目でみたらこんな感じ。

下から覗きこえばシグヌムは見えますが、覗き込まなければ全く見えません。

まとめ、感想

足元スッキリで、結果は大満足。

シグヌムは覗き込まなければ見えないので、非常におしゃれ度がアップした気分です。

設置も思ったより簡単にできました。

天板が外せましたから。

これが天板と架台(足)が固定してたら、かなり面倒だったと思いますが。

IKEAのデスクは安くてスタイリッシュなので、おすすめなんですよね。

IKEAのデスクを使用しているなら、このシグヌムはおすすめ出来ます。

配線ケーブル地獄でお困りの方は、ケーブルオーガナイザーで脱出しましょう!

IKEAオンラインストアはこちら

スポンサーリンク