日本列島とウイルス 画像

インフルエンザウイルスは夏の間どう生き延びているのか?

日本列島とウイルス 画像

知らなくても生活に支障ないけど、気になった素朴な疑問です。

毎年冬になると爆発的に流行する、あの厄介なヤツいますよね。

インフルエンザウイルスです。

ふと疑問に思いました。

インフルエンザウイルスって、夏はどうしているのだろうか?

どうやって、冬まで生き延びているのだろうか?

低温、低湿度でないと生きていけないウイルスのイメージですよね。

しかし、そうなると夏は生きられない。

日本が夏のときは、冬の南半球にでも移動しているのだろうか?

それとも地中にでもいるのだろうか?

気になったので調べてみたら、以外なことがわかりました。

冬以外でもインフルエンザウイルスは活動している。

冬にしかいないなんて、勝手な思い込みだったのです。

実はインフルエンザウイルスは

季節に関係なく一年中活動しているのです。

乾燥した冬に、爆発的に流行しているだけ。

確かに思い出してみると、夏にインフルエンザにかかる人も稀にいます。

本州に住んでいると、非常に慣れなケースですが。

しかし九州や沖縄では、常識が違いました。

国内でも温暖な気候の地域では、

夏にインフルエンザが流行することも珍しくないのです。

そうだったのか・・・。

そうなるとなぜ本州では寒い時期だけ、流行するのか。

冬に特別、ウイルスが元気ってわけではなさそうですね。

なぜ冬にだけ大流行するのか。

実は一年中活動しているインフルエンザウイルス。

だったら

夏だって流行していいのでは?

なぜ冬の乾燥した時期だけ、大流行するのでしょうか?

調べた結果、

その理由は2つありました。

空気が乾燥しているため、ウイルスの移動距離が長くなる。

冬は空気が乾燥しています。

乾燥しているってことは湿度が低く、空気中の水分が少ない状態。

空気中の水分が多いとウイルスは水分にぶつかり、落っこちてしまいます。

ウイルスは宿主に寄生しないと生き続けることが出来ないので、その場で息絶えてしまうのです。

つまり

湿度が高いと、簡単に新しい宿主へだどりつけないってこと。

遠くまで移動することができないんです。

乾燥状態にあれば空気中に浮遊する時間が長くなり、遠くまで飛ぶこともできるのです。

また、ウイルス自体も水分を含んでいるのですが、乾燥した空気中では自分の水分が蒸発して軽くなるためより飛距離をかせげるのです。

感染する人側も寒さと乾燥で弱っている。

人側にも問題が。

冬は寒いので、体温が下がってしまいます。

体温が下がると体の免疫力も弱まるため、ウイルスに感染しやすくなります。

さらに、

空気が乾燥している状態では喉や鼻の粘膜が炎症を起こしやすい状態になり、ウイルスにより感染しやすくなる。

このようなことが重なり、冬には風邪やインフルエンザウイルスに感染しやすくなるのです。

熱帯地域では一年中インフルエンザが流行している

これも以外や以外。

暖かくて湿度の高い熱帯の地域では、

インフルエンザが一年中流行しているのです。

一年中流行しているのであれば、それは流行とは言わないですね・・・。

一年中、蔓延しているってこと。

温暖で高湿度という、インフルエンザウイルスが生きにくいイメージの環境。

ぼくらのイメージとは真逆の環境ですが、元気に?活動しているのです。

特に雨季に流行しやすい。

雨季は外出する機会が減り、人が屋内で密集するため感染しやすいのです。

つまり、インフルエンザウイルスは低温、低湿度でなくても普通に感染してしまいます。

まとめ

インフルエンザウイルスは夏どうしているかの答えは、

季節に関係なく活動していました

夏でも、春でも、秋でも活動しているのです。

それにしても高温多湿の熱帯地域で、インフルエンザに一年中感染する可能性があることは以外でした。

ウイルスは動物などの宿主に、寄生していないと生きていけません。

空気中では、生き延びることができない。

繁殖するため、動物から動物、また人から人へ短い時間だけ空気中を移動しています。

冬にインフルエンザが大流行する理由を纏めると下記のとおり。

  1. 低温で乾燥していると咳やくしゃみでウイルスが飛ぶ飛距離を長くなるので、新しい宿主に寄生できる確率が上がる
  2. 感染する人側も体温の低下+乾燥で喉や気管支の粘膜が弱まっているので、感染しやすくなっている。

インフルエンザウイルス自体が低温、低湿度を好んでいるわけではないって事実もわかりました。

感染しやすい条件が揃ってしまったときに、大流行するのです。

一年中かかります可能性はがあるってことです。

皆さんもご注意を。

日本列島とウイルス 画像
最新情報をチェックしよう!