ニッチ 完成 画像

壁の穴埋め補修を折角だからおしゃれニッチ(飾り棚)にDIYした

ニッチ 完成 画像

恥ずかしい話ですが、先日部屋の壁に穴を空けてしまいました。

先日と言っても結構前ですが、僕がインフルエンザでフラフラだった時のこと。

体調絶不調の状態だったところを、あまりにもヨメに邪険にされイライラMAX。

我慢して隔離された部屋に帰ったのですが、イライラが収まらず。

普段なら簡単に流せるのですが、インフルエンザでマトモな精神状態でなかったんです。

あまりにも頭にきて寝ながら壁を蹴ったら、穴があいてしまった・・・・・。

我が家は鉄筋コンクリートのマンションなので、壁はコンクリートかと思ったら石膏ボードでした。

後悔先に立たず(涙)、です。

物にあたってしまったことを猛省。

壁の穴はしばらくほっておいたのですが、流石にみっともないので直すことに。

そこで、

 
エンハスカイ
どうせ直すなら一味違った直し方にしよう。

と考えて、

穴を利用しニッチにすることに。

DIYで補修しましたので、紹介します!

自分で直すか業者に頼むか、見積も取ってみた

調べるの文字を虫眼鏡で見る画像

コロナウイルスの影響でテレワークとなり、仕事部屋を用意しました。

せっかくの仕事部屋(書斎)ですので、おしゃれにも拘った部屋づくりをしたい。

そう考えて、部屋づくりを勧めている最中です。

仕事部屋に関しては別記事で紹介しています。

関連記事

新型コロナウイルスにより、世の中に急激な変化が起こりました。今までの常識が、覆されたような世の中です。その急激な変化に対応しながら、我々は生きて行かなければなりません。働き方にも、大きな変化が起こっています。[…]

仕事部屋 デスク アイキャッチ

このときにも部屋を画像で紹介いますが、その画像がこちら

仕事部屋 デスク アイキャッチ

おしゃれなデスクに仕上がったと思っています。

ここで疑問に思う方もいることでしょう。

右側にある、水色の板はなんや?と。

まるでおしゃれのために置いている板ですが、

実はこの板の後ろに、例の穴があるんです。

板を外すと、こうなってます。

壁の穴 画像

なんとも、みっともない・・・(涙)。

そう、この穴を隠すために板を置いていただけなのです。

しばらくは板で隠すことで誤魔化していたのですが、ずっと気になっていました。

そこで壁を補修することを決意。

自分で元の状態に補修することを考えてた

当初は普通に元の状態に直すことで考えていました。

調べてみると、まぁ用意する道具の多いこと・・・。

自分で壁の穴を補修するために用意する道具は

  • 穴を埋める石膏ボード
  • 石膏ボードを固定する木材
  • 壁紙
  • パテ
  • ヤスリ
  • 壁紙用のり
  • 壁紙を貼るローラー
  • ジョイントコーキング
  • 石膏ボード用ビス

最低でもこれだけの道具が必要となります。

そしてDIYド素人の自分。

上手く補修できる気がまるでしない・・・。

しかし何事もチャレンジと思い、ホームセンターに道具を買いに行きました。

しかし思わぬことが。

20cm角の石膏ボードがほしかったのですが、切り売りしてくれないのです。

冷静に考えれば、そりゃそうです。

石膏ボードを切ってしまったら、残りの部分は売れないですからね。

しかし畳一畳分くらいの石膏ボードなんて必要ないし、石膏ボードは不燃焼物なので捨てるにもお金がかかるもの。

この時点で、自分で補修する気持ちは折れかけ状態に・・・。

業者に見積を取ってみた

ここは、プロに補修してもらったほうが良いかもしれない。

そこで見積もりを取ってみました。

知り合いに大工さんがいないので、ネットで検索。

家仲間コムというサイトがあり、このサイトは異名で見積もりを取ることができるとのこと。

家仲間コムは、匿名&無料で一括リフォーム見積もりが出来ます。地域密着リフォーム業者さんが1,000社以上登録しているので…

どうやら、マッチできる業者を探してくれるサイトのようです。

そこで見積もりを取ったところ、5万円で見積もり返答がありました。

結構するもんだなと思いながら、ヨメに相談すると

 
ヨメ
穴が空いてたほうがマシじゃ!!

・・・・・キレられました。

壁の穴は火災保険で直せるとの情報も教えてもらったのですが、事故等で空いた穴なら保険が適用されるが故意に空けた穴は対象外らしい。

故意に空けたわけではないが、事故ではない。(ある意味事故だが)

嘘ついて保険を適用させるのも嫌なので、保険を使うことはやめることにしました。

その後さらに2社から見積もりの返答があり、4万円と1万8000円の回答が。

1万8000円ならいいじゃないか。

この業者に頼もうかと8割型決定していましたが、ふと頭にアイデアが。

ニッチにすることを思いついた

閃いた人

ほぼ業者に発注することに決めていましたが、ふとアイデアが浮かびました。

 
エンハスカイ
壁穴を利用してニッチにすればいいんじゃないか?

