アスファルトの瓦礫 画像

道路工事で壊した廃アスファルトは再利用している?廃棄処分?

アスファルトの瓦礫 画像

そこら中で見かける、道路工事。

一年中、そして日本中の至るところで、道路工事しているイメージがありますよね。

作っては壊して、作っては壊しての繰り返し。

まぁ安全のためであったり、地下の水道管やらガス管やらの工事のために壊して、また直しての繰り返しってことは理解できます。

道路自体の劣化のため、定期的に新しくする必要もあるでしょう。

そこで、今回の疑問が浮かびました。

あんなに頻繁に道路を壊しまくったら、沢山の使用済みアスファルトが出ますよね?

あの壊したアスファルトは、どうしているのでしょうか?

捨てる?

どこに?

それとも砕いたり溶かしたりして、再利用しているのでしょうか?

そもそも、アスファルトって何なの?

今回は、そんなアスファルトについての疑問を解決したいと思います。

壊したアスファルト道路は再利用しているのか?

まずは本題から。

道路工事で壊した使用済みアスファルト道路は、再利用されているのか?

それとも廃棄処分?

結論からいうと、

ガッチリ再利用されていました。

驚くべきは、その再利用率。

98%以上が、再利用されているのです。

つまり、ほぼリサイクルが可能。

使用済みアスファルトは、アスファルト混合所という場所に集められ破砕機で細かく粉砕し、再生アスファルト骨材として再利用されます。

骨材とは、コンクリートやアスファルトの調合に必要な砂利や砂のこと。

劣化で固くなったアスファルトは再生添加剤というもので柔らかくされ、新しい骨材に混ぜらてます。

劣化の激しく固くなりすぎているものは、再生路盤材として使用。

路盤材とは、道路の下地になる部分のことです。

ちなみに道路はケーキみたいな層で作らていて、

下から下層路盤→上層路盤→基層→表層となっています。

ほぼリサイクルだったとは・・・。

ひとつスッキリしました。

そもそもアスファルトとは何?

続いて、アスファルトについて調べました。

アスファルトは、日本語で土瀝青(どれきせい)といいます。

土瀝青って、初めて聞きました・・・。

アスファルトには、2種類が存在します。

  1. 原油を蒸留して製造する石油アスファルト
  2. 天然に存在する天然アスファルト

トリニダード・トバゴには、純度の高いアスファルトが吹き出す湖があるんですって。

想像できませんよね。

そして

道路工事に使用されているアスファルトは、石油アスファルトです。

つまり、原材料は石油。

石油を蒸留するとLPガス、ガソリン、灯油、軽油がまず分留されます。

そして蒸留して残った重い部分を低圧蒸留して、さらに重油、潤滑油、アスファルトに分留します

ここで、アスファルトが生まれるのです。

アスファルトは黒くドロドロした重い液体。

道路に使用される、我々が目にするあのアスファルトと呼ばれるものは、

混合物とアスファルトを混ぜたアスファルト合材(アスファルト混合物)です。

それを省略して「アスファルト」と呼んでいるんです。

アスファルト合材とは

石を砕いた骨材と、フィラーにアスファルトを混ぜている合材。

骨材とフィラーをバランス良く混ぜ、アスファルトで接着しているイメージです。

使用される道路によって、そのバランスを変えています。

積雪の多い地域の道路はチェーンで道路が削られてしまうため、耐摩耗用にフェラーの割合が多くなっています。

骨材とは

骨材とは、コンクリートやアスファルトの調合に必要な砂利や砂のこと。

アスファルトに使用される骨材は、粗骨材(大きめの石)と細骨材(小さめの石)があります。

フィラーとは

フィラーとは石灰岩の微粉末。

石灰岩の粉です。

まとめ、結論

十分なリサイクル技術があり、再利用の循環が確立されていました。

廃棄処分するところなんて、ほとんど無かったのです。

ほぼ完璧に無駄なく、リサイクルされていることに驚かされました。

確かにこれだけ道路工事していてアスファルトを捨ててたら、そこら中で廃アスファルトの山だらけになっちゃいますよね。

ほぼリサイクルとは、素晴らしいことです。

それにしても、石油に変わる材料って無いんですかね。

アスファルト合材も、石油が無いと作れないものです。

資源の事も考えると、別の製造方法を考えなければならないのではと思います。

石油がないと道路も作れないのかって考えると、石油依存はまだまだ続くのでしょうね。

アスファルトの瓦礫 画像
最新情報をチェックしよう!