成功への階段を黒板に書く画像

成功する人(成功者)と成功しない人の違いはたった1つのシンプルな理由説

成功への階段を黒板に書く画像

仕事にしろ遊びにしろ、そして人生そのものにしろ、成功者必ず存在します。

人より優れた結果を出している人」です。

何をやっても成功する人って、いますよね。

羨ましい限りです。

しかし気になりませんか?

【成功する人と成功しない人の違いは、何なのか?】と。

単純に才能?

単純に努力の差?

もちろん、両方あるでしょう。

しかし1番の違いは、【失敗しても簡単に諦ない人】なのではないでしょうか。

成功者には、シンプルに1だけある共通点。

それが今回の説。

【成功者は失敗しても、諦めず続けた人】説です。

成功する人の秘訣がわかれば、それを真似ることが成功への近道です。

誰でも成功者になれる、唯一の方法と考えられます。

成功者になったほうが、いいに決まっていますよね。

成功者になるためにやることを、掘り下げたいと思います。

我々は成功者の成功している姿しか見えていない

解像度の違いを表したバラ画像

成功者って、羨ましいですよね。

立派な成果を出して、キラキラ輝いて見えます。

しかし我々が見ているのは、表のキラキラばかりではありませんか?

成功者の成功した姿にばかりに目がいってしまい、その過程を全く見ていないのではないでしょうか。

そもそも【なぜ成功したのか】について、考えようとしていません。

成功者になった理由を考えてみれば、ビジネスにしろスポーツにしろ

成功するまでに、相当な失敗を繰り返しているのです。

例えば野球界の成功者、松井秀喜。

メジャーリーグのヤンキースに移籍した当初は結果が出せず、ゴロキングと呼ばれていました。

普通の精神力であれば、そこで挫折してしまうことでしょう。

しかし、成功者の勝負はここからです。

改善を繰り返してメジャーリーグに適応し、名門ヤンキースの4番バッターまで上り詰めました。

引退した今では、ヤンキースのレジェンドです。

相当のプレッシャーや、屈辱があったと思います。

そこで諦めずに失敗と改善を何度も繰り返して、成功者となったのです。

言いたいことは

我々は成功者の成功した姿や結果しか見ずに、羨ましがっているってことです。

成功者は失敗を当たり前と考えている

失敗を積み重ねる人形 画像

成功する人に、共通していること。

それは失敗することを、当たり前と考えていることです。

失敗なんて、誰だってしたくありませんよね。

嫌な思いなんて、誰だってしたくありません。

しかし、成功者はここが違う。

真逆の発想です。

失敗をしないってことは、出来ることしかやっていないと考えます。

失敗をしないってことは、新しいことにチャレンジしていない証拠なのです。

別記事で似た内容を書きましたが、成功者は失敗=成長としか捉えていないのです。

関連記事

落ち込むことって、人生で何回ありますかね?小さなことを含めれば何千、いやいや何万回とあるのでは。仕事に失敗したときや、人間関係で嫌なことがあったとき。私生活で何か間違えたとき。家族や恋人、友人との問[…]

negativeとpositiveの矢印 画像

逆にいえばチャレンジして失敗しないと、改善が出来ないから成功しないのです。

成功者はこう考えている

成功する人の考え方は、失敗が想定内にあります。

時系列はこうです。

  1. 失敗してもいいので、まず行動することを考える
  2. チャレンジしてみる
  3. 失敗する
  4. 改善をする
  5. 失敗と改善を繰り返す
  6. 成功する

成功者は可能性を見つけたら、まず行動します。

そして失敗と改善を繰り返し、成功するまで続けます。

この考え方なら、最終的に成功する可能性のほうが高いですよね。

成功するまで、改善を続けるのですから。

成功しない人の考え方は成功者の真逆

逆に成功しない人の考え方は、どうでしょうか。

  1. 失敗を恐れるため行動しない
  2. 失敗したくないのでチャレンジしない
  3. 問題が起きないから改善することがない
  4. ずっと現状のまま

こうなります。

普通は失敗したくないですから、この考え方は当然でしょう。

一般的に、この考え方だと思います。

しかしこれこそが、成功者と成功しない人の違いなのです。

成功者になるための行動はコレだ!

POINT の文字 画像

成功する人と成功しない人の違いは、よくわかりましたね。

成功者の行動がわかれば、同じ方法をとるだけです。

成功するための行動とは

  1. まず行動する
  2. 失敗する
  3. 改善をする
  4. 2、3をひたすら繰り返す
  5. 成功する

キーポイントは【失敗すること】です。

失敗を前提と考えれば、その失敗はすべて想定内です。

落ち込む必要は何もありません。

その失敗を改善して、修正して、成功するまで改善を続ける。

やることは、とてもシンプルなルーティンです。

失敗と改善を繰り返して、成功まで諦めないことです。

文字にすると単純ですが実際には相当な覚悟と努力、そして忍耐が必要です。

簡単なことではないでしょう。

しかしこれを出来る人が、成功する人なのです。

成功するためには、絶対にこの方法以外ありません。

まとめ

SUCCESSの文字画像

【失敗は成功の元】です。

古(いにしえ)の昔から、言われている名言。

成功している人を一言でまとめると、こうなります。

失敗と改善を成功するまで諦めずに繰り返している人】です。

実にシンプルな行動です。

失敗することを想定内と捉えて、改善をしてくだけ。

チャレンジするか、しないか。

諦めないか、諦めるか。

これ以上の理由は存在しないのです。

エジソンは言いました。

「私は失敗したのではない。うまくいかない1万通りの方法を見つけることに成功したのだ。」と。

これが成功者なのです。

成功者になるための、仕組みはわかりましたね。

  1. まず行動する
  2. 失敗する
  3. 改善をする
  4. 2、3をひたすら繰り返す
  5. 成功する

このルーティンを、実行するだけです。

やることが決まったら、まずは行動しましょう!