充電中 画像

災害時スマホ充電用にソーラーチャージャー【suaoki 25w】を購入。レビューと製品情報

充電中 画像

大震災や台風被害。

日本に住んでいれば、避けて通れない天災です。

そして天災を何度か経験して、わかったこと。

それは

電気は簡単に、停止するってことです。

東日本大震災では、福島の原子力発電所が被害を受けたので特にでしたが、2019年に発生した千葉の台風被害は発電所の問題でなく、送電線が切れてしまったことでした。

つまり災害が起これば、日本全国どこでも停電が発生してもおかしくないってことです。

我々にとって電気は、無くてはならない存在。

電気が無くては、困ることは当然ですが

スマホの充電分の、電力くらいは確保したい。

水や食料、明かりが必要なことは当然ですが、現代人にとってはスマホも同じくらい大事なもの。

いや、それ以上と言っても過言ではないくらいです。

そこで目をつけたのが、ソーラーチャージャー。

ソーラーチャージャーとは、太陽光で発電する発電器です。

ソーラーチャージャーを実際に購入しましたので、情報とレビューをシェアしたいと思います。

ソーラーチャージャーの種類

ソーラーチャージャーにも色々なタイプやサイズがありますが、ここではスマホの充電用として範囲を絞ります。

チョイスは2パターンです。

  1. 折りたたみタイプ
  2. コンパクトタイプ

折りたたみタイプ

ノートタイプのソーラーチャージャーで。使用時にソーラパネル3〜4枚を広げて充電するタイプ。

使用時以外は、折りたたんでおけます。

スマホ用であれば、サイズはA4ノートくらいが一般的。

コンパクトタイプに比べ、断然発電パワーが強い。

発電力、充電スピード重視タイプです。

コンパクトタイプ

こちらはモバイルバッテリーの背面に、ソーラーパネルが付いているタイプ。

スマホサイズで、持ち運びに便利。

ソーラーの発電力は、かなり弱い。

通常のコンセントからの充電がメインです。

持ち運び重視で、モバイルバッテリーとしての使用がメイン。

折りたたみ?コンパクト? どちらを選ぶべきか

今回ソーラーチャージャーを購入する目的は、

停電時用の電力確保です。

持ち歩き用ではないし、コンセントから充電するためでもありません。

ここは悩む必要はなし。

太陽光での、発電力重視の一択です。

つまり、

折りたたみタイプを、購入すべき

となります。

折りたたみタイプのサイズ

折りたたみタイプに決まりましたが、大きさや重さはさまざま。

そして、価格面もピンキリです。

太陽光を受けるパネル部が大きくなれば、当然発電量も多くなりますが

価格も比例して、高価なものになってしまいます。

しかも

大容量になればなるほど、大容量用の蓄電用バッテリーが別途必要となります。

なぜなら折りたたみタイプには

蓄電機能がありませんから。

発電した電気は貯めずに、接続したスマホやモバイルバッテリーに充電します。

発電パワーが大きすぎても、貯めるバッテリーがなければ活かせません。

今回は、スマホ充電用のソーラーチャージャーです。

スマホやモバイルバッテリーに、充電できる電力のパワーであれば十分。

調べる限り20w程度あれば、スマホからタブレットまで満足に充電できるようです。

「suaoki」か「Anker」で悩んだ

タイプとサイズが決まれば、あとは商品選びです。

使用用途、発電能力、価格を重視して考えました。

条件としては

  • 簡単にベランダで広げられ、簡単に片付けられるサイズ
  • 20W以上
  • ¥7000くらい

この3点を、クリアできる商品。

この条件で絞っていくと、「suaoki 25w」と「Anker 21w」の2つになりました。

どちらも評判は上々です。

suaoki 25w

引用:Amazon

suaokiはソーラーパネルや、ポータブル電源のメーカー。

2015年に設立の、比較的新しいブランドです。

ソーラーチャージャーを調べていると、必ずランキング上位にランクインしているメーカー。

優秀な製品であることは、間違いないようです。

パネル枚数:4枚
サイズ:収納時:260×160×18mm/展開時:713×260mm
重量:749g
付属品:マイクロUSBケーブル・カラビナ4個
防水機能:あり
USBポート:2つ
価格:¥7280(Amazon価格)

Anker PowerPort Solar (21W)

引用:Amazon

Ankerはモバイルバッテリーや充電器、USBハブを扱うメーカーです。

デザインも非常にオシャレな製品が多く、Appleユーザーからも高い評価を得ているブランド。

パネル枚数:3枚
サイズ:収納時:295×170×62mm/展開時:860×700×5mm
重量:420g
付属品:マイクロUSBケーブル
防水機能:あり
USBポート:2つ
価格:¥6,999(Amazon価格)

suaoki 25wを選んだ

非常に悩んだ結果、「suaoki 25w」を購入。

その決め手は

  1. ワット数が高い
  2. ソーラーパネルが1枚多い
  3. USBの配置ポケットが背面にある

1、2に関しては気持ちの問題だと思います(汗)。

1番の決めては、USBの配置ポケットが背面にあることです。

表側のポケットだと、スマホ(ソーラーチャージャー)をポケット内に収納しても、かなり熱くなるんじゃないかな?と心配だったから。

直射日光を避けても、高温になることは避けられないのではないのかと思って。

実際には背面でも、同じことかもしれませんが。

持ち運びも考慮するならankerをチョイスするところですが、今回の目的は自宅使用ですので。

suaoki 25wの使用レビュー

Amazonで購入。

早速、使用してみました。

開封

本体を取り出しました。

早速使用してみます。

ベランダで使用

検証するこの日は晴天。

3月の春らしい日差しで、検証にちょうどいい。

ベランダで広げて、早速使用。

今は使っていない、先代のiPhone7を実験に使用。

機内モードにして、検証しました。

ポケットの中にあるUSB端子

USBの差し口は、裏側のポケット内にあります。

端子は2つ。

このポケットには、スマホやモバイルバッテリーを収納できます。

5%の状態から充電を開始。

充電開始

おっ!充電中マークになったぞ!

写真は見くいですが、ちゃんと充電しています。

5分後

おお!

たった5分で16%まで充電が出来ています。

こりゃ、思った以上に期待ができる。

12分後

10分後を確認しようと思ったら、2分オーバー(汗)。

12分後は25%の充電。

30分後

充電開始から30分後。

48%です。

ほぼ半分の充電まで、たったの30分。

期待以上の性能です。

46分後

46分後で66%。

順調、順調。

1時間18分後で87%
1時間50分後で97%
2時間後

5%から充電開始して、2時間で100%です。

これは期待以上の、結果が出ました。

まとめ、感想

使用した感想は、

想像以上の発電能力でした。

ここまでソーラーの技術が進んでいるとは、思っていませんでした。

これならば災害時でも、スマホの充電は確保できそうです。

天候によりますが・・・。

今回は、使用していないスマホで実験。

やはり現役の高価なスマホ(iPhone11)を直接充電することには、抵抗がある気持ちもあります。

曇りや雨に天候が変われば、断続的な充電になってしまいますから。

スマホを壊したくはありませんからね。

安価なモバイルバッテリーを購入して、モバイルバッテリー越しの充電が1番いいかも。

モバイルバッテリーを数台用意しておけば、スマホ充電以外にも使用できますし。

災害は起きてからでは、手遅れです。

しっかりと準備をして、備えておきましょう。

充電中 画像
最新情報をチェックしよう!