満員電車のドア

団塊の世代が引退したのに、なぜ通勤ラッシュはなくらないのか?

満員電車のドア

電車の通勤ラッシュ。

あの満員電車は、ホントうんざりしますよね。

僕も通勤ラッシュで疲弊しながら、東京の会社に通勤するその1人です。

通勤中に、ふと一つ疑問に思いました。

団塊の世代の人達がほぼ引退したのに、なぜ通勤ラッシュはなくならないのだろうか?

少子化、少子化と叫ばれているのに、電車の混雑は変わってないと思いませんか?

まぁ、一昔前より多少は解消されているとは思います。

でも多少ですよね。

家電製品、スマホ、自動車、世の中いろいろなものが改善、改良されているにもかかわらず、通勤ラッシュはあまり改善されていない状況です。

なぜだ!

納得いかんぞ!

そう思ったので、通勤ラッシュが解消されない理由を調べてみました。

首都圏一極集中の人口増加

増加の矢印

原因は、単純明快でした。

首都圏の人口増加です。

まぁ、そうだろうなと、薄々わかっていました・・・。

東京都を例にとってみましょう。

団塊の世代の人達が働き盛りだったときは、1975年(昭和50年)くらいですね。

それから10年置きの東京都の人口を調べました。

  • 1975年(昭和50年):11,673,554人
  • 1985年(昭和60年):11,829,363人
  • 1995年(平成07年):11,773,605人
  • 2005年(平成17年):12,576,601人
  • 2015年(平成27年):13,515,271人

そして2020年(令和02年)1月1日の人口は13,951,636人です。

東京の人口は増えに増えまくって、

25年前と現在では200万人増えています。

200万人・・・。

200万人って、超巨大都市が一つできる人口ですよ。

ちなみに名古屋市が230万人、札幌市が190万人、福岡市が150万人です。

名古屋市民や札幌市民の人達が、まるごと東京に来たようなもんですよ。

そしてさらに、東京に通う他県の人達も相当な人数がいます。

そりゃ、通勤ラッシュがなくならないわけだわ・・・。

団塊の世代は引退したけど、都心の人口増加でカバーしてしまっているってことです。

鉄道会社では通勤ラッシュを改善できない

駅を歩く人達

団塊の世代の人達が引退しても通勤ラッシュがなくならない理由は、首都圏の人口増加であることはわかりました。

それでも、何とか改善をしてもらいたい。

鉄道会社で何とかならないか考えてみましたが、どう考えても無理そうです。

東京の通勤時間帯には、2〜3分に1本の間隔で電車が走っています。

これ以上電車の本数を、増やすことはできないでしょう。

電車の渋滞が、起きてしまいます。

路線もこれ以上無理なほど張り巡らされていますし、乗り入れも相当改善されました。

きっと改善しても都心の人口増加が大きくて、これ以上どうしようもないのだと思います。

通勤ラッシュを解消する方法は1つだけ。

なぜ、通勤ラッシュが起こってしまうのか。

簡単な答えです。

それはみんなが同じ時間に、会社へ出勤するから。

通勤時間以外は空いていて、快適な移動が可能です。

通勤ラッシュを解消するには、通勤時間をバラけさすしかないでしょう。

だいたい効率化を重視する現代で、

みんなが9:00前後に、出社すること自体がおかしいと思います。

先進的な会社は既に時差出勤を導入しているでしょうが、まだ極々一部ですよね。

成果主義と言っておきながら結局9:00に出社させて、社員を管理したい古い体質が抜けていないんです。

会社が出来ない(やらない)のであれば、国が法律を変えてでもやらせるべきです。

出勤しないと不可能な仕事はもちろんありますが、リモートワークで在宅でも可能な仕事も多々あると思いませんか?

週に1〜2日は在宅ワークとしても現代では問題ないのでは?

それだけでも、通勤ラッシュをかなり解消できると思います。

まとめ

団塊の世代の人達が引退しても、通勤ラッシュがなくならない理由は、

爆発的な首都圏の人口増加でした。

通勤ラッシュを解消するには、企業や我々が働き方を変えるしかありません。

そんなに難しいことでは、ないと思います。

しかしこれほどまで、東京の人口が増えているとは。

都心は便利だし、会社も都心に集中してますからね。

当然といえば当然か・・・。

満員電車のドア
最新情報をチェックしよう!