U3121WE 画像

仕事効率が格段に上がる!DELLのウルトラワイドモニターU3421WE使用レビュー

U3121WE 画像

本格的なテレワークが続き、自宅デスクで仕事をこなすことも慣れたこの頃。

あまりの在宅時間に、外界を忘れてしまいそうな勢いです(笑)。

これだけ家で仕事をするなら、快適なデスクで作業をしたいもの。

理想の在宅デスク環境を構築するため、デスクのセットアップを着々と進めてきました。

おかげで、すっかりデスク環境づくりの沼にハマってしまいました(汗)。

今回はとうとう、大物を購入。

DELLのウルトラワイドモニター、U3421WEです。

思い切ってウルトラワイドモニターを購入しましたが、結果は大正解でした。

作業効率が、格段にアップ。

またデスクのオシャレ度も、グレードアップ。

さすが、DELLのハイエンドモデルのモニター。

価格は他の34インチウルトラワイドモニターに比べれば若干割高ですが、価格に見合った高品質な製品です。

U3421WEの特徴や購入した理由と、使用した感想レビューを紹介します。

U3421WEは欲しい機能が全部入っているウルトラワイドモニター

U3421WEのサイズ 画像
出典:Amazon

ウルトラワイドモニターはいろいろなメーカーから、いろいろな機種が販売されています。

機能や画質は、そのモニターによってピンキリ。

今回購入したU3421WEは、ハイエンドクラスのモデルとなります。

豊富な機能が搭載されたウルトラワイドモニターです。

U3421WEの主な特徴

U3421WEは3600Rの湾曲で34.1のインチウルトラワイドモニターですが、湾曲やサイズの感想は後ほど紹介します。

この機種の主な特徴は

  1. 豊富なハブ機能
  2. 豊富な画質調整
  3. USB-C1本で出力から90Wの給電が可能
  4. WQHD画質
  5. PIP、PBP、MKV機能

このあたりです。

豊富なハブ機能

U3421WEが1番売りしていること、それはハブモニターであることです。

ハブ機能を、豊富に搭載しています。

ポートの種類ポートの数
HDMIポート2
DisplayPort1
USB-Cアップストリーム1
USB-Bアップストリーム1
USB-Aダウンストリーム4
USB-Cダウンストリーム1
オーディオ出力ポート1
LANポート1

12個ものポートを搭載した、ウルトラワイドモニターです。

U3421WE 接続オプション
出典:DELLオンラインストア 

1. セキュリティ ロックスロット | 2.電源コネクター | 3.2 HDMIポート | 4.スタンド ロック機能 | 5. DisplayPort | 6. USB-Cアップストリーム ポート | 7.音声ライン出力ポートi | 8.USBアップストリーム ポート | 9.3 SuperSpeed USB 5Gbps(USB 3.2 Gen1) | 10.LANポート(RJ45) | 11.SuperSpeed USB 5Gbps(USB 3.2 Gen1) | 12.USB-Cダウンストリーム ポート

