なぜ最近のコンビニや街灯には虫が寄ってこないのか?

コンビニの画像

この間コンビニで買い物をしたときに、ふと気付いたことがあります。

ひと昔前まであったコンビニの屋外にある、虫をバチッ!バチッ!っと退治するあの蛍光灯みたいなやつがいつの間にか無くなっています。

それどころか最近のコンビニって、虫自体がガラスにもくっついてもいない。

そういえば街灯や自販機にも、虫が群がっていないですよね。

なぜコンビニや街灯に、虫が来なくなったのでしょうか。

虫が減ったから?

街中に虫がいなくなったから?

いいえ、違いました。

調べてみると、昔と違うことが一つありました。

LED照明です。

照明がLED化したために、虫が来なくなっているのです。

ではなぜLEDの光に虫が来ないのでしょうか。

虫の習性と、LED照明について調べましたので、シェアしたいと思います。

虫にはLEDの光がほぼ見えていない。

光を正面から見た閃光

実は人間と虫では、見える光と見えない光が違うんです。

その理由は人間と虫では、見える光の波長が違うためです。

人間に紫外線や赤外線って見えませんよね。

それは人間の見えない波長のためです。

人間には見える光の波長が決まっていて、長すぎても、短すぎても見えないんです。

長い波長の光が紫外線、短い波長の光が赤外線です。

光とは電磁波の一種で、我々人間が見える電磁波を可視光線といいます。

X線や通信の電波も電磁波ですが、不可視光線と呼ばれる我々人間には見えない電磁波です。

そして虫が主に見ている世界が紫外線の世界。

波長の短い赤や黄色が見えないかわりに、人間には見えない紫外線が見えるのです。

ということは・・・

そうです。

LEDの光の波長には紫外線がないため、虫には見えない」ってことです。

虫の習性と虫が見ている世界

光に集まる虫の習性とは

虫が光に集まる習性を理解してみましょう。

一昔前まで、街灯や自販機に虫が群がってましたよね。

街灯の周りをクルクル周りながら飛んでたり。

それは虫の光に対する習性があるからです。

その一つが「走光性」と呼ばれる習性。

走光性とは、太陽や月の光に対して一定の角度を保って行動する虫の習性です。

その習性のおかげて高さや方向を判断できるんです。

太陽や月は遠い場所にあるため、その光で自分の位置を把握できます。

しかし街灯などの光は近すぎるため、その光に対して一定の角度を保とうとすると、クルクルと光の周りを周りながら光に近づいてしまうんです。

つまり虫は月の明かりと勘違いして人工の光、つまりコンビニの光や街灯に集まっているのです。

虫が見ているのは紫外線の世界

もう一つ、街灯などの光に虫が集まるのは、彼らが見ている世界「紫外線域」が関係しています。

冒頭で触れたとおり人間と虫では、見えている光が違います。

光の波長が人間の見えている域から、虫の見えている世界は長い波長側にズレているんです。

(虫からすれば人間がズレてんだよ!って感じかな(笑))

そのズレた世界が虫が見ている紫外線域の世界です。

虫は低いところを飛ぶために、波長の長い紫外線を頼りにしていると言われています。

そして水銀灯や蛍光灯は微量の紫外線を放出しています。

そのため水銀灯や蛍光灯は虫も光として認識でき、走光性の習性が発動されるのです。

蛍光灯の紫外線は日光の1000分の1ですので人間にとったらごくわずかな微量ですが、虫には十分なのです。

LEDについて

窓際のライト

続いてLEDについて。

そもそもLEDって何なの?って感じですよね。

LEDが普及してだいぶ経過しましたが、LED自体が何なのかを詳しくはわかりません。

  • LEDとは何?
  • LEDに虫が寄ってこない理由の深堀り
  • LEDの電気代が安い理由

上記3点について調べてみました。

LEDとは

LEDとは「Light Emitting Diode」の略で、電気を流すと光を発生する半導体のことです。

よく聞く発光ダイオードってやつです。

黄色、赤が先に発明されていましたが、1990年代に日本の科学者の手によって青色発光ダイオードが発明され、そのおかげで現在では自在に光の色を扱えるようになりました。

白色のLEDは無く、様々な色を組み合わせて白い光に見せています。

LEDに虫が寄ってこない理由

今回のテーマ「なぜ最近のコンビニに虫が寄ってこないのか?」の答えですね。

結論から言えば「LEDから紫外線が出ていないから」です。

虫の見えている世界については説明したとおり、「紫外線の世界」です。

光の波長の長さを虹色で表現すると、長い方から紫、藍色、青、緑、黄色、オレンジ色、赤となります。

紫から先側の人間に見えない波長が紫外線、逆に波長が短くて見えない外側が赤外線です。

紫の外だから「紫外」、赤の外だから「赤外」です。

そして虫にとって人間域の見える色は、青がかろうじて見えるくらい。

紫外線を出さないLED+UVカットのガラスで、虫にはコンビニの光は見えないのです。

虫になってみないとわかりませんが、虫からコンビニを見たら真っ暗闇なのかもしれませんね。

ちなみにLEDは紫外線を出すことも、赤外線を出すことも可能です。

可能ですが、日常の照明でわざわざ見えない光を出す必要はありませんから。

なぜ電気代が安いのか

蛍光灯からLEDに変えると電気代が安くなるって聞きますよね。

なぜ電気代が安いのか。

電球や蛍光灯に手を近づけると熱が伝わってきますよね。

電球なんて熱くて触れないくらいです。

実は電球や蛍光灯はエネルギーのほとんどを熱に変えてしまっているのです。

電力が100だとすると電球や蛍光灯は80が熱、20が光の割合です。

一方LEDはどうでしょうか。

触ってもほんのり温かいくらいで、熱くありません。

つまりエネルギーを熱に変換せず、効率よく光に変えられているのです。

電球や蛍光灯が100使うエネルギーを、LEDは25程度でOKなのです。

少ない電力(エネルギー)で同じ光が出せる。

これが電気代の安い理由です。

まとめ

虫がよってこない理由は、LEDの普及によるものでした。

なるほど。

便利なものを発明してくれました。

玄関の明かりや、アウトドアのランタンなどの明かり、街灯にLEDはもってこいです。

虫が苦手な人にとっては、メチャクチャ素晴らしい発明ですよね。

街中に住んでいると虫に対する抵抗力が無くなってしまうため、どうしても虫が苦手になってしまいますよね。

子どもの頃は平気だったのに・・・。

そして虫側にとっても、人間に近づかないですむのであちら側にも好都合かも。

LEDは人間、虫の双方にとってWIN、WINな発明かもしれません(笑)。

コンビニの画像
最新情報をチェックしよう!