シンプルでおしゃれな大人用二段ベッド光製作所カスティナ3を子供部屋に設置したレビュー

先日、子供部屋に二段ベッドを購入しました。

2人姉妹なのですが、下の子が添い寝なしで寝られる年齢になったためです。

ワンション暮らしの我が家。

寝室用の一番広い個室を、子供2人の共同部屋としました。

将来はわかりませんが、当面は寝室を子供部屋にすることにしました。

そのため、この度2段ベッドを購入。

当初二段ベッドに、想定していた予算は7万円。

しかし家具屋を巡り、色々な二段ベッドを見ていると安いものは安いなりだなぁと感じるように。

やはり、良いものは高い・・・。

検討の結果、購入した二段ベッドが今回紹介する光製作所のカスティナ3というモデルです。

予算は5万円ほどオーバーしましたが、購入してとても満足しています。

品質は良いし、揺れも少なく頑丈さも申し分なし。

購入した光製作所の二段ベッド、【カスティナ3】のレビューを紹介します。

光製作所のカスティナ3を購入した理由

チェックリストとペン 画像

二段ベッドを購入する際に、最初はそこまで深く考えていませんでした。

しかし家具屋を数件回っていろいろな二段ベッドを見ていると、どうも品質が気になるように。

うーむ、やはり良いものは高い。

店員さんに話を聞いたり、実際に見ていると高い製品は高いなりの理由があることを痛感。

7万円の予算で考えていましたが、最終的に5万ほど予算オーバーでカスティナ3の購入を決断。

カスティナ3に決断した理由を、紹介します。

二段ベッドに求めた条件

まず、二段ベッドに求めた条件です。

  • 個々にバラせる
  • 頑丈
  • スマホ充電、照明用のコンセントがある
  • デザインがおしゃれ
  • 頭側の背面もおしゃれ

こんなところ。

簡単に説明します。

個々にバラせる

一体式でなく、いざとなったら別々のベッドとして使用できること。

これは絶対条件です。

今は2人で使用する部屋ですので、二段ベッドが理想です。

ですが将来は、別々の部屋になる可能性が大いにあります。

1人1部屋になった場合に、個々のベットとしてバラして使用できること。

重要事項です。

頑丈

頑丈であること。

倒れる、崩れるなんてことがないこと。

大人が使用しても問題なく、使用でいるもの。

つまり、大人用の二段ベッドですね。

日本のしっかりした家具屋や、信頼のあるメーカーから販売されている二段ベッドならば、まず大丈夫だと思いますが。

スマホ充電、照明用のコンセントがある

枕元にスマホの充電や、照明用のコンセントは必須ですよね。

子供たちが寝ながらスマホをいじったり、本を読むことは想像ができます。

コンセントは、ないと困ります。

デザインがおしゃれ

僕が家具や家電の選定で、最重要視すること。

デザインがおしゃれであることです。

使えればいい、といった考えはありません。

スタイリッシュさは、必ずクリアしたい。

子供部屋だって、おしゃれに仕上げたい。

大人のエゴかも知れませんが、譲れない条件です。

頭側の背面もおしゃれ

二段ベッドを設置する場所の問題ですが部屋の構造上、足側が壁沿いになり頭側の背面が見える状況となります。

壁沿いを頭側にすると、北枕になってしまうからです。

普通のベッドは、頭側が壁沿いになる想定でつくられていますよね。

そのため頭側背面はコードがむき出しであったりと、おしゃれとは程遠い。

頭側の背面がスッキリとした二段ベッドであること。

意外と難しい条件です。

光製作所のカスティナ3を選択した決め手

上記上げた条件をもとに、理想の二段ベッドを探しました。

なかなか条件に叶う二段ベッドはない・・・。

良いなと思うものは、手が届かないくらい高い。

家具屋を巡った結果、最も理想に近い二段ベッドが【カスティナ3】でした。

最終的な購入の決め手は

  1. 安定感のあるつくり
  2. シンプルで背面もおしゃれ
  3. すのこが合板でない

この3点です。

安定感のあるつくり

子供が寝るベッドです。

なんと言っても、安全面は重要ポイント。

二段ベッドは、価格で差がでるポイントが2つあることがわかりました。

二段ベッドにかかわらず、ベッド全般にいえることですが。

開き止めと、すのこです。

すのこは後ほど説明します。

安価なタイプの二段ベッドは、開き止めが鉄製の細い棒となっています。

開き止めとは、ベッドの中心部を左右に繋げる筋交いのようなものです。

それに対して、価格の張る二段ベッドの開き止めは木製。

カスティナ3の開き止め 画像
出典:楽天市場

木製でガッチリ固定しているため、グラつきが全然違います。

上で寝る人が寝返りを打つたびにグラついては、寝心地が良い環境とは言えません。

睡眠は重要ですからね。

シンプルで背面もおしゃれ

カスティナ3の背面側 画像
カスティナ3の背面側

カスティナ3は、珍しいデザインの二段ベッドです。

頭側と足側が、シンメトリーなデザインになっています。

つまり、上下の概念がないのです。

どちらを頭にして寝ても、問題なし。

我が家では足側に寝たら北枕になってしまうため、必然的に方向は決まりますが。

そのため、とてもシンプルなデザインとなっています。

ベッドの外側は、画像の通り何もなくスッキリとしたデザインです。

オプションのコートハンガーを付けていますが、外せば何もない状態。

デメリットとしては、条件に上げたコンセントがないことです。

ですがオプションでシェルフを付けられますので、おしゃれな電源タップを付ければいいやと判断。

すのこが合板でない

カスティナ3のすのこ画像
すのこ画像

