BALMUDA The Gohan 画像

バルミューダ炊飯器The Gohanレビューと外釜の水あかについて

BALMUDA The Gohan 画像

我が家ではBALMUDA(バルミューダ)製の【The Gohan】という炊飯器を使用しています。

蒸気の力だけで炊く、珍しいタイプの炊飯器。

バルミューダらしいデザインで、シンプルでとにかくおしゃれ。

僕が購入したのは2017年3月ですので、約3年半使用したことになります。

使用して結構経ちました。

味が特に落ちることはありませんが、一つ問題が。

この炊飯器は外釜と内釜の二重構造なのですが、外釜の底に白い水アカがガッチリついて取れなくなってしまいました。

水を張って蒸気で炊くため、カルキが残ってしまうのでしょう。

その水アカを、クエン酸で除去をチャレンジすることに。

今回はバルミューダ【The Gohan】の炊飯器レビューとクエン酸で水アカ除去にチャレンジした結果をご紹介します。

バルミューダの炊飯器を選んた理由

reasonの文字の紙 画像

なぜバルミューダの炊飯器を購入したのか。

それはバルミューダの製品が、おしゃれで好きだから。

これが一番の理由です。

家電だって、調理器具だって部屋を飾るインテリアです。

使用できればいい、ってわけじゃありません。

機能プラスおしゃれ。

家電、家具を購入するにあたり、おしゃれは大事な要素です。

蒸気で炊くという新しい発想に魅力を感じた

おしゃれが一番ではありますが、それ以外で機能性に魅力を感じました。

蒸気で炊くという新しい発想です。

トースターで、高評価を得たバルミューダ。

今回の炊飯器も、自身を持って発売した製品でしょう。

また前評判で、硬めのご飯に仕上がるとの情報。

硬め好きの僕としては、ますます欲しくなる情報です。

またおいしさの追求から、保温機能を省くという自信。

炊飯器の常識である保温機能はご飯の味を落とすことから【The Gohan】は保温機能を省く、というこだわりよう。

外観のおしゃれさと味へのこだわりから、このBALMUDA The Gohanに決定しました。

バリュミューダ【The Gohan】の3年半使用した感想

チェックリストとペン 画像

実際にバルミューダ製炊飯器を使用した感想ですが、テーマを分けてご紹介します。

  • おいしさ
  • 使い勝手
  • お手入れ
  • 【The Gohan】が向いてる家庭

一つずつ紹介します。

おいしさ

ご飯の味は、正直硬さの好みによって分かれると思います。

この炊飯器は、硬めが好きな人用です。

硬め好きなら、間違いなくおいしい。

僕は硬めが好きなので、初めて食べたときは

 
エンハスカイ
めちゃくちゃおいしい!!