ニッチとは壁にくぼみを作り、飾り棚にすること。

これは良いアイデアだと思い、方向転換。

DIYが苦手でド素人の僕は、ネットで簡単にニッチができないかと検索。

すると、都合のいい商品があるものです。

はめ込むだけでニッチが完成する商品がありました。

created by Rinker
南海プライウッド
¥5,777(2020/09/29 15:25:44時点 Amazon調べ-詳細)

これなら簡単に設置できる。

後は空いた穴とマッチできるかどうか。

この商品の深さは99.5mmです。

穴の深さを調べる必要があるなと考えて、壁の空いた裏側の深さを調べてみると

深さ30mmしかない・・・・・。

我が家の石膏ボードとコンクリート+断熱材の隙間は3cmだったのです。

せっかく良い商品があったのに(涙)。

断念するしかありません。

DIYで棚を作ればいいのでしょうが、DIYは苦手です。

3cmの棚なんて、流石に見つかりません。

ここで思いついたことが、写真用のフレームなら奥行き3cmがあるのでは?と

東急ハンズで写真フレームを購入した

良い商品、良いアイデアが浮かぶかもと思い、とりあえず東急ハンズに行ってみました。

流石に深さ3cmの棚はありませんでしが、丁度いい奥行きのフォトフレームはありました。

フォトフレーム 画像

奥行き4cmのフォトフレーム。

中の花飾りを外せば、いいニッチにすることができる。

こちらのアイテムで決定。

あとはフレームと壁の隙間を、どう埋めるか。

コーキングで埋めると後で外せないと思ったので、取り外し可能な何かないか店内を検索。

すると良さそうなアイテムを発見しました。

それがお風呂の隙間とかを埋める、テープバスコークというもの。

バスコーク 商品画像

これならば後で外す事もできそうだな、と考えてこちらを購入。

しかし後で紹介しますが、こちらも後で外す事ができないものでした・・・。

壁穴をニッチに補修した

購入したものは

奥行き4cmのフォトフレーム¥2640(税込み)
テープバスコーク¥1001(税込み)
ネイビーカラーの丈夫そうな紙¥37(税込み)

この3点のみ。

ネイビーカラーの紙は、飾る写真部の中に入れようかと。

青が好きなもので。

総額は税込み¥3678。

かなり安上がりとなりました。

壁穴補修を実行

まずはカッターでフォトフレームが入る穴を切って空けます。

石膏ボードはカッターで切れます。

このときに写真を撮ることを忘れてしまったため、画像はありません(すみません(汗))。

そこにフレームをはめ込むだけ。

フォトフレームの後部はコンクリートの壁に当たるため、フレーム自体は接着しなくても大丈夫でした。

フレームが4cmなので、1cmほど出っ張ります。

フレームをはめ込んだ画像

フレームをはめ込んで、あとはテープで囲むだけです。

ニッチ 完成画像 斜めからアップ

しかしテープを貼ることが、思いのほか難しい・・・。

何とかテープで囲んで完成。

ニッチ アップ 正面画像

家具を戻して、引きで見るとこんな感じ。

ニッチ 完成 画像

ガラスの反射がおかしいな。

そう思いましたが疲れたので、明日もう一度外してガラスの前にネイビーの紙を置こうと考え、この日の作業は終了。

翌日、テープを外そうと引っ張ってみると

 
エンハスカイ
テープが取れないじゃないか!!

なんと、コーキング材が着いた特殊なテープのため、取れないんです!

強引に取ろうとおもったら、壁紙が剥がれる始末・・・。

上手く剥がせば取れそうではありますが、被害が大きくなることが怖い。

くっ・・・仕方ない。

このままでいこう。

取り外し可能の想定だったのに、想定外のことになってしまいました。

まとめ、感想

おしゃれに補修は出来たかなと。

補修方法は

  1. カッターで石膏ボードにフレームと同じ穴をあける
  2. 化粧紙をセットしたフォトフレームをはめ込む
  3. 周りをテープで囲む

これだけです。

完成した状態がこちら

ニッチ 完成 画像(引き)
ニッチ 完成 画像2

とりあえず置けるものを置いてみました。

ニッチの場所に違和感はありますが、これは仕方ない。

補修自体は最低価格で出来たと思います。

しかも簡単に。

テープさえ外せればすべて想定内だったのですが・・・。

皆さんもお気をつけいてください。

取り外しを考えるならば、L字型のゴム的なもので隙間を埋めることが良いでしょう。

我が家のように石膏ボードとコンクリートが浅い場合は、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク