茶色の瓶 画像

栄養ドリンクの容器ってなぜ茶色い瓶なのか?その理由とは

茶色の瓶 画像

コンビニでも購入できる、栄養ドリンク。

僕は疲れたときや体調が悪いときに、栄養補給として購入します。

先日栄養ドリンクの瓶を見ていて、ふと素朴な疑問が浮かびました。

 
エンハスカイ
栄養ドリンクの容器は、なぜ茶色い瓶なのだろうか?

飲料水のほとんどがペットボトルに変わった現代で、瓶にこだわる意味があるのだろうか?

生産コスト高いだろうし。

重いし。

瓶じゃなきゃいけない理由は、何かあるのだろうか?

そんなわけで栄養ドリンクが瓶である理由を調べましたので、シェアしたいと思います。

栄養ドリンクが茶色い瓶である理由とは

遮光瓶を持った手 画像

栄養ドリンクが茶色い瓶である理由、ちゃんとあります。

理由は以下の3つ。

  • 遮光性
  • 医薬品、医薬部外品のため
  • 高級感

一つずつ解説します。

遮光性のため

栄養ドリンクって、ほとんどが茶色の瓶に入ってますよね。

透明でなく、濃い茶色の瓶です。

栄養ドリンクの瓶が茶色の理由は、光を遮る(さえぎる)ため。

茶色であることは、意外と重要だったのです。

この茶色の瓶は【遮光瓶(しゃこうびん)】と呼ばれる瓶。

栄養ドリンクの栄養素や風味を守るためには、光を遮る必要があります。

特にビタミンは光によって、分解される可能性があるのです。

医薬品、医薬部外品のため

医薬品の容器には、さまざまな規制があります。

  1. 透明性
  2. 通気性がないこと
  3. 透湿性がないことc
  4. 耐久性

と、多くの要求に答えなければなりません。

遮光性の必要な医薬品に対しては、当然【遮光瓶】が使用されます。

栄養ドリンクは、成分によって三つのに分類されます。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 清涼飲料水

医薬品

薬局や薬店のみで販売が可能。

治療や予防についての効能を、明確に記載することができる。

医薬部外品

販売規制がないため、コンビニエンスストアなどで販売が可能。

医薬品よりは穏やかだが、体に何らかの改善効果があるものと決められている。

清涼飲料水

食品衛生法で、食品添加物と認められている商品のみ使用が可能。

疲労回復や滋養強壮などの効果を、商品に記載することはできない。

エナジードリンクは、清涼飲料水のジャンルになります。

医薬品以外でも医薬品と同じ瓶を使用することにより、効果をアピールする目的で遮光瓶が使用されます。

高級感

商品は、見た目の印象も大事なことです。

視覚効果で「いかにも効きそうだな」とか、「高級感がありそうだな」のイメージも必要なのです。

内容が瓶ある必要がなくても、瓶にすることで効果や高級感を演出しています。

確かにペットボトルではイマイチ効果が期待できない気がするし、高級感もありません。

実際に数千円の高価な栄養ドリンクも、普通に売ってます。

言われてみれば、ペットボトルで価格が高い飲み物ってありませんよね。

パッケージも、効果のひとつと言っても過言ではないのです。

まとめ、結論

茶色の瓶 画像

栄養ドリンクの容器が瓶である理由は

  1. 遮光性
  2. 医薬品、医薬部外品のため
  3. 高級感

でした。

確かに理由は存在しました。

瓶でないとダメなのですね。

これで今回の疑問は、スッキリ解決。

容器の高級感は、居酒屋でも同じことが言えますね。

瓶ビールを提供する居酒屋はあっても、缶ビールを提供する居酒屋はありません。

中身は一緒なのに。

居酒屋でビール注文して、缶ビール出てきたら怒りますよね。

見た目のイメージや高級感は、かなり大切ってことです。

将来的には、瓶に変わる容器も出てくると思います。

ですがこれだけ長い時代ビンが選ばれている以上、そう簡単に瓶を超える容器は現れないでしょう。

逆に環境面で、ペットボトルの消えるほうが早いかも。