茶色の瓶 画像

栄養ドリンクの容器はなぜ瓶なのか?

茶色の瓶 画像

先日風邪をひいてしまい、コンビニで栄養ドリンクを買って飲む日々が数日続いていました。

おかげさまで体調は回復しましたが、ここでまた一つ素朴な疑問が浮か。

栄養ドリンクの容器は、なぜ瓶なのだろうか?と。

飲料水のほとんどペットボトルに変わった現代で、瓶にこだわる意味があるのだろうか?

瓶のほうが、生産コスト高いだろうし。

重いし。

瓶じゃなきゃいけない理由が、何かあるのだろうか?

くだらない内容ですが、こういうことが「素朴な疑問」ですよね。

そんなわけで、栄養ドリンクが瓶である理由を調べてみました。

栄養ドリンクが瓶である理由

調べてみましたが、やはり理由がありました。

理由は主にこの3点。

  • 遮光性のため
  • 医薬品、医薬部外品のため
  • 高級感を出すため

解説します。

遮光性のため

栄養ドリンクのほとんどが茶色の瓶に入ってますよね。

瓶が茶色の理由は、光を遮るためなのです。

この茶色が重要だったんです。

この茶色の瓶は「遮光瓶」と呼ばれています。

栄養ドリンクの成分、特にビタミンが光によって分解される可能性があり、光を遮る必要があるのです。

医薬品、医薬部外品のため

医薬品には透明性の必要があったり、通気性がないこと、透湿性がないこと、また科学的耐久性など多くが求められているために瓶が適用されています。

遮光性の必要な医薬品に対しては、当然「遮光瓶」が使用されます。

栄養ドリンクは成分によって、三つにわけられています。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 清涼飲料水

医薬品

薬局や薬店のみで販売が可能。

治療や予防についての効能を記載することができる。

医薬部外品

販売規制がないためコンビニエンスストアなどで販売することが可能。

医薬品よりは穏やかだが、体になんらかの改善効果があるものと決められている。

清涼飲料水

食品衛生法で食品添加物と認められているもののみ使用が可能。

疲労回復や滋養強壮などの効果を表現することはできない。

エナジードリンクは清涼飲料水のジャンルになります。


また医薬品以外でも、医薬品と同じ瓶を使用することにより効果をアピールする目的も含まれています。

高級感を出すため

商品は見た目の印象も大事。

視覚効果でいかにも効きそう、高級感がありそうとイメージも必要なのです。

実際に数千円の栄養ドリンクも普通にありますからね。

まとめ

栄養ドリンクがビンである理由は、確かに存在しました。

瓶でないとダメなのですね。

そのうち瓶に変わる容器も出てくるでしょうが、しばらくの間は瓶と長い付き合いになりそうですね。

以上、「栄養ドリンクの容器はなぜ瓶なのか」の結論でした。

茶色の瓶 画像
最新情報をチェックしよう!