ワトコオイルと未晒し蜜ロウワックス 画像

オーダー天板をワトコオイルと蜜蝋ワックスでDIY。最高のおしゃれデスクを手に入れた

ワトコオイルと未晒し蜜ロウワックス 画像

コロナ禍でテレワークが始まって1年が経過。

今後も継続するテレワークに備え、デスク環境をせっせと整えています。

理想の在宅ワーク用デスクを手に入れること・・・。

今や僕の趣味は、デスク環境づくりです(笑)。

順調に完成形へ近づいています。

今回購入したものは、デスク環境づくりの目玉製品。

デスクの顔である、デスク天板です。

マルトクショップというネットで木材のフリーカット品が購入できる店。

オーダーメイドの天板を購入しました。

その天板を、ワトコオイル(ナチュラル)と未晒し蜜蝋ワックスでDIY。

完成したデスクは、想定以上の仕上りになりました。

ですがちょっと失敗した点も。

購入した天板の詳細と、注意すべきだった点を踏まえてDIYレビューを紹介します。

テレワークの真髄は、快適なデスク環境を手に入れること

デスク環境 斜め上から 画像
完成したデスク天板

理想のデスク環境に向けて、順調にアイテムを揃えてきました。

ブログ内でも、様々なデスク環境アイテムを紹介しています。

その際に、毎回同じことを書いていますが

テレワークで仕事の本領を発揮するには、快適なデスク環境がすべてです。

美容師や理容師が、安物の切れないハサミを使用しませんよね。

一流の料理人が、安物の切れない包丁を使用しませんよね。

それと同じでデスクワークも、半端な仕事環境では半端な仕事しかできません。

良い仕事には、いい作業環境が必須なのです。

在宅ワークのメリットは自分好みの作業環境をつくれること

コロナ禍により、在宅ワークが当たり前となりました。

在宅ワークを経験した殆ど人が、仕事環境の大切さを実感したことでしょう。

こんな時代になってしまった以上、現状を受け入れて快適な在宅ワーク環境をつくるしかありません。

自宅での仕事は色々と大変です。

ですが、自分好みの仕事環境をつくれるという、メリットもあります。

お金がかかるし、場所も必要となりますがね。

おしゃれ重視もよし。

シンプルもよし。

仕事グッズで埋め尽くすもよし。

すべて自分次第。

会社と違い、全てを自分の好きな仕様にすることが在宅ワークは可能なのです。

オーダーメイド天板をマルトクショップで購入した経緯と天板の詳細

タモ材 天板 アップ画像
マルトクショップで購入した天板

今まではイケアのリンモンという、約3,000円の天板を使用していました。

コロナ以前から使用していた天板です。

使い勝手に問題があった訳ではないのですが、正直安いものは安いなりの品質です。

いや、これは仕方ないことなので、リンモンを否定するつもりはありませんが。

最高のデスク環境を手に入れようと考えると、当然良質な天板が欲しくなります。

そのため、新たに天板の購入を決意。

本物の木材で出来た、高品質天板です。

当初はイケア製のイェルトンという、木製の天板を購入予定でした。

大きいサイズを探していたため、イェルトン(1550×750×30mm)はちょうどいいサイズ。

価格はイケアのデスク天板としては¥12,900と高めですが、木製天板としたら格安です。

いざ買おうとネットで調べると、生産終了で在庫切れ。

人気ないから生産終了なのかな?

