4Kテレビのイメージ画像

テレビやパソコンの画質で表現する4K、5Kの「K」ってなんなの?

4Kテレビのイメージ画像

すっかりデシタル化した世の中。

4KのテレビやPCディスプレイも当たり前になりました。

我が家のデスクトップパソコンは大分型落ちで画質も荒いし処理速度もヤバイくらい遅いので、新しいデスクトップパソコンを買いたいと考え中。

やっぱappleのデスクトップ「iMac」がいいなぁ。

高いけど(汗)。

欲しいiMacは27インチディスプレイのやつです。

27インチのiMacはRetina5Kディスプレイ。

「5Kかぁ。画質は相当いいんだろうなぁ。」

と思いましたが、ここで一つ疑問が。

5Kの画質が素晴らしいってことはわかりますが、

そもそも5Kの「K」ってなんなのでしょう? 

4K、5Kがキレイな画質ってことはわかります。

しかし、意味を説明しろって言われても出来ません。

気になりますよね?

ってことで、4K、5Kの意味を調べてみましたのでシェアしたいと思います。

なぜ高解像度が必要になったのか?

パソコンとデスク

その前になぜこれほどまでに、世の中で高解像度が必要になったのでしょうか。

その理由の一つが、テレビやPCディスプレイの大型化です。

解像度とは簡単に言えば、

画像のきめ細かさを縦、横の数値で表現したもの。

3840×2160のような表記です。

数値が大きれば大きいほど、画像がきめ細かいキレイなものとなります。

で、この数値は何を表しているのか?

この数値はドット(画素、ピクセル)と呼ばれる光を点灯させる、そのドットの数です。

「横に並んでいる数」×「縦に並んでいる数」のこと。

よく聞く、画素数ってやつですね。

ディスプレイが大きけくなれば、それだけ画素数の数が増えないと画像が粗くなってしまいます。

小さいディスプレイと同じ画素数で大きいディスプレイを表現してしまうと、写真を引き伸ばしたような粗い画質になってしまうってわけ。

現在ではテレビもPCディスプレイも液晶のおかげで、かなり大きいディスプレイとなりました。

そのために高画素数の4K、5Kというものが必要になったのです。

8Kなんてものまで出てきましたからね。

4K、5Kの「K」は1000を表す「キロ」の単位

さて本題です。

4K、5Kの「K」とは何なのか。

結論からいうと、

「K」とは「キロ」のKです。

例えば4Kであれば、横3840×縦2160のドット数があるディスプレイです。

横3840の画素数が約4000ですので「4キロ」=「4K」なのです。

5Kディスプレイの場合は横5120×縦2880で、5120が約5000のため「5キロ」=「5K」ってことです。

なるほど。

約って、案外ザックリなんですね(汗)。

気になったのでドット(画素、ピクセル)数と表記の関連性がどんなものなのか、HDやフルHDも含めて調べてみました。

HD(ハイビジョン)1366×768
フルHD(2K)1920×1080
4K3840×2160
5K5120×2880
8K7680×4320

フルHDは2Kですので、4KはフルHDの2倍。

2倍きめ細かいってことです。

31.5インチのPCディスプレイで8Kなんてものが実際に販売されているようですが、一般人には無用の長物でしょう。

人間の目には判断できないレベルです。

60インチや80インチのテレビであれば8Kも必要になってくるでしょうがね。

まとめ、結論

4K、5Kの「K」は1000を表す「キロ」のことでした。

基本的にはディスプレイのインチサイズが大きくなるにつれ、多くのドットが必要になるって理解でいいでしょう。

テレビでもPCでも画質、解像度がキレイであることに、越したことはありません。

画質って大事ですから。

ちなみに現在、自分のメインPCはMacBook Pro 13インチですが、画質がめっちゃキレイなんです。

会社のPC(Windows)を見てから、自宅てMacBookを見ると画質のキレイさに惚れ惚れします。

さすがapple。

一度MacやiPhoneを使うと、もうMac、iPhone以外を使いたくない理由はこのapple独自のRetinaディスプレイが満足いくものだからでしょう。

テレビはもちろん、PCにしても機能は当然大切です。

ですが画質も、大切な要素だと思います。

PCディスプレイは、眺める時間が長いですからね。

4Kテレビのイメージ画像
最新情報をチェックしよう!