ミスティーガーデン 画像

フィルター交換のみで手入れ不要の加湿器”ミスティガーデン2nd”の効果を検証した

ミスティーガーデン 画像

どうも、こんにちは。

ハスキです。

乾燥する季節に、加湿器は必須だよね。

我が家では、ダイキンの加湿空気清浄機を使用してた。

7万円くらいの、結構高いやつを。

だが、先日処分してしまった。

洗浄しても、カビ臭い匂いが取れなくなってしまったからだ。

使えば使うほど、空気を汚している状態になってしまった・・・。

それで加湿空気清浄機の代わりに購入した加湿器が、ミスティガーデン2nd

手入れが一切不要で、電力不要の自然気化式タイプだ。

使ってみて、とても気に入ったのでもう1台買い増した。

1シーズン使用した感想と、加湿の効果を検証したので紹介します。

ミスティガーデン2ndとは?

ミスティガーデン2nd 引用:Amazon
出典:Amazon

ミスティガーデンとは、自然気化式の卓上加湿器だ。

フィルターに水分を染み込ませて、自然気化させる方法の加湿器。

そのため電力が一切不要という、大きなメリットがある。

仕組みは単純だが、加湿の効果は大したものだ。

自然蒸発量は、コップ1杯の40倍以上なのだ。

コップ1杯の40倍といってもピンとこないと思うが、乾燥した冬に使用すると500mlの水が1日で空になってしまうほどの気化となる。

500mlのペットボトルが、勝手に1日でカラになってしまうって凄くない?

先代のミスティガーデンは15倍だったが、新型のミスティガーデン2ndでは40倍の蒸発量へ改良されたのだ。

サイズ

サイズは、幅300×奥行き155×高さ220(フィルターの幅、高さを含む)。

MacBook13インチと比べるとこんな感じ。

MacBook 13インチとミスティガーデンの比較 正面 画像
MacBook 13インチとミスティガーデンの比較 側面 画像

横幅は箱ティッシュより、ちょっと大きいくらい。

緑の葉っぱみたいなものが、水を染み込ませるフィルターだ。

使い方は超簡単

使用方法は、非常にシンプル。

フィルターをトレーに載せて、水を注ぐ。

以上。

超簡単だ。

使用方法に悩むことはないだろう。

フィルターの寿命はどれくらい?

フィルターの寿命は、3〜6ヶ月と公表されている。

乾燥する冬の1シーズンで、使い捨てることになる。

2シーズン目に1シーズン使用したフィルターを使ってみたが、カルキのせいかフィルターの先端まで水が染み込まなかった。

1シーズン使用すると、フィルター先端に白い固形物が付着するんだ。

おそらく、吸収した水道水のカルキだろう。

公式にも「抗菌、防カビ効果が低下するので、1シーズンを目安に交換して下さい」となっている。

抗菌効果が低下すると雑菌が繁殖しやすくなるので、1シーズンが限界だ。

ミスティガーデンのフィルター 画像
フィルター単品の開封前

ミスティガーデン2ndを使用して感じたメリット、デメリット

merit、demeritの文字画像

ミスティガーデン2ndを使用して感じた、メリットとデメリットを上げてみよう。

ミスティガーデン2ndのメリット

まずはメリット。

  • 6畳程度の部屋であれば1台で十分な加湿効果あり
  • 50%以上の湿度にならない
  • 無音
  • 手入れが不要
  • 電気代(ランニングコスト)が0円
  • 手軽に持ち運べる

6畳程度の部屋であれば、1台で十分な加湿効果あり

6畳前後の広さであれば、1台で十分に加湿効果がある。

ワンルームならば、この1台で十分だろう。

50%以上の湿度にならない

50%まで湿度が上がると自然と気化が弱まるので、加湿しすぎることがない。

快適な湿度が40〜60%なので、ちょうど快適な湿度を保ってくれる。

無音

自然気化式の大きなメリットが、無音であること。

加湿空気清浄機を使用したときは、ファンの音が大きくてストレスだった。

加湿空気清浄機+エアコンの音で、テレビや音楽のボリュームを無駄に上げる必要があった。

その点ミスティガーデンは無音なので、稼働音を気にする必要は皆無だ。

手入れが不要

通常の電気式加湿器はこまめに手入れをしないと、菌が繁殖してしまう。

だがミスティガーデン2ndは、1シーズンでフィルター使い切り。

乾燥するシーズンが終われば、フィルターはお役御免となる。

次のシーズンは新しいフィルターを使用するので、雑菌の心配なし。

またミスティガーデン2ndは水を密封しない構造のため、雑菌が繁殖しにくい。

と言うのも同じメーカーで、ミスティブーケという小型の自然気化加湿器を購入したことがあったが、ミスティブーケはすぐに雑菌が繁殖してしまい、嫌な雑菌臭が発生してしまったのだ。

デザインは良かったのだが水を入れてからフタをする構造のため、それが雑菌繁殖の原因だったと思われる。

手軽に持ち運べる

加湿空気清浄機は大きくて重いので、部屋を移動することは容易じゃない。

その点ミスティガーデン2ndは手軽に持ち運べるので、使用したい部屋に気軽に持っていける。

本体の重さが235gで、水を入れた状態でも1kg以下だ。

ミスティガーデン2ndのデメリット

続いて、使用して感じたデメリットを上げてみる。

  • 子供(乳児)やペットがいたずらしたら水がこぼれる
  • 大きなリビング(12畳くらい)は加湿しきれない
  • 使い方次第ではフィルターが1シーズンもたない
  • 高加湿には出来ない。

