モニターのUSBアップストリームポートとダウンストリームポートって何?意味と違いとは

先日テレワークとブログ兼用に、外付けのPCモニターを購入しました。

34.1インチのウルトラワイドモニターで、ハブ機能の付いたモデルです。

ハブモニターということでUSBポートを複数搭載しているのですが、そのポートの種類にアップストリームポートとダウンストリームポートというポートが存在するのです。

 
筆者
アップとダウンなので出力と入力的なものなのだろう。

と、何となく理解しました。

しかし何となくでは、スッキリしませんよね。

アップストリームポートと、ダウンストリームポートとは何なのか?

ググってみましたが、わかりやすい記事があまり見当たらない。

ググれば何でもわかる、この時代に・・・。

僕のようにアップストリームポートと、ダウンストリームポートの意味がわからない人も多いのでは。

調べましたので、PCに詳しくない人にもわかりやすく解説します。

USBのアップストリームポートとダウンストリームポートの違いと意味

S0LUTIONの文字 画像

USBポートのアップストリームとダウンストリームとは、一体何のことなのか。

結論からいうと

アップストリームポートとは周辺機器(デバイス)側から、PCへ情報を送信するポート
ダウンストリームポートとはPCから、周辺機器(デバイス)へ情報を送信するポート

ということです。

詳しく解説していきます。

USBアップストリームポートとは

まずは、アップストリームポートについて。

簡単に言えば周辺機器(デバイス)から、PCへ情報を送信するポートです。

アップストリームとは

アップストリームとは、指示系統の中心へ情報を送信すること。

PCとモニターの関係であれば、PCが指示を出す中心(上流)ですよね。

モニター側からデータや信号をPCへ送信することが、アップストリームという流れです。

アップストリームは、英単語で「上流へ」の意味。

これを会社に例えると、部下が下流で、上司が上流。

部下から上司へ情報を渡すことが、アップストリームとなります。

その上司から社長へ情報を渡す場合は、今度は上司が下流で社長が上流の関係に変わります。

指示系統の中心に向かうことが、アップストリームというわけですね。

アップストリームポートでPCとケーブルで接続しなければ、モニターのハブ機能は使えない

これは外付けハブモニターを購入して、初めて知ったことです。

HDMIやDP(ディスプレイポート)でPCとモニターを接続すれば、映像の出力はできます。

しかし映像出力の端子では、モニターのハブ機能を使用することはできません。

モニターのハブ機能が、HDMIやDP(ディスプレイポート)と連動しているわけではないからです。

ここで、モニターのアップストリームポートが必要となります。

モニターのハブ情報を、PC側に渡すために。

頭脳となるPCへ繋げないと、外付けハブは意味がないのです。

中心(上流)がPCですので、アップストリームポートを使用して情報をPCへ送信する必要があるのです。

USBダウンストリームポートとは

続いてUSBのダウンストリームポートについて。

アップストリームの説明で、もう大体理解していると思います。

ダウンストリームポートは、PC(上流)からデバイス(下流)へデータや信号を送信するポートです。

アップストリームポートと、反対の流れですね。

ダウンストリームとは

ダウンストリームとは、指示系統の中心から末端側へ情報を送信すること。

PCと接続機器の関係ならば、PCが指示を出す上流で接続機器が下流。

ダウンストリームは、英単語で「下流へ」の意味です。

会社に例えると、上司から部下へ情報を渡すことがダウンストリーム。

社長からその上司へ、情報を渡すこともダウンストリーム。

中心から外側への流れですね。

PC周辺機器のUSB端子は、アップストリームポートがtype-Bでダウンストリームポートがtype-A

危険を発見したイメージ画像

モニターやプリンターなど、周辺機器に搭載されているUSBポートについて。

アップストリームポートとダウンストリームポートでは、USB端子の種類が違うことにお気づきでしょうか?

アップストリームポートは、USB type-Bが一般的となっています。

ダウンストリームポートは、馴染み深いtype-Aです。

USBってtype-Aは馴染み深いですが、type-Bはあまり馴染みがないですよね。

AとBの端子で、何が違うのか。

PCと接続する周辺機器側のアップストリームポートが、type-Bとなっている理由はひとつ。

端子の種類が違う理由は、単純に挿し間違い防止のためです。

全部が同じ形状の端子だと、どれがアップストリームポートかわかりませんよね。

ただの間違い防止だけ。

type-Aとtype-Bの違いは、それだけなのです。

USB type-Cは超万能なニュータイプ

USB-C 画像

僕はWindowsPCとMacBookの2台を、1台の外付けモニターで使用しています。

WindowsPCはDP(ディスプレイポート)でモニターと接続。

そしてMacBookは、USB-Cでモニターと接続しています。

WindowsPCは、DP(ディスプレイポート)とUSB-BのアップストリームポートでPCと接続しているので、接続に必要なケーブルは2本。

アップストリームポートでPCと接続をしないと、ハブ機能が使用できないので仕方ありません。

だがしかし。

MacBookはUSB-Cのアップストリームポート(モニター側)とケーブル1本を接続するだけで、映像出力+ハブ機能が使用できます。

USB type-Cは、HDMIやDP(ディスプレイポート)の機能、USBアップストリーム機能とさらに、PD(パワーデリバリー)までが、ケーブル1本で可能なのです。

パワーデリバリーとは、ノートPCへ給電ができる機能。

type-Cは、超万能なニュータイプなのです。

USB-CダウンストリームポートでPCを接続したらどうなる?

僕のモニターのUSB-Cポートは、アップストリームとは別にダウンストリームポートも搭載されています。

このUSB-Cダウンストリームポートに、PC(MacBook)を接続したらどうなるのだろうか?

映像は出力できないのか?

type-Cの端子はアップ側とダウン側が一緒なので、type-Cポートならどこでも挿すことができます。

興味本位で、PCとダウンストリームポートで接続してみました。

その結果は充電できましたが、映像の出力はできず。

もしかしら映像が出力できるのかなと期待しましたが、ダウンストリームポートなので普通に無理でした(笑)。

まとめ

まとめの文字と矢印 画像

アップストリームポートとは:周辺機器(デバイス)側から、PCへ情報を送信するポート
ダウンストリームポートとは:PCから、周辺機器(デバイス)へ情報を送信するポート

まぁ、単純明快ですね。

でも意外と知らないことです。

僕も外付けモニターを購入するまで、アップストリームポートとダウンストリームポートが存在することすら知りませんでした。

普通に生活している分には、知らなくても別に困りませんから。

とりあえず、これで疑問解決です。

同じ疑問を持った人の、お役に立てれば幸いです。

また購入したモニターもブログで紹介していますので、気になる方はチェックしてください。

関連記事

本格的なテレワークが続き、自宅デスクで仕事をこなすことも慣れたこの頃。あまりの在宅時間に、外界を忘れてしまいそうな勢いです(笑)。これだけ家で仕事をするなら、快適なデスクで作業をしたいもの。理想の在宅デスク環境を構[…]

U3121WE 画像

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。