武蔵小杉の高層マンション群 画像

武蔵小杉の水害問題は土地の低さに理由があった

武蔵小杉の高層マンション群 画像

神奈川県の川崎市に、で急速に発展を続ける街、武蔵小杉。

タワーマンションがバンバン建ち並び、急激に人口が増加中のハンパない街です。

しかしこの武蔵小杉、ひとつ問題を抱えています。

それは、

標高の低さによる水害に対する問題です。

実は武蔵小杉って、標高が低いんです。

昨年(2019年)10月に襲った台風19号で、

武蔵小杉駅前の道路が、大雨で川と化してしまいました。

台風19号では多摩川の氾濫は、武蔵小杉まで及ぶことはありませんでしたが、

もし武蔵小杉近くの多摩川堤防が決壊していたら、壊滅的な被害になっていたでしょう。

今回は武蔵小杉の土地が低い問題について、調べてみました。

武蔵小杉の水害について

武蔵小杉の海抜

武蔵小杉駅の海抜は8m。

平地のため駅周辺以外の土地、つまり武蔵小杉エリアは、ほぼ同じ数値(8m)です。

武蔵小杉駅近くの、多摩川堤防の高さを調べてみました。

堤防の高さは海抜8.5〜10m。

つまり武蔵小杉は、堤防と同じ標高となります。

ちなみに多摩川を渡った先の隣町の駅、東京都世田谷区田にある園調布駅の海抜はも調べてみましが

田園調布駅の海抜=32.5m。

川を挟んだ東京側が、高台になっているのです。

多摩川が氾濫することになれば、

武蔵小杉側に、被害が集中することになります。

武蔵小杉駅と多摩川の距離

続いて多摩川までの距離。

海までの直線距離は、一番近い海で10km以上離れた東京湾です。

津波などによる、水害は心配ないでしょう。

問題は多摩川です。

一番近いことろは、直線距離は1kmしかありません。

かなり近いですね。

水害シュミレーション

多摩川の水害について調べていると、多摩川が氾濫した場合のシュミレーションが出来るWebサイトがありました。

京浜河川事務所が運営する「多摩川洪水氾濫シュミレーション」です。

→多摩川洪水氾濫シュミレーションのサイトはこちら

こちらのサイトでは、あらゆる場所からの決壊を選択でき、さらに様々なシュミレーションが確認できます。

  1. 最大浸水深さ
  2. 浸水到達時間
  3. 浸水継続時間
  4. 時間別浸水深さ

武蔵小杉に限らず、多摩川沿いの至るところを確認することができる非常に便利なWebサイト。

そのサイトで、多摩川が決壊したシュミレーションをやってみました。

決壊した場所にもよりますが、決壊した場合は武蔵小杉一体は被害を受けることになる予想。

水深0.5〜3mが予想されるとのこと。

まとめ、私見

武蔵小杉の高層マンション群 画像2

多摩川は過去に何度も、水害をもたらしてきました。

しかしその経験を活かして、現代ではあらゆる想定がされています。

そのため近年は、水害が発生していませんでした。

河川の幅も相当広く、多摩川が氾濫することなんて考えられませんでした。

しかし2019年、そんな我々の予想を上回る天災が起こりました。

大型台風19号による多摩川の氾濫と、大雨による洪水です。

マンションの高層階、中層階に床上浸水の心配はありません。

しかし

インフラが麻痺してしてしまえば、タワーマンションは無力です。

電気が止まればエレベーターはもちろん、水も止まってしまいます。

現実にそんな事態が、起こってしまったのです。

武蔵小杉にお住まいの方、またこれから武蔵小杉でタワーマンションに住まわれる方は、

水害に対する覚悟と、防災対策が必須となります。

今回の台風19号は、数十年に一度の規模と言われています。

しかし進む温暖化で台風19号クラスの台風が、頻繁に発生する可能性は高いのではないでしょうか。

街を上げた大規模な水害対策を、川崎市は早急に行うべきだと思います。

また、武蔵小杉について別途調べた記事もありますので、合わせてご覧ください。

 

武蔵小杉の高層マンション群 画像
最新情報をチェックしよう!