自動車のフロントガラスは砕けず、サイドとリアが砕け散る理由

先日、妙なことに気付きました。

事故で自動車のガラスが割れている光景を見たときです。

自動車のガラスって、割れると常に粉々に砕けてますよね?

刺さって怪我をするような割れ方ではなく。

粉々に砕け散っていますよね。

あの割れ方は安全を考慮して、わざと粉々になるんですかね?

それとも自動車ガラスの性質上、粉々に砕ける割れ方なのでしょうか?

安全を考慮するなら学校等のガラスも粉々に割れたほうが安全なのでは?

それはそれで困るか(汗)。

気になりましたので、自動車ガラスの特徴ついて調べてみました。

すると

  1. サイドガラス、リアガラスは砕け散る。
  2. フロントガラスは砕け散らない。

上記のことが判明。

詳しくご紹介したいと思います。

粉々に砕ける割れ方は強化ガラスの特徴

自動車使用されているガラスは、フロントガラス以外は強化ガラスを使用しています。

(フロントガラスについては後ほど説明します。)

強化ガラスは製造の工程上、粉々に砕ける割れ方になるのです。

強化ガラスとは

そもそも強化ガラスとは何なのか。

強化ガラスは通常のガラス(フロートガラス)に熱処理(650〜700℃)を加えて、冷風をかけて急激に表面を冷すことによりできます。

熱処理後に急冷することにより、表面に圧縮応力をもたせます。

ガラス内部ではそれに抵抗する引張応力が発生。

外部、内部のバランスをとらせることで、ガラス表面の強度が増すのです。

その強度は通常ガラスの3〜5倍。

割れるときは内部、外部のバランスが崩されたとき。

強化ガラスは内部、外部の均衡バランスが崩れると、ガラス全体が一瞬にして粉々に砕け散ってしまうのです。

つまり粉々に砕けることは安全のためではなく、強化ガラスの特性なのです。

結果的に、強化ガラスは安全な割れ方になるメリットが生まれたのです。

強化ガラスのデメリット

強くて安全な割れ方なら、みんな強化ガラスにしてしまえばいいのでは?と思いがちですが、大きなデメリットがあります。

それは防犯性。

強化ガラスは割ってしまえば、ガラス全体が粉々に砕け散ってしまいます。

そのため泥棒サイドからすれば、怪我せず安全にゆったりと侵入できます。

泥棒だってガラスで怪我するリスクは避けたいですからね。

フロントガラスは強化ガラスではなく、砕け散らない「合わせガラス」

自動車のフロントガラスは「合わせガラス」と呼ばれるガラスを使用としています。

サイドガラスやリアガラスのような強化ガラスではないのです。

1982年(昭和62年)に法律で決められていますので、現代の自動車フロントガラスはすべて合わせガラスです。

合わせガラスとは何?

合わせガラスとは

外側と内側の2枚のガラスの間に、中間膜と呼ばれる特殊な樹脂フィルムを挟んで張り合わせたガラス。

衝撃で割れてもヒビが入るのみです。

強化ガラスのように砕け散ることはありませんし、普通のガラスのように危険な割れ方もしません。

中間膜が衝撃を吸収、さらに中間膜にガラスが張り付いているため割れたガラスが飛散することもありません。

つまり、事故で道路に粉々になっているガラスはフロントガラス以外のガラスってことになります。

なぜ全面をあわせガラスにしないのか

合わせガラスは、人の力では砕くことがほぼ不可能です。

全面を合わせガラスにしない理由は

水没などガラスを割って車外に逃げださなければならない事態に遭遇した際に、脱出を可能にするため

水没して脱出するときは、フロントガラスではなくサイドガラスを割りましょう。

頑張ってもフロントガラスは割れませんよ。

水没なんて想像したくないですが・・・(汗)。

まとめ、感想

フロントガラスが飛び散らない構造になっていることは知りませんでした。

しかもガラス+フィルム+ガラスの3重構造になっているとは。

確かにフロントガラスが強化ガラスだったら、飛び石でキズが付いた時点で砕け散ってしまいますからね。

割れても飛散しないフロントガラス。

割れても怪我しないよう砕け散る、サイドガラスとリアガラス。

自動車ガラスの安全性は考え抜かれてました。

最新情報をチェックしよう!