CATEGORY

素朴な疑問解決

  • 2020年12月4日

近年で急激に発展した武蔵小杉はいつから超便利な街になったのか?

神奈川県の川崎市に、近年ですごい急速に発展した街があります。 その名は武蔵小杉。 タワーマンションがバンバン建ち並び、急激に人口が増加中のハンパない街です。 それもそのはず武蔵小杉は神奈川県ですが、多摩川を挟んだ隣はすぐ東京都世田谷区。 最強のオシャレ電車【東急東横線】に乗れば、渋谷まで直通13分で […]

  • 2020年11月27日

なぜ線路に石を敷き詰めるのか?意味、役割、理由を調べた

電車が走る線路の下には、石がギッシリと敷き詰められています。 線路の下というか、枕木の下ですね。 大体同じサイズの石がギッシリと。 昔から線路の下って、石がお決まりですよね。 あの石って、何の意味があって敷き詰められているのでしょうか? 雑草の防止対策? クッション的な対策? 様々なものが進化を遂げ […]

  • 2021年1月11日

ホテルのWi-Fi速度はなぜ遅い?繋がらない仕組みと解決方法

今や、ほとんどのホテルに設置してあるWi-Fi。 しかしビジネスホテルに泊まるたびに、不満に思うことがあります。 それは  エンハスカイ ホテルのWi-Fiは、なぜ遅いのだ! という不満です。 ホテルのWi-Fiに繋げていると、ほとんどのホテルが遅すぎて話になりません。 You Tubeを […]

  • 2020年12月2日

防災用に備蓄する水の量はどれくらい必要?おすすめな管理方法とは

いつ起こるかわからない自然災害。 地球温暖化で、大型台風も頻繁に起こることも予想されます。 最近では大型台風の影響で、甚大な被害が発生しています。 2019年の台風も100年に1度の大型台風と言われていましたが、この規模の台風が毎年のように発生しても、決して不思議ではないことです。 これからの時代は […]

  • 2020年11月3日

栄養ドリンクの容器ってなぜ茶色い瓶なのか?調べたら理由があった

先日風邪をひいてしまい、コンビニで栄養ドリンクを買って飲むことがありました。 気休めかもしれませんが、栄養補給したくて。 ここで一つ、素朴な疑問が浮かびました。  エンハスカイ 栄養ドリンクの容器は、なぜ茶色い瓶なのだろうか? 飲料水のほとんどがペットボトルに変わった現代で、瓶にこだわる意 […]

  • 2020年11月3日

3G、4G、5Gの【G】ってなに?5Gとは何がすごいのか?

通信電波が飛び交う現代社会。 3Gから4Gになって暫く経過しましたが、 いよいよ【5G】の時代がやってきました。 4Gよりも高速で大容量のデータ送信が、可能な電波です。 しかしここで、素朴な疑問が。 4G、5Gの【G】って、どういう意味なのでしょうか? あたりまえに使用する言葉ですが、【G】が何だか […]

  • 2020年11月3日

ながら運転の違反はどこから?信号待ちや渋滞中も捕まる?罰則は?

2019年12月に、道路交通法が改正されました。 ながら運転に対する取締の強化です。 確かにながら運転が、危険な行為であることは間違いありません。 改正による厳罰化も、当然の流れしょう。 だがしかしです。 今は通信社会の現代。 どこにいても、嫌でも連絡が取れる時代です。 自動車で移動中でも、メールや […]

  • 2020年10月19日

なぜ自動車ガラスの割れ方は粉々に砕ける?フロントだけ飛散しない?

先日、妙なことに疑問をいだきました。 事故で自動車のガラスが、割れている光景を見たときです。 自動車のガラスって、割れると粉々に砕けますよね。 刺さって怪我をするような、割れ方ではなく。 いつも粉々に、砕け散っていますよね。 あの割れ方は安全を考慮して、わざと粉々になる細工がされているのでしょうか? […]

  • 2020年10月14日

武蔵小杉の水害(洪水)に弱い原因は土地が低いことに理由があった

神奈川県川崎市には、急速に発展を続ける街があります。 武蔵小杉です。 タワーマンションがバンバン建ち並び、急激に人口が増加中のハンパない街です。 しかしこの武蔵小杉、ひとつ問題を抱えています。 それは、 標高の低さによる、水害問題です。 実は、武蔵小杉って標高が低いんです。 昨年(2019年)10月 […]

  • 2020年10月13日

なぜ東京と大阪でエスカレーターの立ち位置が左右逆なのか?を解決

東京でエスカレーターに乗る時は、立ち止まって乗る場合は左側、歩く人が右側です。 これが東京の常識。 しかし大阪では東京と逆で、立ち止まって乗る人が右側、歩く人が左側です。 これが大阪の常識。 常識になっているけど、おかしくないですか? 国が違えば、常識が異なることは理解できます。 しかし同じ国の中で […]