わかりませんが、せっかく決断したのに振り出しに戻されました。

マルトクショップのオーダー天板購入を決断

イケアの木製天板の選択肢を失い、一から天板を探し直すことに。

ブログやYou Tubeでデスク環境を調べまくった結果、高い確率で出てくる天板のメーカー名が。

それがマルトクショップです。

評判はかなり高い。

オーダーメイド木材のフリーカットしてくれるメーカー。

木材のメーカーですので、仕上げのDIYを別途行う必要はあります。

DIYは苦手ですが、理想を実現するためには仕方なしと判断。

イケアのイェルトンに比べればかなり割高となりますが、オーダーメイドの金額と見れば高い価格ではありません。

木の種類から選択も可能ですし。

マルトクショップで購入を決断しました。

オーダーした天板の詳細

購入した天板の材質、サイズ、オプション仕様、価格を紹介します。

木材の種類

木材はタモ材を選択しました。

デスク天板に向いている木材は、

  • アカシア
  • ウォルナット
  • ゴム
  • タモ

この辺りです。

ウォルナットは色が濃すぎるし高い。

アカシアは色が好みではない。

ゴムとタモで迷いましたが、タモの色、質感と高級感が理想的と判断。

質感に関しては、ほぼ想像ですが・・・。

サイズ

サイズは自分が設置する場所と、これから購入予定の大型PCモニターを想定して決めました。

1550mm
奥行き700mm
厚み30mm

幅は設置する場所に合わせて1550mm。

奥行きは設置予定のPCモニターとの距離を想定して判断。

設置予定のモニターは34インチのウルトラワイドモニターか、32インチの4kモニター。

どちらにしても大型ですので、ある程度モニターからの距離が必要です。

最低でも、60cmはモニターから離れる必要があります。

今までのデスクが60cmですが、60cmで想定するとまだ近すぎるかなと。

離れすぎるとデスクが大きすぎてしまうので、700mmがベストと考えました。

厚みは薄すぎると強度の問題と、見た目に安っぽさが出てしまうのため30mmに。

オプション仕様

マルトクショップでは、サイズ以外に角や辺の加工も選択できます。

その他オプションも。

辺の加工は下記を選択。

面取A上(3R)、下(糸面取)
面取B上(糸面取)、下(糸面取)
面取C上下(3R)
面取D上(糸面取)、下(糸面取)

角は4箇所すべて3R。

オプションに埋め込みタイプの反り止めを追加しました。

僕のデスク天板は固定せず、架台と引き出しに乗せるだけで使用します。

そのため経年劣化でソリが発生するかもしれない、と考えたため反り止めを入れました。

反り止めは価格が張るので迷いましたが、反って後悔するなら今やるべきと判断。

最初から昇降デスクなどの天板として購入するなら、反り止めはいらないと思います。

脚と天板をガッチリ固定しますからね。

価格

価格は送料抜きで¥30,160です。

送料込みで¥31,810。

反り止めが¥7,480しましたので、これでだいぶ金額が跳ね上がりました(汗)。

送料は総重量30kg以下かつ、3辺の合計が2700mm以下の場合に¥30,000以上なら送料無料です。

僕のサイズは3辺が2700mm以上なので、¥30,000以上ですが送料¥1,650かかりました。

デスク天板DIYに用意したアイテム

ワトコオイルと未晒し蜜ロウワックス 画像

DIYに用意したアイテムは

  • ワトコオイル 200mlを2缶(実際は1缶で間に合った)
  • 未晒し蜜蝋ワックス 300ml Cタイプ
  • 刷毛
  • #240の紙ヤスリと#400の耐水ヤスリ
  • ヤスリがけ用のホルダー
  • ウエス(Tシャツ)

ワトコオイル

ワトコオイルはナチュラルを購入。

ミディアムウォルナットと迷いましたが、ミディアムウォルナットとナチュラルは調べる限りほとんど色が変わらないとのこと。

下手に色を入れるなら、入れないほうがキレイに仕上がると判断しナチュラルにしました。

200mlを2缶用意しましたが、実際には1缶で足りました。

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥1,110(2021/08/05 19:43:30時点 Amazon調べ-詳細)

未晒し蜜蝋ワックス

ワトコオイルはオイルフィニッシュと言われる塗料ですので、ワトコオイルだけでもいいかと思いましたが耐水用にワックスでコーティングしたいなと。

仕事がメインのデスクですが、晩酌もデスクでします。

水滴でデスクが傷むことを、避けたいと考えました。

未晒し蜜蝋ワックスにはAタイプとCタイプがあり、硬さが違います。

僕は柔らかいほうが塗りやすいと思ったので、Cタイプを選択。

定期的なメンテナンスに使用する事を考え、300mlを購入。

created by Rinker
小川耕太郎∞百合子社
¥3,200(2021/08/05 19:43:31時点 Amazon調べ-詳細)

刷毛

ワトコオイル塗装用の刷毛です。

刷毛は今回ホームセンターで購入しました。

ニス用で売っていた刷毛を購入。

#240の紙ヤスリと#400の耐水ヤスリ

ヤスリの番手はたくさんあるので迷うと思いますが、DIYの結果#240のヤスリと#400の耐水ヤスリでツルツルに仕上がりました。

この2タイプの使用で、問題ありません。

#240は家にありました。

マジックテープ式で、ホルダーにセットできるタイプのハイピッチペーパーです。

#400の耐水ペーパーは、新たにAmazonで購入。

created by Rinker
¥293(2021/08/05 19:43:31時点 楽天市場調べ-詳細)

