ワトコオイルと未晒し蜜ロウワックス 画像

オーダーメイド天板をワトコオイルと蜜蝋ワックスでDIY!おしゃれデスクに仕上げた

ワトコオイルと未晒し蜜ロウワックス 画像

どうも、こんにちは。

ハスキです。

私の趣味は、デスク環境づくりだ。

順調に完成形態へ、日々近づいている。

今回は、このデスクの顔といっていいアイテムを手に入れた。

デスク天板だ。

マルトクショップで、オーダーメイド天板を購入した。

そのオーダーメイド天板を、ワトコオイル(ナチュラル)未晒し蜜蝋ワックスでDIY。

完成したデスクは、想定以上の良い仕上りとなった。

購入したオーダーメイド天板の詳細と、塗装関連のDIYレビューを紹介します。

デスク天板にマルトクショップを選んだ理由

マルトクショップで購入した天板(タモ材)  アップ画像
マルトクショップで購入した天板(DIY前)

今までIKEAの「リンモン」という、3,000円くらいの天板を使用していた。

コロナ以前から、使用していた天板だ。

使い勝手に問題があった訳ではないが、正直安いものは安いなりの品質。

これは仕方ないことだし、丈夫で軽くて安価なIKEAのリンモンを否定するつもりは全くない。

だが最高のデスク環境の構築を考えると、良質な天板が欲しくなるもの。

そのため、今回新たに本物の木製天板を購入することを決意。

当初は同じIKEAの「イェルトン」という、木製の天板を購入を想定してたんだ。

大きいサイズを探していたから、1550×750×30mmのイェルトンはちょうどよかった。

価格はIKEAのデスク天板としては¥12,900と高めだけど、完全木製の天板として考えれば激安。

しかしいざ買おうとネットで調べると、生産終了で在庫切れじゃないか。

人気がなかったのか?

IKEAのユーザーは価格重視だから、人気がなかった可能性はあるね。

マルトクショップのオーダーメイド天板にたどり着いた

IKEAの選択肢を失い、一から天板を探すことに。

ブログやYou Tubeでデスク天板を調べまくった結果、高い確率で出てくる天板のメーカーがある。

それが、マルトクショップだ。

無垢材や集成材をフリーカットしてくれる、木材メーカー。

マルトクショップの評判は、デスクマニアの世界でかなり高い。

評判の高さは、品質が高いことの証明だろう。

DIYは苦手だけど、理想のデスクを現実にするためにはDIYするしかないな。

IKEAのイェルトンに比べれば割高だけど、オーダーメイドの金額としてみれば良心的な価格だ。

木材の種類から、サイズまで選択も可能だし。

マルトクショップで、購入を決断した。

追記:マルトクショップについての、詳しい紹介記事を書いたよ。

関連記事

どうも、こんにちは。ハスキです。デスク天板をマルトクショップで購入してDIYしてから、はや1年。快適なデスク環境で、仕事ができています。デスク天板のおかげで、今じゃ会社より在宅のほうが仕事がはかどる[…]

デスク天板 画像

マルトクショップでオーダーした天板の詳細

今回マルトクショップで購入した天板の詳細を紹介しよう。

木材の種類

木材はタモ材を選択した。

デスク天板に向いている木材は、

  • アカシア
  • ウォルナット
  • ゴム
  • タモ

この辺り。

あとは好みと予算の問題だね。

ウォルナットは、理想より色が濃すぎるし高い。

アカシアも、色が好みではない。

ゴムとタモで迷ったが、タモの色、質感と高級感が理想的かなと判断。

なんとなくの判断だけどね。

サイズ

自分が設置する場所と、これから購入予定の大型PCモニターを想定してサイズを決めた。

1,550mm
奥行き700mm
厚み30mm

幅は設置する場所に合わせて1,550mm。

奥行きは設置予定の大型モニターと、作業する距離を想定して考えた。

モニターは34インチのウルトラワイドモニターか、32インチの4kモニターを考えている。

どっちにしても大型だから、ある程度モニターからの距離が必要だ。

モニターからの距離を踏まえて、700mmがベストと判断。

厚みは薄すぎると強度の問題と、見た目に安っぽさが出てしまうのため30mmにした。

追記:購入したウルトラワイドモニターのレビュー記事。

関連記事

どうも、こんにちは。ハスキです。すっかりデスク環境づくりの沼にハマってしまった。理想のデスク環境を構築するため、デスクのセットアップを着々と進めてきた。そして、とうとう大物を購入。D[…]

