皿洗いする女性の画像

なぜ乾燥する季節に水仕事をすると手や唇が荒れるのか?

皿洗いする女性の画像

冬の期間は必ず乾燥する日本。

乾燥すると風邪も引きやすいですが、他にイヤなことがあります。

それは

手や唇が荒れてしまうことです。

水仕事を繰り返していると、手が荒れてしまいます。

かといって、家事をすれば水仕事をしないわけにはいかない・・・。

乾燥の季節って、これがイヤなんですよね。

しかしなぜ乾燥する季節、つまり

冬に水仕事をすると手が荒れるのでしょうか。

手だけではなく、唇も乾燥していると荒れてしまいます。

常識ですが説明しろって言っても、科学的な根拠はわかりません。

知ってそうで知らないこと。

その根拠がわかれば、対策もできますよね。

今回はこの疑問を解決したいと思います。

水仕事を繰り返すと手が荒れる理由

通常、手は汗や皮脂のバリアが貼っている状態です。

しかし水仕事や手洗いで、

皮脂バリアが剥がれてしまいます。

水仕事や手洗いを繰り返えしていると、バリアが作られていない状態が続きます。

バリアが壊れると

角質が直接刺激を受け皮膚組織が、めくれ上がってしまう状態になります。

この状態がカサカサになっている状態です。

そこにアレルゲンや刺激物質が入り込むと、炎症を起こして荒れてしまいます。

乾燥する時期に手が荒れる理由

水分の保持ができない

乾燥している時期に角質がはがれてしまうと、

そこから手の水分が蒸発してしまい、水分の保持ができなくなってしまいます。

ただでさえ乾燥していると体の水分が蒸発う状況なのです。

また冬は汗をかく機会が少ないため、バリアの元となる汗が足りないことも原因。

お湯を使う機会が増える

寒い季節になると、お湯で水仕事や手洗いをすることが増えますよね。

油汚れを落とすときに、水よりお湯のほうが落ちるように手の潤いもお湯のほうが落ちてしまいます。

つまり

お湯で皮脂バリアを剥がしてしまうってことです。

手を洗う機会が増える

乾燥した時期はウイルスが動きやすくなり、また喉や鼻の粘膜も弱っているので風邪を引きやすくなっています。

別記事で書いた「インフルエンザウイルスは夏の間どう生き延びているのか?」で、ウイルスが冬に流行する理由を解決しました。

風邪予防の対策では、手洗いが一番ですよね。

そのため、どうしても手を洗う機会が増え、また

お湯で洗うことが多いため、皮脂バリアを洗い流してしまいます。

手の体温低下による新陳代謝の低下

人の体は常に新陳代謝を繰り返しています。

しかし寒い季節は、手や足の末端まで血液が行きにくくなっており、新陳代謝も低下しているのです。

新陳代謝が低下すると、皮膚の角質を生成するスピードが遅くなり、荒れやすくなります。

乾燥で唇が荒れる理由

続いて唇が荒れる理由について。

乾燥する時期は、体に水分が蒸発しやすいことはわかりました。

手は水仕事によってバリアが剥がれてしまい荒れることは理解しましたが、唇は水仕事とは関係ないですよね。

では、なぜ荒れやすいのか。

調べました。

唇は角質層が極めて薄く、またバリアである皮脂膜が無いのです。

皮脂腺や汗腺がほとんど無いんです。

そのため他の皮膚と違い、もともと非常に荒れやすい部分なんです。

さらに唇は食べ物を体内に入れる最初に触れる部分です。

そのため非常に、敏感になっています。

また唇が乾燥し始めると、潤いを保ちたくなり舌で舐めてしまいますよね。

その行為がますます水分を飛ばしてしまい、荒れやすくなってしまいます。

まとめ、結論

手や唇が荒れる理由は、よくわかりました。

対策は理由の逆を行うこと。

とはいえ家事はするしかないし、手洗いも必須です。

水仕事はゴム手袋をするなどで、防ぐことは出来ますが。

これだけ書きましたが、結局は

ハンドクリームやリップクリームで保湿をするしかないですね・・・。

ありきたりな結論にたどり着いてしまいました(汗)。

保湿で対抗しましょう。

痛い思いはしたくありませんからね。

皿洗いする女性の画像
最新情報をチェックしよう!