ハンモックとブランケット 画像

なぜ子どもは「お気に入りタオル」に執着するのか

ハンモックとブランケット 画像

肌身離さず、お気に入りのタオルを持ち歩く子供。

それは、洗濯もさせてくれないほど。

そして最終的には、ボロボロになってしまうほどの使い込みよう。

親としては清潔の面でも処分して新しいものと交換したいけど、それもさせてくれません。

それにしても、

なぜそこまで、お気に入りタオルに執着するのか。

なぜタオルを握っていると、落ち着くのか。

気になりますよね?

そんなわけで、ちょっと深掘りして調べてみました。

お気に入りタオルへの執着は成長の証

子どもは成長するにつれ、親離れをしていきますよね。

実はお気に入りのタオルへの執着は、

親離れの真っ最中の行動なのです。

産まれて間もない乳児のころは、常にお母さんがそばにいる状況です。

それが成長するにつれ、親の手が徐々にかからなくなっていきます。

それはあたりまえのことなのですが、

その時期の子どもにとっては、とても不安を感じる時期

その不安を解消するために、産まれたときから一緒のタオルに執着して、お母さんのかわりとして安心するのです。

これを発達心理学で、「移行対象」といいます

お気に入りタオルへの執着は自然なことで、成長している証なのです。

何も心配することではありません。

親離れかぁ・・・。

親からすると、ちょっと寂しい感じもありますね。

お気に入りタオル+指しゃぶりの場合は、前歯が永久歯に生え変わったら要注意

タオルに執着することに、心配ないことは説明の通り。

しかし、気をつけなければならないことがあります。

タオルと指しゃぶりがセットである場合の、歯が生え変わる時期です。

お気に入りタオルと指しゃぶりは、ほぼセットですよね。

タオルを握ると安心して、指しゃぶりをしながら眠りに落ちるいつものパターン。

保育園、幼稚園の頃までは特に注意する必要はありません。

気にすることは無いのですが

注意すべきは、前歯が生え変わるとき

問題は、タオルとセットの「指しゃぶり」です。

乳歯の場合はいずれ生え変わりますし、元々歯に隙間があるので問題ないのですが、

前歯が永久歯に生え変わるときがきたら、指しゃぶりはやめさせましょう。

前歯が生え変わるときに、指しゃぶりをしていると

指に歯が押されて、「すきっ歯」になってしまうからです。

タオルを握ることに問題は無くても、タオル=指しゃぶりの問題は前歯が生え変わるころには解決しなければなりません。

すきっ歯防止のために。

心配しなくても、自然に手放すときが来ます

まぁ、気にしなくても自然とお気に入りタオルを手放すときは来ます。

しかも以外にあっさりと。

大人になってもお気に入りタオルを手放せない人も稀にいるでしょうが、あくまで稀なケースで通常は自然と手放します。

前途上げたように、注意すべきは歯が生え変わるとき。

ただ歯が生え変わる頃は、タオルへの執着心も薄れている年頃です。

タオルを握ると指しゃぶりしてしまう場合は、「すきっ歯」のことを子どもに説明してタオルを手放すよう説得すれば、聞き入れてくれるはずです。

タオル離れの、いいきっかけでしょう。

指しゃぶりとセットでなければ、特に注意する必要はありません。

急いで辞めさせなくても、いいでしょう。

まとめ

なぜお気に入りタオルへ執着するのかは、

「子どもが成長している証」

でした。

何も心配することはありませんし、むしろ

成長していることを、喜んでもいいのでは。

それにしても、小さい子どもがお気に入りタオルをにぎにぎして、指をちゅうちゅう吸っている姿って可愛いですよね。

あの可愛さを超えるものは、ないかもしれません。

そんなお子さんをお持ちの方は、今の可愛さを存分に味わってください。

タオルの心配など、二の次です。

だってあの可愛さ、今しか味わえないんですから。

ハンモックとブランケット 画像
最新情報をチェックしよう!