BESTの文字 画像

コスパ最強で収納に困らないおすすめ筋トレ器具(グッズ)3選

BESTの文字 画像

筋トレを始めたいけど、ジムに行く時間もお金もない

また現在のコロナ禍の状態では、ジムは抵抗がある人も多いでしょう。

となると、自宅でトレーニングという選択肢なります。

自宅で筋トレするなら、トレーニング器具が必要となります。

しかし

筋トレ器具は使用時以外、邪魔になるだけです。

収納する場所に困るし、部屋の景観も崩れてしまう。

また高価な器具が必要かというと、そうでもないでしょう。

そこで、トレーニング器具に求めるものは

コスパと収納力

ダンベルは、効果があるでしょう。

でも、どこに収納します?

腹筋に電気を流して、鍛える器具もあります。

でも、費用対効果はどうでしょうか?

疑問が残りますよね。

というわけで、今回は筋トレ歴10年以上の筆者が選ぶ

おすすめのコスパ最強で収納に困らない、筋トレグッズ3選】

を紹介します。

筋トレ器具は部屋の景観や収納まで考えよう

青空にthinkingの文字 画像

トレーニング器具に、部屋の景観を崩されることは避けたい。

筋トレが大好きで、筋トレが自分の中心ならばトレーニング器具まみれでも問題ないでしょうが。

トレーニング専門の部屋があるなら別ですが、そんな環境は用意できないことが普通です。

となるとトレーニング器具を部屋の景観に溶けますか、収納するかの2択。

そこまで考えて、トレーニング器具は選定しましょう。

トレーニング器具を部屋の景観に溶けこます

部屋の一部として、トレーニング器具をなじませること。

この方法のポイントは、

生活に必要な家具、インテリアと兼用で使用することです。

僕が行っていることは2つ

【室内物干し兼懸垂器】と【ソファ兼ダンベルプレスのベンチシート】です。

どちらも別記事で紹介してますので、詳しくはそちらをご覧ください。

関連記事

体型維持のためには、努力が必要。僕も体型をキープするために、何とか頑張っています。体型維持と言っても間食をしないことと、軽い筋トレを一日置きにやってる程度ですが。その軽い筋トレに使用している器具は、主にダンベルと腹[…]

洗濯物を干した状態 アイキャッチ用 画像
関連記事

ダイエットや肉体改造、体型維持に必要不可欠な日々のトレーニング。ジムでトレーニングすることが1番効率的だとは思いますが、時間とお金がかかってしまいます。さらに、現在のコロナ禍。自宅で筋トレや運動をせざる得ない状況で[…]

簡単に収納できるトレーニング器具であること

部屋の景観を崩さないためには、収納できることが一番。

簡単に収納できるトレーニング器具であれば、部屋の景観を崩すことなく全く問題ありません。

そこに求める条件は

  • 簡単に取り出しが可能
  • 軽さ
  • 場所を取らない

このあたりです。

この条件をクリアし、更にコスパにも優れた筋トレ器具をご紹介します。

収納可能なおすすめトレーニング器具3選

BESTの文字 画像

僕が選んだトレーニング器具は、男性、女性問わずに使用が可能です。

初心者から上級者まで、経験も問いません。

利用者を選ばない万能さで、コスパが良くて収納場所にも困らない器具。

そんな最強3選。

  • 腹筋ローラー
  • ゴムチューブ
  • ヨガマット

一つづつ、説明します。

腹筋ローラー

腹筋ローラー 画像

まずは1つめの器具。

筋トレグッズでここまで、最強のコスパ器具はないでしょう。

腹筋ローラーです。

初心者から上級者までを満足させる、筋トレ器具。

効果が絶大なのに、価格が超リーズナブル。

自宅で筋トレを始めるなら、購入しない選択肢はないでしょう。

いろいろなメーカーから販売されており、価格帯はさまざま。

僕は1600円のストッパー付きを購入しましたが、

ストッパーは、意味ありませんでした。

結局ストッパーを外して使用してます。

ですので、もっと

単純で安価でも、全く問題なし。

マット付きでも、¥1,000代で購入できるんです。

食事1食分くらいの値段ですよ(笑)。

そして1食分のカロリーを、ふっ飛ばしてくれます。

サイズがコンパクトですので、クローゼット等に収納が簡単に可能です。

ゴムチューブ

ゴムチューブ 画像
出典:Yahooショッピング

2つ目のご紹介

トレーニング用のゴムチューブです。

全身を鍛えられて、ダンベルの変わりにもなります。

ゴムチューブの最大のメリットは、どこにでも収納が可能なこと。

机やタンスの引き出しに入れておくこともできる筋トレ器具。

部屋の景観を一切乱しません。

また小さな子供を持つ親にとってダンベルは、危険な器具です。

子供にぶつけてしまったら、大変なことになります。

その点、ゴムチューブは安心。

(首などへの、巻き付きは要注意ですが。)

そして

筋トレ方法も多様で、全身を鍛えることができます。

おすすめは円柱状のチューブでなく、シート状のチューブ。

ゴムチューブは足にチューブを引っ掛けてトレーニングすることが多いのですが、円柱状だと足に食い込んでしまいます。

ヨガマット

ヨガマット 画像

3つ目のグッズ。

ヨガマットです。

筋トレ器具じゃないじゃないか!

って思いました?

いやいや、立派な筋トレグッズなんです。

腹筋や自重トレーニングには必須アイテムです。

筋トレといえば腹筋。

しかしフローリングで腹筋すると、間違いなくお尻が痛い。

そこでヨガマット。

ヨガマットを敷いておけば、フローリングでも全く問題ないし、下の階への騒音防止にもなります。

腹筋ローラー用のマットとしても使用ができて、ローラーの騒音を吸収してくれる優れものです。

寝そべる系の筋トレをする際にも、大活躍します。

収納も、クルクル丸めてクローゼット等へ入れとくだけです。

当然、ヨガもできます。

筋力トレーニング+ヨガに使用。

万能なトレーニング器具(グッズ)なのです。

まとめ

筋トレを始めるのであれば、この3点は筋トレ必ず重宝するグッズです。

僕も全て持ってますが、間違いなくコスパ最強の3点。

この3点でトレーニングを初めてみて、もっと本格的に始めたいと思ったときに本格的な器具を購入すればいいと思います。

挫折したところでこの価格であれば、諦めもつきますし。

一度やめても再開する時まで、クローゼットの奥に収納しておけますから。

ただし、続けていれば1日5分でも、いや2分でも筋トレの効果は出ます。

数分のみ努力するだけでも、続けていれば報われます。

結果が出ればトレーニング楽しくなり、継続ができます。

この3点、自信をもっておすすめできるアイテムです。