U3121WE 画像

オプション仕様

マルトクショップではサイズ以外に、角や辺の加工も選択できる。

その他にも、オプション選択がいろいろ選択できる。

辺の加工は下記を選択。

面取A上(3R)、下(糸面取)
面取B上(糸面取)、下(糸面取)
面取C上下(3R)
面取D上(糸面取)、下(糸面取)

角は4箇所すべて3R。

オプションに、埋め込みタイプの反り止めを追加した。

デスク天板は固定しないで架台と引き出しに乗せるだけで使用するから、経年劣化でソリが発生するかもしれない。

そう考えたて、反り止めを入れた。

反り止めは価格が張るので迷ったけど、反って後悔するなら今やるべきかなと。

脚と天板をガッチリ固定するなら、反り止めは不要だ。

価格

価格は送料抜きで、¥30,160。(2021年4月時点)

送料込みだと、¥31,810。

そのうち¥7,480が反り止め代だ。

反り止めで、だいぶ金額が跳ね上がった。

送料は総重量30kg以下かつ、3辺の合計が2700mm以下で¥30,000以上なら送料無料となる。

購入したサイズは、3辺が2700mm以上。

¥30,000以上だが、送料¥1,650の送料がかかった。

デスク天板のDIYに使用したアイテム

ワトコオイル(ナチュラル)と未晒し蜜ロウワックス 画像

デスク天板DIYに、用意したアイテムを紹介します。

ワトコオイル(ナチュラル)

塗装はワトコオイル(ナチュラル)を選択。

理由は塗装が簡単で、自然な仕上がりになる評判から。

ミディアムウォルナットと迷った。

が、ミディアムウォルナットとナチュラルは、調べる限りほとんど色が変わらないとのこと。

下手に色を入れるなら入れないほうがキレイに仕上がると思い、ナチュラルにした。

200mlを2缶用意したが、実際には1缶で足りた。

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥1,109(2023/06/07 19:07:49時点 Amazon調べ-詳細)

未晒し蜜蝋ワックス

ワトコオイルはオイルフィニッシュと言われる塗料だからワトコオイルだけでもいいかと思ったけど、耐水用にワックスでコーティングもしたい。

仕事がメインのデスクだが、私は晩酌もデスクだ。

水滴で、デスクが傷むことは避けたい。

未晒し蜜蝋ワックスにはAタイプとCタイプがある。

それぞれで、ワックスの硬さが違う。

硬いタイプがAで、柔らかいタイプがC。

今回は柔らかいほうが塗りやすいと思ったので、Cタイプを選択した。

今後も定期的なメンテナンスに使用する事を考えて、300mlで購入。

created by Rinker
小川耕太郎∞百合子社
¥3,940(2023/06/07 19:07:49時点 Amazon調べ-詳細)

