SUCCESSの文字画像

成功する人(成功者)としない人の違いはたった1つのシンプルな理由

SUCCESSの文字画像

仕事にしろ、遊びにしろ、そして人生そのものにしろ、

成功者が存在します。

人より秀でた結果を出している人、です。

何をやっても、成功する人もいますよね。

羨ましい限りです。

しかし、気になりませんか?

成功する人と、そうでない人の違いは何なのかと。

単純に才能?

単純に努力の差?

もちろん、両方ともあるでしょう。

しかし1番の違いは

失敗しても、諦めずに乗り越えられるか

なのではないでしょうか。

今回、紹介する説は

成功者は、失敗しても諦めないだけ説です。

成功する人の理由がわかれば、

誰でも成功者になれるってこと、ですよね。

成功者になったほうが、いいに決まってます。

今回は「成功者になるためにやること」についてフォーカスしていきます。

我々は成功者の成功している姿しか見ていない

成功者って、羨ましいですよね。

立派な結果、成果を出していて。

しかし我々は

成功者の成功した姿にばかり目がいってしまい、

その過程は、見えていないのではないでしょうか。

そもそも「なぜ成功したのか」について、考えようとしていません。

成功者になった理由を考えてみれば、ビジネスにしろ、スポーツにしろ

成功するまでに、相当な失敗を繰り返したと思いませんか?

例えば野球の成功者、松井秀喜さん。

メジャーリーグのヤンキースに移籍した当初は結果がでず、「ゴロキング」と呼ばれていました。

普通の精神力であれば、そこで挫折してしまうでしょう。

しかし、成功者の勝負はここから。

改善を繰り返してメジャーリーグ適応し、名門ヤンキースの4番バッターまで上り詰めました。

相当なプレッシャー、屈辱があったと思います。

そこで諦めずに失敗→改善を繰り返した結果、成功者となったのです。

ビジネスでも、成功者ってたくさんいますが、

裏の失敗は、まるで見えていません。

代表的な成功者といえば、ZOZO創業者の前澤友作さん。

大金持ちで羨ましいですよね。

1000億円以上を持ってるんですから。

しかし成功の裏には、数多くの失敗があったのではないでしょうか。

(全く知らないので。どれだけの失敗→改善があったのかわかりませんが・・・。)

言いたいことは

我々は成功者の成功した姿や結果しか見ずに、羨ましがっているってことです。

成功者は失敗が、あたりまえと考えている

成功した人に共通していること。

それは

失敗をあたりまえのことと、考えていることです。

普通は失敗なんて、したくありませんよね。

嫌な思いなんかしたくありませんから。

しかし

失敗しないってことは、チャレンジしていないってこと、です。

別記事で似たようなことを書きましたが、成功者は失敗=成長としか捉えていないのです。

逆にいえば

チャレンジして失敗しないと、改善ができないんです。

成功者の考え方

成功する人の考え方は

  1. 失敗してもいいので、まず行動することを考える。
  2. チャレンジしてみる。
  3. 失敗する
  4. 改善をする。
  5. 成功する。

成功者は可能性を見つけたら、まず行動します。

そして失敗したことを改善し続けます。

こういった考え方なら、

最終的には、成功する可能性のほうが高い

ですよね。

成功しない人の考え方

成功しない人の考え方は、成功者の逆。

  1. 失敗を恐れるため行動しない。
  2. だからチャレンジをしない。
  3. 問題が起きないから改善をしない。
  4. ずっと現状のまま。

こうなります。

普通は失敗したくないですから、これが当然の考え方でしょう。

しかしこれこそが、成功者との違いなのです。

自分で書きながら、なるほどって思いました(笑)。

成功者から学ぶこと

成功者と一般人との違いは、わかりましたね。

やり方がわかれば、成功者と同じ行動をとるだけです。

その考え方、行動は

  1. 行動する
  2. 失敗する
  3. 改善をする
  4. 2、3を繰り返す
  5. いずれ成功する

肝は2の「失敗する」です。

失敗をあたりまえと考えれば、その失敗は想定内です。

やることは、シンプルなルーティンです。

文字にすると単純ですが、

実際には覚悟と努力、そして忍耐が必要ですね。

簡単ではないでしょう。

しかし

これを普通にやっている人が「成功者」なのです。

目標に向かって成功するためには、絶対にこれしかないでしょう。

まとめ、結論

SUCCESSの文字画像

「失敗は成功の元」ってやつですね。

古(いにしえ)の昔から、言われている名言です。

成功している人とは

数多くの失敗を重ねて、成功するまで改善を繰り返している人。

実に、単純明快な答えです。

失敗を想定内と捉えて、改善をしてくだけ。

チャレンジするか、しないか。

諦めないか、諦めるか。

成功する人=失敗する人です。

成功する人になるための、仕組みはわかりました。

あとは実行するだけです。

さぁ、行動しましょう!

SUCCESSの文字画像
最新情報をチェックしよう!