ダイソン掃除機の新型と旧型はどっちを選べばいい?何が違う?おすすめの判断方法とは

どうも、こんにちは。

ハスキです。

ダイソンの掃除機がほしい。

性能を考えれば、もちろん最新モデルがいいでしょう。

ですが旧型と比較すると、結構価格差があります。

そのために最新モデルと旧モデルで悩んでいる人、意外と多いのでは?

僕は今回、最新モデルのV12を選択しました。

5年以上使用するのであれば、最新型がいいかなと思って。

だって5年後には、最新型ですら5年落ちとなりますから。

ですので、今回は奮発してみました。

僕がV8からV12に買い替えて、思ったことがあります。

最新モデルと旧モデルで迷ったときに、判断基準はコレだと。

どちらかで悩んでいる方の参考になればと思い、両方を使って感じた新旧の選択方法を紹介します。

掃除に【楽しさ】を求めるか否かで、新型or旧型を判断しよう

SELECTの文字 画像

ダイソン掃除機の新モデルと旧モデル。

購入するのであれば、どちらを選択すべきなのか。

僕がV8からV12へ買い替えて、ひとつ感じたことがあります。

これこそが、新型と旧型を選ぶ判断基準なのではと。

それは掃除に【楽しさ】を求めるか否かです。

V12は掃除が楽しくなる掃除機

ダイソン掃除機の最新型V12には、旧型にはない特徴があります。

それがレーザーによる、ホコリの可視化です。

このレーザーが、想像以上の高機能でした。

最新型ですので、さまざまな点が改良されています。

稼働時間やヘッドに髪の毛が絡まないなど改善されていますが、最も感動したのがレーザー照射です。

一見キレイに見える、掃除前の床。

そこにレーザーを照射すると、ホコリがハッキリと見えるのです。

「普段見えないホコリが、こんなにもあったのか!」と、驚きます。

レーザーでホコリが見えて何が【楽しい】なのか

「レーザーで、ホコリが見えたからって何?」

そう思ったのではないでしょうか。

楽しいのは、ここからです。

レーザーで見えていたホコリが、掃除によって消えてなくなること

掃除機で吸い込んだ後の床は、レーザーを照射してもホコリがありません。

この【見える結果】が、思いほか快感なのです。

取れたホコリの結果がデジタル表示でわかる

ダイソンV12には、掃除が楽しくなる機能がもうひとつあります。

掃除した結果を、4種類のサイズにゴミをわけて表示してくれる機能です。

どのサイズのゴミやホコリを、どれくらい吸引したのかデジタルで表示します。

この機能も僕は最初、だからなんだ?と思いました。

ですが、何でもデータって大事なものですね。

結果が数値としてわかると、掃除した達成感が一味違います。

数値を出すことによって、「掃除した意味」を裏付けしてくれるのです。

関連記事

掃除は休日にガッツリやる。休日の掃除が日課となっている人、多いと思います。僕もその生活ルーティンです。平日に掃除は出来ませんからね。土曜日に半日かけて、しっかり掃除します。愛用の掃除機はダイソン。[…]

掃除さえ出来ればいいのなら、旧型を選ぶべき

新型のV12は、掃除を楽しくさせてくれる機能が追加されています。

その付加価値の分だけ、価格も高いことは当然です。

その他、細かい改良もあります。

では旧型はダメなのか?

答えはNO。

旧型とはいえ、ダイソンの掃除機は高性能です。

楽しさや最新技術を求めないのであれば、旧型を選択しても十分満足できると思います。

新旧の判断基準は【レーザー照射が必要か不要か】でいい

ダイソンの掃除機で、掃除さえできればOKな人。

掃除に対して楽しさなんて、求めてない人。

そんな方は、旧型を選択しましょう。

ハッキリ言って新型と旧型の判断基準は、レーザーが必要か、不要かでいいと思います。

レーザーが必要なら新型、不要なら旧型です。

どちらを選んでもダイソンならハズレがないから安心

ダイソンV8とV12の比較画像

新型でも旧型でも、どちらを選んでもダイソンならば失敗することはないでしょう。

どう転んだって、ダイソンブランドです。

ブランドの価値を落とすようなことを、ダイソンはしません。

それが一流ブランドのやり方ですから。

高額なのにダイソンが人気な理由

ダイソンの掃除機は、比較的に高い。

これは周知の事実ですよね。

しかしなぜ高いのに、ダイソンを購入してしまうのか。

その答えは、簡単です。

それは価格に見合った価値があるから。

価値がある製品と、評価しているからです。

値段の価値がないと判断されれば、この時代は速攻で淘汰されます。

このネット社会、口コミの広がるスピードは半端じゃないですから。

現代では売れるためには、価格に見合った価値は必須なのです。

5年、10年使う製品は良いものを選んだ方がいい

掃除機って、5年〜10年は使用しますよね。

頻繁に買い換えるのは、かなりの富裕層か家電マニアくらいです。

長く使用する製品は、良いものを購入すべき。

理由を説明します。

まず人生を80年とします。

自由にお金を使えない未成年の時代を除くと、60年。

60年間のうち、10年間も同じ掃除機を使用し続ける】と考えたらどう思いますか?

満足ができて、使い勝手のいい製品がよくないですか?

人生の10年間も使用するのですから。

妥協して我慢して10年使用するのと、満足した製品を10年使用するのとどちらが正しい選択か。

満足する製品を使用できたほうが、いいに決まってますよね。

ダイソン公式サイト(直営店)で旧型を安く購入できます

Recommendの文字 画像

最新モデルならば、どの家電量販店でもダイソンは置いてあります。

しかし旧モデルを購入したい場合、店頭では新型しか置いていないので購入できません。

家電量販店では、旧型を安価で販売するつもりがないのです。

新型を売ってナンボですから。

旧モデルは、ダイソンの公式サイトから購入が可能です。

2022年6月現在で、V8なら¥40,000以下で購入ができます。

新型のダイソンです。

しかも、安心のダイソン公式サイトです。

これ以上ない、最も信頼のできる購入先ですよね。

しかも良心的な価格です。

ダイソンは値崩れしない

ダイソンの掃除機は値崩れすることがありません。

どの購入先で買っても、ほぼ同額です。

ですので、僕はダイソンの公式サイトをおすすめします。

普通公式サイトって値下げしないものですが、ダイソンはお得に購入できる価格設定になっていることに驚きました。

家電は、保証やアフターフォローが大切。

製品の品質や購入後の安心を考えるならば、やっぱり公式サイトが1番です。

あとがき

掃除を楽しむものと考えるのであれば、最新型。

掃除さえ出来ればいいのであれば、旧型。

ダイソン掃除機を、新型と旧型で悩んだときはこの考え方でいいと思います。

V12のレーザー照射のホコリ視認性は、とにかく素晴らしい。

うちは床が黒なので、レーザー照射で鮮明にホコリが目立ちます。

そのホコリを消し去る快感。

僕はハマってしまいました(笑)。

5年、10年と使用する掃除機。

ダイソンならば、新型でも旧型でも購入して後悔はしないでしょう。

ダイソンは、ハズレがないですからね。

最新モデルと旧型モデルで、選択を迷っている方の参考になれば幸いです。

では、また。