ハケ

ワトコオイル塗装に、必要なハケ。

ホームセンターで購入した。

ニス用で売っていた、安価なものを購入。

#240の紙ヤスリと#400の耐水ヤスリ

ヤスリの番手はたくさんあるので迷うところだが、#240のヤスリと#400の耐水ヤスリでツルツルに仕上がった。

この2タイプの使用で、まず問題ない。

#240はマジックテープ式で、ホルダーにセットできるタイプのハイピッチペーパーを購入。

仕上げ用は、#400は耐水ペーパー。

ヤスリがけ用のホルダー

ヤスリをマジックテープで固定できるホルダー。

これがメッチャ便利だった。

#240のヤスリがけで使用したが、全然疲れずにヤスリがけできた。

ウエス

ワトコオイルと蜜蝋ワックスの拭き上げに使用する布。

安価な白Tシャツを、激安の服屋で7枚用意した。

色落ちしない布であれば、何でもいいだろう。

マルトクショップ天板のワトコオイル&蜜蝋ワックスDIYレビュー

REVIEWの文字 画像

ワトコオイル(ナチュラル)未晒し蜜蝋ワックスを使用したDIYレビューを紹介。

DIYは乾燥時間を含めて、3日かかった。

ほぼ乾燥の時間だけどね。

  1. ヤスリがけ
  2. ワトコオイル塗装
  3. 未晒し蜜蝋ワックスがけ
  4. 失敗した点

上記4点をテーマにレビューします。

と、その前に購入した天板を、梱包から開封。

マルトクショップ天板 開封後 裏面画像
梱包を開封した状態
 
ハスキ
質感メッチャいい・・・・

高級感のある見た目と質感。

開封時にその品質の高さから、テンション爆上がり。

黒い金具が反り止め。

ヤスリがけ

まずは天板をヤスリがけ。

届いた時点で#240レベルの研磨処理がされてるから、わざわざヤスリがけしなくてもいい仕上がりだ。

だけど計画通りに、ヤスリがけを決行した。

このヤスリがけのみ、ベランダで作業。

粉が舞うからね。

天板が20kgと重いんで、運ぶのに苦労した(汗)。

ベランダで天板ヤスリがけの準備 画像

架台はデスクでも使っているイケアの脚を、作業台に使用。

#240のヤスリ(ハイピッチペーパー)とヤスリホルダー 画像

#240のマジックテープ付きヤスリと、ヤスリを取り付けるホルダー。

5枚✕3=15枚用意したけど、5枚で足りた。

ヤスリをホルダーにセット 画像
ヤスリをホルダーにセットするとこんな感じ。

ヤスリがけを始めます。

#240で天板のヤスリがけ中 画像

ヤスリがけは筋肉痛を覚悟してたが、全然平気だった。

ホルダーがあることでやりやすく、疲れずに作業できた。

作業する高さがちょうどよかったこともある。

低いと、腰をやられるからね。

結構入念にヤスリがけをした。

側面も忘れずに。

ヤスリがけが終わったら、掃除機で吸った後によく絞った濡れタオルで拭き上げ。

しかし、ヤスリがけ直後に思ったことは、

 
ハスキ
ヤスリがけ前より、目が粗くなった気がするんですけど・・・・・。

ヤスリをかけたことにより、逆に粗くなったような・・・。

この時点ですごく心配だったが、最終仕上がりは全く問題なかった。

最初の研磨は#240で問題ない。

最初からキレイに研磨しすぎると、ウェット研磨の効果が薄れるのだ。

ワトコオイル塗装

メインイベントといっても過言ではない、ワトコオイル(ナチュラル)の塗装に入る。

塗装の工程から、室内で行った。

ワトコオイル塗装前の天板 画像

床や架台にオイルが付かないよう、ブルーシートとゴミ袋をカットしてスタンバイ。

ワトコオイル塗装の準備 画像

まずはハケの抜け毛確認から。

ハケの毛を引っ張って抜けそうな毛や、抜けている毛を取り除く。

確認が終わったら、塗装開始だ。

ゆるいオイルなので非常に塗りやすく、ムラにもなりにくかった。

苦労することなく、キレイに塗ることができた。

側面も忘れずに塗装。

天板1度目の塗装後 画像
1度目の塗装後

カラーはナチュラルだが、見た目の色が結構変わった。

すごく良い色。

想定以上に、好みの色だ。

30分間オイルを木材に浸透させてから、余分なオイルをウエスで拭き上げ。

天板塗装をウエスで拭き上げ 画像

ウエスに使用したTシャツは、ハサミで切って手頃なサイズにした。

使用後のウエスは、水に晒してから捨てる。

そのまま捨てると、自然発火の恐れがあるらしいよ。

拭き取りが終わったら、1時間乾燥する。

ワトコオイルが余りそうだったんで、この1時間を利用して裏面を塗装。

天板裏面 塗装前 画像
裏面塗装前
天板裏面 塗装後 画像
裏面塗装後

見比べると、良い色になったことがよくわかる。

裏面の塗装が終わったら、すぐに表側にひっくり返して乾燥。

