バラスト道床 画像

なぜ線路には石が敷き詰められているのか?

バラスト道床 画像

線路の下って、石がギッシリと敷き詰められていますよね。

大体同じサイズの石が。

昔から線路の下って、石がお決まりですよね。

あの石って何の意味があって、敷き詰められているのでしょうか?

雑草の防止対策?

クッション的な対策?

様々なものが進化を遂げる中で、なぜ未だに石なのでしょう?

そういえば、地下鉄は石が敷き詰められていません。

ってことは、石にする条件がありそうです。

今回は線路に石が敷き詰められている理由をについて、解決していきます。

石が敷き詰められている理由

まず石の名前。

バラスト」といいます。

そしてブラストが敷き詰められている線路の名前が「バラスト道床(どうしょう)」です。

バラスト道床には、色々なメリットがありました。

  • 振動の吸収
  • 騒音の吸収
  • 水捌け対策
  • 雑草対策

振動の吸収

敷き詰めらたあの石。

あの硬い石は、クッションの役割があるのです。

線路をよく見ると、電車が通るたびにグッと沈み込んでいますよね。

その沈み込むクッションの役割をしているのがバラスト(石)なのです。

電車の荷重を分散して、負荷を和らげる役割です。

バラストが振動を吸収してくれるおかげで、

ビルや建物に、電車の振動が伝わりにくなっています。

騒音の吸収

電車の線路には、大きく分けると

石を敷き詰めた「バラスト道床」と、

コンクリートの「コンクリート道床」

があります。

コンクリート道床では、電車の騒音をそのまま地面から反射していまい、非常に大きな騒音になってしまいます。

それに対しバラスト道床は、小石の隙間で音を吸収することができ

5デシベルほど、騒音を下げることができます。

あのうるさい電車はバラストが無いと、もっとうるさいってことです。

水捌け対策

敷き詰められているバラスト。

その積まれた高さは、新幹線で30cm、在来線で20cm。

結構な高さです。

ギッシリ敷き詰められていますが、石ですので水捌けに丁度いい隙間があります。

バラスト(石)の隙間から、雨水を排出することができます。

そのため、地盤を緩めることがありません。

雑草対策

やはり、雑草対策の意味もありました。

高く積まれた石。

つまりバラスト道床は

植物が根を生やすことが、出来ない環境です。

雑草を除去する作業を、省くこともできるのです。

地下鉄やトンネル内がバラスト道床はない理由

地下鉄やトンネル内って、バラスト道床じゃないですよね。

ほとんどが、コンクリート道床です。

もちろん、そこには理由があります。

バラストの場合、石が摩耗しますので定期的な補修作業が必要なのです。

狭いトンネル内では、補修や資材搬入の作業がしづらいデメリットがあります。

さらにビルや民家に対しての騒音や振動も気にすることがない。

そのためコンクリート道床を採用して、メンテナンスを削減してます。

地下鉄でもバラスト道床を採用するケースもあり

騒音や振動を気にすることがない、地下鉄。

しかし東京メトロ内では、振動、騒音を抑えるべき場所(乃木坂駅など)もあります。

そういった場所では、地下でもバラスト道床を採用するケースもあります。

まとめ

線路の下に、石が敷き詰められている理由は色々とありました。

振動や騒音の対策まで、担っていたのですね。

費用に関しても、コンクリート道床に比べ圧倒的に安いとのこと。

昔からある、あのレールの下に石の敷き詰められた線路。

先人の知恵が、今でも生かされているのですね。

バラスト道床 画像
最新情報をチェックしよう!