リビガク スージー 画像

消しゴムカス掃除おすすめクリーナー リビガク スージーのレビュー

リビガク スージー 画像

小学生から大学生までの学生全般、そして社会人まで勉強に必要な筆記用具といえばシャープペン(鉛筆)と消しゴムですよね。

書き間違いは、消しゴムで消して書き直す。

当たり前の行動ですが、

以外に厄介な存在が、消しゴムのカスです。

自分が学生時代(25年くらい前)は、手でかき集めてゴミ箱に捨てていました。

しかし、現代は便利になったものです。

便利なアイテム、それが

消しゴムカス用の卓上クリーナー

妻が購入した卓上掃除機なのですが、先日子供の宿題に付き合ったときにその卓上掃除機を使用したら、まぁ便利。

 
エンハスカイ
これはオススメしたい!

そう思った製品ですので、今回は消しゴムカス用の卓上クリーナー【リビガク スージー】をご紹介します。

消しゴムカス用クリーナーは現代では必需品

勉強をすれば、消しゴムカスは出るもの。

これは常識ですよね。

消しゴムカスは手で集めて、ゴミ箱にポイッと捨てるものと考えていました。

しかし、世の中は日々進化しています。

便利になれば、過去の不便な時代が考えられません。

これは消しゴムカスの掃除も、同じことがおきていました。

消しゴムカスのクリーナーです。

コイツを一度使用してしまったら、もう過去には戻れません。

大げさな言い回しですが、ホント便利なんですよ。

勉強は教科書(参考書)、ノート、筆記用具が必要ですが

そこに消しゴムカス用クリーナーも無ければならないアイテムに、のし上がってきたのです(笑)。

リビガク スージーをおすすめする理由

仕事の資料 イメージ 画像

デスクの上を汚しまくる、消しゴムカスですが、

コイツと出会ったら、もう敵ではありません。

何がスゴイかを、説明させてください。

  • 消しゴムカスだけをキレイに吸引する絶妙な吸引力
  • ゴミを巻き上げない上向きの排気構造
  • 360°からの吸引
  • 吸引したゴミの捨てやすさ
  • 置き場所に困らないデザイン
  • 価格の安さ

消しゴムカスだけをキレイに吸引する絶妙な吸引力

通常の掃除機って、吸引力があったほうがいいとされていますよね。

しかし、消しゴムカス用は、吸引力が強すぎると問題がおこります。

消しゴムを使用するってことは、ノートに字を書いているってことです。

使用する場所は、机の上だけではありません。

消しゴムカスのクリーナーの主戦場は、ノートの上なのです。

吸引力が強すぎると、ノートの1ページを吸引してしまう。

このクリーナーは

ノートは吸わずに、消しゴムカスだけをしっかりと吸引してくれるます。

強すぎず、弱すぎない絶妙な吸引力なのです。

ゴミを巻き上げない上向きの排気構造

リビガク スージー 画像
出典:Amazon

スージーの構造は底面から吸引して、サイドはら排気する仕組みです。

ですが、

排気の角度が上に向かって排気するよう設計されています。

真横ないし下側に排気してしまうと、消しゴムカスを風で飛ばしてしまったり、小さなゴミを舞い上げてしまいます。

そのため、排気は上面に向かって排出する構造が理想。

高級掃除機ならここまでの気遣いはあるでしょうが1000円代のクリーナーで、しっかり排気まで考えた構造には関心しました。

360°からの吸引

円筒状のデザインで、吸引する方向が決まっていません。

360°、どの方向からも吸引可能です。

方向性がないため、手に持ってそのまま卓上をスイスイ、グルグルと持ち手を変えずに掃除ができます。

また電池式のコードレスなので、コードを気にする必要もなし。

吸引したゴミの捨てやすさ

リビガク スージーのダストカップ画像
溜まった消しゴムカス

底面がそのままダストカップになっているのですが、簡単に外すことができます。

底面を1/4周回すだけで、外れる仕組み。

こまめに、ゴミ箱へポイっと捨てられます。

ダストカップの容量は多くないので、こまめに捨てる必要はあります。

そのため、ゴミの手軽な捨てやすさも重要なポイントです。

置き場所に困らないデザイン

リビガク スージーの外観 画像

見た目のスタイリッシュさも、重要なポイントですよね。

この卓上クリーナーは、シンプルな円筒形状。

プラスチック製ですが光沢があり、まるで化粧品のようなデザイン。

排気面からチラっと見えるグリーンが、ワインポイントのオシャレを演出。

老若男女問わないデザインで、置き場所に困ることがありません。

価格の安さ

これだけメリットがある卓上クリーナーですが、構造は至ってシンプル。

乾電池を使用してモーターでファンを回す単純な構造です。

余計な機能を付けないことで、価格面を抑えているのでしょう。

このクリーナー、¥1,100(Amazon価格)なんです。

 
エンハスカイ
メッチャ安くないですか?

もし気に入らなくても、諦めがつくレベルです。

まとめ

別のまとめ記事でも紹介した消しゴム用の卓上クリーナーですが、紹介したりなかったので、1記事にして今回は紹介させてもらいました。

関連記事

ちょっと掃除したいだけのために、大型掃除機を取り出すのは面倒ですよね。そんな掃除の場合は、手軽な掃除機がいい。掃除したい場面も、その時の状況次第です。また、一人暮らしで大型掃除機が不要だったり、なるべく大型の掃除機[…]

Clean の文字画像

用途、デザイン、価格すべてを満足させてくれる、消しゴムカス用の卓上クリーナー。

デメリットが、思いつかないくらいです。

小学生が使用できることを考えると、USB充電より乾電池のほうがいいですし。

強いて言えば、スイッチが少し入れづらいくらいかな。

大人から子供まで、満足できる商品。

ぜひ、お試しあれ。

スポンサーリンク