黒板を見ながら考える男性 画像

なぜ日本、中国、韓国製で品質が違うのか理由を知ってますか?各国の考え方を紹介

黒板を見ながら考える男性 画像

国によって、品質に対するイメージってありますよね。

  • 日本製は品質が良い
  • 中国製は品質が悪い
  • 韓国製はその中間

品質と商品化スピードも比例していて、品質を上げれば上げるほど商品化に時間がかかってしまいます。

なぜ国によって、品質や商品化のスピードがハッキリと分かれるのでしょうか?

国民性の違い?

民度の違い?

どちらもあるでしょうが、

その国特有のきちんとした理由があるのです。

品質の良し悪しと商品化スピードは、表裏一体。

各国で、品質に対する考え方が違う明確な理由とは。

聞けば納得できる理由です。

日本、中国、韓国の製品に対する品質の考え方を紹介します。

日本製、中国製、韓国製それぞれの製品特徴とは

メリット・デメリット画像

日本製、中国製、韓国製の製品特徴を上げてみます。

日本製の特徴

何と言っても品質が良い。

安心のジャパンブランドです。

メリット

高品質で簡単に壊れない完璧な品質です。

100点満点の品質。

高品質で選ぶなら日本製と、誰もがイメージを持っているでしょう。

デメリット

高品質に比例して、価格が高額になってしまうこと。

品質は高いが、金額も高い。

また100%の完成度まで上げてから販売しますので、商品化にすごい時間がかかってしまいます。

新製品でも既に世に出ている製品となり、目新しさはないことが欠点です。

中国製の特徴

品質が悪いイメージですよね。

そのかわり安い。

メリット

価格が安く、大量に世に出せることです。

人口が多い国のため、大規模工場で商品を大量生産できます。

大量に生産できれば、コストは下がります。

また開発が早く、新発明の商品が世界で1番早く出る可能性が高い国です。

品質に力を入れないため、新製品をすぐに商品化ができます。

デメリット

デメリットは品質が低いこと。

20〜50%の段階で商品として販売を開始してしまうので、安心安全とは程遠い品質となります。

新しい技術だが、完成度が低いことが欠点です。

韓国製の特徴

品質は普通で、価格も平均的。

中国より品質は高いが、日本よりは劣る製品。

そのかわりそこそこの製品を、いち早く商品化することできます。

メリット

そこそこの品質の製品を、早く商品化して世に出すことができます。

そこそこの品質で、そこそこの価格。

新技術を、ある程度まで完成度を上げて商品化。

商品化スピードが長けていることが特徴です。

デメリット

目新しい新技術でなければ、100%の高品質な製品ではないこと。

70%レベルの完成度で商品化するので、70点の商品ということになります。

商品化は早いが、中級レベルの品質です。

新技術は中国が発明する確率が高い。

閃いた人 画像

新しい革新的な技術は、普通の人では思いつかないものです。

普通じゃない人、つまり天才が発明するものが新技術です。

天才はどの国からも10年に1度レベルで現れると考えると、人口の多い国が有利となります。

中国の人口は、日本の10倍。

イコール10年に1度現れる天才が出てくる可能性が、日本の10倍いるのです。

中国の教育方針は、日本と全く違う

日本は平等に、みんなが同じレベルになるよう教育されます。

可もなく不可もない、安定的な人間を作り出す教育方針です。

しかし中国は違います。

何万人の中から、天才を探し出す教育方法です。

天才を見つけ出し、その天才だけ徹底的に教育をします。

その他の普通な人は中国にとって、どうでもいい存在。

一部が大金持ちで、その他が貧しい格差の原因がこの教育方針。

天才がその他を引っ張っていくような社会づくりが、中国の方針なのです。

日本、中国、韓国の製品に対する考え方とその理由

reasonの文字の紙 画像

日本、中国、韓国、それぞれの製品や品質に対する考え方と、その考え方の理由を解説します。

まずは中国から。

中国の考え方

天才を見つけ出す教育方針で、人口が多く天才が現れやすい環境です。

新技術が発明される可能性が高いことになります。

新技術の製品を開発して、すぐ商品化して世に出します。

完成度は20〜50%の状態で商品化してしまいます。

未完成に近い状態ですが、急いで商品化しなければならない理由があります。

なぜなら、

すぐに商品化しないと、他の天才に先を越されてしまうから。

ライバルに競り勝つため、品質よりも商品化優先なのです。

新技術はカタチになっていれば、それでOK。

どこよりも早く世に出すことが、何より先決なのです。

韓国の考え方

韓国の人口は多くありません。

5000万人くらいのため、中国の20分の1です。

人口から考えれば、天才が現れる確率は20分の1。

新技術を自力で開発するならば、中国から出てくる新技術を真似するほうが効率的です。

中国から真似た新技術を、70%レベルまで完成度を上げて商品化して販売開始。

100%まで完成度を上げずに、あえて70%で商品化してしまうのです。

これも理由があります。

時間をかけて100%まで完成度を上げていたら、次の新技術が中国から出てきてしまうからです。

そうなれば、せっかく完成度を上げた製品も最新技術ではなくなってしまいます。

ですので70%レベルの品質で、早急に商品化してしまうのです。

日本の考え方

日本は100%まで完成度を高めてから、ようやく商品として販売します。

いや、120%と言ってもいいでしょう。

パーフェクトな品質まで上げてから、世に出します。

だから時間とコストがかかってしまう。

高品質で高価格。

そして時間をかけているため、中国から次の新技術が発明されている状況です。

つまり【パーフェクトな旧技術の製品】となります。

中国の新しい未完成な技術と日本の完璧な旧技術。

どちらの商品を選ぶかは消費者の選択ですが、後者を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

これが日本製の特徴です。

まとめ

日本、中国、韓国の品質に対する考え方を説明しました。

どの国の考え方も、メリットとデメリットは表裏一体です。

  • 開発力の中国
  • 販売力の韓国
  • 品質力の日本

まとめると、こんな感じです。

韓国の商品化は早いと言われますが、急がなければならない理由があるのです。

賢い戦略といえば、賢いですが。

どの国の考え方もありだと思いますが、僕は日本製がいいですね。

安心安全で、高品質。

金額が高くて最先端の技術でなくても、失敗のない製品を使いたい。

日本製が選ばれる理由、よくわかります。