黒板を見ながら考える男性 画像

頭を使うと痩せるは本当?脳のエネルギー消費でダイエットになる?

黒板を見ながら考える男性 画像

みなさんストレス社会で何とか生き延びていることでしょう。

僕も同じです。

営業職のため外出することが多いのですが、一日中デスクワークの日も結構あります。

そんな僕なのですが、土日の休みはストレスがあまり無く頭を使っていないせいか、2日で多い時は2kgくらい太ってしまうことがあります・・・。

しかし月曜日に出社して帰って来た夜には、元の体重に戻っています。

外勤日ではなく、一日中座ってデスクワークを行っているだけで2kg落ちているるんです。

運動のようなことや肉体労働的なことは、一切していません。

会社のメンバーも、太っている人がいないんです。

太り気味な人はいますがね(笑)。

そこで、ひとつ疑問が。

 
エンハスカイ
もしや頭(脳)を使っていれば太らないは、本当なのでは?

映画にもなった人気漫画「デスノート」に登場する天才キャラクターL(エル)も、

頭を使っていれば、いくら食べても太らない

と言っていたし・・・。

それとも、ただのストレスや過労?

もしかすると【脳エネルギー消費ダイエット】という、最強のダイエット方法が存在するのかもしれません。

これは調べる価値あり。

ということで、今回はこの疑問を解決したいと思います。

脳とエネルギー消費の関係

ノートに書くイメージ画像

さっそく調べてみました。

結論からいうと、

科学的には脳をフル回転で動かしても、消費エネルギーは変わりません。

人間は1日で20%を、脳のエネルギー(ブドウ糖)に消費します。

脳の重さは1〜1.5kg程度ですので、エネルギーの消費量は物凄い使用量となります。

人間は生きているかぎり、脳は常にフル回転でエネルギーを使用しているのです。

考え事や、頭の中で計算などをしても

消費するエネルギーが変わることがない、とのこと。

なにー!期待ハズレではないか!

なぜ脳を使うと痩せる事実があるのか

青空にthinkingの文字 画像

科学的には上記の通り、脳をたくさん使っても消費するエネルギーは変わらないとのことですが、

全く納得いきません。

だって現に、デスクワークで痩せる(太らない)んですから。

なぜ?と思い調べると、エネルギー消費とは別の科学的な根拠がありました。

何かに集中しているときって、他のことを考えていないですよね?

実は、ここに答えがありました。

物事に集中していると、お腹が空いていることすら忘れてしまうのです。

科学的にいうと、

脳内の血流が増えて、空腹中枢が抑えられている状態

さらに仕事中は自由に食べれられる環境でないので、食べ物の誘惑もない。

そして椅子に座っているだけでも、カロリーは消費します。

パソコンを叩いている動作や、ペンで字を書いている動作もカロリーを消費しているのです。

カロリーを消費しながら、食べ物を口にしていない状態ってことです。

確かに激務であれば、食べ物を口にしている暇はありませんよね。

これは納得できます。

逆をいえばどんなに激務な仕事でも、常に食べられる環境であれば太るってことです。

そんな激務は想像できませんがね・・・・・。

まとめ、結論

○と✗を持つ女性

科学的根拠をまとめると

  • 頭(脳)を沢山使っても、エネルギー消費は変わらない。
  • 物事に集中していれば、空腹中枢が抑えられて食べる量が減る。

頭のいい人が全員痩せているわけでもないですから、この根拠は当たっているのでしょう。

しかし、

僕の結論は【頭を使っていれば痩せる】は、ある意味正解だと判断します。

仕事や勉強に集中して、更に食べ物の誘惑がない環境であれば太らないって事実は同じですから。

つまり家でゲームなど遊んでいる環境でも、ゲームに集中して食べ物の誘惑がない環境であれば太らないってことになります。

問題は、食べ物の誘惑がない環境ですね。

現代では、そこが難しすぎる・・・・・。

だって、食べ物が簡単に手に入ってしまいますから。

こうなると、コンビニは悪ですね(笑)。

冒頭で触れたデスノートのL(エル)は甘いものを沢山食べていますが、彼は食べても太らない体質だったってことにしましょう(汗)。

そういう人もいますからね。

特に若いうちは。

スポンサーリンク