山積みの文庫本 画像

人は何を目的に生きるのか?の答えはDIO(ディオ)が教えてくれた

山積みの文庫本 画像

誰しもが、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

それが

人は何のために生きているのか。

人は何を求めて、なにが目的で生きているのか。

考えたところで、答えなんてないことです。

しかもその考えは多種多様で、考える人によって違います。

答えが決まっていないので、追求するだけ無駄な内容なのですが、

スッキリした答えが見つかりました。

教えてくれたのは、ジョジョの奇妙な冒険第3部のラスボスDIO(ディオ)。

人気漫画ですので、知っている人も多いでしょう。

DIOのセリフに答えが。

この考え方は、全てが合致する。

今回は、【人は何を目的にいきているのか?】の結論をお伝えします。

人は不安や恐怖を克服して安心するために生きている

人は不安や恐怖を克服して安心するために生きている。

これが【人は何を目的に生きるのか?】の答えです。

その答えは僕の大好きな漫画、ジョジョの奇妙な冒険の中にありました。

ジョジョの奇妙な冒険の第三部に登場するラスボス「DIOディオ」のセリフ。

「人間は誰でも不安や恐怖を克服して、安心を得るために生きる

名声を手に入れたり、人を支配したり、金儲けをするのも安心のためだ。

結婚したり友人をつくったるするのも安心するためだ。

人のため役立つだとか愛と平和のためだとか、すべて自分を安心させるためだ。

安心を求める事こそ、人間の目的だ。」

衝撃を受けました。

このセリフ、完璧な答えではないでしょうか。

作中では主人公の仲間を、自分の支配下に誘うためのセリフなのですが、実に理にかなっています。

実にしっくり来ませんか?

反論の余地も無いくらいです。

注目すべき内容

【人は何を目的に生きるのか?】の答えとしては完璧と言える内容ですが、注目すべき点が2点

  • 不安や恐怖を克服して、安心を得る
  • 自分の安心のために、人の役に立つ

不安や恐怖を克服して、安心を得る

目的の答えは「安心すること」ですが、安心するためには努力をしなければならないってこと。

簡単に安心したいがために変な宗教に加入してしまったり、楽な道に進んでしまっては、不安や恐怖を克服することが出来ません。

直面した不安や恐怖を乗り越えて、初めて安心が手に入るってことです。

自分の安心のために、人の役に立つ

「人のため役立つだとか愛と平和のためだとか、すべて自分を安心させるためだ。」

このセリフ、一見すると人助けや平和を願うことが、自分が安心したいためにする偽善者のような解釈ですよね。

しかし、違うのです。

人助けや平和を願ったり、ボランティアをすることで安心できる人こそが人格者であり、素晴らしい人間なのです。

だって、

人助けや平和を願うこと、叶うことで自分が安心できるんですよ。

メチャクチャ素晴らしい人じゃないですか。

まとめ

【人は何を目的に生きるのか?】の答えは

不安や恐怖を克服して、安心を得るために生きる

です。

名声、支配、金儲け、すべて安心するため。

私利私欲のためだけでなく、人助けや愛、平和も自分が安心するため。

それならば、

人助けや愛と平和で、安心できる人間になりたいですよね。

素晴らしいじゃないですか。

悪のカリスマDIOから、極論にたどり着きました。

荒木飛呂彦先生、やっぱ天才ですわ。

スポンサーリンク