24インチREGZA(レグザ)24S24を購入。テレビと距離が近いなら小型がおすすめ

どうも、こんにちは。

ハスキです。

テレビの使用頻度が落ちている昨今。

我が家でも、テレビの稼働時間は短くなる一方です。

平日は朝のニュース見て、あとは夕方の夕食時に見るくらい。

1日トータルで、1時間もないくらいです。

スマホを眺めている時間のほうが、はるかに長い。

きっと、みんなそんな感じなのでは。

とはいえ、テレビはないと困る存在ですよね。

なくても生活できますが、テレビは寂しさを紛らわすBGMにもなるし、食事中の目線のやり場にもななるし。

子どもたちが見るアニメとか、子供番組系も重要ですし。

うちのリビングには、50インチのVIERAがあります。

メインテレビです。

僕個人はほとんど見ませんが、子供がアニメを見たりゲームすることに使っている感じです。

そのVIERAは、設置上ダイニングから見えない角度にあります。

ですのでダイニングテーブルからも見れるように、この度テレビを新調しました。

テレビ依存の低い我が家では、存在感のある大型テレビはダイニングに不要と判断。

選んだテレビが、24インチの小型REGZA 24S24です。

2万円台で買えるREGZA。

24インチREGZAを選んだ理由と、使用した感想レビューを紹介します。

created by Rinker
レグザ(Regza)
¥22,900(2022/09/30 01:20:42時点 Amazon調べ-詳細)

なぜ大型テレビの時代に24インチの小型テレビを選んだのか

WHYの文字 画像

大型テレビが、あたりまえとなった現代。

テレビは大きいほうが、迫力のある映像を楽しめますよね。

その中で、あえて24インチという小型のテレビを購入しました。

僕のような設置条件では、大きければ良いわけではないからです。

24インチの小型テレビを購入し理由とは

今回24インチのテレビを選んだ理由は3つあります。

  • テレビと見る距離を考えた
  • テレビ依存ではない生活だから
  • テレビの存在感を極力なくしたかった

簡単に説明します。

テレビと見る距離を考えた

テレビを快適に視聴するためには、重要なことがあります。

テレビを見る距離で、最適なサイズが決まることです。

今回購入する目的は、ダイニングに使用するテレビ。

一般的なマンションの我が家では、ダイニングテーブルとテレビを設置したい場所の距離が、かなり近くなります。

テレビを視聴するための最適な距離はこちら。

24インチ74.4cm
32インチ119.4cm
43インチ160.5cm
50インチ186.6cm
60インチ223.8cm

上記のとおり、大きければいいわけではありません。

リビングにある50インチテレビも、仮に74.4cmの距離で見ると目線の移動が多くて疲れます。

どう考えても、目に悪いし。

ダイニングテーブルからテレビ設置予定の場所まで、距離はたったの70cm程度。

そのため、快適なサイズは小型の24インチになるってわけです。

テレビ依存ではない生活だから

僕が子供だった30年くらい前。

テレビは最重要家電でした。

テレビがない生活なんて、とても考えられませんでした。

時は流れ、現代。

情報はインターネットで手に入り、娯楽もネットの世界が中心です。

うちの小学生と幼稚園の子どもですら、テレビよりネットです。

You Tubeのほうが面白いし、ネットなら見たい動画が見たいときに視聴できます。

高品質なコンテンツも、次から次へと出てきます。

もはやテレビは、たまに見るものと位置づけなのです。

テレビの存在感を極力なくしたかった

テレビをあまり見ないため、テレビの稼働時間は少ない。

言ってしまえば、ほぼテレビを消している状態です。

それなのに、「ドドン!」と、存在感のある必要があるでしょうか?

いやない。

それならば小型にしてその分必要なものを置いたり、インテリア的なものを飾ったほうが正しいのでは?

