POINT の文字 画像

筋トレが続かない?筋トレを長続きさせるコツ、秘訣をお教えします

POINT の文字 画像

ダイエットや肉体改造で、筋トレを始めるも続かず挫折してしまう・・・。

そんな方も、多いのではないでしょうか。

しかし、落ち込む必要はありません。

続かないことが、当たり前なのですから。

別にやらなくても生きていける辛いことが、続くわけが無いんです。

では、どうしたら筋トレを継続することができるのか。

その答えは、筋トレをする目的から修正する必要があるのです。

筋トレを10年以上続けている、僕の考え方を紹介したいと思います。

筋トレする目的から修正すべき

ダンベルと水

なぜ筋トレを始めるのか、続けるのか。

その答えは

  • ダイエット
  • 肉体改造
  • 健康

基本、この3つのどれかですよね。

では目的に対するゴールはどこにあるのか。

体重が減る、見た目が理想の体型になる、です。

これが一般的な考え方。

ではゴールに向かい、行うべきことは何か。

その答えは筋トレを続けること。

継続した努力の向こう側にゴールがあるのです。

筋トレは続けないと結果が出ない

ダイエットにしても、肉体改造にしても、続けないと結果が出ません。

体の変化は、短期間で何とかなるようなものでは無いからです。

それが筋トレ。

継続して初めて結果が出るものが筋トレですが、仮に短期間で結果が出たとしましょう。

結果が出たらそこで終わり、でしょうか?

違いますよね。

理想の体型であり続けて、初めて意味があると思います。

つまり、トレーニングを継続することが大切なのです。

筋トレの目的を【継続すること】に変えること

筋トレの目標、つまりゴールは理想の体型になることですよね。

しかしこの考え方があるから、筋トレを継続することが出来ないのではないでしょうか。

目標の壁が高すぎるし、時間がかかるためゴールにたどり着けない。

そこで筋トレに対する考え方を、変える必要があります。

向かうべき目標は体重減でも、理想の体型でもありません。

筋トレの目的は【続けること】にすべきです。

理想はすぐに手に入りません。

継続したその先にあるのです。

筋トレ自体の目的=継続してやり続けること。

では、どうしたら継続できるのか。

問題はここですよね。

筋トレが続かない原因

WHYの文字 画像

筋トレが続かない原因を把握します。

その原因が解決方法に直結しますので。

筋トレはが続かない理由は

  • ツライ
  • 面倒くさい
  • 結果がでない

この3点がすべてでしょう。

筋トレは辛い

筋トレはツライから、続かない。

人間誰だって、辛いことはやりたくありません。

そりゃそうです。

ツライこと、嫌なことが続かないのは、あたりまえです。

これは意思が強い、弱いの問題ではありません。

嫌なことは嫌。

至極、当然のことでしょう。

筋トレは面倒くさい

仕事や学校が終わって、家に帰ってきてリラックス。

今日も一日疲れたなぁ。

・・・そうだ、筋トレしなくちゃ・・・。

面倒くさい、疲れたし・・・、うん、辞めよう。

このパターンですよね。

重い腰が上がらない。

楽がしたい。

にんげんだもの。

頑張っても結果が出ない

筋トレは短期間では、結果が出ません。

頑張っても結果が出ないと、気持ちが萎えるものです。

無駄な努力に感じてしまいます。

結果がでない→無駄な努力→嫌になる。

これも続かない大きな原因の一つでしょう。

筋トレを長続きさせるコツ、秘訣

ダンベルトレーニングする女性 画像

続かない原因がわかったところで、【筋トレを長続きさせるコツ】に参ります。

筋トレを長続きさせるコツは大枠で2点。

  1. 筋トレの目的を修正する
  2. 続かない原因を潰していく

筋トレの目的を修正する

筋トレをする目的を、考え直すこと。

筋トレの目的は理想の体型になることではなく、筋トレを続けること。

この考え方に尽きます。

理想の体型を目標にするから、無理をしてしまう。

無理をするから、続かない。

続けることを目標に考えればどうでしょうか?

目的は続けることですから、無理な筋トレをすることはありません。

無理をしなければ、筋トレは継続できる。

そういうものです。

続かない原因を潰していく

そして継続するために必要なことは、続かない原因を潰すこと。

筋トレが続かない原因は上げた通り

  • ツライ
  • 面倒くさい
  • 結果がでない

この3点です。

この3点を潰していきます。

ツライ→ツラくなければいい

筋トレって辛くなければ効果がない、と思いがちです。

ですが辛くなくても、実は効果は現れます。

続けていれば、必ず効果は出ます。

続けていて物足りなさを感じれば、一段回難易度を上げればいいのです。

そしてキツくなったら、また下げてもいい。

だって続けることが目的なのですから。

面倒くさい→習慣になってないだけ

筋トレが面倒くさいと感じるのは、習慣になっていないからです。

いくら面倒くさくてもお風呂に入りますよね?

歯を磨きますよね?

筋トレも同じことです。

筋トレをすることを、あたりまえの習慣にすること。

1日数分だっていいんです。

それでも十分に意味があり、効果があります。

結果がでない→結果を求めない

筋トレは、結果が出ないから嫌になるもの。

そして短期間で結果が出ないものが、筋トレ。

筋トレの結果は、徐々に現れます。

それは自分では気づかないレベルの、遅いスピードです。

実は結果が出てるのに、出ていないと思って嫌になってしまう。

結果を目標にするから、です。

気トレにの目的は、あくまで【継続すること】。

続けていれば、自然と結果が出ます。

まとめ

まとめの文字と矢印 画像

要点をまとめると

  • 筋トレは続けることを目的にする
  • 辛い思いをすることが目的ではない
  • 筋トレを習慣にする
  • 短期で結果を求めない

こんなところ。

僕は10年以上筋トレを継続しています。

筋トレの方法は別記事で詳しく書いてます。

関連記事

アラフォーのみなさん、体型の変化に悩んでいませんか?若い頃は運動しなくても、好きなものを好きなだけ食べても太らなかった・・・。それが今じゃ、なんだこの腹は・・・・・。誰しもが、抱える悩みではないでしょうか。[…]

ダンベルと水

僕の筋トレ時間は、1日10分程度。

そんな短時間でも、効果は出ています。

やめれば即太る自信もあります(笑)。

辛ければ、続かないのは当然です。

にんげんだもの。

続けることを目的として、プランを組んでください。

結果は自然と付いてきますから。

スポンサーリンク