ヤスリがけ用のホルダー

これも持っていたアイテム。

ヤスリをマジックテープで固定できるホルダーです。

これがとても便利でした。

#240のヤスリがけで使用しましたが、おかげで全然疲れずにヤスリがけができました。

created by Rinker
¥301(2021/08/05 19:43:32時点 楽天市場調べ-詳細)

ウエス

ワトコオイルと蜜蝋ワックスの拭き上げに使用する布です。

僕は安価な白Tシャツを7枚用意しました。

色落ちしない布であれば、何でもいいでしょう。

デスク天板のワトコオイルと蜜蝋ワックスDIYレビュー

REVIEWの文字 画像

DIYは乾燥時間を含めて、3日かかりました。

ほぼ乾燥の時間ですが。

  • ヤスリがけ
  • ワトコオイル塗装
  • 未晒し蜜蝋ワックスがけ
  • 失敗した点

上記4点をテーマにレビューします。

と、その前に購入した天板を、梱包から開封。

開封後 画像
梱包を開封した状態
 
エンハスカイ
質感メッチャいいじゃん・・・・

高級感のある見た目と質感。

黒い金具が反り止めです。

傷防止に木の枠が入っている画像

天板の周りは傷防止の板で、天板を1周囲まれて梱包されていました。

丁寧な梱包です。

良質な天板を購入したと実感しました。

ヤスリがけ

まずは天板をヤスリがけ。

天板が届いた時点で#240レベルの研磨処理がされていますので、わざわざヤスリがけしなくてもいいかとも思いましたが、計画通りにヤスリがけを決行します。

このヤスリがけのみ、ベランダで行いました。

粉が舞いますので。

天板が20kgと重いので、運ぶのに苦労しました(汗)。

ベランダでヤスリがけの準備 画像
いい天板・・・。

架台は普段デスクで使っているイケアの脚を、作業台に使用。

#240のヤスリ 画像

#240のマジックテープ付きヤスリと、ヤスリを取り付けるホルダーです。

5枚✕3=15枚用意しましたが、5枚あれば十分でした。

使用しなかった分は、またいつか何かに使用するだろうと思いますので、保管しておきます。

ヤスリをホルダーにセット 画像
ヤスリをホルダーにセットするとこんな感じ。

ヤスリがけを始めます。

#240でヤスリがけ中 画像

ヤスリがけは筋肉痛も覚悟していましたが、全然辛くありませんでした。

ホルダーがあることで削りやすく、全く疲れず行えました。

また、作業する高さもちょうどよかった。

ここは入念にヤスリがけを行いました。

側面も忘れずに。

ヤスリがけが終わったら、よく絞った濡れタオルで削りカスを拭き上げ。

しかし、ヤスリがけを終了して思ったことは、

 
エンハスカイ
ヤスリがけ前より、目が粗くなった気がする・・・・・。

ヤスリをかけたことにより、逆に粗くなってしまったような感じに・・・・・。

この時点ではすごく心配しましたが、最終仕上がりに全く問題ありませんでした。

最初の研磨は#240で問題なしです。

安心してください。

最初からキレイに研磨しすぎると、ウェット研磨の効果が薄れます。

ワトコオイル塗装

今回DIYのメインイベントといっても過言ではない、ワトコオイルの塗装に入ります。

塗装の工程からは室内で行いました。

ワトコオイル塗装前 画像

床や架台に汚れが付かないよう、ブルーシートとゴミ袋でスタンバイ。

ワトコオイル塗装の準備 画像

まずは刷毛の抜け毛確認。

毛を引っ張って抜けそうな毛や、抜けている毛を取り除きます。

確認が終わったら、塗装開始。

ゆるいオイルですので非常に塗りやすく、ムラにもなりにくかったです。

苦労することなく、キレイに塗ることができました。

側面も忘れずに塗装。

1度目の塗装後 画像
1度目の塗装後

カラーはナチュラルタイプですが、見た目の色が結構変わりました。

すごく良い色です。

想定以上に、好みの色になりました。

30分オイルを木材に浸透させてから、余分なオイルをウエスで拭き上げます。

ウエスで拭き上げ 画像

ウエスに使用したTシャツは、ハサミで切って手頃なサイズにしました。

使用後のウエスは、水に晒してから捨てます。

そのまま捨てると、自然発火の恐れがあるとのこと。

拭き取りが終わったら1時間乾燥させますが、ワトコオイルの量が余りそうでしたのでこの間に裏面を塗装しました。

裏面 塗装前 画像
裏面塗装前
裏面 塗装後 画像
裏面塗装後

