洗濯物を干した状態 アイキャッチ用 画像

懸垂器具は「懸垂機能付き、洗濯物干し(室内物干し)」と考えよう

洗濯物を干した状態 アイキャッチ用 画像

体型維持を頑張っているアラフォー男、エンハスカイと申します。

体型維持と言っても間食をしないことと、簡単な筋トレを一日置きに軽くやってる程度ですけど。

その軽くやってる筋トレに、使用している器具があります。

それが懸垂器具。

これが効くんですですよ。

しかし懸垂器を購入する場合に、必ず発生する問題があります。

それは「使用時以外は邪魔なもの」であること。

ですよね。

だがしかしです。

メインの使用目的を「洗濯物干し」だとと考えると?

そんな「懸垂機能付き、洗濯物干し」の目的で購入した懸垂器の考え方、メリットとデメリットを紹介します。

「懸垂ができる室内物干し」という考え方

懸垂をやりたい。

部屋に懸垂器具(チンニングマシン)がほしい。

「でも使用時以外は邪魔だよなぁ。」

そんな考えの人も多いのでは。

確かにそのとおり。

筋トレ器具って使用中以外は、邪魔なもの以外の何者でもありません。

しかも懸垂器具となれば、それなりにデカイ器具です。

自分は欲しくても高い確率で家族、特に妻の猛反対にあうことになるでしょう・・・。

筋トレって毎日やるものではないので、懸垂するとしても週に2回ってとこですよね。

仮に毎日懸垂するとしても、使用時間は数分〜数十分程度です。

つまりほとんどの時間が「ただの置物状態」。

しかし、ここまでは「懸垂器具」としての考え方です。

これが「洗濯物干しがメインでついでに懸垂するもの」としてみたらどうです?

洗濯物の室内物干しは絶対に必要

洗濯物の部屋干しって絶対にしますよね?

子供がいる家庭でも、夫婦二人暮らしでも、一人暮らしでも、みんな絶対に部屋干しすることが普通にあると思います。

そして、洗濯物を干す場所が必ずあるはず。

どんなかたちであれ、洗濯物を引っ掛ける場所を室内に用意しなければならない。

すでに室内物干しをする場所も決まっていると思います。

マメな人は違うでしょうが、洗濯物干しの器具を出したり片付けたりしませんよね?

基本的に不動の室内洗濯物干し場になっていることが、普通だと思います。

懸垂器具を室内物干しとして使用すれば一石二鳥

そこで登場するものが懸垂器具です。

どうせ洗濯物の室内干し場は決まっているのですから、洗濯物干し器具だろうと懸垂器具だろうと、まず動かすことはありません。

じゃ室内物干しとして懸垂器具を使ってもいいのでは?

普段は室内物干しとして使用し、懸垂するときだけ懸垂器具として使用する。

この考え方です。

使用の割合でいえば、97%は室内物干しとして使用し、3%が懸垂器具として使用。

そんなイメージです。

自分の筋トレできて、家族(妻)も納得できる画期的な器具。

これが一石二鳥の「懸垂機能付き洗濯物干し」

筋トレと室内物干しのハイブリット仕様。

我々と家族の融合なのです(笑)

おすすめの懸垂器具

重要なことは洗濯物が干せること。

懸垂器具はパイプで出来ていますので、一般的に洗濯物を引っ掛けることは可能ですが今回重要視したことは「しっかりした物干しフック」がついているもの。

洗濯物干しがメインですから、その点を重視しないとですからね。

そこで僕がチョイスした製品は「PURE RISE(ピュアライズ)というメーカー の懸垂器具。

このメーカーの懸垂器具はには目当ての「しっかりとした物干しフック」がついてます。

引用:Amazon「PURE RISE(ピュアライズ) ぶら下がり健康器」

またできる筋トレの種類もいろいろ。

筋トレ器具として様々な部位を鍛えられますし、女性や年配の方でも健康器具ととして使用できます。

引用:Amazon「PURE RISE(ピュアライズ) ぶら下がり健康器」
引用:Amazon「PURE RISE(ピュアライズ) ぶら下がり健康器」

筋トレ器具のみで考えると、もっと機能のついた製品がありますが室内物干し+懸垂器具として考えるとこちらがベストかと。

使用レビュー

僕は実際に購入して使用しています。

お伝えのとおり、ほぼ室内物干しの状態。

通常の状態1
通常の状態2

これが通常の状態。

物干しフックに物干し竿をつけ、洗濯物を干します。

また、懸垂器具事態がパイプ形状になってますので、洗濯物を懸垂器具事態にも引っ掛けられますので、結構干せるんです。

懸垂するときの状態

そして上記が懸垂するときの状態。

ほぼ洗濯物が干してある状態ですので、この何もない状態は稀なバージョン。

この2本のパイプにも洗濯物が干せるんですよ。

メリット、デメリット

使用して感じたメリット、デメリットを紹介します。

デメリットから行きましょうか。

デメリット

  • 場所の確保が必要。
  • 筋トレ(懸垂)するときに洗濯物をどけるのが面倒。
  • そこそこ重いので気軽な移動は出来ない。

場所の確保が必要

この問題は結局室内物干しの場所は必要になるため、同じことなのかなと思います。

筋トレ(懸垂)するときに洗濯物やハンガーをどけるのが面倒。

メインは洗濯物干しですので、面倒は我慢しましょう(汗)。

(イメージは)洗濯物干しで懸垂しているんですから。

そこそこ重いので気軽な移動は出来ない。

人がぶら下がったり、懸垂するための器具ですので、簡単に倒れないよう頑丈に出来ています。

そのため、そこそこ重い。

軽いと倒れてしまいますから。

ただ、移動するときは部屋の模様替えをするときくらいですよね。

そこまで問題はないと思います。

メリット

続いてメリット。

  • 室内物干し兼筋トレ器具という2Way仕様。
  • 頑丈なため、簡単には転倒しないし動かない。
  • 購入した以上、筋トレ(懸垂)を続けるしかない。

室内物干し兼筋トレ器具という2Way仕様。

やはりこれでしょう。

必ず必要となる室内物干しに、懸垂機能がついてるって考えです。

洗濯物干しで懸垂できるって思うと、メッチャお得だと感じませんか?

場所も1か所ですみますので、実はかなり効率的で理にかなってるんです。

頑丈なため、簡単には転倒しないし動かない。

このメリットは、特に地震のとき。

人がぶら下がったり、懸垂する器具なので安全面は十分に配慮されています。

簡単に転倒したり、動いてしまったら安全とは程遠いですよね。

相当な大地震でない限り、転倒することは考えられません。

購入した以上、筋トレ(懸垂)を続けるしかない。

これはメンタルの問題ですが(笑)。

お金を出して購入した以上、筋トレを続けないともったいない。

また家族の了解を得て購入したものですので、簡単に挫折するわけにもいかない(笑)。

まぁ、挫折したところで洗濯物干し専用器になるだけですが。

まとめ、感想

僕にとっては重要な筋トレ器具であり、妻にとっては重要な室内物干しとなっています。

基本、筋トレ器具に場所を取られたくないですよね。

今回ご紹介のように、通常では「日常必要なもの」で「筋トレするときだけ、筋トレ器具に変化」がベストだと思います。

というわけで、懸垂器具をお探しの方は是非。

室内物干しとしての、家族へのアピールも忘れずに(笑)。

洗濯物を干した状態 アイキャッチ用 画像
最新情報をチェックしよう!