貯金から芽が出るイメージ画像

お金持ちだから部屋が綺麗なのではない。部屋が綺麗だからお金が貯まるのだ

貯金から芽が出るイメージ画像

どうも、こんにちは。

ハスキです。

デスク環境づくりの沼にハマり、気がついたことがあります。

【部屋を綺麗に保つことと、お金が貯まることはイコール】だと。

よく貧乏人は物が多いって、聞きますよね。

なぜお金がないのに、物が多いのか。

それは安価な余計なものを、たくさん購入するから。

安価だからといって、余計なものをたくさん購入してしまうから。

だからお金がなくなる。

お金を使えば、当然減りますから。

また安価な製品なので、大事に扱わないので長持ちしません。

それに対して、お金持ちの部屋はどうか。

スッキリしているイメージがありませんか?

お金があるのに、物が少ないスッキリした部屋です。

これには明確な理由があることに、気がつきました。

部屋が綺麗だとお金が貯まる理由とは何か。

【満足できる良いものだけ】を購入する考え方があるか、ないかの問題だと。

愛着をもって所有欲を満たせるものであれば、大事に扱います。

そのため長持ちしますので、買い替えの頻度は長くなります。

その結果、無駄使いせずにお金が貯まる。

また余計な物を購入しなければ物が増えないので、部屋が散らからずに済みます。

お金持ちと貧乏人の考え方の原点が、ここではないでしょうか。

そんな内容を、深堀りしたいと思います。

お金があるから欲しい物が買えるのではない。余計なものを買わないから欲しい物が買えるのだ

木漏れ日と椅子 画像

自分が普段から使用する製品を、満足できる最高のもので満たす。

すごい幸せなことですよね。

満足した製品で所有欲を満たしながら、快適な生活を過ごせるのですから。

まさに幸せの極みです。

「でもハスキ君、そんなことは理想論だよ!」と、思いましたよね?

