アルミナムチェア 画像

イームズ風デスクチェア【アルミナム ソフトパッド】使用レビュー

アルミナムチェア 画像

憎き新型コロナウイルスにより、僕の仕事がデスクワーク中心となりました。

会社の方針でコロナが収まったとしても、テレワークは継続させることが決定。

そのため、在宅での仕事環境を整えることに。

となれば、デスクとデスクチェアは必須アイテムです。

今回は、購入したデスクチェアを紹介します。

せっかくの仕事部屋ですので、おしゃれな部屋に仕上げたい。

そのため、デザインに拘りました。

購入したデスクチェアはイームズのリプロダクト品【アルミナムソフトパッドチェア】。

イームズのリプロダクト品は品質、価格がピンキリ。

僕が購入した椅子はキリのほう(汗)。

購入理由を踏まえた、アルミナムソフトパッドチェアの使用レビューを紹介します。

イームズのデスクチェア【アルミナム ソフトパッド】を購入した理由

reasonの文字の紙 画像

新型コロナウイルスの猛威により、激変した働き方。

サラリーマンが在宅で仕事することがメインになるなんて、誰が予想したでしょうか。

まさかまさかです。

そんなこんなで、在宅でも仕事に集中できる必要があるため、仕事部屋(書斎)をつくりました。

仕事部屋(書斎)に関する別記事で書いております。

関連記事

新型コロナウイルスにより、世の中に急激な変化が起こりました。今までの常識が、覆されたような世の中です。その急激な変化に対応しながら、我々は生きて行かなければなりません。働き方にも、大きな変化が起こっています。[…]

仕事部屋 デスク アイキャッチ

椅子は元々あったイームズのリプロダクトチェアを使用していたのですが、プラスチック製の硬い椅子です。

イームズチェアの正面と後ろ画像

デザインも座り心地も良いのですが、この椅子を購入した目的は2〜3時間の使用時間。

長時間のテレワークを、想定にしていませんでした。

関連記事

おしゃれな部屋は椅子で決まる。そう言っても過言でないほど、椅子は重要な家具です。おしゃれに拘るなら、椅子選びは重要なこと。僕もおしゃれな部屋にしたい願望から、おしゃれデスクチェアを探しました。おしゃれで座り[…]

イームズチェアの正面と後ろ画像

仕事がテレワークとなり、1日の使用時間は10時間くらい。

長時間座る椅子を用意すべき、と判断。

そこで仕事用に、新たなデスクチェアを購入することに。

求めたデスクチェアの条件

チェックリストとペン 画像

僕が求めた、デスクチェアの条件を絞ってみました。

  • おしゃれ
  • カラーはホワイト
  • 車輪が付いている
  • 長時間座ることを前提

おしゃれであること

在宅ワークになったことで、仕事に集中するために用意した仕事部屋(書斎)。

仕事用の部屋とはいえ、自分の部屋です。

どうせなら、おしゃれにしたいじゃないですか。

おじさん臭い書斎でなく、おしゃれな部屋にしたい。

譲れないポイントです。

椅子のカラーはホワイト

我が家は床が黒なので、家具で明るく必要があります。

そのため、家具は基本的に白で統一することにしています。

家具の色を統一することで、部屋全体に纏まりますし。

車輪がついたチェアであること

今まで使用していたプラスチック製のイームズチェアで、1点問題が起こりました。

それが、床を傷つけてしまったこと。

我が家の床、すぐキズがつくんです・・・(涙)。

床のキズ 画像

写真はかなりアップで撮ってますので、実際には些細なキズですが。

木と木のつなぎ目に椅子が擦れてキズがついてしまったんです。

これはイームズチェアの問題でなく、黒い床に問題があると思われます。

いずれにしても、床を擦る椅子でなく車輪がついたデスクチェアがいいなと。

長時間座ることを前提としたデスクチェア

テレワークとなると、かなり長時間座ったままとなります。

残業もありますので、1日10時間は使用。

となれば長時間座っていても疲れない椅子であることも、大切な条件となります。

イームズ アルミナムソフトパッドチェアに決定

アルミナムチェア ソフトパッド画像
出典:楽天市場

上記で上げた条件を踏まえて、デスクチェアを探しました。

そこで条件にハマったのが、イームズリプロダクト【アルミナムチェア ソフトパッド】でした。

デザイン性は申し分なしで、カッコいい。

ホワイトカラーがすごく似合ったデザイン。

ソフトパッドで座面、背もたれにクッション付きで長時間でも疲れなさそう。

そして車輪付き。

条件はバッチリ。

これに決定です。

 イームズのリプロダクト製品は価格がピンキリ

チョイスに悩む人形 画像

イームズのリプロダクト製品は、同じデザインでもメーカーで価格がピンキリなんです。

リプロダクト品とは、デザイナーの意匠権期限が切れた製品を、オリジナルデザインを元に出来るだけ忠実に復刻生産した製品のことです。

僕が調べた限り、1番高い価格のメーカーは¥451,000!

