エルゴヒューマンプロ オットマン座面モールドクッションタイプの1ヶ月使用レビュー

どうも、こんにちは。

ハスキです。

コロナ禍によって始まったテレワーク。

仕事とブログの執筆でずっと座りっぱなしのため、腰を痛めてしまった。

今まで安物の椅子で凌いできたが、もう限界・・・。

安物の椅子で腰の痛みを我慢し続けるか、高級チェアで腰の痛みから開放されるか。

答えは、言うまでも無い。

思い切って、高級チェアの購入を決断した。

選んだ高級チェアは、エルゴヒューマンプロ オットマンの座面モールドウレタンクッションタイプ。

エルゴヒューマンといえば座面メッシュのデスクチェアだが、私はクッションタイプを購入した。

エルゴヒューマンを選んだ理由と、1ヶ月使用したレビューを紹介しよう。

”椅子にはお金をかけるべきだ”と学んだ

考える男性イラスト

デスクワークやブログ執筆で、ずっと同じ椅子に座る日々。

ふと気付いた。

寝ている時間より、椅子に座っている時間のほうが長いことに。

人生の1/3は寝ているので、布団はお金をかけるべきとよく聞くよね。

しかし、デスクワーカーがお金をかけるべきは布団より椅子だ。

仕事がデスクワークなら、一番時間を共にするのは椅子。

一番お金をかけるべきモノは、何よりも椅子ということに気が付いたのだ。

安価な椅子は腰を痛める

テレワークが始まった当初、椅子にお金をかけるなんて考えてなかった。

椅子なんて、おしゃれなら安物で十分と。

それで安価なデスクチェアを購入したのだが、大間違いだった・・・。

今まで腰を痛めたことがなかったので、椅子の重要性を理解していなかった。

安価な中華製の椅子で、腰を痛めてしまったのだ。

完全に椅子のせいだ。

オフィスチェアにお金をかけても、10年使えば元はとれる

¥100,000の椅子を購入したとしよう。

椅子に¥100,000って、高額な買い物だよね。

でもここで、長く使用したらどうか考えてみよう。

¥100,000を1年間(12ヶ月)で割ると、月額¥8,333となる。

10年間使用したとすると、¥100,000のデスクチェアは月額833円だ。

ランチ1食分だ。

いや、東京のランチならもっと高い。

月833円で最高の座り心地と腰の痛みから開放されるなら、お金を出す価値はあると思わない?

座り心地の悪い安い椅子で腰を痛めるなら、座り心地が快適な高級チェアを長く使用したほうが絶対良いだろう。

毎日使用すると、1年間の日割り計算で¥100,000÷365で¥273.9

仮に5年で買い替えても、¥100,000÷(365×5)で¥54.7

10年使用すれば1日あたり¥27.5

コンビニのコーヒーより安い。

エルゴヒューマンプロ オットマンを購入した理由

REASONの文字 画像

高級チェアを購入するなら、後悔しない製品を選びたい。

ある程度はお金に妥協せず、満足できる椅子を購入したいと考えた。

最終的に絞った高級デスクチェア3選

高級デスクチェアを探した結果、最終的に3つの椅子にたどり着いた。

上記以外でも候補はあったが、最終的に絞ったのはこの3脚となった。

アーロンチェアは、海外の有名高級チェア。

デザインは私の趣味じゃないが、いい椅子であることは間違いないだろう。

created by Rinker
HermanMiller(ハーマンミラー)
¥249,700(2024/07/22 15:22:59時点 Amazon調べ-詳細)

オカムラのコンテッサセコンダは、日本製高級チェアであるオカムラの最上位モデル。

イタリアの有名デザイナー、ジョルジェット・ジウジアーロによるデザイン。

デザイン性は、コンテッサセコンダが一番好みだった。

特に、背面から見たデザインがすごく美しい。

created by Rinker
オカムラ(岡村製作所)
¥282,414(2024/07/22 15:23:00時点 Amazon調べ-詳細)

3種類の椅子に座って試したいところだが、当時は緊急事態宣言下。

遠出に抵抗があり、近くの家具屋にあったエルゴヒューマンのみ試座した。

アーロンチェアとコンテッサセコンダがその家具屋にあればよかったのだが、なかったので仕方なし。

他を試座しないでも、エルゴヒューマンに決めた理由は3つ。

  1. 仕事以外のリラックスタイムも重要視したい
  2. 約¥100,000の価格差は大きい
  3. 腰の痛みが限界で、一刻でも早く椅子を買い替えたかった・・・。