上記はモニターを下から見た画像。

背面以外に下部にも、USBが2ポートある設計。

画像の11と12の場所に、USB-CとUSB-Aのポートが1つずつあります。

頻繁に抜き差しやすい場所に、USBポートが2ポートあります。

このモニターがあれば、他に外付けのハブが不要なのです。

豊富な画質調整

設定で細かな画質の調整ができます。

僕は細かな調整が面倒なので、明るさくらいしか調整しませんが。

また用途により、モード変更で簡単に調節が可能となっています。

  • 標準
  • ComfortView
  • ムービー
  • ゲーム
  • 色温度
  • 色空間
  • ユーザーカラー

この中から好みなモードに変更したり、細かな調節が可能です。

ComfortViewとは、ブルーライトをカットした映像です。

映画を観るときはムービー、ゲームをするときはゲーム。

ブルーライトが気になる人はComfortViewと、用途や好みに応じてワンタッチでモードの切り替えが可能です。

色温度はオレンジ系の柔らかい白熱色から、青色っぽい寒色系を6パターンから選べます。

色空間は、sRGBとDCI-P3の2パターンからチョイス。

色空間とは、モニターで表現できる色の範囲のこと。

ユーザーカラーでは、細かな設定をができます。

USB-C1本で出力から90Wの給電が可能

MacBook使いなら、必須と言っても過言ではない機能。

USB-Cケーブル1本でPCからモニターへの出力と、モニターからPCへの給電が可能な機能です。

安価なモニターには、この機能が付いていない製品が多い。

また90Wと強力なパワーデリバリーも、このU3421WEの特徴です。

MacBookにはUSB-Cポートしかありません。

USB-C接続以外だと、アダプタをかませる必要が出てきてしまいます。

WQHD画質

WQHDとはワイドクワッドHDの略で、3440✕1440の高画質を指します。

4K映像が主流になりつつある昨今。

4Kは3840✕2160ですので、画質は4Kのほうが上です。

画質については、別記事でも紹介しています。

テレビやパソコンの画質で表現する4K、5Kの【K】とは何を意味しているのか?

4Kのほうが高画質なので4Kがいいのではと思いがちですが、4Kにはデメリットがあります。

  1. 文字が小さくなる
  2. PCへの負荷が大きい

この2つです。

その点WQHDであればFHD(フルHD)より高画質で、4KよりPCにかかる負荷が少ない。

デザインや映像、動画を重視するなら、4Kのメリットは活かせると思います。

ですがテキスト中心の作業なら、WQHDのほうが向いているのです。

PIP、PBP、KVM機能

PIPとはピクチャーインピクチャーの略で、PBPとはピクチャーバイピクチャーの略。

簡単にいえば、2台のPCを同時に表示ができる機能です。

2台のPCのを同時に稼働させて作業を行う人には、重宝する機能でしょう。

僕は1台づつでしか使用しないので、PIP、PBP機能を使用する頻度はほとんどありません。

僕が重宝している機能が、KVMスイッチ機能です。

KVMとはキーボード、ビデオ、マウスの頭文字のこと。

1組のキーボードとマウス、ディスプレイで複数のPCを操作できる機能です。

僕のように昼は仕事用のPCで夜や休日はプライベートPCを使用でも、1組のキーボードとマウスだけあれば2台の操作可能ということです。

簡単にスペックを紹介

サイズや重量などを、簡単に紹介します。

サイズ

スタンド付き
最高高さ542.8 mm(21.37 インチ)
最低高さ392.8 mm(15.46 インチ)
813.3 mm(32.02 インチ)
奥行き237.4 mm(9.35 インチ)
モニターのみ
高さ359.1 mm(14.14 インチ)
813.3 mm(32.02 インチ)
奥行き57.5 mm(2.26 インチ)
画像表示領域
対角867.2mm(34.14インチ)
799.8mm(31.49インチ)
334.8mm(31.18インチ)

重量

モニター+スタンド+ケーブル11.65kg
モニターのみ7.52kg
スタンドのみ3.63kg

色カバー率

色深さ10.7 億色
色域sRGB 99%、Rec 709 99%、DCI-P3 95%

ネット上に、U3421WEのユーザーガイドが公開されています。

情報が色々と掲載されているので、確認してみてください。

U3421WE ユーザーガイドはこちら

DELLオンラインストア(U3421WE)はこちら

U3121WEを購入した理由

reasonの文字の紙 画像

たくさんのモニターが販売されているなかで、なぜ僕がDELLのU3421WEを選んだのか。

悩んでいる方の参考になればと思いましたので、理由を紹介します。

  • DELLのハイエンドモニターという安心感
  • ハブ機能をモニターで完結できる
  • USB-Cの出力と給電
  • アダプタ内蔵
  • スピーカー付き
  • DELLの手厚い保証
  • P3421Wとも比較検討

