BESTの文字 画像

コンパクトでスパ最強!収納に困らないおすすめ自宅筋トレ器具(グッズ)3選

BESTの文字 画像

筋トレを始めたいけど、ジムに行くお金も時間もない。

また現在のコロナ禍状態では、ジムに通うことに抵抗がある人も多いのでは。

となると自宅で筋トレすることが、唯一の選択肢なります。

自宅でトレーニングをするならば、トレーニング器具が欲しいですよね。

ですがよほどの豪邸でない限り、スペースは限られています。

筋トレ器具って使用時以外、邪魔になるだけの存在です。

収納する場所に困るし、部屋の景観も崩れてしまう。

また高価なトレーニング器具が必要かというと、そうでもないでしょう。

自宅のトレーニング器具に求めるもの。

コスパと収納力です。

ワンルーム住まいなら、なおさら収納に困りますよね。

というわけで、今回は筋トレ歴10年以上の筆者が選ぶ

効果バツグンでコスパ最強、かつ収納に困らない筋トレグッズ3選

を紹介します。

筋トレ器具は部屋の景観や収納まで考えて購入しよう

青空にthinkingの文字 画像

トレーニング器具に、部屋の景観を崩されることは避けたい。

自宅で筋トレすると決めたとはいえ、トレーニング器具を安易に購入はできません。

トレーニング専門の部屋があるなら別ですが、そんな部屋なんてないことが普通です。

となると方法は2つ。

  1. トレーニング器具を部屋の景観に溶け込ます
  2. 収納可能なコンパクトなもの

この2択となります。

自宅のトレーニング器具は、使用しない時のことまで想定しなければなりません。

でないと、購入してから後悔することになります。

上記上げた2案を、説明しますね。

トレーニング器具を部屋の景観に溶けこます

部屋の一部として、トレーニング器具をなじませること。

この方法のポイントは、

生活に必要な家具やインテリアと、トレーニング器具を兼用することです。

普段は日常生活に必要なアイテムとして使用し、トレーニング時だけトレーニングマシンと化す使い方。

限られたスペースで、部屋の景観を損なわない一石二鳥スタイルです。

僕も2アイテムで、実践しています。

【室内物干し兼懸垂器】と【ソファ兼ダンベルプレスのベンチシート】です。

懸垂器具とダンベルという、今回のテーマとは真逆なガッツリトレーニング器具ですが(汗)。

どちらも別記事で紹介してますので、詳しくはそちらをご覧ください。

関連記事

体型維持や筋力アップのためには、筋トレが必要不可欠。僕は40代ですが、体型をキープするために何とか頑張っています。やっていることは間食をしないことと、そこまでハードでない筋トレ。ハードな筋トレは、続かないですからね[…]

洗濯物を干した状態 アイキャッチ用 画像
関連記事

ダイエットや肉体改造、体型維持に必要不可欠な日々のトレーニング。ジムでトレーニングすることが1番効率的だとは思いますが、時間とお金がかかってしまいます。さらに、現在のコロナ禍。自宅で筋トレや運動をせざる得ない状況で[…]