また大型テレビは迫力ありますが、情報収集のために迫力は不要です。

朝なんて、情報収集のためだけのテレビです。

いや、もはや時計代わりに近い。

夕食時も、楽しむためにテレビを見るというより、目線の置き場所をつくっている感じです。

というわけで、ダイニングのテレビに迫力を求めていないとの結論。

安価な小型テレビで、十分と判断しました。

東芝のREGZA(レグザ)24S24を選んだ理由

REGZA24S24 画像
出典:Amazon

テレビサイズは、24インチで決定しました。

あとはメーカー選びですが、僕はテレビを購入するならREGZAと決めていました。

過去の視聴実績から、REGZAが1番キレイだからです。

まず中華メーカーは論外。

何が仕込まれてるかわからないし。

家電は信頼のできるメーカーに限ります。

数年使用するものは、安かろう悪かろうでは後悔するだけです。

過去にソニーのBRAVIA、パナソニックのVIERAを購入した実績があるけど、REGZAが1番好みだった

40インチ以上の中型ですが、過去にソニーのBRAVIAとパナソニックのVIERAを購入したことがあります。

VIERAはリビングのテレビとして、現在使用しているもの。

ハイエンドモデルではないのでグレードが原因かもしれませんが、そこまで映像がキレイとは思いません。

全然問題ないレベルですので、文句はありませんが。

REGZAの購入経験はありませんが、実家のテレビがREGZAです。

たまに実家に帰ると思うのですが、REGZAはすごく画質がキレイだなと。

実家に帰るたびに思うので、次回テレビを買うならREGZAと考えていました。

24V34でなく、24S24を購入した理由

24インチのREGZAには24V34と、24S24のグレードが違う2タイプがあります。

24V34のほうが上のグレードですが、違いを簡単に言えばネット動画対応か非対応かの違いですね。

24V34

24V34の特徴は、ネット動画を重視したテレビであることです。

ダイレクトにネットへアクセスできるよう、リモコンに動画配信のボタンが付いています。

  • ABEMA
  • NETFLIX
  • huiu
  • U-NEXT
  • You Tube
  • prime video

上記ボタンがリモコンに配置されており、見たい動画配信サービスを一発で選べます。

PCが部屋になくて24インチの小型画面が合う部屋ならば、テレビと動画視聴を1台で網羅できるV34がおすすめとなります。

created by Rinker
レグザ(Regza)
¥30,800(2022/09/30 07:19:13時点 Amazon調べ-詳細)

24S24

24S24は余計な機能がない、シンプルな24インチREGZAです。

至ってノーマルなテレビ。

とはいえREGZAブランドですから、画質はきめ細やかです。

ネット動画をテレビで見ないのであれば、S24で十分でしょう。

created by Rinker
レグザ(Regza)
¥22,900(2022/09/30 01:20:42時点 Amazon調べ-詳細)

僕が24S24を選択した理由

今回購入したテレビは、24S24

理由は子供が勝手に、ネットへアクセス出来ないようにしたかったから。

うちには今年6年生になる子と、1年生になる2人の小学生がいます。

ネットは大人にとっては便利極まりないものですが、子供にとっては危険なもの。

しっかりと、親が制御する必要がありますよね。

子供がテレビで自由にインターネットの世界が見れてしまったら、いい環境とは言えません。

その思いから、ネットにアクセスできないS24にしました。

それと価格。

余計な機能がないので、S24は安い。

¥24,000で高画質のREGZAが買えるのは、十分なメリットです。

24インチのREGZA24S24を使用した感想レビュー

REVIEWの文字 画像

REGZA24S24を、視聴した感想を紹介します。

まず驚いたことが、メッチャ軽い。

テレビなのでそこそこ重いのかと思いきや、すごい軽い。

3kgしかありません。

本体一体式でない、パソコンモニターくらいの軽さです。

簡単に持って部屋を移動できます。

組み立ては台座の取り付けだけですが、ドライバーが必要です。

台座の取り付け画像

ここからは、3つのテーマで紹介しますね。

  • 画質
  • 音質
  • 使い勝手

画質

REGZA24S24設置した画像

画質は、全くもって申し分ありません。

文句なしの高画質。

画素数は1,366×768でハイビジョンですが、24インチなので十分です。

色合いはクッキリしています。

クッキリしていますので、年配の人にも見やすいでしょう。

実家の43インチREGZAで体感したとおりの、高画質クオリティです。

音質

音質に関しては、可もなく不可もなくって感じです。

8W(4W+4W)出力で、スピーカーは2つ。

画面の下部から音が出ます。

特に聞き取りにくいことはなく、音質に問題はありません。

特別いいわけでもありませんがね。

余程の高望みをしないかぎり、不満に思うことはないでしょう。

使い勝手

使い勝手としては、無駄な機能がないので使いやすいです。

悩むことがないので。

テレビって、機能がモリモリに入っていても使わないですよね。

正直。

リビングの50インチVIERAは結構な機能が入っていますが、結局ほぼ機能を使用していません。

高画質で、ゲームが繋げて、外付けでいいから録画が出来れば、僕の中でOKです。

リモコンは文字が大きく見やすい

リモコンは大きな文字が印字されていますので、見やすいです。

電池込みで102gしかない軽さもgood。

余計な機能がない分、至ってシンプルです。

年配の方から子供まで、使い方に困ることはないでしょう。

費用対効果について

2万円台でこのレベルのテレビなら、お値段以上の価値はあると思います。

下手に安いブランドのテレビを買うなら、ちょっと足して東芝ブランドのREGZAを購入すべき。

小型の24インチとはいえ、しっかりREGZAクオリティです。

Amazonのレビューだと匂いがきついとありますが、全然ありませんでした。

あとがき

テレビ依存しない現代でも、やっぱりないと困るテレビ。

視聴する時間が短いのであれば、これくらい安価な小型で十分ではないでしょうか。

特にサブ機は。

REGZAは、安心の東芝ブランドです。

小型でも大型でも、REGZAの画質はいい。

実家の43インチも、今回購入した24インチも、満足できる高画質です。

テレビを1日中見る人ならば、もっとこだわった高機能テレビがいいでしょう。

そういった人は、テレビにお金をかける価値がありますから。

しかしそうでないなら、テレビにお金をかけるのはナンセンスです。

だって、ほぼ見ないのだから。

サブとしての使用であったり、情報収集のためとかBGM代わりだったり、目のやり場のためとか、寝室で軽く見るだけとかならば、小型で安価なのに高画質の24インチREGZAはおすすめできます。

あとテレビとの距離が近い人。

テレビを見る距離が近いと、画面の大きさは仇となります。

目や首が疲れてしまいますから。

24インチテレビを検討している人の参考になれば幸いです。

では、また。

created by Rinker
レグザ(Regza)
¥22,900(2022/09/30 01:20:42時点 Amazon調べ-詳細)