DELLのハイエンドモニターという安心感

いろいろなメーカーからモニターは販売されていますが、一番安心できるモニターのメーカーといえばDELLではないでしょうか。

しかも価格の張るウルトラワイドモニターですので、失敗したくありません。

長く使用する仕事のアイテムは、安心安全なメーカーに限ります。

DELLはブランドの質が落ちるような、低品質な製品を販売しませんよね。

安くすませるなら安価な中華ブランドでもいいと思いますが、自分の経験から妥協するとまず後悔します。

ましてや仕事道具ならば、良いものを使用すべき。

そう考えています。

ハブ機能をモニターで完結できる

U3421WEの売りは【ハイエンドハブモニター】です。

豊富なハブ機能がありますので、外付けハブを購入する必要がありません。

僕はデスク環境のおしゃれにも、気を使いたいと考えています。

極力スッキリとした、デスクで作業をしたい。

ゴチャゴチャした、余計な機器はできるだけ省きたい。

高性能ハブモニターならばモニターでハブ機能を完結できて、デスク周りをスッキリできる判断しました。

USB-Cの出力と給電

MacBook使いとしてUSB-Cケーブルでのモニター接続は、外せない条件です。

USBのCtoC接続ならば、ケーブルの間に余計なアダプタを付ける必要がありません。

そして何より、ケーブル1本で出力からPCへ給電ができること。

90Wと十分なパワーデリバリーですので、MacBook純正のアダプタさえ不要となります。

あのMacBookの給電アダプタって、大きくて邪魔なんですよね。

アダプタ内蔵

通常モニターには、羊羹(ようかん)みたいなアダプタが付いていますよね。

しかしこのU3421WEは、アダプタが内蔵されてるのであの羊羹がありません。

モニターへの給電は、電源ケーブルのみ。

スッキリしたデスク周りを意識すると、アダプタが非常に邪魔な存在なんですよね。

アダプタがないことは、おしゃれにとって非常に重要な要素だと思います。

スピーカー付き

外付けモニターは、スピーカーが付いていない機種が普通に存在します。

ハイエンドモデルですら、スピーカーのないモデルがあるくらいです。

スピーカーがなけれな、外付けスピーカーを使用するしかありません。

外付けスピーカーを設置すると、配線が増えるしデスク周りのスッキリさが無くなってしまいます。

僕は音質にはこだわりがないので、内蔵スピーカーで十分と判断。

あまりに音質が酷かった場合は、最悪外付けのスピーカーを付ければいいやと。

DELLの手厚い保証

DELLは追加オプションを付けなくても、他社にはない手厚い3年保障が付いています。

  1. プレミアムパネル交換
  2. 良品先出しサービス

この2つです。

プレミアムパネル保証とは

画面に1つでもドット抜けが見つかった場合に、期間内であれば無償で代替品と交換してくれる保証。

良品先出しサービス

不具合が見つかった場合、返品前に代替え品を送ってくれるサービス。

普通の企業は、返品してから新品と交換になります。

しかしDELLはその間モニターがないと顧客が困るとの考えで、先に良品を送ってくれます。

それだけ自社製品に、自信があるのでしょう。

P3421Wとも比較検討

DELLのウルトラワイドモニターには、U3421WEよりも1つ下のグレードにP3421Wという機種があります。

見た目がよく似た機種で、多くの人がこの2機種を比較検討するのではないでしょうか。

僕も比較検討しました。

検討の結果、ハブ機能の豊富さ、スピーカーの有無、USB-Cの給電パワーの違いで上位モデルのU3421WEを選択しました。

P3421Wとの比較記事は、別記事で紹介しています。

関連記事

テレワークとプラベート(ブログ)で使用するための、ウルトラワイドモニターが欲しい。テレワークになり、ずっと考えていました。そしてこの度、ようやくウルトラワイドモニターの購入。選んだのは、DELLの「U3421WE」[…]

