Wi-Fiの電波が無いイメージ 画像

電子レンジのせいでWi-Fi(ワイファイ)電波が途切れる問題を解決する対策とは

Wi-Fiの電波が無いイメージ 画像

今やWi-Fiは、生活でなくてはならないものですよね。

Wi-Fiがない家なんて、もはやないのでは。

そんなWi-Fiとって、厄介な邪魔者がキッチンにいます。

その天敵が、電子レンジです。

楽しく動画を見ている最中に、電子レンジがWi-Fi電波をぶった斬ってきます。

それはまるで、凄腕のサムライの如く・・・。

 
ハスキ
あれ?止まっちゃったぞ?
・・・また電子レンジか(怒)!

毎度のことながら、イライラ。

しかし、どう考えても料理の方が大事です・・・・・。

ガマンせざるを得ません。

電子レンジを使用するたびに、止まる動画。

あのイライラ・・・。

キレる子供たち・・・。

この電子レンジ電波ぶった斬り問題は、解決しなければならない避けて通れぬ問題なのではなかろうか。

みんな同じストレスを、抱えていることでしょう。

そんなわけで電子レンジにWi-Fi電波が遮断される理由と、電波の干渉を解決する方法を調べたのでシェアしたいと思います。

電子レンジを使うとWi-Fi(無線LAN)の電波状況が悪くなる理由とは

電子レンジの画像

電子レンジを使うと、パソコンやスマホはなぜ止まってしまうのか。

それは電子レンジから発生する電波と、Wi-Fiの電波(周波数)が同じだからです。

電子レンジの周波数は、2.4GHs。

そしてWi-Fiの電波も、同じく2.4GHsです。

同じ周波数のため電波と電波がぶつかってしまい、電波の波の大きさが変わってしまうのです。

アパートやマンションなどの集合住宅の場合は、近隣で電子レンジを使用することでも影響を受けることも。

それくらい、電子レンジの電波は強烈なのです。

電子レンジ側はWi-Fi電波の影響を受けないのか?

電子レンジのせいで、遮断されてしまうWi-Fiの電波。

一方の電子レンジは、Wi-Fi電波の影響は受けないのでしょうか。

疑問に思いましたが、電子レンジが影響を受けることはありまりません。

電子レンジは、電磁波を発生させるのみです。

電子レンジは発信のみで電波を受信しているわけではないので、支障がないのです。

電子レンジとWi-Fi(無線LAN)の電波干渉を解決する対策を調べた

解決のタグがついた鍵 画像

【電子レンジWi-Fiぶった斬り問題】の解決方法を探しました。

いろいろと調べた結果、主な解決する方法は4つとなりました。

  • 5GHzのWi-Fiルーターに変える
  • 有線で繋ぐ(パソコン)
  • 4Gに切り替える(スマホ、タブレット)
  • 電子レンジ使用時に周波数が自動で切り替わるルーターに変える

それでは、この4つの方法を解説します。

5GHzのWi-Fiルーターに買い換える

Wi-Fiで使える周波数は【2.4GHz】と【5GHz】の2つです。

そして電子レンジと電波干渉してしまう電波が【2.4GHz】。

5GHzに変更すれば、Wi-Fi電波と電子レンジ電波が干渉することはありません。

しかも5GHzの電波は2.4GHzよりも強力な電波のため動作が止まるストレスをより軽減ができます。

強力で快適な電波の5GHzですが、デメリットも。

障害物に弱いことです。

壁に遮られたりルーターからの距離が遠くなると、電波が弱くなってしまうこと。

またパソコンによっては、5GHzに対応していない機種もあります。

有線で繋ぐ(パソコン)

スマホやタブレットは無理ですが、パソコンであれば有線で繋ぐ方法があります。

LANケーブルを用意するだけですので、手間がかからない方法です。

無線でないので、電波干渉は関係ありません。

ですが無線LANという快適な状況を、諦めることになります。

ケーブルが増えるので、見た目的なデメリットも大きいかな。

4Gに切り替える(スマホ、タブレット)

スマホやタブレットの場合は、Wi-Fi接続を一時的に解除して4Gに繋ぐ手があります。

一番お金がかからない方法です。

スマホの契約プランによっては、You TubeやSNS見放題のプランがありますよね。

そのプランならば4Gで接続しても、ギガを消費せずにインターネットに接続できます。

夕飯どきなど、電子レンジを多様する時間のみ4Gに切り替えればいいだけです。

原始的な方法ですが、有効な手段です。

このデメリットは、いちいち手動で設定を切り替えなければならないことです。

電子レンジ使用時に周波数が自動で切り替わるルーターに変える

閃いた人

手間をかけず、電子レンジWi-Fi電波ぶった斬り問題を解決できないだろうか?

その思いで調べて続けていると、最高に都合のいいWi-Fiルーターを見つけました。

バッファローから販売されている、【AirStation connect】 というWi-Fiルーター。

なんと電子レンジから出るノイズを自動で検知し、干渉しないように回避する機能を備わっているのです!

さすが、天下のバッファロー。

【電子レンジWi-Fiぶった斬り問題】を解決できる、理想的な製品です。。

トライバンドという方式で2.4GHzの電波と、2種類の5GHzを使用するトリプル仕様のルーター。

現状で1番最適な周波数を、自動的に発信してくれるのです。

家中どこでも、ちゃんとつながる。 AirStation connect シリーズ : トライバンドルーター(親機) WT…

この機器ならば手間を掛けずに対策の出来る、最も手っ取り早い方法です。

お金で解決ってやつですね。

この商品を実際に体験していないので、実際にどうかはわかりません。

ですがメーカーがあのバッファローですので、信頼できるでしょう。

まとめ、結論

まとめの文字と矢印 画像

電子レンジのWi-Fi電波ぶった斬り問題。

対策方法は

  • 5GHzのWi-Fiルーターに変える
  • 有線で繋ぐ(パソコン)
  • 4Gに切り替える(スマホ、タブレット)
  • 電子レンジ使用時に周波数が自動で切り替わるルーターにする

この4つの選択が、主な解決方法と結論づけました。

バッファローの自動で切り替わるルーター、ほしいなぁ。

しかし良いルーターは高い・・・。

高機能製品が値段に反映されてしまうことは、仕方がないことですね。

手間をとるか、お金をとるか、それともガマンか・・・。

コロナ禍で、生活が一変した現在。

家時間が、生活の大部分を占めるようになりました。

ここは思い切って良いルーターを購入しても、いいかもしれません。