湯船とタオル 画像

臭くなってしまったタオル、バスタオルの雑菌臭を簡単に消す方法

湯船とタオル 画像

タオルや、バスタオルに付いた臭いニオイ。

ホント、うんざりしますよね。

雑菌臭というか、半乾き臭というか、あの嫌なニオイです。

雨が続くと半乾きになるし、湿度も高いのでなかなか乾かない。

一度に臭いニオイがつくと、何度洗っても雑菌臭取れません。

しっかりと洗っているのに。

 
エンハスカイ
洗っても匂いが取れないなら、もう捨てるしかない・・・。

そう考えていました。

しかし特殊な洗剤や漂白剤を使わずに、簡単に臭いニオイが取れる方法があったんです。

たまたま見ていたテレビで、紹介されていた方法なのですが。

60℃以上のお湯(熱湯)で、20分つけ置きするだけ。

実際にやってみたら、効果はバッチリ!

 
エンハスカイ
これは紹介して、同じ悩みを抱えている人の力になりたい。

ということで、【臭くなったタオルの匂いを簡単に消す方法】を紹介します。

タオルが臭くなる原因

reasonの文字の紙 画像

ニオイの正体はモラクセラ菌のフン

タオルが臭くなる原因を知っておきましょう。

タオルが臭くなってしまう原因。

それはモラクセラ菌という菌です。

コイツが匂いの正体。

しかしこのモラクセラ菌は人の口の中や鼻の中など、あらゆる場所に生息している菌で、コイツ自体が臭うわけではないのです。

匂いの原因は、このモラクセラ菌から出されるフン。

タオルに付着した皮脂や水分を栄養にして、増殖しまくってフンをします。

しまくります。

それが匂いを発生させているのです。

 
エンハスカイ
そんなタオルで体を拭いてるって、なんかショックだな・・・。

何度しっかり洗ってもニオイが取れないし、しっかり乾かしても取れないタオル。

それは菌が死滅していないから。

衣類の天敵のような菌、それがモラクセラ菌。

そんな最強のような菌では勝ち目がないのか、と思っていたらコイツには弱点があったんです。

モラクセラ菌の弱点は熱

まるでどんな環境でも生きていそうな菌ですが、ハッキリとした弱点がありました。

それが、熱に弱いこと

高温では、生息できない菌なのです。

60℃以上で20分程度の条件で死滅する。

日光程度の温度では死滅しないので、しっかり干してもニオイは消せないのです。

ミソは、【60℃以上】ってところですね。

臭くなったタオルの匂いを消す方法

鍵についた解決のタグ

しっかり洗って、しっかり乾かしても臭くなったタオルは戻らない。

しかし、いとも簡単にニオイを消す方法が。

それは

60℃以上のお湯に20分漬けておくだけ。

その後は洗濯機で普通に洗濯して、普通に干しておけばニオイは消えるのです。

ニオイの原因は、モラクセラ菌とわかっています。

つまりこのモラクセラ菌を死滅させられれば、あの臭いニオイも無くなるってこと。

そしてモラクセラ菌の弱点は、60℃以上で20分以上を耐えることは出来ないこと。

実はこんな単純なことで、アイツラを殺菌できるのです。

ちなみに家庭用洗濯機の乾燥機能では60℃まで上がりません。

そのため

洗濯機の乾燥では、モラクセラ菌を除菌できないのです。

コインランドリーの乾燥機を使用すれば、除菌できます。

コインランドリーの乾燥機は80℃以上の高温乾燥のため、ヤツラは生き残れません。

実際に熱湯で浸け置きしてみた

この方法をテレビで紹介している番組を見て、僕は当初疑いました。

 
エンハスカイ
あの厄介なニオイが、そんな簡単に落ちるかいな

と。

まぁ物は試しにと、実際に試してみることに。

洗面所の栓をして臭くなったタオルをぶち込み、ティファールの電気ポットでお湯を沸かして注ぎ込みました。

しかし100℃の熱湯だと、タオルはともかく洗面台が熱で壊れるかもしれない。

そう思ったので水を足し、感覚とすると75℃くらいの温度で20分浸け置きしてみました。

  1. 浸け置き
  2. 洗濯
  3. 干す

この手順で行い、乾いたタオルのニオイを検証。

その結果は

 
エンハスカイ
臭くない!!
ニオイがとれてる!!

大成功でした。

そしてこの方法、

タオルが臭くなったら、何度やっても効果が出るんです。

こんな単純なことで、何も費用を掛けずに除菌ができるとは。

もっと早く知りたかったと思いましたが、まぁ今わかっただけでも良しとしましょう。

まとめ

湯船とタオル 画像

実に簡単で、単純な方法でした。

  1. 60℃以上のお湯に20分タオルを浸け置き
  2. 普通に洗濯する
  3. 普通に乾かす

たったこれだけの工程で、あの雑菌臭を消すことができました。

臭くなったら、捨てていたタオル達。

おかげさまで、ニオイが付いても捨てることなくタオルは長持ち。

金銭的に節約にもなるし、物を大事にすることもできます。

どの家庭でもできる方法ですので、ぜひお試しください。

スポンサーリンク