黒板を見ながら考える男性 画像

U3421WEの使用レビュー

REVIEWの文字 画像

それではDELLのウルトラワイドモニター【U3421WE】の開封から使用した感想レビューを紹介します。

  1. 開封、設置
  2. 大きさと湾曲モニターの感想
  3. ハブ機能の使い勝手
  4. スピーカーの音質
  5. 仕事とプライベートで使用した感想

上記5つのテーマで紹介します。

開封、設置

開封前

34.1インチのウルトラワイドモニターですので、箱もかなりデカイ。

DELLのオンラインストアで購入しましたが、この状態に送り状が貼られてきました。

箱にある説明書き

説明書も入ってますが、箱に簡単な組み立て方法の絵が書かれています。

本体以外の内容物

本体以外の内容物です。

ケーブル類は、必要なもの全てが同梱されているといった感じ。

長さが足りないなどの問題がなければ、買い足す必要はないでしょう。

スタンドの足は結構重い。

大型のモニターを支えるスタンドですので、土台には重さが必要なのでしょう。

スタンドの取り付けは簡単。

工具なしで全て完結できます。

カラーキャリブレーション証明書

カラーキャリブレーション工場レポートが同封されており、色と輝度を工場で調整した証明書が付いています。

安心ですね。

本体を箱から取り出す前 画像

本体の裏面が出てきました。

カバーで覆われている状態。

寝かせた状態で、スタンドを設置します。

挿し込むだけなので、非常に簡単です。

デスク設置後のカバー外し前 画像

デスクに設置してカバーを剥がせば、正面とご対面です。

この瞬間が、一番ワクワクしますよね。

デスク設置後でカバーを外した画像

モニター正面とご対面。

かなり表示領域が大きい!

背面 画像

背面です。

背面はシルバーで高級感があります。

電源ボタンとジョイスティック 画像

背面の左下(モニター前面からみれば右下)に電源ボタンと設定用のジョイスティックがあります。

全てこのジョイスティックで操作します。

大きさと湾曲ディスプレイの感想

ウルトラワイドワイドモニターを購入にあたり、心配していた点がここ。

大きすぎて見ずらいかもと、湾曲モニターで表示が問題ないのかです。

画面の大きさ

本体 正面から 画像

まずは大きさについて。

大きすぎて使いづらいかもしれないとの懸念がありましたが、使用した感想は全く問題ありませんでした。

むしろ丁度いいサイズ!

