大人かっこいいおしゃれデスクマットOAKYWOODフェルト&コルクの使用レビュー

最高の在宅デスクワーク環境を求める男、エンハスカイです。

これからも続くテレワークの日々。

こうなったらテレワーク環境を整備して、快適に楽しく過ごす環境に部屋を改造すべきと判断。

僕はそう決めました。

今回も、新たにデスク環境アイテムを入手しました。

大人かっこいい、おしゃれなデスクマットです。

こだわって探したデスクマットで、なんとポーランド製。

OAKYWOODというブランドの、フェルト&コルクデスクマットです。

カラーはダークグレーで、サイズは30✕90cmのラージサイズをチョイス。

このデスクマットはネット上にレビューが見当たらないため不安でした。

ですが結果は、買って大正解。

おしゃれで高品質なOAKYWOODのデスクマット使用レビューを紹介します。

デスクマットが必要な理由とは

reasonの文字の紙 画像

デスク環境に、デスクマットって必要だと思いますか?

デスクマットは、無くでも仕事に支障がないアイテムです。

ですが、せっかく在宅テレワーク。

会社と違って自分好みのデスク環境で仕事ができるので、快適なアイテムに包まれたい。

またデスクマットを敷くと、いろいろとメリットが生まれます。

  • デスクの触り心地がよくなる
  • 目に入る場所なので、おしゃれを楽しめる
  • デスクを守る
  • デスクの印象がガラリと変わり、オシャレ度が格段に上がる

上記のことから、最高のデスク環境にはデスクマットは欠かせないアイテムなのです。

特に大事なことが天板を守ることと、オシャレ度をグッと上げること。

デスクマットで、大切なデスク天板を守る

快適なデスク環境づくりのため、デスク天板も購入しました。

材質やサイズをオーダーした、木材の天板です。

ヤスリがけから塗装まで、DIYで仕上げました。

関連記事

コロナ禍でテレワークが始まって1年が経過。今後も継続するテレワークに備え、デスク環境をせっせと整えています。理想の在宅ワーク用デスクを手に入れること・・・。今や僕の趣味は、デスク環境づくりです(笑)。順調に[…]

ワトコオイルと未晒し蜜ロウワックス 画像

DIYの費用を含めると、¥40,000弱。

結構費用がかかってしまいました・・・。

結果DIYも上手に出来て、品質も仕上がりも最高の天板になり大満足。

お気に入りの天板ですので、大切に長く使用したい。

傷を極力つけたくない、と考えています。

となれば、デスクマットでデスクを保護することは当然です。

特に、よく触れる部分は保護したい。

デスクマットは、天板を守る大切な役割があるのです。

デスクマットはデスクの印象がガラリと変わり、オシャレ度が格段に上がる

デスク環境画像

おしゃれにもこだわりたい、在宅デスクの環境。

デスクマットが有りと無しでは、オシャレ度が全然違います。

デスクマット一つで、デスクがグッと引き締まります。

デスクマットのデザインによって、おしゃれの方向性が決まるといってもいいでしょう。

自分らしさを演出するためにも、デスクマットは必要なのです。

最終的に絞ったデスクマット3選

SELECTの文字 画像

大人かっこいいイメージの、デスクマットを探しました。

まず条件を絞ります。

  1. 落ち着いたクールなデザイン
  2. ロゴが目立たないシンプルさ
  3. 使いやすさ

上記3点が条件です。

本皮レザーは、今回選択肢から外しました。

長く使用することを考えると、手入れが大変だからです。

条件にそって探した結果で、3選まで絞りました。

条件にあったデスクマット3選

ネットを駆使して探し、最終的に候補となった3選を紹介します。

  • YSAGiデスクマット 天然コルクデスクパット
  • Satechi Ecoレザー デスクメイト デスクマット
  • OAKYWOODフェルト&コルクデスクマット

