茶色の瓶 画像

栄養ドリンクの容器ってなぜ茶色い瓶なのか?調べたら理由があった

茶色の瓶 画像

先日風邪をひいてしまい、コンビニで栄養ドリンクを買って飲むことがありました。

気休めかもしれませんが、栄養補給したくて。

ここで一つ、素朴な疑問が浮かびました。

 
エンハスカイ
栄養ドリンクの容器は、なぜ茶色い瓶なのだろうか?

飲料水のほとんどがペットボトルに変わった現代で、瓶にこだわる意味があるのだろうか?

瓶のほうが、生産コスト高いだろうし。

重いし。

瓶じゃなきゃいけない理由って、何かあるのだろうか?

そんなわけで、栄養ドリンクが瓶である理由を調べてみました。

栄養ドリンクが瓶である理由

遮光瓶を持った手 画像

調べてみたところ、栄養ドリンクが茶色い瓶である理由がありました。

理由はこの3点。

  • 遮光性のため
  • 医薬品、医薬部外品のため
  • 高級感を出すため

一つずつ解説します。

遮光性のため

栄養ドリンクって、ほとんどが茶色の瓶に入ってますよね。

栄養ドリンクの瓶が茶色の理由は、光を遮る(さえぎる)ためです。

この茶色、実は重要なことだったのです。

この茶色の瓶は【遮光瓶(しゃこうびん)】と呼ばれる瓶。

栄養ドリンクの栄養素や風味を守るためには、光を遮る必要があります。

特にビタミンは光によって、分解される可能性があるのです。

医薬品、医薬部外品のため

医薬品の容器には、色々と規制があります。

  • 透明性
  • 通気性がない
  • 透湿性がない
  • 科学的耐久性

と、多くの要求に答えなければなりません。

遮光性の必要な医薬品に対しては、当然【遮光瓶】が使用されます。

栄養ドリンクは成分によって、三つの分類にわけられています。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 清涼飲料水

医薬品

薬局や薬店のみで販売が可能。

治療や予防についての効能を、記載することができる。

医薬部外品

販売規制がないため、コンビニエンスストアなどで販売することが可能。

医薬品よりは穏やかだが、体に何らかの改善効果があるものと決められている。

清涼飲料水

食品衛生法で、食品添加物と認められている商品のみ使用が可能。

疲労回復や滋養強壮などの効果を表現することはできない。

エナジードリンクは、清涼飲料水のジャンルになります。

医薬品以外でも、医薬品と同じ瓶を使用することにより、効果をアピールする目的で遮光瓶を使用します。

高級感を出すため

商品は、見た目の印象も大事なこと。

視覚効果で

いかにも効きそうだなとか、高級感がありそうだなとのイメージも必要なのです。

内容が瓶ある必要がなくても瓶にすることで、効果や高級感を演出するのです。

確かに、ペットボトルではイマイチ効果は期待できないし、高級感もありません。

実際に、数千円の高級栄養ドリンクも普通に売ってますからね。

言われてみれば、ペットボトルで価格が高い飲み物ってありませんよね。

まとめ、結論

茶色の瓶 画像

栄養ドリンクの容器が瓶の理由は

  • 遮光性のため
  • 医薬品、医薬部外品のため
  • 高級感を出すため

でした。

理由は、確かに存在しました。

瓶でないとダメなのですね。

これで疑問はスッキリ解決。

高級感といえば、居酒屋でも同じことが言えます。

瓶ビールを提供する居酒屋はあっても、缶ビールを提供する居酒屋はありませんよね。

中身は一緒なのに。

要は見た目のイメージも大事ってことです。

いずれ瓶に変わる容器も出てくることでしょうが、これだけ長い間瓶が選ばれている以上、なかなか瓶を超える容器は現れないかな。

しばらくは、瓶との長い付き合いになりそうですね。