端から端まで目線を移動しても疲れないし、思ったほど目線の移動距離もありません。

モニターサイズが問題ないことは、僕のデスクが大型であるからと思います。

デスク奥行きが70cmありますので、画面からある程度離れて使用ができています。

首を左右に振ることなく、モニター全体を確認できる距離です。

34インチ画面全体が、目線移動だけで網羅できます。

近すぎると首を振って認識するので、疲れると思います。

デスクサイズが重要になるかも。

デスク奥行き70cmならば、大きさは問題なく快適に使用できます。

デスク紹介の記事も、書いてますので。

オーダー天板をワトコオイルと蜜蝋ワックスでDIY。最高のおしゃれデスクを手に入れた

画面の湾曲

本体 側面から 画像

続いて、画面の湾曲について。

こちらも不安材料でしたが、全く問題ありませんでした。

僕の仕事は特注の機械部品販売で、図面を確認することが多い仕事柄です。

図面の線が湾曲モニターにより、曲がって見えてしまうのでは?と懸念していました。

結論は、全く問題なし。

特に線が曲がって見えることも感じず、表示領域が多いだけ見やすくなりました。

最初は湾曲していることに違和感がありましたが、1日で慣れました。

複雑な図面も、問題なく理解できます。

ハブ機能の使い勝手

ハブ部 画像

MacBookをUSB-Cケーブルで繋ぎ、WindowsのPCをディスプレイポートのケーブルで繋いで、PCの2台を使用しています。

他にもHDMIが2ポート搭載されていますので、ゲームをやる人なら任天堂スイッチやプレステを繋いでもいいでしょう。

USB-Aポートが4つあることは、非常にありがたい。

普段抜き差しせず固定して使うUSB-Aは背面の3ポートを使用し、抜き差しの多いケーブル等はモニター下部のポートを使用。

キーボードやマウスの充電、またUSBメモリなどは背面でなく下部のポートを使用が便利。

デメリットが1点。

USB-C接続ならば問題ないのですが、それ以外のPC接続はUSB-BをPCをと接続しないとハブ機能が使えない点です。

僕はDP(ディスプレイポート)でWindowsPCと接続していますが、DPケーブル以外にUSB-BケーブルをPCと繋ぐ必要となるのです。

モニターからPCへ出力を送る、アップストリームのケーブルが必要なのです。

つまりUSB-C接続以外は、2本のケーブルでPCと接続しなければバブ機能が使用できないということ。

これは仕方ないことなのでしょう。

僕は事前に調べていたので知っていましたが、知らなかったらパニックになっていたと思います。

スピーカーの音質

スピーカーの音質も、心配していたことです。

5Wのデュアルスピーカー内蔵ですが、5Wと言われても音質がわかりませんよね。

音がスカスカな可能性も、心配していました。

音にこだわりはありませんが、あまりにも音質が悪ければ外付けスピーカーを付けるしかないと考えていました。

音を確認した結果、音質は想像以上に良かった。

全く問題がありませんでした。

ハイスペックなスピーカーには劣りますが、並のスピーカーと遜色はありません。

迫力は十分だと思います。

You TubeやBGM程度なら、内蔵スピーカーで満足できるレベルです。

家族や近所の迷惑がありますので大音量では聞くことはないし、音楽や映画を大音量で楽しみたい場合はどうせイヤホンで聞きますからね。

仕事とプライベートで使用した感想

U3121WE 画像

現在U3421WEを、仕事とプライベート(ブロク執筆)の二刀流で使用しています。

仕事もブログも、作業効率が格段に上がりました。

会社にはウルトラワイドモニターを使用していることは内緒にしていますが、他のテレワークを行っている社員と比べて間違いなく有利に仕事ができていると思います。

作業領域の広さは、PC作業にとって正義です。

今回、それを実感しました。

またブログ執筆の作業も、今まで使用していた13インチのノートPCをとは作業領域は比べ物になりません。

ウルトラワイドモニターなら、同じ画面内で調べ物を確認しながら執筆が可能。

これがかなりデカイ。

作業スピードが、格段に早くなりました。

左右に調べ物等を表示しながら中央で執筆の3箇所表示が、現在僕のスタイル。

ウルトラワイドの特徴を、フルに活かしています。

普段はノートPCを閉じたクラムシェルモードで使用していますが、もっと表示したいときはノートPCを開いて2画面使用でも活用しています。

作業効率は、期待通り爆上がりでした。

おしゃれな縦置きMacBookスタンドTwelve South BookArcレビュー

まとめ

デスク全体 画像

U3421WEは、欲しい機能が全部入ったウルトラワイドワイドモニターです。

使わない機能はあっても、無いと困る機能はないといった感じ。

ウルトラワイドのモニター選びに迷ったら、このU3421WEを選んでおけば間違いないでしょう。

デメリットを上げるとすると、接続がUSB-C以外の場合に出力ケーブル+USB-BをPCをと接続しなければハブ機能が使用できないことですね。

スッキリさせたいのに、ケーブルが2本必要となってしまいます。

ケーブルをまとめておけば済む話といえば、そうですけど。

デメリットはそれくらいかな。

価格は他機種より割高ではありますが、価格に見合った高品質な製品です。

購入して後悔は、全くありません。

電化製品は安く抑えようとして機能を妥協すると、結局後悔するんですよね。

数年と長く使用するアイテムは、高品質なものが良いと僕は考えています。

このU3421WEは、ハズレのない製品と判断できますので僕はおすすめします。

DELLオンラインストア(U3421WE)はこちら