腹筋が割れている女性 画像

コスパ最強で収納に困らないおすすめ筋トレ器具(グッズ)3選

腹筋が割れている女性 画像

筋トレを始めたいけど、ジムに行く時間もお金もない。

でも筋トレを始めたい。

となると、自宅で筋トレという選択肢なります。

自宅で筋トレとなると、トレーニング器具が欲しくなりますよね。

ダンベルやら、何やら。

しかし

筋トレ器具は使用時以外、邪魔になるだけです。

収納する場所に困るし、部屋の景観も崩れてしまう。

また高価な器具も必要かというと、違う気がします。

そこで、トレーニング器具に求めるものは

コスパと収納力

ダンベルは、効果があるでしょう。

でも、どこに収納します?

腹筋に電気を流して、鍛える器具もあります。

でも、費用対効果はどうでしょうか?

疑問が残りますよね。

というわけで、今回は筋トレ歴10年以上の筆者が選ぶ

おすすめのコスパ最強で収納に困らない、筋トレグッズ3選」

を紹介します。

おすすめトレーニング器具3選

筆者が選んだトレーニング器具は、男性、女性問わず使用ができます。

また初心者から上級者まで、経験も問いません。

利用者を選ばない万能さで、コスパが良くて収納場所にも困らない器具。

そんな最強3選。

  • 腹筋ローラー
  • ゴムチューブ
  • ヨガマット

一つづつ、説明します。

腹筋ローラー

まずは1つめの器具。

筋トレグッズで、

ここまで、最強のコスパ器具はないでしょう。

腹筋ローラーです。

初心者から上級者までを、満足させる筋トレ器具。

効果が絶大なのに、価格が超リーズナブル。

自宅で筋トレを始めるなら、購入しない選択肢はないでしょう。

いろいろなメーカーから販売されており、価格はさまざま。

僕は1600円のストッパー付きを購入しましたが、

ストッパーは、意味ありませんでした。

結局ストッパーを外して使用してます。

ですので、もっと

単純で安価でも、全く問題なし。

マット付きでも、¥1,000代で購入できるんです。

食事1食分くらいの値段ですよ(笑)。

そして1食分のカロリーを、ふっ飛ばしてくれます。

さらにコンパクトですので、クローゼット等に収納が可能なところもGood。

ゴムチューブ

出典:Yahooショッピング

2つ目のご紹介

トレーニング用のゴムチューブです。

全身を鍛えられて、ダンベルの変わりにもなります。

ダンベルは置き場所に困りますよね

その点、ゴムチューブはどこにでも収納が可能。

机やタンスの引き出しに入れておけば、部屋の景観を一切乱しません。

また小さな子供を持つ親にとってダンベルは、危険な器具です。

子供にぶつけてしまったら、大変なことになります。

その点、ゴムチューブは安心。

(首などへの、巻き付きは要注意ですが。)

そして

筋トレ方法も多様で、全身を鍛えることができます。

おすすめは円柱状のチューブでなく、シート状のチューブ。

ゴムチューブは足にチューブを引っ掛けてトレーニングすることが多いのですが、円柱状だと足に食い込んでしまいます。

ヨガマット

3つ目のグッズ。

ヨガマットです。

筋トレ器具じゃないじゃないか!

って思いました?

いやいや、立派な筋トレグッズなんです。

フローリングの腹筋や自重トレーニングには必須アイテム。

筋トレといえば腹筋。

しかしフローリングで腹筋すると、間違いなくお尻が痛い。

そこでヨガマット。

ヨガマットを敷いておけば、全く問題なし。

また寝そべる系の筋トレをする際にも大活躍。

自重トレーニングや柔軟体操などはヨガマットあり、なしでは大違いです。

収納も、クルクル丸めてクローゼット等へ入れとくだけ。

当然、ヨガもできます。

筋力トレーニング+ヨガ。

最高ですね。

まとめ

この3点の筋トレグッズ。

僕も全て持ってますが、間違いなくコスパ最強の3点です。

この3点でトレーニングを初めてみて、本格的に始めようと考えたときにダンベル等を購入すればいいのです。

挫折したところでこの価格であれば、諦めもつくし(笑)。

一度やめても、再開するときまでクローゼットの奥に収納しておけますしね。

ただし、続けていれば

1日5分でも、いや2分でも効果は出ます。

その数分のみ努力するだけで、理想を現実に変えられるのです。

絶対に、試してみる価値はありますよ。

スポンサーリンク