はてなマークを持つ女性

人工甘味料は危険?安全性や人体への害や影響について調べてみた。

はてなマークを持つ女性

食べ物でも飲料水でも、おいしいことは当たり前な時代。

おいしさの次に、気になることは?

体に害が無いことや太りにくいこと、ですよね。

そこで気になる飲食品が、低カロリーの商品です。

「糖質ゼロ」や、「糖質〇〇%カット」のような商品。

美味しいのにカロリーや糖質を取らずにすむ、夢のような食品たち。

そこに使用されているものが、人工甘味料。

あたりまえのように使用される人工甘味料ですが、

そもそも人工甘味料って、何なのでしょう?

その名の通り【人工で作った甘い味がするもの】なのでしょうが、その正体を知らないですよね。

加えてもうひとつの疑問。

人工甘味料って、我々の体に悪影響を与えることはないのでしょうか

どちらかといえば、こちらのほうが気になる問題です。

ということで、人工甘味料の疑問について調べてみました。

人工甘味料とは何なのか?

Questionの文字が書かれたノート 画像

まず、人工甘味料とは何なのか。

人工甘味料とは、

科学的に合成した、甘味をもつ化合物。

なんだか、よくわかりませんね・・・。

簡単に言うと、

甘さを出しながらゼロカロリーや低カロリーにする調味料です。

糖質ゼロや、ゼロカロリーの食品や飲料水には、ほぼ間違いなく人工甘味料が使用されています。

人工甘味料は主に、2種類に分類されます。

  • 合成甘味料
  • 糖アルコール

掘り下げて説明しますね。

合成甘味料

合成甘味料とは

自然界に存在しない化合物で、人工で作り出した甘味料。

砂糖やショ糖の数百倍の甘みを出すことができ、中にはショ糖の13,000倍もの甘みを持つ甘味料まであります。

ちなみにショ糖とは砂糖の主成分です。

種類は様々で、

使用禁止になっている危険なものから、一般の食品に広く使用されているもまであり。

使用禁止って・・・。

恐ろしい言葉ですね。

種類は後ほど紹介します。

糖アルコール

糖アルコールとは、

自然界に存在する成分で作った甘味料。

ショ糖にくらべ同等か、それ以下の甘みで合成甘味料に比べて危険度は低い。

そのため一般の食品以外に、薬などにも使用されています。

こちらも種類は様々。

人工甘味料の種類

スプーンと粉 画像

たくさんの種類がありますが、主な人工甘味料を数点ご紹介します。

合成甘味料

合成甘味料から代表的なものを5点ピックアップしました。

  • アスパルテーム
  • サッカリン
  • ネオテーム
  • スクラロール
  • アセスルファムカリウム

アスパルテーム

一度は、聞いたことがあるのではないでしょうか。

最も有名な人工甘味料です。

アメリカで発見された、人工甘味料。

現在の形に作ったのは日本の企業、味の素株式会社です。

味の素株式会社が特許を持っています。

ショ糖に比べ200倍の甘み。

一日摂取量は体重1kgあたり、40mg以下と決められています。

サッカリン

コールタールの研究中に偶然発見されたもので、最古の人工甘味料です。

水に溶けない性質のため、加工食品に使用されることが多い。

ショ糖に比べ700倍の甘さ。

一日摂取量は体重1kgあたり、5mg以下。

ネオテーム

アメリカの企業によって発見されたもので、日本では2007年に食品添加物の認可を受けています。

驚くのはその甘さでショ糖の7000〜13000倍、アスパルテームの30〜60倍。

とてつもない甘さです。

一日摂取量は設定無し。

甘すぎて摂取しすぎることがないのでしょう。

スクラロール

イギリスて発見されたもので、ショ糖の600倍の甘さ。

体内で消化、吸収されません。

現在80カ国以上で使用が許可されていて、世界中で安全性を認知されています。

一日摂取量は体重1kgあたり5mg以下。

アセスルファムカリウム

ドイツの製薬会社で、偶然発見されてた人工甘味料です。

他の人工甘味料と合わせて使用さてる事が多い。

ショ糖に比べ200倍の甘さ。

一日摂取量は体重1kgあたり15mg以下。

糖アルコール

糖アルコールからは3点をピックアップ。

  • キシリトール
  • エリトリトール
  • グリセリン

キシリトール

糖アルコールで、最も有名な種類だと思います。

虫歯予防に効果があり、ガムや歯磨き粉にも使用されています。

ひんやりとした清涼感が特徴。

摂取量は決まっていませんが、摂取しすぎるとお腹を下しやすくなりると言われています。

エリトリトール

味噌や醤油などの発酵食品に含まれるもので、ブドウ糖を発酵させて作る人工甘味料。

こちらも、虫歯に対する効果があります。

90%は体内に吸収されるのですが、そのまま尿として排出されます。

甘さは砂糖の70%程度。

グリセリン

グリセリンって潤滑剤や保湿剤で、よく名前を聞きますよね。

あのグリセリンです。

無色透明で、ネットリとした液体。

上記の通り、甘味料以外にも潤滑剤や保湿剤にも使用されています。

ショ糖より甘さが弱いのに高カロリーです。

人工甘味料の危険性

コーラ 画像

砂糖より甘いのに、カロリーゼロやカロリーオフの人工甘味料。

いいことばかりのようですが、やはりそんな都合の良いものなんてありません。

合成甘味料にはズルチン、チクロといった種類は、有害と判断され使用禁止になっているものもあります。

何より使用許可されている種類も、使用制限がある時点で体に良いわけがないですよね。

そして恐ろしいところが、

カロリーゼロに安心して摂取し続けるうちに甘さに慣れてしまい、味覚障害を起こしてしまうこと。

人工甘味料は、強い中毒症状があると言われています。

また、肥満を悪化させたり、鬱病などの精神疾患にも影響するとの研究報告もあります。

まとめ、結論

まとめの文字と矢印 画像

国が認め、大手企業が安全を保証している人工甘味料は、過度に心配するほどではないと思います。

しかし、

自ら好んで摂取するものではない、と判断できます。

調べれば調べるほど、体に良いことがありませんでしたので。

自然界で摂取できる食べ物が、一番いいことは間違いありませんね。

人工甘味料は、極力避けるようにすることが無難なようです。

しかし今や、かなりの食品や飲料水で使用されていますので、気にしすぎてもしょうがないでしょう。

そっちのほうがストレスが溜まり、体に悪そうです。

スポンサーリンク