ノートに書くイメージ画像

なぜ人間は右利きが多いのか?左利きは天才が多いのか?理由を調べた

ノートに書くイメージ画像

日本人のほとんどが右利きですよね。

世界はどうなのか調べてみると、なんと世界中のほとんどの人が右利き。

一体なぜ、人類はほぼ右利きなのか。

素朴な疑問ですが、理由を知りたい。

また、左利きは天才が多いと聞いたことよく聞きます。

確かに自分の周りでも、左利きの人は多才な人が思い当たります。

これにも理由があるはず。

人類のほとんどが右利きである理由と、左利きに多才な人が多い理由を調べたので紹介します。

人類のほとんどが右利きである理由

reasonの文字の紙 画像

人類で右利きの確立は、なんと9割。

左利きの人は、世界人口の10%しかいないのです。

日本国内で右利きが多いのであれば、文化や宗教などが関係するでしょう。

しかし世界中であるなら、文化や宗教は関係ありません。

国や文化の問題は関係なく、世界中どの地域の人でも90%が右利きです。

言葉を話す左脳が発達したため右利きになった

右利きが多い理由を説明します。

言葉を必要としない猿人類の時代、右利きの確立は50〜60%でした。

人類に近い霊長類といえばチンパンジーやゴリラですが、彼らに利き手はありません。

利き手の概念自体が、人間特有なものなのです。

ではなぜ、人間には利き手が存在するのか。

その答えは人類が、言葉を必要となったから。

言語を司る脳は左脳です。

言語中心の生活になる=左脳中心の生活になるということ。

左脳の発達が、人類には不可欠だったのです。

左脳は右手、右足を動かす司令を出す脳です。

左手、左足への司令を出す脳は右脳。

つまり

左脳が発達したため、右手、右足の機能が精密化したってことです。

完全に解明されているわけではありませんが、この説が有力となっています。

右利き優先社会のため右利きに矯正された

科学的には、脳の関係が右利きに関係していることが有力です。

それ以外にも、右利きにならざる得ない環境も関係しています。

世の中のものが、右利きが有利なようにつくられています。

ハサミ、自動販売機、駅の自動改札機、ドアの取っ手などなど。

日本なら「箸は右、茶碗は左」と子供に教えることが一般的です。

右利き社会に対応するため、左利きでも右利きになるように自然と矯正されることは十分に考えられます。

つまり隠れ左利きの人も、結構いる可能性が高いのではないでしょうか。

右利きのあなたも、本当は左利きかもしれませんよ。

左利きに天才が多い、は本当なのか?

黒板を見ながら考える男性 画像

左利きには天才が多い、才能あふれる人が多い、とよく聞きます。

確かに、僕の周りで左利きの人は、いい意味で変わっている人ばかり。

才能あふれる有名人も、左利きが多い。

松本人志やGackt、織田裕二に小栗旬。

石原さとみや北川景子、桐谷美玲まで左利きです。

しかし左利きが天才の根拠など、あるのでしょうか。

クリエイティブなことは右脳を使う

左脳が言語や理屈をコントロールする脳に対して、右脳は音楽や芸術、数学を考える脳です。

右脳中心型の人は、創造性に優れた人となります。

左脳の発達で右利きになった理屈を考えれば、右脳中心型の左利きがクリエイティブなことが得意であることは納得出来る話です。

左利き=両利き

左半身を動かす右脳。

右脳は、創造性な感性をコントロールする脳です。

その右脳が司令を出す左手、左足。

左利きの人が創造性に長けたことは理解できます。

ここで世の中が右利き有利になっていなければ、右脳中心で生活することもできるでしょう。

しかし社会は、右利き中心につくられています。

世の中に対応するために、左利きでも右手も器用に使わなければなりません。

つまり

左利きの人は、必然的に両利きに鍛えられいます。

左利きの後輩と食事に言った時、左手でラーメン食べながら右手で文字を書いていることがありました。

右利きの僕からすれば、

 
エンハスカイ
凄い・・・。
普通じゃないなコイツ・・・。

ってなりました。

二刀流の剣豪みたいなイメージです。

人類の10%の時点で貴重な存在

そもそも左利きは、人類の10%しかいません。

もうこの時点で、貴重な存在ですよね。

左利き自体が、何もしなくても変わっている人達です。

天才とは、普通じゃない考えや行動をする人のことです。

いい意味でも、悪い意味でもですが・・・・・。

つまり左利きという時点で、既に普通じゃない貴重な人材なのです。

スマホの持ち手は利き手での問題でなく年代の差

スマホを操作する女性 画像

話は少し脱線しますが、スマホの持ち手と利き手の関連性も調べてみました。

すると、スマホの持ち手と利き手は関係がないことがわかりました。

右派と左派に分かれるのは、利き手ではなく年代の問題です。

スマホは30代前半までは右持ち、30代後半以降が左持ち

スマホの持ちては育った環境が大きく関係しています。

もちろん人によりますが、30代前半までは右持ち、30代後半以降が左持ちとなっているはずです。

持ち手が決まる育った環境とは、

  • 固定電話世代
  • 携帯電話世代

この分かれ道が持ち手と関連しているのです。

固定電話で育った世代は右手で受話器を持ち、左手でダイヤルを回します。

ダイヤルを回すって表現自体が古い言い方ですが(汗)。

つまり、受話器は左手に持ちます。

それに対して子供の頃から携帯電話の若い世代は、受話器を持った手が操作する手となるため、利き手である右手のみで操作が可能。

わざわざ左手で持つ必要がないのです。

30代後半以降の人は【電話を左手に持つ癖】がついているため左手のほうが扱いやすく、若い世代はその癖がないため、利き手のみで操作するのです。

こんなことろにも、時代の差があるのですね。

まとめ

  1. 言葉を左脳で理解するため、言語中心の人類は左脳が発達した
  2. 左脳は右半身に司令を出す脳
  3. 必然的に右手、右足の精密性が高くなった

右利きが多い理由は理解しました。

人類以外の動物に利き手がないことも、納得できます。

左利きに多才な人が多いことも、右脳を使っていることで納得。

しかし右利きでも、隠れ左利きがかなり存在することが十分に考えれれるので、そこは何とも言えないところもあります。

後発でも左利きを練習すれば、右脳を鍛えることができるのでしょうかね?

右脳が鍛えられれば、音楽や芸術の才能を発揮できるのかもしれません。

この辺もいずれ調べて見たいと思います。