ジョイントマット 画像

マンションの子供足音対策は20mmジョイントマットで解消しました

ジョイントマット 画像

小さな子供をもつ、多くの人が頭を悩ませる

子供の足音がうるさくて、下の階へ響いてしまう問題。

マンション暮らしの我が家でも、子供たちが走り回って困っていました。

子供ってすぐ走っちゃうし、膝や足首のクッションをうまく使えないので「ドス、ドス」と響いてしまうんですよね。

悩ましい問題です。

とはいえ、元気なことはいいこと。

子供たちにも、過剰におとなしくさせたくはない。

困っていましたが、とある方法で足音問題をスッキリと解消することが出来ました。

完璧な対策ではありませんが、効果は十分。

その方法は

ジョイントマットの厚みを10mmから20mmにし変更したこと。

その理由と、使用した結果を紹介します。

ジョイントマットを10mmから20mmへ

座る赤ちゃん

当初足音防止用に。10mmのマットを敷いていました。

しかし子供たちが走ると響いている感覚があり、対策としては不十分だと感じていました。

幸い下の階がいい人で苦情を言われたことはないのですが、とある日のこと。

たまたま下の階の人と顔を合わせたので、うるさくないですか?と訪ねてみました。

すると

元気なお子さんで、いいですね。」とのこと。

こ・・この言葉の意味は・・・。

 
エンハスカイ
うるさいんですね・・・・・。

いい人なので言葉を選んでくれましたが、「うるさいんだよ!」との意味と捉えました。

確かに感触として足音が響いている感はあったので、やっぱりねといった感じ。

下の人がいい人であるからこそ、余計に迷惑をかけたくありません。

さっそく妻と相談し、対策を検討。

話し合った結果、その対策の方法は

10mmマットを20mmマットへ買い換えることに。

そしてリビングだけ敷いていたマットを、ダイニングと廊下にも。

購入したジョイントマット20mmがこちら

マットの厚みを20mmに変更した結果

ジョイントマット20mm 画像

20mmのジョイントマットを、部屋一面に敷き詰めました。

その結果、体感したわかったことは

  • 10mmとクッション性が全然違う。
  • 明らかに足音が響いている感がない。
  • 10mmより、マットがズレにくい。

一つづつ、説明します。

10mmとクッション性が全然違う。

10mmでも、ある程度のクッション性はありました。

しかし20mmは10mmと比べると、

全くクッション性が、全く違うんです。

このまま横になって、掛ふとんを掛けて寝ようと思えば寝れるくらいのクッション性。

とはいえ、無駄にフワフワしたわけでもない。

厚みの違いで、同じジョイントマットでもここまで違うかと。

軽く蹴るくらいなら、完全に振動を吸収してくれます。

明らかに足音が響いている感がない。

振動を吸収していることが、実感でわかります。

子供が走っても10mmなら響いていた足音が、明らかに小さくなりました。

子供がソファや椅子からジャンプして着地すると、流石に響きます。

しかし日常の生活音は、間違いなく吸収していることを実感。

10mmより、マットがズレにくい。

10mmのジョイントマットでは簡単にズレてしまったり、外れてしまったりしていました。

しかし

20mmマットは簡単にズレないし、外れません。

ジョイントで繋げる箇所の厚みと、10mmよりも重さがあるからでしょう。

厚みがあるので、マットが折れ曲がることもありません。

下の階の人に、効果を聞いてみた

○と✗を持つ女性

10mmから20mmマットに変えた数ヶ月後に、下の階の人と顔を合わせる機会があったので感想を聞いてみました。

マットを変更したことは、伝えずに。

その感想は

お子さん、急に成長しましたね。

とのこと。

この解釈は、「静かになったよ!」ってことですよね?

そう捉えました。

マットを変えた以外は、何も変わっていません。

つまり、

20mmマットの効果は、十分に発揮できた結果となりました。

まとめ

ジョイントマット 画像

完璧に振動を吸収することは出来ませんが、振動吸収の効果は間違いなくあり。

10mmマットと比べて厚みは2倍ですが、効果は10倍くらいあると思います。

デメリットとすると、厚みの分だけクッション性があるのですが

重い家具などを置き続けると、潰れて元に戻りません。

それは10mmマットでも同じですが、厚さがある分目立ちます。

椅子の下も跡がついてしまいます。

ですが仕方ないでしょう・・・。

多めに購入して1年単位で、椅子の下など凹みやすい箇所のマットは交換しています。

デメリットはその程度かな。

ご近所トラブルと天秤にかければ、悩むまでもありませんがね。

スポンサーリンク