エレベータ 画像

なぜ東京と大阪では、エスカレーターの立ち位置が逆なのか?

エレベータ 画像

東京でエスカレーターに乗る時。

立ち止まって乗る場合は左側、歩く人は右側です。

これが東京の常識。

しかし大阪では東京と逆で、立ち止まって乗る人が右側、歩く人が左側です。

これが大阪の常識。

これ常識になっているけど、おかしくないですか?

国が違えば常識が異なることも理解できます。

しかし同じ国の中で、ルールが違うのは納得できない。

しかも狭い日本の中で。

僕は関東人なので、大阪に行くとエスカレーターの立ち位置で「大阪に来たなぁ」と実感できるメリットはありますが(笑)。

この立ち位置問題にも、何かしらの理由があるはず。

今回はそんな素朴な疑問を解決したいと思います。

初めての片側空けは大阪だった

エスカレーターの片側空けは東京発と思いきや、始めたのは大阪でした。

そのきっかけは昭和40年代での阪急電鉄アナウンス。

阪急梅田駅で「お歩きになる方のために左側をお空けください。」とのアナウンスです。

立ち止まる人と歩く人の、利便性を考えたものでした。

ではなぜ右ではなく、左空けだったか。

詳しい資料が残っていないため不明ですが、右利きの人が多いので右手で手すりを掴むことが自然と考えたからだと思われます。

そしてアメリカ、欧州各国、中国も左空けのため、大阪万博で国際基準に合わせて右立ちを定着させたとの説が有力となっています。

東京は自然と左立ちになった

東京がなぜ左立ちになったのかは大阪のようなきっかけは無く、自然と定着しました。

僕が子供のころ、「人は右、車は左」と教わってきましたが、街中では左側通行が基本になっています。

そもそも「人は右、車は左」の教育は歴史が浅く、元々は「人も左」だったとのこと。

武士の時代なごり説

江戸時代以前の時代は、武士が腰に刀を差してましたよね。

刀は左脇に差しますので右側通行では、すれ違いざまに刀同士がぶつかってしまいます。

鞘にぶつけることは、喧嘩を売ることに直結しました。

現代と違い、喧嘩になれば命のやり取りになってしまうため、歩く時は左側通行であったと考えられています。

そのなごりが現代でも受け継がれているという説です。

日本の自動車も左側通行。

日本の車道が左側になったのは諸説あります。

  • イギリスを真似た説
  • なんとなく説
  • 武士の刀説

武士の刀説も十分に納得できる話です。

車道と同じ感覚説

日本の車道は左側通行。

片側2車線以上の道路では追い越し車線が右側です

そう、東京のエスカレーターも同じですよね。

基本左側通行で歩きますので、エスカレーターに乗るときも必然的にそのまま左に乗ります。

そして急いでいる人は右に出て歩く。

この車道と同じ説もしっくりきます。

諸外国の立ち位置が右なことも、車道が右だからであれば合点がいきますし。

日本のエスカレーターは、ほとんどが左立ち

イメージでは「東日本が右空け」で「西日本が左空け」だと思われがちですが、実は左空けは大阪周辺の地域だけなのです。

その理由は、新幹線の発達で東京から人が各地に訪れ、右空けを定着させた説がありますが

「武士のなごり説」や「車道と同じ感覚説」を当てはめれば、東京以外でもすんなりと左立ちが定着したのでしょう。

ちなみに僕は名古屋にもよく訪れるのですが、エスカレーターの立ち位置を見ていると名古屋は「両立ち」

エスカレーターは歩かないものと定着しているようです。

将来は両立ちが主流になるかも

元々エスカレーターは歩くことを想定して作られてはいないんです。

日本エレベーター協会では、

エスカレーターは階段に比べ段差が大きく転倒のおそれがあり、1m以上の横幅があるステップでは2列で乗ることを推奨しています。

確かに最近「歩かないで」の文字を見ます。

ってことは、名古屋が最先端ですね。

しかし、個人的には両立ちは反対派です。

だって急いている人はどうするんですか。

平日の駅なんて急いでいる人ばかりですし、オフィスビル内のエスカレーターだってそうでしょう。

両立ちが常識になれば、それは古い考えになるのかな・・・。

まとめ、結論

  • 大阪は阪急梅田駅のアナウンスがきっかけで左空けになった。
  • 東京は自然と右空けになった。

東京と大阪でエスカレーターで、立ち位置が違うのかはわかりました。

今後統一することがあるとすると、「両立ち」ってことになるのでしょう。

しかし我々の順応能力って、大したものだと思います。

東京でエスカレーターにのれば自然と左立ちで乗りますし、大阪でエスカレーターに乗れば自然と右立ちで乗ります。

無理に統一する必要もないってことです。

エレベータ 画像
最新情報をチェックしよう!