そう感じました。

それと大きく感じたことは、冷めてもおいしいこと。

なぜかと言われても、なぜだかわかりませんが・・・。

とにかく、冷めてもおいしい。

しかし子供は柔らかめが好きなため、購入前に使用してた普通の炊飯器のほうがおいしかった、と。

好みの問題は大きいと思います・・・・・。

また極論を言えば、おいしさを左右するのは水加減。

どんな炊飯器を使用しようと水の量をいい加減にしては、おいしいご飯は炊けませんから。

使い勝手

機能としては余計な機能は省いて、シンプルにしているイメージ。

基本的に操作もシンプルです。

ボタンは

  • 予約
  • 炊き方
  • 炊飯
  • 取り消し

この4つだけ。

後は時刻のセットボタンのみ。

予約機能はありますので、夜セットして朝に炊けているように予約できます。

炊き方は白米、早炊き、玄米、お粥の4種類。

炊飯がONスイッチで、取り消しがOFF。

我が家としては予約機能さえ付いていれば、特に他の機能は求めていませんでしたので、問題なし。

保温機能がない炊飯器ですが、従来の炊飯器のときから保温機能は使用していなかったので、こちらも問題なし。

逆にいろんな機能が欲しい人には、向かない炊飯器です。

お手入れ

この炊飯器は、外釜と内釜の二重構造になっています。

そのため、洗う釜は2つ。

他の炊飯器は、釜が1つですので、洗う量は増えます。

ただ、1釜も2釜も洗う手間は大して変わらないので、他の製品とお手入れとしては大差はないと感じます。

【The Gohan】が向いてる家庭

使用して感じたことは、1〜2人暮らしの家庭向きかなと。

この炊飯器は、3合までしか炊けない炊飯器です。

成長期の子供がいる家庭や人数の多い家族では、まず足りないでしょう。

それに3合炊くと味が落ちる気がします。

1〜2合で炊く家庭に向いている炊飯器です。

また自炊が少ない家庭がいいでしょう。

というのも、釜の耐久性がイマイチなのです。

釜というより、釜の塗装です。

購入して数ヶ月のとき。

外釜と内釜の擦れる部分の塗装が剥がれることが発生しました。

バルミューダに問い合わせをしたところ無償で交換してもらいましたが、どうやら発売当初はよく発生したクレームのようです。

それから数年使用しましたが、また外側の底面の塗装が浮いてきている状態になっています。

我が家では毎日ガンガン使用しますので、酷使しすぎているのかもしれません。

外釜に水アカ?がガッチリついてしまった

水アカがついた外釜

蒸気で炊く炊飯器の宿命なのか、ウチの地域の水道水の問題なのか、外釜の底に白いカルキの塊のような水アカがガッチリついてしまいました。

みんな同じような問題で困っているのでは?

そう思い、バルミューダに問い合わせしてみました。

すると「そんな相談は、全く無ありません」との回答。

ただ親切に解決方法を調べてくれ、「クエン酸でつけ置きして洗ってみてください」とアドバイスをくれました。

よくある方法ではありますが、とりあえずやってみることに。

クエン酸でつけ置きしてみた

クエン酸を10gほど投入し、水400ccくらいを入れてかき混ぜてクエン酸をとかします。

クエン酸を入れた外釜
クエン酸を溶かす前

今考えると、クエン酸の量、置き時間の短さに問題があったかもしれません。

クエン酸つけ置き1時間後
つけ置き1時間後

つけ置きして1時間経過しましたが、全く変化なし。

クエン酸つけ置き3時間後
つけ置き3時間後

つけ置きして3時間経過した画像が上記ですが、変化なし・・・。

クエン酸効果は、全く無いとの結論に(涙)。

もっとつけ置きしたら変わったのかもしれませんが、効果なしと判断したので3時間で辞めました。

クエン酸つけ置きした結果

水を捨て、擦ってみましたが水アカは全く取れず・・・。

釜を買い換えるしかないと判断

全く落ちなかったので、他の方法を試そうかと考えましたが断念しました。

なぜなら使用した感想でも述べましたが、この時点で外釜底の塗装が浮いて剥がれそうになっていることに気付いたためです。

水アカを落としたところで、塗装が剥がれることは時間の問題。

そのため釜を買い換えるか、塗装が剥がれるまで我慢するほうが良いと判断。

残念ではありますが。

まとめ

おしゃれさはピカイチ。

ご飯の味も硬めが好きならば、申し分なし。

炊飯器自体には問題ないが、釜の塗装に改善の余地ありってところです。

インテリア要素は抜群ですので、デザイン重視なら基本的に満足できるでしょう。

釜の塗装についても、メーカーが改善をしてくれると思います。

いや、すでに今販売されている製品は、改善されているかもしれません。

デザインは完璧。味も硬めが好きなら完璧。

あとは耐久性さえクリアでいればパーフェクトです。

バルミューダファンとして、今後も応援したいと思います。

機能面の少なさから考えると、高価な炊飯器です。

しかし物を購入するということは、所有欲を満たすことも大切な目的です。

多少高価であっても満足できれば、納得した買い物です。

偉そうなことを言って申し訳ありませんが、バルミューダにはappleのようなメーカーになってほしいと思っています。