場所は取りますが、この方法普段遣い兼用の方法もおすすめです。

簡単に収納できるトレーニング器具であること

今回のテーマはこちらです。

ワンルームであったり自分の部屋のみである場合は、大型のトレーニング器具は不可能です。

特に女性は、筋トレ器具で部屋のおしゃれさを失いたくないですよね。

部屋の景観を崩さないためには、トレーニング器具を使用時以外は収納できることが一番。

簡単に収納できるコンパクトなトレーニング器具であれば、部屋の景観を崩すことないし場所も取りません。

求めるトレーニング器具の条件を上げます。

  • 簡単に取り出し、収納が可能
  • コンパクト
  • 筋トレの使用時も省スペース

このあたりです。

限られたスペースならば、トレーニング時の使用する面積も省スペースである必要があります。

使用時も収納時も省スペース。

でありながら、トレーニング効果が抜群なアイテム。

この条件をクリアしたうえに、コスパにも優れた優秀な筋トレ器具をご紹介します。

コンパクトに収納可能でコスパ最強のおすすめトレーニング器具3選

BESTの文字 画像

僕が選んだトレーニング器具は、男性、女性問わずに使用が可能です。

初心者から上級者まで使えて、経験も問いません。

利用者を選ばない万能さで、コスパが良くて収納場所にも困らない筋トレ器具。

そんな最強トレーニンググッズ3選を紹介します。

  • 腹筋ローラー
  • ゴムチューブ
  • ヨガマット

一つづつ、説明します。

腹筋ローラー

腹筋ローラー 画像

まずは1つめの器具。

腹筋ローラーです。

トレーニング器具のなかで、No1のコスパ最強アイテムといっていいでしょう。

初心者から上級者までを満足させる、優秀な筋トレ器具。

効果が絶大なのに、価格が超リーズナブルです。

自宅で筋トレを始めるなら、購入しない選択肢はありません。

いろいろなメーカーから販売されており、価格帯はさまざま。

僕は1600円のストッパー付きを購入しましたが、

ストッパーは、意味ありませんでした。

結局ストッパーを外して使用してます。

ですのでもっと単純で安価でも、全く問題なし。

保護マットマット付きでも、¥1,000代で購入できるんです。

サイズがコンパクトですので、クローゼットに収納が可能です。

デメリットは、フローリングではローラーの音がうるさいこと。

2階以上の住まいであれば、ヨガマットなどを敷かないと下の人に迷惑がかかります。

ゴムチューブ

ゴムチューブ 画像
出典:Yahooショッピング

2つ目に紹介するアイテムは、ゴムチューブです。

全身を鍛えられて、ダンベルの変わりにもなるアイテム。

最大のメリットは、どこにでも収納が可能なこと。

机やタンスの引き出しに入れておくこともできる筋トレ器具です。

部屋の景観を、一切乱しません。

筋トレ方法も多様で、全身を鍛えることができます。

ゴムの強度も選べますので、自分にあった負荷をかけることが可能。

おすすめは円柱状のチューブでなく、シート状のチューブ。

ゴムチューブは足にチューブを引っ掛けてトレーニングすることが多いのですが、円柱状だと足に食い込んでしまいます。

カバンに入れても邪魔にならないサイズですので、僕は出張に持っていってホテルで使用しています。

ヨガマット

ヨガマット 画像

3つ目のグッズ。

ヨガマットです。

筋トレ器具じゃないじゃないか!

って思いました?

いやいや、立派な筋トレグッズなんです。

自重トレーニングには、ヨガマットは必須アイテムです。

自宅筋トレの代名詞といえば、腹筋。

フローリングで腹筋することを考えてみてください。

フローリングで腹筋すると、間違いなくお尻が痛い。

肘や膝をつくトレーニングも、同じく硬い床では痛い。

ここで活躍するアイテムが、ヨガマットです。

ヨガマットを床に敷いておけば、全然痛くありません。

ヨガマットは、万能なアイテムです。

多様な自重トレーニングが可能。

特に寝そべる系のトレーニングで、大活躍します。

また下の階への、騒音防止にもなります。

1つ目のアイテムで上げた、腹筋ローラーのマットとしても使用ができます。

ローラーの騒音を吸収してくれる、防音効果も優れています。

収納も、クルクル丸めてクローゼット等へ入れとくだけ。

当然、ヨガもできます。

柔軟体操にも。

筋力トレーニング+ヨガ、柔軟体操に使用。

優秀なトレーニング器具(グッズ)なのです。

まとめ

筋トレを始めるのであれば、この3点のグッズは必ず重宝します。

僕も全て持ってますが、間違いなくコスパ最強の3点。

しかも効果も十分で、全身を鍛えることが可能なアイテム。

挫折したところでこの価格であれば、諦めもつきますし。

一度挫折しても、再開する時までクローゼットの奥に収納しておけます。

ただしトレーニングは続けていれば、1日数分でも効果は出ます。

頑張っても報われないことは、人生では多々あります。

しかし筋トレは、続けていれば必ず報われます。

結果が出ればトレーニング楽しくなり、ますます継続ができます。

この3点は、筋トレを始めるならおすすめできるアイテムです。

自宅トレーニングで、健康と美ボディを手に入れましょう!