南国の海 画像

セミリタイアの生活について考えてみた

南国の海 画像

毎日毎日あくせく働いて忙しい日々。

そんな生活を過ごしていると、

セミリタイアしてのんびりとした生活を、送ってみたいなぁと思いますよね。

好きなときに旅行に行き、好きなときに買い物に行き、好きなときに起きて好きなときに寝る。

あれ?これじゃニートだな(汗)。

違うな。

セミリタイアって、お金のある無職ってわけではないですね。

ニート、無職って、どうもいい響きでじゃないですよね・・・。

これではセミリタイアでなくて、リタイアか。

そもそも、

セミリタイアって、どうゆう生活環境のことでしょうか。

はたして我々が憧れているような、有意義な生活なのでしょうか。

今回はセミリタイアについて、考えて見たいと思います。

セミリタイアとは

セミリタイアとはどのような状態のことなのか。

調べてみましたが

セミリタイアの定義のようなものは存在しませんでした。

もともとは大橋巨泉さんの発言した言葉で、それが現在に定着したようです。

人によってセミリタイアの意味合いは変わってきますが、基本的には下記のようなことだと思います。

セミリタイアとは

貯蓄や資産を貯めておき、自分の自由時間を優先して少しだけ働く。

このような考え方で、概ね間違いではないでしょう。

働くなくても何とかなるお金を用意しておき、完全リタイアせずに気楽に働く。

考え方としたら最高ですよね。

セミリタイアは気楽に働くってところがポイントですな。

しかし気楽に働くなんてことができるのか?

その答えは「お金がある状態」であることが必須になると思います。

つまりお金が確保してあることが絶対条件ってことです。

なぜセミリタイアの生活を送りたいのか

スッキリした男性の画像

セミリタイアの生活を送りたいかって聞かれたら、そりゃ送りたい。

その理由は

  • 働きアリのように、あくせく働きたくない。
  • 自分の時間を優先できるような、時間を確保したい。
  • とくに深い意味はないが、羨ましい。

こんなところですよね。

働きアリのように、あくせく働きたくない。

とにかく日々が忙し過ぎる!

そして仕事から帰ってくると、もうすでにフラフラ状態で何も出来ずに1日が終わってしまいます。

そしてストレス社会。

まるでストレスに耐えるために生きているかのよう。

また明日も忙しい日々が待っているのか・・・と。

悲しいかな、これが我々の日常です。

自分の時間を優先できるような、時間を確保したい。

自分の時間を最大限確保したい。

これが最大の理由でしょう。

あくせく働くせいで、自分の時間を犠牲にしてしまっていること。

平日なんて何も仕事以外なにも出来ずに終わってしまいます。

平日に旅行に行ったり、自分の趣味ができる時間があったら最高ですよね。

特に深い意味はないが、羨ましい。

なぜセミリタイアしたいか。

特に意味はないが、悠々自適な生活を送ってみたい。

これも十分理由としてはOKだと思います。

楽がしたいだけって思いますか?

まぁ・・・それでもいいんじゃないですかね。

セミリタイアの理想と現実

セミリタイア生活を送ったことがないので想像の範疇ですが、理想と現実を考えてみます。

セミリタイアの理想

イメージとしては週休5日くらい。

つまり週2日だけ、何かしら働く。

もしくは1日に2時間くらい働くような環境。

完全リタイアと違い、仕事を持っている状態です。

無職ではなく、職業は?と聞かれても「〇〇です。」と答えられること。

収入は少ないですが、既に働かなくても生活できるだけの貯蓄を持っている状態です。

つまり

仕事は職業の肩書きのため+暇つぶしにしている程度。

あとは自分の好きなことに時間を使い、時間に縛られない日々を送る。

まさに理想ですね。

セミリタイアの現実

いいことばかりに感じますが、実際にはどうでしょうか。

現実を考えてみます。

自分のことに、時間を使うのいいですが、

果たしてそんなに「やること」があるのだろうか?

旅行もいいですが、旅行ってたまに行くからリフレッシュ出来るのだと思います。

別記事で書いた「贅沢が日常化すると、もうすでに贅沢ではない説」と同じことが言えるのでは。

自由があたりまえになれば、自由を自由と感じなくなってしまうことが想定できます。

もしかしたら、「あくせく働いているほうがマシ」と思うかもしれません。

まとめ、結論

セミリタイアは羨ましいですが、

理想と現実は違うのかもしれません。

本当の理想はしっかり働きながら、自分の時間もある程度確保することなのかなもしれない。

理想の生き方の、キャッチコピーを思いつきました。

「自由度のある、忙しい日々」

これが自分が求める、本当の理想の姿なのではないだろうか。

自由度がある仕事。

忙しいけど、自由が効く仕事か・・・。

一般的なサラリーマンでは不可能ですね。

南国の海 画像
最新情報をチェックしよう!