YSAGi 天然コルクデスクパット

YSAGi 天然コルクデスクパット
出典:Amazon

表面がPUレザー(合成レザー)で、裏面がコルクのデスクマット。

コルク面を表にして、リバーシブルでも使用できます。

コルクは滑り止めになりますし、程よい弾力がありますで長時間のPC作業も疲れにくくなります。

安価で、評価が高いデスクマットです。

Satechi Ecoレザー デスクメイト

Satechi Ecoレザー デスクメイト
出典:Amazon

見た目は最高にかっこよく、僕好みなシンプルで高級感のあるデザイン。

こちらもPUレザーです。

他のPUレザーのデスクマットより、高級感があります。

高品質で評価の高いメーカー、Satechiのデスクマット。

サイズが30✕60と小さめしかないので、テンキーレスのキーボード向きです。

OAKYWOODフェルト&コルクデスクマット

Oakywood フェルト&コルク デスクマット
出典:GLOTURE

おしゃれデスクの参考に、ブログやYou Tubeでデスク画像や動画を調べる事が多いのですが、海外のおしゃれデスクによく出てくるブランドがあります。

Grovemade(グローブメイド)という、アメリカのブランドです。

Grovemadeのデスクマットはフェルト生地で、シンプルな大人かっこいいデザイン。

いいなぁと思いましたが、Amazonや楽天に出店していないブランドのため海外サイトでしか購入が出来ません。

海外サイトでは、購入が不安。

英語読めないし。

そこでフェルトのデスクマットを調べていると、とあるブランドがヒットしました。

それがOAKYWOOD(オーキーウッド)のフェルト&コルクデスクマットです。

カラーにダークグレーがあり、Grovemadeのデスクマットよりも僕好みな色。

更に裏面がコルク。

ポーランドのブランドですが、日本のECサイトから購入が可能な商品。

「GLOTURE」(グローチャー)のOAKYWOODフェルト&コルクデスクマットサイト

OAKYWOODフェルト&コルクデスクマットを選んだ

フェルト&コルクデスクマットの梱包容器

僕が最終的に選んだデスクマットは、OAKYWOODのフェルト&コルクデスクマット。

決めた理由は

  1. サイズが丁度いい
  2. ダークグレーのフェルトで裏面がコルク
  3. レア感
  4. 日本のECサイトから購入が可能

商品説明も兼ねて、一つずつ説明します。

サイズが丁度いい

30✕62(ミディアムサイズ)と30✕90(ラージサイズ)の2種類から選びます。

今回購入したサイズは、30✕90のラージサイズ。

候補に上げたYSAGiのデスクマットは40✕80で、奥行き40も必要ないなと思ってました。

Satechiのデスクマットもよかったのですが、幅60では狭すぎる。

仕事上フルサイズのキーボードが必要なので、幅60ではマウス操作が窮屈かなと。

僕のデスクサイズは奥行き70cmで、幅は155cm。

結構幅が広いデスクですので、幅90cmくらいが見た目にも丁度いいと思いました。

お気に入りのデスクですので、木目が隠れすぎるのも嫌。

となると、奥行きは30cmで丁度いいのです。

ダークグレーのフェルトで裏面がコルク

カラーバリエーションは2種類あります。

ライトグレーとダークグレーです。

僕が選んだ色はダークグレーで、色味は最高に良い感じ。

フェルトは高級なメリノウール。

フェルトの高級感と肌触りに加え、裏面がコルクなところも気に入りました。

コルクは程よい弾力がありますので、PC作業が疲れにくくなると判断。

またコルクは滑り止めにもなるので、一石二鳥です。

レア感

このデスクマットを使用しているレビュー記事やYou Tubeは、見当たりませんでした。

ですので、他とかぶらないレア感に惹かれました。

不安な点は、レビューがないことです。

そのため、ある意味で購入は賭けでした。

日本のECサイトから購入が可能

OAKYWOODフェルト&コルクデスクマットは、Amazonや楽天では取り扱いのない商品です。

他のサイトで購入するしかありません。

OAKYWOODはポーランドのブランドですが、Grovemadeと違い日本のECサイトで購入が可能でした。

