WHYの文字 画像

電車や公共の場なのに大声でくしゃみする人はなぜいる?どんな心理なのか?

WHYの文字 画像

電車に乗っていると、高い確率で遭遇する「大声でくしゃみする人」。

主におじさんですが、非常に迷惑な人種です。

くしゃみ自体は、しょうがありません。

生理現象ですから。

ですが普通ならば、極力小さい音にしようと努力しますよね。

普通は。

しかしあの人達は、周りのことなんてお構いなし。

一体彼らは、何を考えているのだろうか?

回りが不快な思いをしていることに、気がついていなのだろうか?

僕からすれば、全く理解ができない。

今回は公共の場で、大声でくしゃみする人(おっさん)は一体何を考えているのか、どんな心理なのかに迫りたいと思います。

おじさんが大声でくしゃみをする理由

reasonの文字の紙 画像

もう公共の場で大声でくしゃみする人=おじさんでいいでしょう。

おじさんしか、当てはまりませんから。

おじさんが電車の中など公共の場で、大声でくしゃみする理由を調べてみました。

  1. 加齢による筋力の衰え
  2. 現代人とおじさんの常識が違う
  3. そもそも配慮なんて考えてない

1.加齢による筋力の衰え

加齢により、くしゃみをするための筋力の衰えが、原因と考えらてれいるとのこと。

筋力がないため、大きく吸って吐き出す力でくしゃみをしているのです。

筋力がないから体の力を総動員して、くしゃみをしするので大声になってしまう。

なるほど。

その根拠はわかりました。

ではなぜ、おばさんは公共の場で大声のくしゃみをしないのか。

中には、うるさいくしゃみのおばさんもいるでしょう。

しかし思い返してみても、電車内で大声のくしゃみする人はおじさんだけ。

おばさんだって、筋力は衰えている。

まして筋力の弱さでは、明らかに男性より弱いだろう。

それに、言いたいこともあります。

体力が衰えているなら鍛えろや。と。

僕も40代のオジサンです。

体力の衰えは間違いなく感じていますが、それなりにトレーニングはしています。

結局は周りへの配慮と、自己管理の問題なのでは?

2.現代人とおじさんの常識が違う

文化の看板と人形 画像

世の中の常識は、日々変化しています。

10年前、20年前の常識が通じなくなっていることは、実際に実感できることです。

おじさん達は、常識の変化に追いついていない

おじさん達の全盛期である30年前は、タバコやゴミのポイ捨ては当たり前でした。

タバコを吸っている方が常識でしたし、現代では迷惑でしかない殴り合いのケンカも当たり前。

タバコのポイ捨てやケンカが、ワイルドでカッコいい時代でした。

今では、180°違いますよね。

現代の常識ではタバコのポイ捨てや殴り合いのケンカは、「常識のない最低なクズ人間」扱いです。

これは、公共の場で大声でくしゃみするおじさんにも当てはまります。

つまり、

公共の場で大声のくしゃみが迷惑とになる、と考える常識がない。

下手したら、ワイルドでカッコいいと思っている可能性すらあります。

別記事でも似たようなことを書きましたが、そもそも中高年は考えている常識が違うのです。

もちろん、全員ではありません。

時代の変化に付いてこれない、中高年のことです。

これほどまで時代の変化があるのだから、付いてこれなない理由もわからなくもないですが・・・。

3.そもそも配慮なんて考えてな

常識の問題と、近いところですが

そもそも、回りへの配慮なんて考えていない。

筋力が衰えて、吸っては吐く力を利用してくしゃみしていることは理解できます。

しかし、なぜそこに声まで付けるのでしょう?

結局は配慮する自覚が無い、としか言いようがない。

おじさんだって、全員が大声でくしゃみしているわけではありません。

大声でくしゃみする人は、極一部です。

その他大勢だって、筋力は衰えているはず。

それでも大抵の人は、ちゃんと回りに配慮しています。

まとめ

まとめの文字と矢印 画像

おじさん全員が公共の場で大声でくしゃみするならば、筋力の衰えを理由にするのは理解できます。

しかし、大声でくしゃみする人って極一部ですよね。

筋力の衰えも原因にあることは理解しますが、結局は配慮に対する無自覚が原因でしょう。

極力くしゃみを小さくしようなんて、考えてもいない。

申し訳ありませんが、電車の中や公共の場で大声でくしゃみする人に対する、僕の結論は

非常識で回りへの配慮が無い人です。

冷たい言葉で文句も並べましたが、他人事ではなく自分も気をつけなければならいことは忘れないようにしなければ。

常識に取り残されないように、努力も必要ですしね。

WHYの文字 画像
最新情報をチェックしよう!