洗濯物を干した状態 アイキャッチ用 画像

懸垂器具は懸垂機能付き洗濯物干し(室内物干し)と考えよう!おすすめ製品レビューを紹介

洗濯物を干した状態 アイキャッチ用 画像

体型維持や筋力アップのためには、筋トレが必要不可欠。

僕は40代ですが、体型をキープするために何とか頑張っています。

やっていることは間食をしないことと、そこまでハードでない筋トレ。

ハードな筋トレは、続かないですからね。

その筋トレに使用しているメイン器具は、ダンベルと腹筋ローラーと重要なアイテムがもう一つ。

それが懸垂器具です。

やったことがある人はわかるでしょう。

懸垂は効きます。

取り入れたいトレーニングとしても、人気の高い自重式トレーニングです、

しかし懸垂器具を自宅で購入する場合に、必ず問題に直面します。

使用時以外は邪魔な存在であることです。

大型のトレーニング器具は自宅の貴重なスペースを、潰してしまうという問題。

ですが懸垂器具は、他のトレーニング器具とは違う大きなメリットがあります。

物は考えよう。

懸垂器具は、懸垂がメインの目的でなく、

メインは【室内物干し】と考えることにしましょう。

洗濯物干しで、懸垂ができるという考え方です。

この【室内用洗濯物干しに、懸垂機能がついている便利な家具】という考え方について、おすすめの商品も合わせて紹介したいと思います。

【懸垂ができる室内物干し】の考え方について

POINT の文字 画像

懸垂をやりたい。

部屋に懸垂器具(チンニングマシン)がほしい。

でも使わないときは邪魔だよなぁ・・・・・。

そんな考えの人も多いのでは。

確かに、その通りだと思います。

トレーニング器具って、使用時以外は邪魔な存在以外の何者でもありません。

懸垂器具となれば大きな器具ですので、なおさらです。。

自分は欲しくても、高い確率で家族の反対にあう事になるでしょう・・・。

しかも同じ部位を鍛える筋トレって、毎日やることはありません。

懸垂するとしても、週に2回がいいところです。

仮に毎日懸垂したとしても、使用時間は数分〜数十分程度です。

ほとんどの時間が、邪魔な置き物状態。

しかしここまでは、【懸垂するためだけのトレーニング器具】としての存在。

これが【洗濯物干しがメインで、ついでに懸垂する家具】と考えてみたらどうでしょう?

洗濯物の室内物干しは絶対に必要なこと

洗濯物の部屋干しって、絶対に必要ですよね?

大家族であろうと一人暮らしであろうと、誰しも絶対に部屋干しをしているはずです。

洗濯物を干す室内の場所が、どこかしらに必ずあるはず。

どんなカタチであれ、洗濯物を干す室内干しの場所が必要なのです。

その場所は、定位置がほぼ決まっていると思います。

洗濯物干しの器具を出したり片付けたり、ほぼしませんよね?

マメな人は別でしょうけど。

基本的に不動の室内物干し場があることが、一般的だと思います。

それが懸垂器具であろうと物干し専用の器具だろうと、いずれにせよ室内用の物干し器具が必要なのです。

懸垂器具を室内物干しとして使用すれば一石二鳥

そこで登場するアイテムが、懸垂器具です。

どうせ洗濯物の室内干し場は、不動の定位置です。

まず動かすことはありません。

それならば【洗濯が干せる懸垂器具】のほうが、便利だと思いませんか?

懸垂器具を室内物干しにすれば、新たにトレーニング場所を用意せずに懸垂器具を設置できます。

  1. 普段は室内物干しとして使用
  2. 懸垂する時だけ、トレーニングマシン

この考え方です。

使用用途の割合を表すと、

95%は室内物干しとして使用し、5%を懸垂器具として使用するイメージです。

トレーニングができて家事にも役立つ、画期的なマシンなのです。

これが一石二鳥の【懸垂機能付き洗濯物干し】という考え方。

トレーニングと室内洗濯物干しの、ハイブリット仕様。

筋肉と家事の融合なのです(笑)。

おすすめの懸垂器具を紹介

SELECTの文字 画像

【懸垂機能付き洗濯物干し】に求めることをまとめます。

  • 洗濯物がしっかり干せる
  • 問題なく懸垂のトレーニングができる
  • 頑丈

このあたりでしょう。

重要なことは、しっかりと洗濯物が干せることです。

懸垂器具は、基本的スチールのパイプで出来ています。

そのため、パイプに洗濯物を引っ掛けて干すことができます。

しかしそれだけでは、洗濯物干しとしての機能は不十分。

重要視したいことは、洗濯物干しとしても考えて設計された懸垂器具であること。

洗濯物干しがメインですから、物干し機能を重視です。

そこで僕が選択した懸垂器具が、【PURE RISE(ピュアライズ) ぶら下がり健康器】です。

しっかりとした物干しフックが付いていて、かつ様々なトレーニングが行えます。

懸垂器具のトレーニング種類 画像
出典:Amazon
  • チンニング(懸垂)
  • ディップス(二の腕の筋トレ)
  • プッシュアップ(腕立て伏せ)
  • ぶらさがり(ぶら下がるだけでも結構シンドい)