「GLOTURE」(グローチャー)という、海外ガジェット製品を取り扱うサイトです。

このサイトはAmazon Payで購入が可能ですので、クレジットカード情報を出す必要がありません。

安心して購入が出来ました。

「GLOTURE」(グローチャー)のOAKYWOODフェルト&コルクデスクマットサイト

OAKYWOODフェルト&コルクデスクマットの使用レビュー

REVIEWの文字 画像

購入したデスクマットの開封から使用レビューを紹介します。

  • 開封
  • 触り心地
  • マウスとキーボードの使用感
  • デメリット

上記4点で紹介します。

開封

開封前

筒状の梱包で届きました。

プリングルスのような筒です。

ポーランド製の買い物は人生初かも。

デスクマットのタグ

さりげないタグもおしゃれ。

開封後は、丸みの癖が付いていますが、1日で癖はとれてフラットになりました。

同梱の内容物

同梱の内容物は、丸い簡単な説明書きが。

英語のみです。

フェルト面とコルク面
広げたデスクマット

見た目の高級感があり、メチャクチャおしゃれ。

オシャレ度は、大満足です。

さわり心地

フェルトの肌触りは、思っていたよりも固めでした。

フェルトなのでもっとフワフワした感じを想像してましたが、しっかりとした作り。

触り心地は、サラサラしたフェルト生地といった感じです。

考えてみれば固めでサラサラしてないと、デスクマットとしては機能しませんね。

またコルク面は、しっかりとデスクにフィットします。

ズレないので、非常に使いやすい。

裏面のコルク
コルク面

マウスとキーボードの使用感

マウスとキーボードを置いたデスクマット
(開封後でまだ反りがとれいない)

最も心配していたことが、マウスがちゃんと反応するのか?です。

色々なデスクマットのレビューを見ていると、マウスが反応しないデスクマットがあるとレビューでみます。

そのためレビューがないこのデスクマットはどうなのか、心配していました。

結果、マウスのトラッキングは問題なし。

安心しました。

ただ、ツルツルなところと比べると滑りは悪いです。

悪いというか、滑らずピタッと止まる感じ。

マウス設定の速度を上げて、ツルツルの場所と同じような操作感にしました。

設定を変えなくても、慣れれば問題なかったかもしれません。

また、キーボードは打鍵感も変わりました。

デスクに打鍵時の音(振動)が全く響かなくなり、キーボードの打鍵感が良くなりました。

これがコルク効果なのでしょう。

スマホのLINEやメール着信のバイブが気が付かないくらい、振動を吸収してくれます。

デメリット

使用して感じたデメリットは

  • 慣れるまで少し手首にチクチク感じる
  • 汚せない
  • まあまあ価格が高い

こんなところ。

メリノウールという高級な羊毛を使用していますので、セーターのようなチクチク感を手首に感じるときがあります。

慣れるとそれを含めて心地良いのですが。

PUレザーと違い、表面がツルツルでないので汚れると厄介です。

まだ汚したことはありませんが、汚れに気をつける心配があることはデメリットですね。

おしゃれと引き換えなので、仕方ないことです。

またこのデスクマットは高品質ですので、価格もそこそこします。

ラージサイスは¥7,500+送料¥800です。

(送料は地域によってちがうかも)

相応の価値はあると思いますが、一般のデスクマットと比べると高価。

購入前から、わかっていることですが。

まとめ

デスクマットを使用したデスク環境

レビューがまったくないデスクマットでしたので、購入に不安がありました。

ですが、結果は購入して正解でした。

デザイン、品質ともに満足できる製品です。

ラージサイズは幅が広々ですので、マウスも存分に動かせます。

僕のポジションは右にマウス、中央にキーボード、左にスマホが定位置となっています。

マウスの反応も問題なくてよかった。

キーボードの打鍵感がよくなったことも、嬉しい誤算。

デスクの見た目も引き締まって、オシャレ度が格段に上がり大満足。

クールでありながら暖かみのある、フェルト&コルクのデスクマット。

これから大切に使用していきたいと思います。