子供(乳児)やペットがいたずらしたら水がこぼれる

小さな子供やペットがいると、ミスティガーデンは置き場所に困る。

幼児は興味本位に何でも触るから、手の届くところに置けない。

こぼされたら、水浸しになるからね。

あとは問題は、ペット。

我が家にペットはないが、いたずらしてひっくり返してしまうことが想定できる。

特に猫。

どこに置いても、きっと猫にはやられるだろう・・・。

大きなリビング(12畳くらい)は加湿しきれない

今回、2台目を購入した理由がこれだ。

広いリビングでエアコンを使用すると、加湿効果が追いつかないのだ。

ミスティガーデンの加湿効果よりも、エアコンの乾燥効果のほうが上回ってしまうのよ。

電気式加湿器と違い、人工的にパワーを上げることはできないからね。

そのため、リビングは2台仕様に。

パーテーション 下の方 画像

そして寝室へ移動するときに、1台寝室へ持ち運んで使用している。

使い方次第ではフィルターが1シーズンもたない

付属のトレーを使用する場合は、特に問題なく1シーズン使用できる。

シーズン通して、フィルターから雑菌臭が発生することはない。

しかしおしゃれに拘って、トレーを変えて使用してみた。

ロフトで購入した、おしゃれなラーメンどんぶりで。

仕事部屋のシェルフ 画像
右下がミスティガーデン2nd

フィルターを丸めて観葉植物風にして、インテリア性を上げてみた。

おしゃれは満たせたのだが、シーズン後半に水が空になると雑菌臭が発生するようになってしまった。

フィルターが重なりすぎると、雑菌が繁殖しやすいようだ。

この使用方法だと、シーズン途中で1度フィルター買い替えるする必要がある。

高加湿には出来ない

あえて高加湿にしたい場合、ミスティガーデンでは不可能だ。

自然気化式のため、湿度が高いと自然に気化しないから。

湿度が上がりすぎるとカビが発生するので、普通はわざわざ高加湿にする必要ないけどね。

ミスティガーデン2ndの加湿効果を検証してみた

実際にちゃんと加湿効果があるのか、検証しました。

ミスティガーデン 開封前 正面 画像
開封前
ミスティガーデン開封前 側面 画像
開封前 横から

開封前はこんな箱。

さっそく加湿の効果を、検証していこうか。

ミスティガーデン開封後と湿度計 画像

内容物はシンプルで、トレーとフィルターのみが入っている。

箱の裏に簡単な説明が書いてあるだけで、説明書はなし。

ミスティガーデンに水を注ぐ 画像

トレーにフィルターをセットしてから、一旦端に寄せ水を注ぐ。

フィルターを端に寄せずに水を注いでも、問題はない。

ジョウロがない場合は、コップでも十分。

水を注いだらフィルターをある程度均等にそろえて、セッティングは完了。

ミスティガーデン速度計、時計 画像
測定開始

加湿効果の計測を開始。

検証する部屋の広さは6畳。

開始時の湿度は35%

季節は11月で、エアコンの使用はなし。

計測開始から10分後 画像
10分後の測定

たった10分で、53%くらいまで湿度が上昇した。

効果は抜群だ。

しかし湿度計とミスティガーデンの距離が近すぎて、早く上がったとも考えられる。

なので少し距離をおいて、1時間後を調べてみた。

計測開始から1時間後 画像
測定1時間後

1時間後の湿度は、51%。

人が快適に感じる湿度は40〜60%だから、ちょうど良い快適な湿度だ。

加湿し過ぎない自然気化加湿器だから、この湿度で安定するのよ。

加湿効果が十分であることが、証明された。

まとめ

検証の結果は、効果アリとなった。

検証はエアコンを使用していない環境だったが通常はエアコンを使用するよね。

エアコンを使用すると、保湿効果はグンと下がってしまう。

だがこれは、仕方ないことだろう。

価格もフィルター込みで3000円と、とてもリーズナブル。

特に私が感じたメリットは、無音で手入れが一切不要なことだ。

ちなみに私は、空気清浄機に加湿機能は不要派。

加湿による雑菌の繁殖を考えると、空気清浄と加湿器は一緒にすべきではないと思っている。

関連記事

どうも、こんにちは。ハスキです。ホコリや花粉に加えて、コロナウイルスまで空気中に浮遊する昨今。まったくもって、嫌な世の中になったもんだ。せめて部屋の空気くらいは、快適な環境にしたい。もはや空[…]

Recommendの文字 画像

ミスティガーデン2ndは電気を使わないから、コードを気にせず好きな場所に設置できる。

毎シーズンフィルターを購入する必要はあるが、1300円程度だから経済的にも電気式加湿器よりメリットがあると思うからおすすめだ。

参考になった?

では、また。

created by Rinker
佐藤金属興業
¥2,740(2024/02/22 20:00:30時点 Amazon調べ-詳細)