将棋の歩 画像

会社員なんて所詮経営者の兵隊、駒でしかない悲しい現実説

将棋の歩 画像

社会に出て20年以上が経ち、幾つかの会社を経験してきました。

職場や職種が違えど、どの会社でも共通することが一つあります。

それは

どんなに頑張ってもサラリーマンは所詮、経営者の兵隊(駒)でしかないことです。

残念ですが、これが現実の世界。

この仕組みは大手企業だろうと、中小企業だろうと同じです。

大手企業のほうが、兵隊感は強いかもしれませんね。

偉そうにしているあの部長だって、経営者の兵隊です。

兵隊がイヤならば、自分が経営者になるしかありません。

経営者か、兵隊か。

最終的にはこの二択しかないのです。

今回はサラリーマンが経営者の兵隊であることを、サラリーマン側の目線で深堀りしたいと思います。

会社員が経営者の兵隊という事実について

経営者のために働くイメージ画像

経営者の兵隊。

嫌な言い方ですよね・・・。

サラリーマン側からすると、このような言い方は非常に腹立たしい限りです。

しかし、これが現実です。

経営者(社長)がキングで、社員がその他の駒(兵隊)。

中小企業に所属していると、その構図は火を見るより明らかです。

社長との距離が近いから、中小企業はわかりやすい。

社長のキングっぷりが。

結局は経営者のために、馬車馬のように(安月給で)働かされています。

みなさんも、心当たりが沢山あるのではないでしょうか。

腹立たしいですよね。

兵隊のメリット

駒だからって、悪いことだけではありません。

安定した月給をもらい、ある程度の安定した生活を手に入れることがでますので。

でも、それだけなのかなと。

売上を上げても経営者の懐(ふところ)に入るだけだし、売上が落ちればボーナスカット。

結局は、経営者の都合のいいようになっています。

何だかなぁ・・・って感じですよね。

でも仕方ないのです。

だって、所詮ただの兵隊なのだから。

経営者の兵隊であることを受け入れられれば問題はない

並べられた将棋の歩 画像

兵隊であることに対して、ストレスや不満を捨てられるか。

それは兵隊であることを受け入れられるか、否かの問題です。

別に兵隊でも構わないって思えば、何のストレスもありません。

また、「この経営者のためなら兵隊でも働きたい!」と思えれば、それはストレスどころか兵隊として働くことに満足感さえ得られるでしょう。

そんな経営者と出会えたサラリーマンは、最高の会社員生活を送れますよね。

だが、しかしです。

現実は、そんな甘くありません。

ストレスを抱えるサラリーマンのほうが、間違いなく圧倒的に多いと思います。

経営者にストレスを感じた場合の選択肢は、以下の二択です。

この経営者の兵隊を続けても、いいのか or よくないのか。

兵隊を受け入れられるなら、迷うことはありません。

キングのために、頑張って働きましょう。

それも正解です。

兵隊を受け入れられないとき

やっぱり、兵隊は受け入れられない!

そう考える人も、結構多いのでは。

そんな人の考えは、主にこの2つのどちらかでしょう。

  • そもそも誰かの下で働きたくない。
  • 今の経営者の兵隊は、もうゴメンだ。

誰かの下で働きたくない場合は、独立しか選択肢はありませんよね。

個人事業主もしくは法人で、会社を始める。

経営者側の道に、行くべきです。

そして後者の場合は、そこから行動の選択肢が別れます。

  1. 転職する
  2. 独立する(経営者になる)
  3. クーデターを起こす
  4. それでも生活のため我慢する

この4つのパターンに該当するでしょう。

1、転職する

転職して、新たな経営者の下で働くパターンです。

この問題は、新たな経営者がまた自分と合わない可能性があること。

転職先の会社に入ってみて、しばらく経験を積んでみないとわかりません。

こればっかりは。

とにかく今の経営者の下で働きたくなく、職場を変えたい場合の選択肢ですね。

2、独立する(経営者になる)

自分が経営者になるパターン。

人の下で働きたくない場合の選択肢と、同じ選択ですね。

この問題は、経営を始めるリスクが大きいことです。

起業しても成功する確立は低く、起業から1年で半数の企業は失敗するとのデータもあります。

綿密に計画を立て、独立しなければなりません。

しかし失敗したところでまたサラリーマンをやるなり、やり直せばいいと考えることも出来ます。

3、クーデターを起こす

経営者が悪徳で、従業員の誰もが不満に感じている場合はこの方法があります。

従業員を味方につけて、悪徳経営者を追い出す方法。

仕事も仲間も好きなのに、経営者のみが悪の場合です。

この問題は、中小企業ではほぼ不可能であること。

中小企業では経営者が辞めるとき=会社を廃業するときになる可能性が高いからです。

4、それでも生活のために我慢する

実際の選択肢は、このパターンになる人がほとんどでしょう。

特に家庭があり、家族の生活を背負っている人は簡単に冒険できませんからね。

ただし、耐えながらも他の選択肢を用意しおくことをオススメします。

体を壊してまで、我慢する必要はないので。

精神を病んでしまっては、元も子もありません。

現状に耐えつつも、水面下では他の選択肢を準備しておきましょう。

副業を初めることも、一つの手です。

関連記事

新型コロナウイルスにより、今までのように仕事が出来ない状況となってしまいました。早く終息することを、願うばかりです。短期終息に越したことはないですが、どう考えても終息には時間がかかるでしょう。飲食業やサービス業界は[…]

貯金から芽が出るイメージ画像
関連記事

先日、みずほ銀行が週休3日〜4日制を導入するとのニュースが報道されました。当然休日分の給与はカット。雇用を確保しつつ、人件費を削減する方法です。これは現在のコロナ禍が絡む話でもありますが、コロナでなくても週休3〜4[…]

貯金から芽が出るイメージ画像

兵隊である環境を【傭兵】と考えてストレスを減らす方法

地図と剣 画像

サラリーマンである環境を、【兵隊ではなく傭兵なのだ】と考えてみるとどうでしょうか。

兵隊である認識を変える、という考え方です。

キングに仕える捨て駒的な兵隊ではなく、お金で雇われた傭兵と捉えるドライな考え方。

経営者に忠誠を誓っているわけではなく、お金のために雇われた関係。

そう思えば、腹立たしい感情は薄まるのではないでしょうか。

働いた分だけ、雇い主から報酬をもらう。

人によってはこの傭兵論、かなり気持ちが楽になると思います。

この傭兵的考え方が、現代に一番あった働き方かもしれませんね。

まとめ

社員のことを大切に扱い、人こそが財産と考えている経営者もいます。

そんな経営者の下で働いている人たちは、自分が兵隊であるなんて思いもしないでしょう。

そういった経営者は、経営者側も従業員を兵隊、駒なんて扱いしませんしね。

あなたはどうですか?

兵隊と感じたことはない?

そんなあなたは、幸せな会社員です。

そしてその会社は、大成すると思います。

だがしかし、そんな当たり経営者は滅多にいないことが現実。

兵隊でいるべきか、否か。

それとも傭兵思考でいくか。

自分が兵隊と感じたときが、決断をしなくてはならない時期かもしれません。