5Gのイメージ画像

3G、4G、5Gの「G」ってなに?5Gとは何がすごいの?

5Gのイメージ画像

通信電波が飛び交う現代。

3Gから4Gになって、暫く経過しましたが

いよいよ「5G」の時代がやってきました。

4Gよりも高速で、大容量のデータを遅れる電波。

健康被害が騒がれましたが、改善されてより便利な世の中になることは間違いないでしょう。

しかしここで素朴な疑問。

4G、5Gの「G」ってどんな意味なのでしょうか。

また数字が増えることが、どういったことなのか。

ついでに1G、2G、3G、4G、5Gについても調べました。

今回は、この素朴な疑問を解決します。

「G」とはGeneration(世代)のこと

まずは本題の

Gとはなんぞや、って疑問。

結論はGeneration、「世代」のGです。

5Gであれば5th Generation「第5世代移動通信システム」のことを表します。

携帯電話やスマートフォンに使用される、通信方式の規格です。

数字が増えるほど、より高速で安全な通信方式となっています。

第1世代から、進化を続け現代の第4世代へ。

そして第5世代へ、バトンタッチしようとしているところなのです。

1G〜4Gについて

数字が増えるたびに進化していることはわかりますが、何がどう変わったのでしょうか。

調べてみました。

1G(第1世代)

はじめて登場した規格で、アナログの電波です。

技術の進歩によりデジタル化が進み、2000年に終了しました。

2G(第2世代)

1Gが終了して、2Gの時代へ。

2Gになり、デジタルへ変わりました。

アナログからデジタルですので、劇的に進化しました。

2Gからインターネット接続や、メール送信が可能に。

PHSもこの2Gでした。

技術のさらなる進化により、2012年7月に2Gは終了します。

3G(第3世代)

2Gの技術進化版が3G。

簡単にいえば、2Gの高速化が実現したものです。

現在でも4GやLTEの電波が届かないエリアでは、自動的に3Gへ接続されます。

4G(第4世代)

3G回線と比べて、かなり高速へ進化しました。

3Gが14Mbpsなのに対し、4Gは100Mbps以上と格段に早くなりました。

しかし4G回線は3G回線と比べると障害物に弱い特徴があります。

通信を遮断する建造物などがあると、回線速度が遅くなるデメリットが。

コンクリートや、壁が厚い建物などに弱いのです。

LTEとは

3Gと4Gの間にLTEという規格が存在します。

LTEとはLong Term Evolution(長期的進化)の略称です。

3Gから4Gへ移る際の橋渡し的な位置づけである「3.9G」とされたもの。

LTEを4Gと表す事業者も多く、現在は4Gとして捉えても問題ありません。

国際電気通信連合がLTEを4Gと認めたことから、LTE=4Gとして取り扱われるようになりました。

厳密には4Gではないのですが。

5G(第5世代)について

5Gのイメージ画像

そして、いよいよ5Gの時代へ。

果たして5Gになると、どのような未来が待っているのでしょうか。

通信速度

3Gから4Gへ移り変わったときは、格段に通信速度が早くなりましたが、

5Gではこれまた恐ろしいくらいに高速です。

なんと4Gの100倍以上と言われているのです。

低遅延

リアルタイムで、データを送受信できるようになります。

例えばロボットやドローンなどの、遠隔操作が正確に行えます。

そして、自動車の自動運転などにも活躍できる電波です。

多数端末との接続

IoT(Internet of Things)の普及が急激に進む現在では、他端末との接続が必須です。

5GはIoTを想定した多数の同時接続を前提に、開発されています。

4Gでは対応できないような同時接続でも、5Gでは接続可能に。

同時にたくさんの機械や家電、また自動車を遠隔操作ができるってことです。

まとめ

スマホの画像

4G、5Gの「G」はGeneration(世代)のGでした。

通信も、常に進歩しているのですね。

IoTやITの進化が、急激に進む現在。

通信技術も、IoTやITの進化に対応する必要があります。

そのために、5Gへの以降も必須なのです。

5Gがないと期待される自動運転や、ドローンなどの遠隔操作が進歩しないのです。

となると、5Gが始まった途端に、急速な技術の発展がありそう。

映画や漫画の中だけだった未来の姿。

そんな未来がもう目の前まで来ている、と感じますよね。

5Gのイメージ画像
最新情報をチェックしよう!