スピーカーの絵 画像

筋トレが長続きしない理由は目標が間違っているだけ。長続きさせるコツ、方法とは

スピーカーの絵 画像

ダイエットや筋力アップのために筋トレを始めるも、続かず挫折してしまう・・・。

そんな方も、多いのではないでしょうか。

落ち込む必要はありません。

続かないことが、当たり前なのですから。

別にやらなくてもいいツライ筋トレが、続くわけが無いんです。

ではどうしたら、筋トレを継続することができるのか。

筋トレが続かない人は、

筋トレをする目的、ゴールの考え方が間違っているのです。

筋トレを10年以上続けている、僕の筋トレを継続するための考え方を紹介したいと思います。

筋トレする目的は、ダイエットや筋力アップではない

成功への階段を黒板に書く画像

なぜ筋トレを始めるのか、続けなければならないのか。

その答えは

  • ダイエット
  • 肉体改造
  • 健康のため

基本、この3つのどれかに当てはまると思います。

では目的を達成するゴールは、どこにあるのか。

シンプルに考えれば体重が減るか、見た目が理想の体型になるかです。

ではゴールに向かうために、行うべき行動とは何か。

その答えは、筋トレを継続すること。

これもわかっていることです。

継続した努力の向こう側にしか、ゴールはないのですから。

筋トレの目的を体重や体型ではなく【継続すること】に変えること

筋トレの目標、つまりゴールは理想の体型になることですよね。

しかし

ゴールが理想の体型だから、筋トレを継続することが出来ないのです。

目標の壁が高すぎるし達成までに時間がかかり過ぎるため、ゴールにたどり着けない。

頑張ってもなかなか結果が出ないため、途中で嫌になってしまいます。

そのため筋トレに対する考え方を、変える必要があります。

向かうべき目標は体重減でも、理想の体型でもありません。

筋トレの目的は【続けること】オンリーです。

理想はすぐに手に入りません。

継続した、その先にしかありません

逆に言えば

継続すれば、勝手にゴールへたどり着くのです。

継続すれば、嫌でも結果は間違いなく出ます。

では、どうしたら継続できるのか。

ここから本題へ入ります。

筋トレが続かない3つの原因を知ろう

WHYの文字 画像

筋トレが続かない原因を把握します。

原因を把握して、その原因を一つずつ潰してしまえばいいのです。

筋トレはが続かない理由は3つ

  • ツライ
  • 面倒くさい
  • 結果がでない

この3点が、全ての原因だと考えられます。

筋トレはツライ

筋トレはツライ。

だから筋トレは続かない。

人間誰だって、辛いことはやりたくありません。

そりゃそうです。

ツライことや嫌なことが続かないのは、至極当たり前のことです。

これは意思が強い、弱いの問題ではありません。

嫌なことは嫌。

当然のことでしょう。

筋トレは面倒くさい

仕事や学校が終わって、家に帰ってきてリラックス。

今日も一日疲れたなぁ。

・・・・・でも筋トレしなくては・・・・・。

面倒くさい・・・うん、辞めよう。

このパターンですよね。

重い腰が上がらない。

楽がしたい。

人間だもの。

頑張っても結果が出ない

筋トレは、短期間で結果が出るものではありません。

頑張っても結果が出ないと、気持ちは萎えるものです。

頑張っていることが、無駄な努力に感じてしまいます。

結果がでない→無駄な努力→嫌になる。

これも続かない一番の原因でしょう。

筋トレを長続きさせるコツ、方法とは

POINT の文字 画像

続かない原因がわかったところで、【筋トレを長続きさせる方法】が見えてきます。

筋トレを長続きさせるコツ、方法は大枠で2つ。

  1. 筋トレの目的を【継続すること】に変える
  2. 続かない3つ原因を解決する

筋トレの目的を【継続すること】に変える

筋トレをする目的を考え直すこと。

筋トレの目的は、体重減や理想の体型ではなく、筋トレを続けるためにやる。

この考え方に尽きます。

体重減や理想の体型を目標にするから、早く目標にたどり着きたくて無理をしてしまう。

無理をするから、続かない。

これを続けることを目標に考えれば、どうでしょうか?

目的は続けることですから、無理なトレーニングをする必要はありません。

無理をしなければ、物事は継続できます。

続かない3つ原因を解決する

もう一つ継続するために必要なことは、続かない原因を潰すこと。

筋トレが続かない原因は、前途上げた通りです。

  • ツライ
  • 面倒くさい
  • 結果がでない

この3点です。

この3点を潰していきます。

ツライ→ツラくなければいい

筋トレって辛くなければ効果がないと思いがちです。

実は筋トレは辛くなくても、は効果が出ます。

続けていれば、自然と勝手に効果が出るのです。

なぜ効果がでないのか。

続けないからです。

継続して筋トレを続けて物足りなさを感じれば、一段回難易度を上げればいいのです。

そしてキツくなったら、また下げてもいいのです。

続けることが、目的なのですから。

面倒くさい→習慣になってないだけ

筋トレが面倒くさいと感じるのは、習慣になっていないからです。

いくら面倒くさくても、お風呂に入りますよね?

歯を磨きますよね?

筋トレも同じことです。

筋トレをすることを、当たり前の習慣にすること。

1日数分だっていいんです。

数分でも十分に意味のある行動で、必ず効果が現れます。

結果がでない→結果を求めない

筋トレは、結果が出ないから嫌になるものです。

そして短期間では、結果が出ないものが筋トレ。

筋トレの結果は、徐々に現れます。

自分ではわからないほど、遅いスピードです。

実は結果が出てるのに、出ていないと思って嫌になってしまう。

それは結果を目標にするから、です。

気トレにの目的は、あくまで【継続すること】。

続けていれば気にしなくても、勝手に結果が現れます。

まとめ

まとめの文字と矢印 画像

要点をまとめると

  • 筋トレは続けること自体を目的にする
  • ツライ思いをすることが筋トレではない
  • 筋トレを習慣にすること
  • 結果を求めない

こんなところ。

僕は10年以上筋トレを継続しています。

筋トレの方法は別記事で詳しく書いてます。

関連記事

30代、40代のみなさん、体型の変化に悩んでいませんか?若い頃は運動しなくても、好きなものを好きなだけ食べても太らなかったのに。大変なことが多い世の中ですが、太ることだけは簡単です(涙)。アラフォー世代の誰しもが、[…]

ダンベルと水

僕の筋トレ時間は、1日10分程度。

そんな短時間でも、効果は出ています。

やめれば即太る自信もあります(笑)。

辛ければ、続かないのは当然です。

続けることを目的として、プランを組んでください。

続けていれば、結果は自然と付いてきますから。