筋トレ器具として様々な部位を鍛えられますし、女性や年配の方にもぶら下がり健康器具として使用できます。

そしてお目当ての物干しフックも搭載。

グリップ、物干しフック 画像
出典:Amazon

物干しフックがあれば、物干し竿がかけられます。

物干し竿を左右に伸ばせば、かなりの洗濯物を干すことが可能になります。

物干し竿+懸垂器具のパイプで、室内の洗濯物干し場を完全確保です。

洗濯物干し懸垂器の使用レビューを紹介

散らかってて恥ずかしいですが、使用レビューを紹介します。

お伝えの通り、普段はほぼ室内物干しの状態です。

洗濯物干し状態の懸垂器具1
通常の状態1

懸垂器具は背が高いため、長いバスタオルも余裕で干せます。

今の物干し竿は伸縮が可能ですので、洗濯物の量が多いときは伸ばして少ないときは縮めます。

洗濯物干し状態の懸垂器具2
通常の状態2

懸垂器具そのものがパイプ形状になってますので、洗濯物を懸垂器具自体にも干せます。

パイプだけでも、結構干せるんですよ。

懸垂器具 画像
懸垂するときの状態

そして上記が懸垂するときの状態。

常に洗濯物が干してある状態ですので、洗濯物がないこの状態は稀なバージョン。

僕のトレーニング使用頻度は、週に1回程度。

懸垂(チンニング)と、ディップス(二の腕)のトレーニングを行っています。

使用して感じたメリットとデメリット

メリット・デメリット画像

基本的に満足して使用していますが、感じたメリット、デメリットを紹介します。

メリット

ますはメリット。

  • 室内物干し兼筋トレーニング器具という2Way仕様
  • 頑丈なため転倒しないし、動かない
  • トレーニングを継続できる

室内物干し兼トレーニング器具という2Way仕様

やはり最大のメリットは、これでしょう。

室内物干しに、懸垂機能がついてるって考えです。

洗濯物干しで懸垂できるって思うと、スゴイお得だと感じませんか?

場所も1か所で済むので、実はかなり効率的な方法なのです。

頑丈なため転倒しないし、動かない。

このメリットは、特に地震のときですね。

人がぶら下がったり懸垂するための器具なので、安全面は十分に配慮されています。

転倒しないよう重心が下になっていますので、簡単に動いてしまうことはありません。

冷蔵庫が倒れるレベルの大地震でない限り、転倒することは考えられません。

トレーニングを継続できる

これはメンタルの問題ですが・・・。

お金を出して懸垂機器を購入した以上、筋トレを続けないともったいない。

また僕の場合は家族の了解を得て購入した手前、簡単に挫折するわけにもいかない。

挫折したところで、洗濯物干し専用器になるだけですが(汗)。

デメリット

続いてデメリットです。

  • 収納することができない
  • 筋トレ(懸垂)するときに洗濯物を外すのが面倒くさい
  • そこそこ重いので、気軽な移動は出来ない

収納することができない

懸垂器はガッチリとしたつくりですので、折りたたんだりすることが不可能です。

このデメリットは、マメに物干し器具をしまう人が感じるでしょう。

逆に室内物干しの場所が固定の人は同じことですので、クリアできることです。

筋トレ(懸垂)するときに洗濯物やハンガーを外すのが面倒くさい

洗濯物が常にある場合、一旦洗濯物を懸垂器具から外さなければなりません。

仕方ないことですが。

洗濯物干しで懸垂しているのですから・・・。

メインは洗濯物干しですので、これは我慢しましょう(汗)。

こちらはマメに洗濯物を取り込む人は、クリアできるデメリットです。

重いので気軽な移動は出来ない

人がぶら下がったり懸垂するための器具ですので、簡単に倒れないよう頑丈に出来ています。

そのため、そこそこ重いんです。

軽いと倒れてしまいますからね。

大人の男性なら一人で持ち運ぶことは可能ですが、まあまあしんどいです。

まとめ

僕にとっては重要なトレーニング器具であり、妻にとっては重要な室内物干しとして重宝しています。

トレーニング器具に、場所は取られたくないですよね。

普段では【生活で必要なもので【筋トレするときだけ、筋トレ器具に変身が自宅トレーニング器具としてはベストだと思います。

普段はソファでダンベルプレスのときだけベンチシートの2Way使用の記事も書いてますので、こちらもよろしければ。

関連記事

コロナ禍真っ只中の現在。テレワークのため体を動かすことが非常に少なく、運動不足が気になる毎日です。自宅でトレーニングしないと、健康にも見た目的にも問題が。コロナなき平和な時代は、いつ訪れるのだろうか・・・。[…]

というわけで懸垂器具の購入を迷っている人は、この考え方で納得しましょう。

室内物干しとしての、家族へのアピールも忘れずに(笑)。

以上、室内用洗濯物干しに懸垂機能がついている便利な家具の、考え方についてでした。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。