欲しい物を手に入れるには、お金が必要なのだからと。

考え方の問題です。

【鶏が先か、卵が先か】の理論。

お金があるから満足できるものを購入できるのではなく、満足のできるものを購入するからお金が貯まるのです。

お金が貯まる人は、欲しい物以外には目もくれない

お金持ちって、良いものを持ってますよね。

「お金があるから、良いものを購入できるんでしょ。」

当然それもありますが、根本はそこではありません。

お金を貯められる人は、厳選した良いもの以外に興味がないのです。

良いものを購入して所有欲を満たしながら、快適に使用する。

その目的があるので、大切なもの以外に無駄な買い物はしません。

それこそ、まさに無駄遣いだからです。

我慢して余計なものを買わないのでなく、最初から余計なものを買う気がない。

興味もない。

この思考が理解できれば、お金を貯めながら快適な生活を送ることができると僕は気がつきました。

満足できるものだけを購入すればお金が貯まる理論

満足できるものだけを購入することが、どれだけメリットが大きいか。

ものを購入するとき、判断の基準がありますよね。

  1. 価格重視
  2. 品質重視

極論、上記のどちらかでしょう。

満足のできる製品とはどちらか。

考えるまでもなく、品質です。

「いやいやハスキ君、安くて良いものが一番良いのでは?」

と思ったでしょう。

しかし人間は悲しいもので、良いものでも安価なものは大切にしない。

厳選してしっかりお金を払って購入したものと安価なものでは、自分にとっての価値が全然違います。

大事なことは【所有欲を満たす】こと。

自分にとって所有欲を満たしてくれるものイコール、価値のあるものです。

それは長年、愛用するものとなるでしょう。

コロコロと買い替えることはしません。

だからお金が出ていかない。

逆に所有欲を満たせないものは、無駄なものと言ってもいいでしょう。

意味のない無駄なものを、わざわざ購入する必要ありませんよね。

だから満足できるものだけを購入すると、必然的にお金が貯まるというわけです。

良いものを購入するとお金が貯まる3つの理由

貯金から芽が出るイメージ画像

前途説明のとおり、満足するものだけを購入すればお金は貯まります。

ですがこれだけでは、納得がいかない人もいるでしょう。

満足できるものを購入するとお金が貯まる理由を、もう少し掘り下げてみます。

良いものを購入する思考が、お金が貯まる3つの理由。

  1. 満足できるものは大切に扱う
  2. 同じ機能のアイテムは買わない
  3. 安価なものは結局お金がかかる

一つずつ説明します。

満足できるものは大切に扱う

愛着のあるものは、大切に扱いますよね。

満足できるアイテムであれば、長く使いたいと考えるでしょう。

大切に扱えば、当然寿命は伸びます。

また高額になれば、ますます簡単に買い換えることはしません。

しないと言うより、「できない」と言ったほうがいいかも。

これが満足感も所有欲もない、簡単に手に入る安価なものだとどうでしょうか。

まず、大事に扱わないですよね。

大切に扱わないので、寿命は短くなります。

結果、すぐに買い替えることに。

いくら安価でも、頻繁に買い替えていてはお金が貯まりません。

満足感もないうえにお金も貯まらないので、良いことなしです。

同じ機能のアイテムは買わない

既に持っているのに、同じ用途のものを新たに購入してしまうことありませんか?

それは安価で、簡単に手に入るからです。

同じ機能のアイテムは、2つ必要ありません。

例えばボールペン。

僕はパイロット社製で3,000円くらいのボールペンを愛用していますが、10年くらい使ってます。

インクは2回ほど買えましたが。

これが安価なボールペンだったら、年に何回購入するでしょうか?

何回ペンを無くすでしょうか?

結構な本数になるでしょうか。

洋服の場合は、さらに顕著です。

たくさん持っていても、全然着ない服ってありません?

結局いつもお気に入りの数着を、着回すことになると思います。

着ない洋服は、ただの無駄使いです。

洋服こそお気に入りな精鋭部隊が、少数あれば十分です。

少数ならば収納にも困りまらないので、部屋の綺麗さにも貢献できます。

安価なものは結局お金がかかる

安価で簡単に手に入るものは、大事な扱わないためすぐに寿命がきます。

製品自体のクオリティが低いこともあり、短寿命です。

安価で購入→壊れる→安価で購入→壊れる、の繰り返しです。

安価だと、気軽に購入してしまいますよね。

百均が最たるものです。

所有欲が満たされることがありませんので、次々と購入してしまいます。

無駄の極みです。

お金持ちの部屋がきれいな理由とは

Clean の文字画像

良いものを揃えると、部屋が綺麗になる理由。

なぜお金持ちの部屋は、綺麗なのか。

これもデスク環境マニアになって、実感したことです。

部屋が散らかる原因はなにか。

無駄に物が多いからです。

良いものだけを揃える考え方だと、180°変わります。

  • 余計なものを買わない
  • 良いものを少量揃える

お金持ちの部屋には、この2点が自然と直結します。

余計なものを買わない

満足感の高い高品質なものがあれば、類似機能の製品をいくつも所有する意味はなくなります。

【貧乏人は物が多い】の答えが、コレ。

使わない余計なものが、多すぎる。

物が多いから、部屋が散らかってしまう。

片付ける場所がない状態になってしまいます。

良いものだけ揃えれば余計な類似品を購入しないので、物が増えません。

結果、部屋がスッキリとして、綺麗を保つことが出来るのです。

良いものを少量揃える

満足感の高い、所有欲を満たすアイテムのみ揃える。

良いものだけ購入し、いらないものは買わない。

たくさんものがあっても、結局ほとんど使わないんですよね。

ペンが良い例です。

いつか使うだろうと思って所有していても、結局使わない。

だったら使うアイテムにお金をかけて、満足できる良いものを少量購入したほうがいい。

無駄なものが無くなり、部屋は散らからずに済みます。

収納場所に困ることも無くなり、良いものを使用できるので一石二鳥です。

あとがき

まとめの文字と矢印 画像

お金が貯まることと、部屋が綺麗なことが直結する理由を語りました。

自分が満足できる最高のアイテムのみ購入すると、必然的に部屋が綺麗になりお金が貯まります。

  1. 良いものは大切に扱うので長持ち→簡単に買い換えない→無駄使いしない
  2. 余計な物を買わない→物が増えない→散らからない→部屋が綺麗

良いものを大切扱うことは、エコにも繋がり地球にも優しいことです。

簡単にものが手に入る時代だからこそ、物を増やさない考え方がこれから重要になると思います。

所有欲を満たされないアイテムより、満たされるアイテムのほうが良いに決まってます。

満足できるものに囲まれた暮らし。

最高ですよね。

所有欲が満たせて、部屋が綺麗になり、お金が貯まる。

全てがイコールで繋がっていることだと、僕はたどり着きました。

この記事が参考になれば幸いです。

では、また。