そして一番安いメーカーが¥15,800。

その中間の価格帯で販売されるメーカーも、たくさんあります。

ネット上で見比べる限りでは、デザインや機能面は全く一緒。

使用している素材や、作りが違うのでしょう。

デザインを重視する僕にとっては、デザインが一緒なら材質は別に何でもいいかなと。

 
プラスチック製のイームズチェアは座り心地がよかったから、イームズデザインなら安価でも問題ないだろう。

って思ったので、最安値の¥15,800のものを楽天市場で購入。

しかし、これが間違いでした・・・。

アルミナムソフトパッド使用レビュー

ってなわけで、イームズリプロダクト【アルミナムチェア ソフトパッド】を購入。

納品には、半月かかりました。

中国から輸入するからでしょう。

ここでは3つに分けて紹介します。

  • 組立
  • 外観
  • 座り心地
  • 1週間使用した感想

組立

届いた椅子を組み立てていきます。

楽しみに待っていたデスクチェア。

開封していきます。

梱包状態 画像

箱の中はこんな感じ。

しっかりとエアパッキンに包まれています。

開封後 内容物 画像

中身を取り出しました。

椅子本体、5股の足、車輪、油圧式の棒(足)の4部品と簡単な説明書。

組立はネジなどは一切使用せず、差し込むだけ。

簡単に組み立て出来ました。

外観を確認

外観をチェックします。

ソフトパッドチェア 正面から

まぁ、基本的にはネットでみたものと同じですね。

しかし縫合は、正直安っぽさがあります。

ソフトパッドチェア 上から画像
背もたれの縫合 画像

背もたれのパットは、特に縫合に安っぽさが。

最安値の製品ですので、仕方ないか・・・。

ソフトパッドチェア 後から画像

背面は非常にカッコいい仕上がり。

後ろ側は満足です。

キズのような跡 画像

目立たない箇所ですが、キズ跡が。

キズらしき跡はメッキの下側ですので、メッキ前の確信犯。

この辺りは中華レベル。

しかし価格を考慮すれば、全体的には許容範囲と思います。

座り心地

肝心の座り心地はどうか。

ファーストインプレッションとしては

 
あまり良くないな・・・。

イームズチェアということで、自分の中でハードルが上がっていたこともあったでしょう。

感想として、座り心地はイマイチ。

背もたれのクッションも、高反発でもなければ、低反発でもないウレタンって感じ。

座面のクッションも同じ。

この辺りに、安さが現れていると実感。

1週間使用した感想

慣れもありますので、まずは使用してどうかです。

しかし1週間を待たずに、3日間使用しただけでお尻が痛くなってしまいました。

座面のクッション性が悪く、凹んだまま硬い底面が当たるようになってしまったんです。

ショックでした。

結局近所のホームセンターでクッションを購入して、使用する羽目に(涙)。

良い点としては、椅子にノッキング機能が付いており、ノッキングの硬さを調節ができるところ。

この硬さを調節することで、背もたれにもたれた時に好みの硬さ、角度で支えてくれます。

体重差が個々で違いますので、この調節機能はGOOD。

ですが座り心地の評価とすれば、プラスチック性のイームズチェアのほうが体にフィットしてよかった。

まとめ、感想

感想とすれば、安いなりの出来ってところです。

高額なアルミナムソフトパッド製品に座ったことがないので比べようはありませんが、価格に品質が反映されることは間違いないでしょう。

座り心地は良いとは言えません。

結局クッションを敷いて使用していますので、ソフトパッドでなくてもよかったな。

デザインで検討している方で、安価なイームズアルミナムチェアを求めるならばソフトパッドでないアルミナムチェアをおすすめします。

今度類似デザインを購入することがあれば、間違いなくそちらを購入します。

せっかく購入したので、しばらくは使用します。

デザインは気に入っていますので。

日々使用するものは、ケチってはいけない。

そんなことを学びました。

スポンサーリンク