裏面は架台と触れている場所が乾きにくから、数時間置きに架台と接触している位置をずらして乾燥した。

ワトコオイルを入れる容器は、紙製容器は辞めたほうがいい。

百均で容器を購入したが、紙製だったせいで染み込んでしまった。

ワトコオイルが染み込んだ紙製容器 画像

1時間の乾燥が終わったら、2度目の塗装開始。

2回目の塗装した結果、使用したワトコオイルの量は200mlの缶で少し余るくらいだった。

余っても仕方ないから、全部使い切った。

塗装したら、オイルで濡れた状態のままウェット研磨を行う。

#400耐水ペーパーの出番だ。

入念にウェット研磨を行った。

この工程が一番大事だ。

天板をウェット研磨中 画像

ウェット研磨の目的は、仕上げの研磨+オイルと削りカスを隙間に入れて表面の段差をなくすこと。

この工程のおかげで、ツルツルの表面に仕上がった。

ウェット研磨が終わったら、余分なオイルをウエスで拭き上げて24時間乾燥となる。

天板ウェット研磨後 画像

乾燥中にオイルが木材から滲み出てくるので、数時間置きで定期的に拭き取らなければなない。

この作業を怠ると、吹き出たオイルの跡が残ってしまうのだ。

24時間乾燥後もオイルが出てくる場合があると聞きたが、一晩でほぼ乾燥し終わった。

失敗した点で取り上げるが、この乾燥スピードの早さが誤算となった・・・。

未晒し蜜蝋ワックスがけ

ワトコオイルの24時間乾燥が終わったので、蜜蝋ワックスがけの作業に入る。

未晒し蜜蝋ワックス準備 画像
蜜蝋ワックス開封(未使用)

ワトコオイル塗装後、この時点でツヤも出たので蜜蝋ワックスは無しでもいいかと思った。

だがせっかく蜜蝋ワックスも購入したので、ワックスがけもやることにした。

撥水のためにもね。

テカテカし過ぎてもおかしいと思ったから、薄めにしてみた。

ウエスにワックスを取って、円を描くように擦り込む。

300mlのワックスで使用した量は、ほんの少しだけとなった。

ほぼ余った。

蜜蝋ワックスを使用した量 画像
使用後の蜜蝋ワックス

良いツヤ加減となった。

蜜蝋ワックスで天板ワックスがけ終了 画像

上塗りはいくらでもできるから、調整しながら薄めのワックスがけが正解だろう。

DIYで失敗した点

おおむね満足な結果となったが、少しだけ心残りとなった点がある。

それがワトコオイルの拭き上げ作業だ。

数時間置きに拭き上げを行ったが、寝ている間の7時間位吹き上げはやらなかった。

できないじゃん。

寝てるんだもの。

だがこれが甘かった。

朝起きて拭き上げればいいやと思ったが、朝起きたら滲み出たオイルがすでに乾燥してたのだ。

気にしなければわからないレベルだが、滲み出たオイルの跡が光加減によって見える状態で乾燥してしまった。

写真に映らないほど、些細な跡だ。

意識て見ようと思わなければ、わからないレベルだ。

しかし完璧を求めた自分にとって、心残りの点にはなった。

気合入れて、数時間置きに起きて吹き上げるべきだった。

でも夜中に起きることはなかっただろうな。

いずれにせよ、この結果になったろうね。

まとめ、感想

デスク天板 画像
追記:2022年11月時のデスク

DIYは苦手なため、仕上がりを心配していた。

だが、結果は予想以上の良い仕上がりになった。

ワトコオイルの色も、ナチュラルに決めて正解だった。

色はあまり変わらないかもと考えてたが、想定以上の良い色になってくれた。

逆に下手に色付きでなくて、よかったんじゃないかな。

ワトコオイルの匂いは、思った以上にキツイ匂い。

工業製品の匂い。

妻と子供に、臭いとかなり不評だった(汗)。

匂いがとれるまで、3日くらいかかった。

ガソリンと同じように、好き嫌いが別れる匂いだ。

何と言っても、自分で仕上げたデスクは愛着も人一倍だ。

これから、大切に使っていきたい。

お金は、かかった。

しかし手に入れた物は、お金以上の価値を感じている。

  • 所有欲
  • 高品質
  • おしゃれ

満たしたい欲求を、十分に満たせるデスク天板になった。

仕事にブログ。

一層やる気が出る環境となり、大満足だ。

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥1,109(2023/06/07 19:07:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
小川耕太郎∞百合子社
¥3,940(2023/06/07 19:07:49時点 Amazon調べ-詳細)
関連記事

どうも、こんにちは。ハスキです。木材オーダー天板のデスクを使用して1年。快適なデスクライフを過ごしています。高品質な天板のデスク。マルトクショップという、ネットの木材ショップで購入した天板を[…]