これは家具屋の店員さんから聞いた情報です。

すのこの木には、一体ものと合板があります。

合板のほうが安いのですが、粉が出るデメリットがあるとのこと。

うちの子供は、ハウスダストのアレルギー持ちです。

普通のベッドならば特に気にしませんが、二段ベッドでは厄介な問題です。

下で寝たら、上から木の粉が降ってくる・・・。

アレルギー発生の可能性が、極めて大です。

合板の情報を得てから色々な二段ベッドのすのこを見ると、確かに価格差で一体ものと合板に分かれています。

安価な二段ベッドには、すのこの下にネットが貼られています。

このネットの意味が、粉が出るってことなのです。

予算オーバーしても、合板じゃないほうがいいと判断。

カスティナ3は、一体もののすのこです。

品質の条件を考慮するとこのカスティナ3,実はお手頃価格と気が付きました。

発送と組み立て

カスティナ3全体図 画像

購入した家具屋は、ルームス大正堂。

発送から組み立てまでを、お任せしました。

配達員の人は、丁寧で気持ちのいい対応でした。

組み立てもスムーズで、さすがプロといった感じ。

自分で組み立ては可能?

配達は2名でしたが、組み立ては一人で行っていました。

勝手がわかっていれば、一人でも組み立て可能という証明ですね。

ですが素人では、難しいと思います。

まず重い。

余程のDIY好きでない限り、組み立ては業者に任せるべきです。

カスティナ3の使用レビュー

REVIEWの文字 画像

実際に使用した感想です。

使用しているのは子供たちですが、子供たちから一切の文句はでません。

それだけ、満足しているってことです。

レビューは、4つにわけて紹介します。

  1. 頑丈さ
  2. 見た目
  3. 寝心地
  4. 使い勝手

頑丈さ

裏から見たすのこと木製の開き止め 画像
裏から見たすのこと木製の開き止め

開き止めが木製であることが関係していると思いますが、寝返りを打ってもグラつきなし。

(もちろん多少はあります。)

安価の細い鉄棒が開き止めであったら、グラついたと思います。

やはりこの差は大きい。

大人用の二段ベッドなので、当然大人が使用しても問題ないつくりです。

子供の体重ならば、なおさら申し分ない頑丈さです。

見た目

カスティナ3 斜めからの画像

とてもシンプルで、落ち着いたデザイン。

余計な装飾がないので、カスタマイズ製が高いつくりとなっています。

そのため、どんなタイプの部屋にも合うデザインです。

悪く言えば、シンプルでつまらないデザインなところ。

また頭側と足側が同じシンメトリー構造なので、設置場所にも困りません。

背面(外側)がシンプルで、スッキリしています。

寝心地

マットレスを敷いたカスティナ3 画像
マットレスを敷いた画像

グラつきが少ないので、寝心地はとてもいいです。

すのこの通気性も快適。

ですが寝心地で重要なことは、マットレスだと思います。

マットレスは、ネットで購入しました。

約10,000円のマットレス。

二段ベッドなので、これを2つ。

このマットレスが当たりでした。

二段ベッド用なので厚みは薄いのですが、寝心地がとてもいい。

マットレスとしては安価ですが、満足できる寝心地です。

使い勝手

使用しているカスティナ3画像

カスティナ3は、カスタマイズ製の高い二段ベッドです。

高さ調整が可能で、上が2段階、下が3段階の調整ができます。

合わせると5段階調整が可能。

調整は組立時のみですので、後で変更するには一度バラさないとなりません。

うちの設定は上が高い位置で、下が中の設定にしました。

最初の組立時に、使い勝手の良い位置で調整しましょう。

またオプションを2つ付けました。

シェルフ2つ(それぞれのベッドに1つずつ)と、コートハンガーです。

コンセント付きシェルフもオプションにありましたが、コードが後ろから出てしまうと見た目に難があるので、シンプルなシェルフを選択。

シェルフには、電源タップと照明を置いています。

シェルフに置いた電源タップとライト 画像1
シェルフに置いた電源タップとライト 画像2

電源タップは、別記事でも紹介しています。

関連記事

先日、子供部屋に二段ベッドを購入しました。そこそこ良い、二段ベッドです。近いうち二段ベッドもレビューしたいと思います。そのレビューでも紹介するつもりですが、コンセント付きではないタイプの二段ベッドを購入しました。[…]

シャルフは取り外しが自由で、ベッドの内側にも外側にも取り付けが可能。

コートハンガーも設置場所が自由で汎用性が高く、使い勝手がいいです。

バッグやランドセルをかけることが可能で、とても便利。

他にもオプションの選択肢はありましたが、金銭的な問題もありこの2タイプのみとしました。

まとめ

予算オーバーの買い物となってしまいましたが、とても満足しています。

子供たちも満足しており、奮発してよかったと思います。

寝心地は、とても大切ですからね。

寝心地が悪いと疲れが取れなし、夜中に起きがちとなってしまいます。

特に二段ベッドは、振動が寝心地を左右しますので。

1日の1/3以上は睡眠時間です。

寝具はそれなりにお金をかけても、価値はあると判断しました。

数年間は使用するベッドです。

簡単に買い替えるものではないので、満足できるものを購入すべきだと思います。

カスティナ3はシンプルなので、可愛さを求める子供部屋には物足りないかもしれません。

ですが長い目で考えれば、シンプルが一番です。

成長しても使えますし、シンプルならば自分色にカスタマイズがしやすいから。

カスティナ3は、おすすめできる二段ベッドだと思います。