仕事以外のリラックスタイムも重要視したい

アーロンチェアとコンテッサセコンダは、仕事感が強い椅子のイメージだった。

仕事中はいいのだが、リラックスタイムも椅子を使いたい。

オットマンで、癒やしの時間が欲しいと思った。

約¥100,000の価格差は大きい

エルゴヒューマンプロと他の2つでは、価格が倍違う。

ある程度お金に糸目をつけないつもりだったが、さすがに¥100,000の差はデカすぎる・・・。

腰の痛みが限界で、一刻でも早く椅子を買い替えたかった・・・。

もっと時間をかけて椅子を厳選したかったが、腰の痛みから一刻も早く開放されたかった。

エルゴヒューマンには、人間工学に基づいたランバーサポートが付いている。

腰を重視するなら、独立したランバーサポートがあるエルゴヒューマンがいいだろうと判断した。

座面モールドウレタンクッションタイプを選択した理由

エルゴヒューマンといえば、背面も座面もメッシュが特徴だ。

私も当初は、座面メッシュを購入するつもりだった。

しかし両方試座してみると、クッションタイプのほうが座り心地がよかった。

私には、クッションタイプのほうが合っていた。

メッシュは、ピンと張ったハンモックに乗っているような感じ。

あまり好きではない感触だった。

クッションタイプは生地の肌触りも心地よく、高級感がある。

クッションなので長年の使用でへたってくることも考えたが、10年は大丈夫だろうと判断(根拠はない)。

エルゴヒューマンプロ座面モールドクッションタイプの使用レビュー

REVIEWの文字

エルゴヒューマンプロ オットマンを使用したレビューを紹介します。

レビュー内容は

  • 配送と外観
  • 座り心地
  • 1ヶ月使用した感想

上記3点をテーマに紹介します。

配送と外観

楽天市場のオフィスチェア専門店”Workaholic”というお店で購入した。

購入前にYou Tube等で、色々と下調べした結果で選んだ店舗。

このお店は、組み立てた状態で配送してくれる。

しかも楽天市場ポイントが10倍付いたので、実質¥10,000引きで購入できた。

組み立ての手間がないことは、大きなメリットだ。

配送の方の対応も気持ちよく、丁寧に搬入してくれた。

外観

エルゴヒューマンプロ 正面画像
正面
エルゴヒューマンプロ 側面画像
側面
エルゴヒューマンプロ 背面画像
背面

実際に部屋に入れると、「デカイな!」って思った。

背が高い椅子なので、存在感がある。

1ヶ月すると、見慣れて部屋に馴染んだ。

背面のアルミダイキャストは、高級感あって良し。

高級デスクチェアらしい、立派な見た目だ。

座り心地

ファーストインプレッション

椅子に重さがあるため簡単に動くことがなく、どっしりと座れる。

座面のクッション性も安価の椅子と違い、硬めで長時間座れる感じだ。

ランバーサポート

エルゴヒューマンプロ ランバーサポートと座面 画像

エルゴヒューマンプロ最大の特徴が、この独立したランバーサポート。

ランバーサポートが、腰痛から守ってくれる。

実は私、極度の猫背。

猫背の私に対して、このランバーサポートがグイグイ曲がった腰を押してくるのだ。

正しい姿勢にしようと、椅子が矯正してくる。

そのため猫背の私は、当初失敗したと思った。

正しい姿勢に矯正されるので、猫背が楽な人間にとっては苦痛なのだ。

しかしこの感覚は、1ヶ月使用すると真逆に変わる。

正しい姿勢のほうが、楽になってくるのだ。

アームレスト

エルゴヒューマンプロ アームレスト 画像

高さや角度が自在に変えられるアームレストは、高級チェアならでは。

デスクと同じ高さにアームレストを合わせられるので、肘をアームレストに乗せながらデスク作業ができる。

肘掛けも満足だ。

オットマン

エルゴヒューマンプロ オットマン使用時 画像
エルゴヒューマンプロ オットマン使用とリクライニングを最大にした画像
最大にリクライニングした角度

オットマンは、無くてもいいかなとも悩んだ。

しかし無くて後悔するなら、あって使わないほうがいいと判断した。

結果、無くても問題ない。

正直、出すのが面倒で使わない。

迷うならば、オットマンなしでいいだろう。

1ヶ月使用した感想

腰痛が完全になくなった

1ヶ月エルゴヒューマンを使用したら、腰痛が完全になくなった。

これが高級チェアの力なのか。

完全にランバーサポートが、効いているのだと思う。

猫背より正しい姿勢のほうが楽になった

最初は苦痛だった、ランバーサポート。

それが今や、ランバーサポートが快適な存在になった。

嫌でも正しい姿勢に矯正されるので、その姿勢が当たり前になるのだ。

40年以上猫背だった私が、たった1ヶ月で猫背より正しい姿勢が楽と思うとは。

これは想定外の出来事だった。

あぐらがかける

エルゴヒューマンは、座面が大きい椅子だ。

邪魔になるものがサイドになく、あぐらをかいて座ることができる。

椅子であぐらをかきたい時って、結構あるよね。

長時間でも座り疲れがない

ずっと座りっぱなしで作業しているが、腰も体も疲れることがほぼない。

座り疲れを感じることがないのだ。

前の安い椅子とは、雲泥の差だ。

まとめ

エルゴヒューマンプロに向いている人を上げると

  • 長時間デスクワークをする人
  • 腰痛持ちの人
  • 猫背を矯正したい人

逆に向かない人は

  • 大きい椅子が嫌な人
  • 軽い椅子がいい人
  • 猫背でいたい人

こんな感じだ。

この椅子はメッチャ重い。

32kgあるので、持ち運びは注意が必要だ。

アーロンチェアもコンテッサセコンダも同じくらい重い椅子なので、座り心地を追求すると重さが欠かせないのだろう。

猫背の人は、最初の数日は疲れる。

腰をグイグイ押してくるから。

慣れると逆に正しい姿勢じゃないと、逆に疲れるようになる。

1ヶ月の時点では合格だ。

後は長く使ってみてどうか。

半年、1年、5年と使用して、またレビュー記事を書きたいと思う。

参考になった?

では、また。