裏面の塗装が終わったら、すぐに表側にひっくり返して乾燥。

裏面は架台と触れている場所が乾きにくいので、数時間置きに架台と接触している位置をずらして乾燥。

それとワトコオイルを入れる容器は、紙製容器は辞めたほうがいいです。

僕は百均で容器を購入しましたが、紙製だったので染み込んでしまいました。

ワトコオイルが染み込んだ容器 画像

1時間の乾燥が終わったら、2度目の塗装を始めます。

2回目の塗装で、200mlのワトコオイルが若干余るくらいの残量です。

余っても仕方ないので、全部使い切ってしまいました。

塗装したら、濡れた状態でウェット研磨を行います。

#400の耐水ペーパーの出番です。

入念にウェット研磨を行います。

この工程が一番大事です。

ウェット研磨 画像
ウェット研磨

ウェット研磨の目的は、仕上げの研磨+オイルと削りカスを隙間に入れて表面の段差をなくすことです。

この工程のおかげで、ツルツルの表面が仕上がりました。

ウェット研磨が終わったら、余分なオイルをウエスで拭き上げて24時間乾燥です。

2度目の研磨後 画像

いい色に仕上がりました。

乾燥中にオイルが木材から滲み出てきますので、数時間置きで定期的に拭き取りを行います。

この作業を怠ると、吹き出たオイルの跡が残ってしまいます。

24時間乾燥後もオイルが出てくる場合があると聞きましたが、僕の場合は一晩でほぼ乾燥し終わってました。

前日の14:00から乾燥を始めたので、24時間たたずに乾燥しました。

後で失敗した点で取り上げますが、この乾燥スピードが誤算でした・・・。

未晒し蜜蝋ワックスがけ

ワトコオイルの24時間乾燥が終わったので、蜜蝋ワックスがけの作業に入ります。

未晒し蜜蝋ワックス準備 画像
蜜蝋ワックス使用前

ワトコオイル塗装後、この時点でツヤも出たので蜜蝋ワックスは無しでもいいかと思いました。

しかしせっかく蜜蝋ワックスを購入したので、ワックスがけを行います。

このデスクで晩酌もしますので、撥水のためにもやりたいですし。

テカテカし過ぎてもおかしいと思いましたので、薄めにワックスがけをします。

ウエスにワックスを取って、円を描くように擦り込み。

少しづつ作業を行いました。

その結果、300mlのワックスで使用した量はほんの少しだけでほぼ余りました。

蜜蝋ワックスを使用した量 画像
使用後の蜜蝋ワックス

おかげで良いツヤ加減となりました。

蜜蝋ワックスがけ終了 画像

上塗りはいくらでも出来ますので、薄めのワックスがけが正解だと思います。

DIYで失敗した点

概ね満足な結果となりましたが、心残りとなった点があります。

それがワトコオイルの滲み出るオイルの拭き上げ作業です。

数時間置きに拭き上げを行っていましたが、寝ている間の7時間位吹き上げを行いませんでした。

出来ませんよね?

寝ているのだから。

しかしこれが誤算でした。

朝起きてから拭き上げすればいいやと考えていたのですが、朝起きたら滲み出たオイルが乾燥していたのです。

気にしなければわからないレベルですが、滲み出たオイルの跡が光加減によって見える状態で乾燥してしまいました。

意識して見ないと気づかないレベルです。

しかし完璧を求めた僕としては、少し心残りの点となりました。

気合入れて数時間置きに起きて吹き上げるべきだったか、と・・・。

ですがどう考えても夜中に起きることはなかったと思うので、いずれにせよこの結果になったでしょう。

まとめ、感想

完成したデスク 画像

DIYは苦手なため仕上がりを心配していましたが、予想以上の良い仕上がりとなりました。

ワトコオイルの色も、ナチュラルに決めて正解でした。

想定以上の良い色になってくれましたので。

下手に色付きでなくて、よかったと思います。

ワトコオイルの匂いに関しては、思った以上にキツイ匂いでした。

工業製品の匂いです。

妻と子供に、臭いとかなり不評でした(汗)。

匂いがとれるまで、3日くらいかかります。

匂いが薄れてくると、いい匂いに感じます。

好き嫌いは別れる匂いですが。

何と言っても、自分で仕上げたデスクは愛着も人一倍です。

これから大切に使っていきたいと思います。

お金はかかりました。

しかし手に入れた物は、お金以上の価値を感じています。

  • 所有欲
  • 高品質
  • おしゃれ

満たしたい欲求を、十分に満たせました。

仕事にブログ。

より一層やる気が出るデスク環境となり、大満足です。